スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウクライナの食用大豆を日本で初めて本格輸入・加工品の原材料として各メーカーへ販売 [双日食料株式会社]

コメントで教えていただいたのですが、
ウクライナの食用大豆を日本で初めて本格輸入するという話です。



ウクライナから初の本格輸入へ、双日が食用大豆
3月8日(ブルームバーグ)

双日 はウクライナ産の食用大豆の輸入を今年から開始する。
現地や米国の穀物企業と提携し、まずは数百トン規模で調達する。
ウクライナから日本に食用大豆が本格的に輸入されるのは初めて。
みそや納豆、豆腐の原料として使われる非遺伝子組み換え大豆は主に北米に依存しており、
新たな調達先を確保する。

輸入するのは双日の完全子会社、双日食料(東京都港区)。
同社食料原料第一部の小林福太郎副部長によると、
穀物の集荷・販売を手掛ける米ソイコ社(ミネソタ州)が大豆の種子をウクライナに持ち込み、
現地の穀物企業グレイン・アライアンス(キエフ市)が農家に栽培を委託する。
生産した大豆はソイコと双日食料が引き取る。

2010年から現地で試験栽培を実施しており、今秋には3000トンの収穫を見込む。
日本では食用大豆に非遺伝子組み換え大豆が使われている。
一方、世界的に生産の主流は遺伝子組み換え大豆。
飼料用や食用油に使われる。
米農務省(USDA)によると12年の米国の大豆生産のうち93%は遺伝子組み換え大豆が占めた。
副食として大豆製品が欠かせない日本にとっては非遺伝子組み換え大豆の安定調達が課題となっている。

小林副部長は
「毎年順調に北米で非遺伝子組み換え大豆が確保できるかというと答えはノー。
もっと産地を分散しなければならない」と語る。
ウクライナで生産する大豆は糖質が高めで、味噌や納豆の原料として
今年は試験的に日本の食品メーカーに販売する。
需要動向も勘案しながら、2-3年で5000トン程度まで調達量を引き上げたい考えだ。


ーーー

ウクライナのキエフで生産する大豆。

2013033012.jpg

キエフとは、まさにチェルノブイリ原発があるその場所です。
チェルノブイリ原発の所在地はウクライナ、キエフ州プリピャチ

チェルノブイリ原子力発電所
チェルノブイリ市の北西18km、
ウクライナとベラルーシの国境から16km、
キエフの北およそ110kmのプリピャチに立地している。
発電所は、プリピャチの中心街から約4km東にあり、人工湖である冷却池に面している

2013033014.jpg



双日食料株式会社

味噌や納豆という事だが、
その他には大豆は何に加工されどこへ売られるのか?


商品案内をみてみると、原材料としてさまざまな所へ販売しているようだ。


新着情報には、下記のようなものがありました。


2012年2月28日
■双日食料水産(株)、釜石市で生産を再開
~東日本大震災から1年、水産加工事業を再建~

双日食料株式会社
双日食料水産株式会社

弊社100%子会社である双日食料水産(株)は、
東日本大震災とその後の津波により、工場が被災し、生産停止を余儀なくされていましたが、
関係者の協力のもと、岩手県釜石市鵜住居町にて新工場を再建し、2012年3月1日から生産を開始します。
 
同社は、鮭フレーク専用工場として新設し、
最新の製造設備を導入して製造能力を年間1,200トンと従来の600トンから倍増させています。
また、本商品は、原料から製品までの一貫生産体制により、
一般向けの瓶詰め鮭フレークと、おにぎりなどに使用する業務用鮭フレークの両方の製造を行います。
 
双日食料水産(株)は、震災の影響を免れた中国にて委託製造しているシメサバの輸入取引と合わせ、
2014年度までに売上高16億円を目指します。
また漸次、新規雇用を進め、従業員総数を100名程度まで増やしていきます。
 
新工場の生産再開に際し、2012年3月8日に新工場にて工場披露式典の開催を予定しています。
釜石市長、岩手県沿岸広域振興局長をはじめとする市・県関係者様の出席を予定しています。
双日食料水産(株)は、役職員一同、新工場で心を新たに一層の努力し、
震災前以上の元気のある会社にしていく考えです。

