スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京の汚染~東村山と水元公園~小出裕章氏12/22(内容書き出し)



日時: 2012年12月22日(土)
場所:豊島公会堂
主催:「終焉に向かう原子力」実行委員会

Youtubeはこちら↓
http://youtu.be/On6RIEY5Nfw?t=1h10m36s


1:10:36~

これは東京です。
この、奥多摩の青いところ。
ここは1㎡当たり6万ベクレルから10万ベクレル。
緑のところが3万ベクレルから6万ベクレル。
これも放射線管理区域ですよね。
奥多摩の一部はこんなに汚れている。

東京セシウム

そして、東京の下町の方ですね。
ここは1万ベクレルから3万ベクレルと汚れているという事で、もうほとんど…
あ、この辺の出っ張ったところは3万~6万ベクレルですか、そのぐらい汚れている。
今私たちはここですから、比較的、汚染としては綺麗な所にいますし、
東京の中央部は比較的綺麗だということで、
みなさんなんとなく安心しているのではないかと思います。

小出裕章201212

しかしこれは、「地域全体がどれ位汚れているか?」というものを示している地図であって、
一つの地域の中でも、汚染の低いところもあれば高いところもある。
猛烈に高いところも実はある。
それを私は最近になって調べた事があります。
一つはここです。
葛飾区の水元公園という、綺麗な公園があるところですが、
放射線の管理区域にしなければいけない位の汚染を受けているところです。
もう1カ所は東村山という、まぁ汚染を比較的受けなかったところの中心なところですね。

そういう所で、なにを私が調べたか?と言うと、こういうものです。

小出裕章201213

「黒い物質」と呼んでいるんですが、これは道路ですね。
道路にある、こういう黒いひび割れのようなもので、
みなさん、分かりませんかね?想像して欲しいんですけれど、
道路でもいいし、駐車場でも良いし、建物の下でも良いし、
そういう所にコンクリートにこんなふうに、
なんか乾燥したものがへばりついているようなところが必ずあるんです、
これを私たちは「黒い物質」と呼んでいます。
たとえば、これはコンクリートの上にずらっとしみのようになっているのですが、
そこに志葉玲さんという私の知人が放射線の測定器を置いてみたら、

ここは、2.2マイクロシーベルト/時という…
2.2ってみなさんピンとくるでしょうか?
私は京都大学原子炉実験所にいるという事は先程聞いていただいたのですが、
私の実験所内のほとんどの場所は0.04、あるいは0.05です。

0.6を超えたら放射線の管理区域にしなければならない。
ここは何のところでもない、普通の人達が生きているところで2.2という事なんです。


小出裕章201214

そしてここは子どもが指でひっかいた痕です。

何でもない、普通にみなさんが生活している場所にこういう「黒い物質」というものがあって、
子どもたちがそれに触って生きているという、

どれぐらいか?測るとこんなものです。

小出裕章201215

東京の東村山で取ったものが1kgあたり2万何千ベクレル。
葛飾区の水元公園にいたらば、20万を超えるというような汚染です。
福島県に行ってしまえば、もう何100万というものが、
普通の人々が生きて、子どもたちが遊んでいるという場所にあるんです。

これまでの日本の法律で言えば、
1kgあたり100ベクレルを超えるようなものは、
放射能として何らかの管理が必要だということになっていました。

福島の事故が起きてしまって以降は、そんな事は守っていられないと言って、
1kgあたり8000ベクレルを超えるようなゴミは
指定廃棄物としてどこか1カ所に埋め捨てにしようなんていう事を日本の国は言っている訳ですけれども、

1kgあたり8000どころじゃないんです。
もう、どこに行ってもそれを遥かに超えるようなものが、
みなさんが生活している場所に広がっているという事になっています。




ーーー


東日本の放射線管理区域~どのように日本が汚れたのか?~小出裕章氏12/22(内容書き出し)



いつのまにか塗りかえられていた
「文部科学省(米国エネルギー省との共同を含む)による航空機モニタリング結果」



埼玉県&千葉県&茨城県&栃木県の汚染地図(文部科学省)

東京都&神奈川県の汚染地図(文部科学省)

南相馬”黒い物質”から高濃度セシウム2/24モーニングバード(番組内容書き出し)

南相馬の”黒い物質”「測定器自身が死んでしまうというほどの猛烈な放射線を発生する物質」
小出裕章氏8/28INsideOUTジャーナリスト志葉玲さんに聞く(内容書き出し)


「東京都の黒い物質マップ」
黒い粉15
葛飾区が最高で29万ベクレル。
皇居で、11万ベクレル。
奥多摩の方で、3万ベクレル位。





関連記事

コメント

非公開コメント

黒い物質

以前、南相馬市の大山こういち氏がブログで報告していた「藍藻」の一種ではないかと思います。
いわゆる「お風呂の黒カビ」です。
少しの水分で発生し、胞子を飛ばして爆殖します。

>もう、どこに行ってもそれを遥かに超えるようなものが、
>みなさんが生活している場所に広がっているという事になっています。

どこで読んだか忘れたけど、「がれきを持ち込んで土地を汚染するな」と抗議する住民にキレた細野豪志が、「もうどこも汚染されているんですよ」と言ったらしい。
高温多湿の日本では、藍藻の拡大を抑えられない、という意味だったのかもしれません。
だからといって、汚染がれきをわざわざ巨費を投じて遠くに運ぶ理由にはならないが。

No title

わんちゃんの足の裏2.27μ㏜/h in Tokyo   わんちゃんはルーム・ランナーが良い
http://fukushima-diary.com/2013/01/2-27-%ce%bcsvh-from-dog-paws-in-tokyo/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。