スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<どこから来たの?>愛知上空で放射性キセノンーキセノン検出は核分裂が今起こっている証拠ー

放射性キセノン:愛知県上空で検出 由来は不明
毎日新聞 2013年02月22日 東京朝刊

文部科学省は21日、
愛知県沖の上空約300メートルで自衛隊の航空機が13日に採取した大気から
1立方メートル当たり1・9ミリベクレルの放射性キセノンを検出したと発表した。
人体へ影響はない。12日に実施されたとされる北朝鮮の核実験後で初の検出だが、
同省は「核実験由来かどうかは不明」としている。



ーーー

文部科学省
北朝鮮による核実験実施発表に対する放射能影響の観測結果等について
(第16報)

平成25年2月21日(木曜日)

平成25年2月12日(火曜日)の北朝鮮からの地下核実験の実施発表を受け、
同日付の放射能対策連絡会議申合せに基づき、関係機関の協力を得て、
我が国の放射能影響を把握するため、放射能観測を実施しているところです。
今回新たに得られた測定結果は、防衛省からの報告によると以下のとおりです。

1.高空のキセノンの採取・測定結果
航空自衛隊機により、平成25年2月13日(水曜日)に日本上空でキセノンの採取を行い、
財団法人日本分析センター(むつ市)において分析を実施した結果、
検出された放射性キセノンは核実験発表前の国内の地上での測定結果の範囲内のレベルである【別紙1参照】。

(別紙1)防衛省航空機による高空のキセノン分析調査結果報告(平成25年2月13日(水曜日)採取分)
毎日2013022213
※平成25年2月13日(水)に実施した中部空域の分析の結果検出された放射性キセノンの放射能濃度は、
核実験発表前
平成20年10月以降、平成23年2月まで
財団法人日本分析センターにより千葉市地上で検出された最大値6.7mBq/m3)の範囲内のレベルです。

毎日2013022214



たねまきJ「2号機再臨界?・原子力学会の声明」
小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)2011年 11/2


キセノン
毎日新聞 2011年11月3日 東京朝刊より
東京電力福島第1原発2号機で、核分裂の際に生じる放射性キセノンが2回にわたって検出され、
一時的に臨界が生じた可能性が高まった。
検出されたのは、放射性のキセノン133とキセノン135。
半減期はキセノン133が約5日、キセノン135が約9時間といずれも短い。
複数の専門家は「検出が事実なら、ごく最近も小規模な臨界が起きている可能性がある」と分析する。

<番組内容一部抜粋>

水野:
福島第一原発2号機についてお伺いいたします
原子炉格納容器の中の気体に放射性物質のキセノンが含まれていると東京電力は、発表しましたけれど、
まずは、このキセノンというのはどういうものなのか教えていただけますか?

小出:
核分裂をすることによってはじめて出来る放射性核種です。
今回、東京電力が検出したと言っているらしいものは、
キセノン133というものと135だと思いますが、
135の方は9時間で半分になってしまうというものですし、

水野:えっ!半減期が9時間

小出:はい

水野:短いですね

小出:
はい。
ですから、もし福島原子力発電の事故があって、原子炉が全て停止した3月11日にですね。
停止したんだとすれば、到底今までは生き残っていられないという
そういう放射性核種なのです。
それを今日検出したというのであれば、
今それが新しく生み出されているという確たる証拠になるのですね。


水野:つまり核分裂が今も起こっている

小出:今起きているという証拠です。



ーーー

自衛隊の航空機ではこのような放射性核種も1週間程度で検出できるんですね。
日本がピンチの時に上空でどうしてこうした大気を採取して調査しなかったのでしょうか?
やればできるのにやらなかったという事がまた一つバレちゃいましたね。

なーんだ簡単にできるんじゃない!文科省の「世界版SPEEDIによる放射性物質拡散予測」

キセノン135は半減期が9時間だから、
見付けたキセノンは133の方なのでしょうか?
いずれにしても、どこかでウランが核分裂中だという事じゃないのかな?

もっと広く日本の上空をチェックして頂きたいです。
もしかしたら韓国の原発に何か異常があるのかもしれないし、
福島から飛んできているのかもしれないし、
福島から愛知までキセノンが行っているとしたら、
やっぱり関東はヤバい…


別紙1の※部分、
「平成25年2月13日(水)に実施した中部空域の分析の結果検出された放射性キセノンの放射能濃度は、
核実験発表前平成20年10月以降、平成23年2月までに財団法人日本分析センターにより千葉市地上で検出された
最大値6.7mBq/m3の範囲内のレベルです


↑この文章もとても不思議です。
北朝鮮の核実験よりも福島第一原子力発電所4基分の爆発の方が、
絶対大気中に沢山出ていると思えるのですが・・・

関連記事

コメント

非公開コメント

キセノンはどのぐらい生成されるか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/核分裂反応

核分裂が起こると何がどのぐらいできるかっていうのは収率を調べればわかります。

ウランかプルトニウムか、高速中性子(核爆弾や高速増殖炉など)か熱中性子(原子炉から)かという違いもあります。wikiには肝心のキセノン133や高速中性子のデータがないですが、7%ぐらい生成される。どのぐらい多いかというのは表を見てもらえればわかると思いますが、セシウムより多い。135でも半減期が約5日なのでヨウ素131より早くなくなる。すぐなくなるから隠蔽も容易で、311直後も隠蔽されたんだろう。

No title

ネイチャーの元記事。大事なことは、ロシアでもXe-133を検出。
"A global network of sensors has picked up faint traces of radioactive gas that probably seeped from last week's underground nuclear test by North Korea. The detection of xenon-133 in Japan and Russia provides further evidence of the nuclear nature of the test, but offers no hint as to the type of weapon used. Atmospheric modelling by the Central Institute for Meteorology and Geodynamics in Vienna shows that the gas likely seeped from North Korea's test site on 15 February, three days after the original test. That indicates that the test was well sealed deep underground."

訂正記事。大事な一文。
the radioisotope station primarily responsible for the measurement, located in Takasaki, Japan, regularly detects xenon-133 from surrounding nuclear facilities.

http://www.nature.com/news/correction-sensors-pick-up-north-korean-radioactivity-1.12464
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。