東電原発広報劇団「カッパの河太郎一座」は福島原発事故後も公演活動



原発教育:「主婦中心」の人形劇団 団員全員、東電と関連

毎日新聞 2013年03月25日 15時00分(最終更新 03月25日 15時42分)

「エネルギーに興味のある主婦を中心に活動を始めた」とホームページ(HP)で自己紹介している人形劇団が、
実際には東京電力から広報事業を受注する会社の元女性従業員らにより設立されていた。
劇団幹部は毎日新聞の取材に対し、HPの記載に虚偽があると認めた上で、
スタッフには1公演当たり各7000円払っていたなどの実態を明かした。

この劇団は「カッパの河太郎一座」。
HPなどによると「夏休みに子供に社会体験させようと原発を見学し、
親子ともども、エネルギーを作って家庭に届くまでに大変な努力をされていることに気づかされた」
として00年、エネルギーに興味のある主婦を中心にインターネット上で
「エネルギー倶楽部」を開き、意見交換を主に活動を始めたとしている。

人形劇団を作ったのは「エネルギーの大切さを子供たちにも伝えていきたいと思うようになった」ためで、
02年に財団法人・日本立地センターから「エネルギー劇キャラバンNPO支援事業」として
人形劇団が認められた、とする。

しかし、劇団の中心メンバーによると、
団員5人全員が設立当時、東電から広報事業を受注するリサーチ会社に所属。
広報事業は、自宅に数人の主婦を集め、原子力の必要性をパーティー形式で「教育」する内容だったという。

あるメンバーは自宅などで約300回パーティーを開催。
そうした中で「子供にもこういう話を聞かせたい」との声があり、日本立地センターの公募事業
(発注元は経済産業省資源エネルギー庁で、
「次世代層<未就学児・小学生>向けエネルギー劇キャラバン事業」)に応募したところ採用された。
公募前にはエネ庁でプレゼンテーションし、その場で支援を約束されたという。
エネ庁に自分たちの意思で行ったのか、誰かに勧められたのかは説明しなかった。

人形劇は、シロクマの母親からカッパたちに「SOS」の手紙が届き、
現地に向かうと氷が解けて子グマと離れ離れになっていたため助けるものの、
地球温暖化の話を知りカッパたちが驚く、といった内容。
また、電気がない生活を知るためタイムマシンで江戸時代に行き、
電気の便利さや大切さを知るなどの設定になっている。

エネ庁と立地センターの支援事業では05年まで最大で年間250万円を受領し、
原発立地地域の学校や首都圏のイベント会場などで公演。
スタッフには1人当たり1公演7000円の給料を支払っていた。
その後、支援額は年間60万円に激減し、使途も制限されて自分たちのギャラに使えなくなったため
支援事業への応募は取りやめた。
東日本大震災後は公益財団法人「柏崎原子力広報センター」(新潟県)の依頼で、
現地の子供などに劇を披露しているという。

そんなメンバーも、東電の広報担当者に違和感を感じると話す。
「私たちのパーティーに時々、東電の方が研修に来るんですけど、
来ることを(集めた主婦に)内緒にしてほしいと言うんですよ」。
東電社員であることを隠して見学しなければならない「広報事業」。
メンバーの一人は「私たちにも(東電が)伝えないことがあるんですよね」と不信感を表した。
【杉本修作】


ーーー

「カッパの河太郎一座」で早速検索!
ホームページを見てみよう(✪ื‿✪ื)
2013032616.jpg



ホームページ
2013032615.jpg

やっぱり、ホームページは消されていました。
ならばキャッシュになにか残っているかも?

キャッシュページ
2013032614.jpg





2013032611.jpg2013032612.jpg

画像をクリックするとページが開きます↓
2013032613.jpg

2012.11.11 


2012年11/11 
横浜市保土ヶ谷区 星川複合施設 かるがも  10周年記念イベント
「ほっしぃーのわいわいフェスティバル2012」にて、
友人が所属している『河太郎一座』さんの公演の冒頭を、撮影させていただきました。
(ご承諾いただき動画アップしております)

エネルギーをわかりやすく伝える・・・という主旨で活動していらっしゃる「河太郎一座」さん。
楽しくて、わかりやすくて、子ども達も大喜び!!
子供向きに世界のエネルギー事情を人形劇仕立てにして全国で公演されている、
素敵な人形劇一座のみなさんです。

かわいらしい河童達と一緒に江戸時代の暮らしを垣間見ながら、
『電気って?エネルギーって???』・・・と、
子ども達と"現代の暮らし方"や エネルギーの大切さについて考える良い機会になると思います。
人形劇の後に活発に発言していた子ども達の姿が、とても印象的でした。
ネタバレしては申し訳ありませんので、冒頭部分のみご紹介させていただいておりますが、
この後が本題なんです。
「公演ご希望の方は、お気軽にお問い合わせください」とのことですので、
公式HPのURLを記載させていただきます。
ぜひどうぞ! ようこそカッパの河太郎一座へ : http://members.jcom.home.ne.jp/tomokor




テプコ浅草館
2013032617.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント