【ペイフォワード環境情報教室】「東北関東の子どもたちにも甲状腺エコー検査・心電図・血液検査が必要」2/13川根眞也先生(内容書き出し)

<本日のテーマ>
第3回福島県県民健康管理調査の結果、
昨年の8月の1名に続き、新たに2名の甲状腺ガ­ンとの診断、さらに7名が疑いがあるという。
その他、埼玉・茨城での白血球・好中球の­検査結果ならびに心電図のQT延長症候群について

【ペイフォワード環境情報教室】川根眞也先生

2013年2月13日




Sawada:
今日2月13日になりますが、
福島の甲状腺の診察をしています県民健康管理調査の検討委員会というのがですね、福島市内で開かれまして、
昨年9月に判明の一名と合わせて18歳以下の二人が新たに甲状腺がんと確定したという報告がされています。
その他、疑いがある方達が7名という事になっていまして、
福島県立医大の鈴木眞一教授によると、こちらは
「チャルノブイリの知見からすると、期間が最短で4~5年で出る筈だから早すぎる」という事で、
今回「原発の影響はない」というようなところで否定されているというようなお話があるんですが、
今回川根先生がいろいろと活動されている中で、福島もそうですし、関東ですね。
先生が活動されている中で気になっている点はありますか?

川根:
まず、今お話になった福島の健康管理調査の小児甲状腺がんの影響にすこしふれたいんですけれども、
鈴木教授がですね、「チェルノブイリの知見から4~5年後ぐらいに甲状腺がんが発症してきた」
というような事を言っていますが、あれはデマですね。
チェルノブイリで4~5年というのは、ピークが4~5年という事です。
もう、チェルノブイリ事故の翌年から子どもの甲状腺がんというのは発症しております。
「4~5年後にピークがきた」ということであって、
それ以前にも甲状腺がんの発症例というのはどんどん増えています。
そのピークがそこに来たという事で、
今回3人の子どもが新たに甲状腺がんと診断されたという事が
今回の原発事故とは関係ないというのは全くのデタラメだと僕は思っています。


そして、昨年12月に報道されましたけれども、
実は茨城県の取手の子どもたち、小学校中学校の心臓検診の結果で、
QT延長症候群と呼ばれる子どもたちが急増しているという事が報道されています。


Sawada:QTというのは、英語でQTと書くんですね?

川根:
はい、そうですね。
これは心電図の検査をして初めてわかる事なんですけれども、
心臓の心電図を取ると、ピクーン、ピクーンと波形が出来ますよね。
その始まりから終わりまでをQTと言うそうなんですけれども、
この部分が同じリズムではなく、時々ですね、延びてしまう。
という事でQT延長症候群と呼ばれているということなんですね。

で、このQT延長症候群が起きますと、
子どもたちによってはですね、
立ちくらみ、目の前が真っ暗になったり、動悸がしたり、ひどい汗、気分が悪くなったり、
重症な時は意識を失うということもあります。
突然倒れて意識を失う時もあるので、てんかんと間違えたりもするんですね。

そうした子どもたちがですね、取手市の中で、
2008年の時はですね、小学校、中学校では大体1800人ぐらい毎年受診をしているんですけれども、
その中でQT延長症候群というのはだいたい一人ぐらい。
2009年も一人ぐらい。
2010年も一人ぐらいだったんですが、2011年、
だいたいこの心臓検診っていうのは、小学校1年生と中学校1年生4月に行われるものなんですが、
毎年行っている検査の対象の子どもたちが変わります。
今年小1、今年中1だった子どもたちが4月に検査を受けたということですので、
毎年4月に受ける子どもたちの対象は変わるんですが、
2011年4月に受けた子どもたちの中では、疑いがある子が2人。
それが2012年、去年4月に受けた子どもたちでは、疑いがある子が8人に増えているんです。

その中で継続、つまり小学校の段階で、
小学校に入る前にQT延長症候群だったと診断を受けた子どもたちが2人いますから、
新たに発見されたのが今回の検診で6人に増えたということです。
これは1600人の中で、1人、1人、1人、2人、8人で、
8人のうち、今回の検査で初めて分かったのが6人っていうのは、
明らかにですね、あのー、原発事故の影響が考えられるというふうに思います。
ただ、これがですね、全て原発事故のせいかどうかはわかりませんし、
たまたま、そういった心臓病を持っている子どもたちが、取手のほうに沢山居住しているのかもしれません。
でも非常に考えにくいですね。

実はベラルーシ、ゴメリ医科大学の学長だったユーリバンダジェフスキーさんがですね、
放射性セシウムが身体の中に入るとどんな影響が起きるか?ということで
心疾患系に影響を与えるという事を報告をしているんですね。
その中で、心電図異常が、
放射性セシウムが身体の中にたまれば溜まるほど心電図異常の子どもたちが増えるという事を報告しています。


Sawada:
そうしますと心電図の異常、もしくは今回のQT延長症候群というのは、
一つの目安、シグナルになる可能性というのはやっぱり強いという事なんでしょうかね?

川根:
そうですね。
で、先程の福島の子どもたちの小児甲状腺がんについてもそうなんですが、
放射性セシウムがですね、心臓病を引き起こす可能性が十分にあってですね、
私は福島県だけではなく、東北関東一帯の地域でもですね、
まず一つはエコー検査、特にヨウ素131の影響を強く受けた地域、
この地域については福島県だけではなく、エコー検査をやるべきだと思いますし、
そしてまた、このように放射性セシウムの影響によって、心電図の異常が発生する可能性がありますので、
心電図をとる検査もですね、東北関東のセシウム134,137、そしてヨウ素131を中心とする
放射性物質が大きく大気中に撒かれた地域については行うべきだ
というふうに思っています。

エコー検査についてもですね、触診で甲状腺の異常をみるという方法もあるんですけれども、
触診で分かるのが、橋本病などの明らかに腫瘍があって触診でもわかるんですけれども、
今回、福島で発見されたような甲状腺がんというのは触診では分かりません。
詳しくはやっぱりエコー検査でないと分からないんですね。

ですからですね、やっぱり東北・関東の子どもたちも
詳しいエコー検査を受けることは必要だと思いますし、
今心配なお母さん方、お父さん方がですね、
自費でこのエコー検査を受けさせている訳ですけれども、
そうではなくて国の予算で関東東北の子どもたちは全て
エコー検査を受けられるようにするべきだと僕は思っています。

そして実は、埼玉の方で今データを整理しつつあるんですけれども、
子どもたちの血液、特に白血球の中の一部がですね、変化が起きているという事が分かってきています。

白血球の中の好中球というのがあるんですけれども、
好中球の数値が、一応1500という数値を下回ると、好中球減少症という事で非常に免疫が低下して、
いろんな病気にかかりやすくなるという事が言われているんですが、
ほとんどこの1500に近い子どもたちが増えてきています。



Sawada:
あ、そうですか。
そうするとこれは一般的な血液検査で分かったようなもののイメージなんですか?
それともこれは特別に白血球を調べたようなものなんでしょうか?

川根:
そうですね、血液検査というのはいろんな検査がありまして、
検査項目もお医者さんによっては自分で選択をしなきゃの項目もあるんですけれども、
その中で白血球の内訳、好中球とか好酸球とか、いくつか種類がありますので、
末梢血液像のデータを取る必要があります。

そうすると好中球が高いとか低いとか、それとも基準値内なのかというのが分かります。
その時に注意をしなければいけないのは、
風邪をひいていたり、たとえばインフルエンザにかかっていると、
やっぱりこの好中球というのは下がってしまうんですね。

そういったウイルス性のものに感染していないかどうかというのを確かめるために、
CRPという、炎症が身体の中で起きているかどうかを測るという項目があるんですけれども、
CRPも出来たら一緒に測ってですね、
「CRPは異常ではないのに好中球が下がっている」というのは
何らかのシグナルを発しているんではないかなと思っています。


Sawada:好中球というのは、好きに中に球とかくんでしょうかね?

川根:はいそうですね。

Sawada:
この好中球とCRP、この2点を注意してという事で、
お医者さんというのはこれ、一般的に言えば放射能との疑いについてここまで判断されている、
知見があるお医者さんっていらっしゃるものなんでしょうかね?


川根:
そうですね、やはりなかなか理解のないお医者さんが非常に多くてですね、
鼻血が出たり下痢をした場合でも、
「鼻血は子どもが鼻をほじくったせいではないか」とか、
「お母さんが放射能の事を心配するから、子どもたちの身体に異変が起きるんだよ」
というような事を言うようなお医者さんもいます。

ただ、今この問題がですね、内部被ばくの問題を、自分で私的に勉強をしていて、
少しづつですが放射能の事と、今回の子どもたちの身体の変化とを結び付けて考えていこうとするお医者さんが
徐々にですが増えてきています。


Sawada:
そうですか。
それにしても先程ありました心電図の検査もそうですし、血液検査も、そんなに難しくなく、
エコー検査となるとさすがに専門の機器がいるという事になる
それ以外の部分についてはこの心電図もしくは白血球の部分の数値を調べていくということは、
そんなに難しくなく出来る検査項目ではありますよね。


川根:そうですね。


Sawada:
それについて先生としては、福島を中心として、どの範囲ぐらいまでのお子さんを中心に、
いま、是非知っておきたいというような位置づけなんでしょうかね?


川根:
私たちは内部被ばくを考える市民研究会というホームページのほうに、
ヨウ素131によって各都道府県がどれ位汚染されたか?という資料と、
セシウム137によって各都道府県がどれだけ汚染されたか?という資料を載せてあります。
この汚染マップ、下の方のカラーであるものがですね、
独立環境研究所というところが、2011年8月25日に校正したものなんですね。
その、赤、オレンジ、黄色、緑、このあたり、
福島、宮城、茨城、栃木、群馬、埼玉、東京、千葉、神奈川あたり、
ここまで広がっておりますけれども、
あと山形、新潟の一部ですね、
このあたりまでは私は、先ほど言いました
甲状腺のエコー検査、血液検査、心電図の検査はやるべきだと思っています。


Sawada:
そうですか。
そうしますと広範囲には及びますが、比較的簡単な検査で出来るという事で、
是非私たちは、子どもをもつ親としては、
出来ればこういう検査項目を、まずは一回安心のために設けてみるというのは重要なんでしょうね。


川根:
そうですね、で、実は昨年の6月にですね、
原発災害子ども被災者支援法という法律が出来ているんですね。
そ子にはですね「子どもたちの健康診断を行う事」と
「国の責任において行う事」というのが謳ってあるんです。
ただし、この「子ども被災者支援法の対象地域がどこか?」という事が具体的になっていないんですね。
この子ども被災者支援法の、実際に東京・関東の子どもたちは被ばくしている訳ですから
「その子どもたちの健康診断を行え」という事で、今、お母さん方、お父さん方が中心になってですね、
原子力規制庁、原子力規制委員会、復興庁、環境省、文科省などに交渉を行っています。


Sawada:
そうですか、ですからまさに自分たちで自衛しなければならない部分もありますけれど、
こういった法律を上手く使って、どうにか国のシェアを受けて
全国規模に広がってやっていかなければならない課題なんでしょうね。


川根:そうですね、はい。

Sawada:わかりました。ありがとうございます。




ーーー


内部被ばくを考える市民研究会のサイトより、
川根先生のお話があった地図を一部転載

ヨウ素131のよって各都道府県はどれくらい汚染されたか?
11_20130214093852.jpg 12_20130214093851.jpg
13_20130214094307.jpg



セシウム137によって各都道府県はどれくらい汚染されたか?
セシウム11 セシウム12
セシウム13


県民健康管理調査
新たに2人甲状腺がん7人に疑い「放射能の影響は否定」
福島県立医大鈴木眞一教授2/13




心電図
茨城・小中学生の心臓に異常が認められるケースが急増

診断名(取手市心電図診断結果)
取手12

川崎病(既往症、冠動脈瘤含む)とQT延長(疑いも含む)の年度推移
取手14
平成20年度はひとりの子どもが川崎病既往症 QT延長症候群の両方を診断。
平成23年度入学前にQT延長症候群だったと診断を受けた子ども2名を含む。



血液検査

好中球減少症

好中球減少症とはどんな病気か
好中球は白血球の構成成分の一種で、
主に細菌や真菌(しんきん)(かび)に対しての感染を防ぐはたらきをしています。
さまざまな原因で好中球が減ることにより、細菌や真菌の繰り返す感染や重症化が起こります。

症状の現れ方
繰り返す発熱
口内炎や口腔内潰瘍(こうくうないかいよう)、
皮膚感染症などで疑われます。

検査と診断
一般的には末梢血中の好中球数が1500μl未満の状態と定義されますが、
臨床上で易(い)感染性(感染しやすい)を示して問題になるのは、500μl未満の場合です。
ただし周期性好中球減少症が疑われる場合には、
約21日の周期で好中球が減るため、計画的な複数回の末梢血検査が必要です。
また、他の疾患を除外したり好中球系の低形成や成熟障害を確認するために、
骨髄検査も必要になることがあります。
好中球エラスターゼ遺伝子の変異が、先天性好中球減少症では約70%、
周期性好中球減少症ではほとんどの患者さんに認められています。



関連記事

コメント

非公開コメント