■新工場の概要
:岩手県釜石市鵜住居町第10地割30番地内
:2,020坪
:製造施設442坪、倉庫・冷蔵庫280坪、 事務所および
   厚生施設116坪
:焙焼機、充填機、高圧殺菌機、冷凍庫等
:年間1,200トン(製品ベース)
:鮭フレークの製造・加工・販売

■双日食料水産(株)概要
:双日食料水産株式会社
:東京港区赤坂2-14-32 赤坂2・14プラザビル
:1989年6月
:10百万円
:2,281百万円(2011年3月期)
:双日食料株式会社(双日株式会社100%出資会社)の
   100%出資会社

【商品に関するお問い合わせ】双日食料水産株式会社 03-5575-2271




2011年12月6日
■「厚生労働省より2011年12月5日に公表された食品衛生法に基づく安全性審査を経ていなかった
遺伝子組換え微生物を利用した添加物」
についての当社対応ついて

12月5日厚生労働省報道発表資料に
「食品衛生法に基づく安全性審査を経ていなかった遺伝子組換え微生物を利用した添加物についての」
掲載があり、その報道資料に 安全性審査を経ていなかった遺伝子組換え微生物を利用した
添加物の輸入者として弊社名の記載がありました。

弊社とお取引頂いているお取引の皆様に、本件でご心配をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます。



ーーー

遺伝子組換え微生物を利用した添加物
「5’-イノシン酸二ナ トリウム」と「5’-グアニル酸二ナトリウム」輸入した業者であったようです。

ウクライナの大豆は、もう汚染されていないのでしょうか?
まだ、チェルノブイリ原発事故から30年も経っていません。
遺伝子組換え微生物を厚生労働省の食品衛生法を無視して輸入するような業者ですから、
大豆の安全性もきちんと検査して確保されているとは考えにくいと思います。
そして、釜石での水産加工事業再開。
こちらも、魚貝類の安全性を確保してから加工されるという事は、考えにくい会社のように思えてなりません。


ウクライナの大豆を購入して加工するメーカーや業者は何処なのでしょうか?
不安が募る情報でした。


続きを読むに厚生労働省HP(12月5日)







厚生労働省

平成23年12月5日 医薬食品局食品安全部 基準審査課新開発食品保健対策室

報道関係者各位

食品衛生法に基づく安全性審査を経ていなかった
遺伝子組換え微生物を利用した添加物についての対応

○ 本日、食品衛生法第11条第1項に基づく「組換えDNA技術応用食品及び添加物の安全 性審査の手続」(平成12年厚生省告示第233号)第3条に定める安全性審査を経ていなかった遺伝子組換え微生物を利用した添加物「5’-イノシン酸二ナ トリウム」と「5’-グアニル酸二ナトリウム」の安全性審査について、食品安全委員会に食品健康影響評価の諮問をしましたのでお知らせします。


1 経緯

遺伝子組換え食品及び添加物については、上記告示に基づき、厚生労働大臣の安全性審査を経た旨を公表されたものでなければ我が国での流通は認められてい ませんが、このたび、安全性審査を経ていなかった遺伝子組換え微生物を利用した添加物(※)が輸入され国内で販売されていることが、これらの添加物の輸入 販売業者であるキリン協和フーズ社の報告により判明しました。同社から得られた情報を分析したところ、これらの添加物は、食品衛生法に基づき定められた個 別の添加物の成分規格を満たしており、すでに国外を含め広く使用されている中で安全上問題となる情報はなく、厚生労働省としても現時点では安全上の問題は 確認できないものでありますが、法令に基づき、本日食品安全委員会に食品健康影響評価の諮問をしました。  

 ※これらの添加物(5’-グアニル酸二ナトリウムと5’-イノシン酸二ナトリウム、この2つの混合物である5’-リボヌクレオチド二ナトリウム)は Cheil Jedang社(CJ社:本社は韓国)から輸入され、うち2種類についてキリン協和フーズ社から、さらに1種類についてCJジャパン社から報告があった。

 ※これらの添加物は年間600~700トン輸入されており、0.03%程度使用されていることから、約180~200万トン程度の加工食品に使用されて いる推計されている。(うまみ調味料の原材料として、たれ、つゆ、だし、スープ、ドレッシング、醤油、かまぼこなどの水産加工品、ハム、ソーセージなどの 食肉製品など多種多様な加工食品に使用されている。)

2 現在の状況

これらの添加物は法令上の手続きを満たしていないことから、上記報告を受けた11月29日、キリン協和フーズ社に対し、これらの添加物の輸入、販売を取 りやめるよう指示するとともに、安全性審査のために必要なデータの提出を指示しました。また、本日までにCJ社のインドネシア工場から輸入実績のある10 社(参考3)に対して、これらの添加物の輸入、販売を取りやめるよう指示しました。

3 今後の対応

 安全性が確認されるまでの間、輸入業者10社に対し輸入、販売を取りやめるよう指示しましたが、これらの添加物を使用して製造された食品の販売、流通の取りやめ等については、食品安全委員会の評価結果を踏まえて判断することとしています。

<参考1>食品衛生法(昭和22年法律第233号)
第11条 
1) 厚生労働大臣は、公衆衛生の見地から、薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて、販売の用に供する食品若しくは添加物の製造、加工、使用、調理若しくは保存の方法につき基準を定め、又は販売の用に供する食品若しくは添加物の成分につき規格を定めることができる。
2) 前項の規定により基準又は規格が定められたときは、その基準に合わない方法により食品若しくは添加物を製造し、加工し、使用し、調理し、若しくは保 存し、その基準に合わない方法による食品若しくは添加物を販売し、若しくは輸入し、又はその規格に合わない食品若しくは添加物を製造し、輸入し、加工し、 使用し、調理し、保存し、若しくは販売してはならない。


<参考2>組換えDNA技術応用食品及び添加物の安全性審査の手続(平成12年厚生省告示第233号)
第3条 厚生労働大臣は、組換えDNA技術を応用した食品又は添加物について、その開発者、その代理人その他適切な資料を提出することができる者から申請 があったときは、食品が組換えDNA技術によって得られた生物であり、又は当該生物を含む場合にあっては当該生物の品種ごとに、食品又は添加物が組換え DNA技術によって得られた生物を利用して製造された物であり、又は当該物を含む場合にあっては当該生物の品種ごと又は当該食品若しくは添加物の品目ごと にその安全性の審査を行う。
2 前項の審査は、食品安全委員会の意見を聴いて行うものとする。


<参考3>安全性審査を経ていなかった遺伝子組換え微生物を利用した添加物の輸入者

 ・CJジャパン(株)
 ・キリン協和フ-ズ(株)
 ・(株)カーギルジャパン
 ・DSP五協フード&ケミカル(株)
 ・ジボダンジャパン(株)
 ・今戸食品工業(株)
 ・丸善薬品産業(株)
 ・豊田通商(株)
 ・太陽化学(株)
 ・双日食料(株)



ーー追記ーー

覚えていますか?中国で製造された「毒入り冷凍餃子」
あの時の輸入業者が双日食料でした。(コメント欄参考にしてね)

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

日本の放射能汚染のどさくさに紛れて、他国の汚染地域の作物を輸入調達するとは・・。
利権が絡んでいて誰かが儲かる仕組みなんでしょう。
国民の健康は2の次3の次ってことは分かっています・・。
国民が出来る事は加工業者を知る事で危険を遠ざけることしかできないですね。

毒入り餃子輸入商社(又日)

新聞記事は既に削除されていましたが、ブログにUPしていた方がありました。
千葉のギョーザ、許容量9倍超のメタミドホス検出
2008/02/01(金) 23:45 読売新聞
「現時点でメタミドホスなかった」天洋食品調査の双日食料
02/01(金) 23:53 読売新聞
http://together1.blog.so-net.ne.jp/2008-02-02

Re: 毒入り餃子輸入商社(又日)

Y(>ω<、)Y ヒェェーーッ!
あの毒餃子が双日だったんですね。
記事見てきました。

ーー

「現時点でメタミドホスなかった」天洋食品調査の双日食料
02/01(金) 23:53 読売新聞

中国製冷凍ギョーザによる中毒問題で、
ギョーザを製造した河北省石家荘市の「天洋食品」に調査に入った商社「双日食料」の担当者は
初日の調査を終えた1日夜、記者団に対し、
「現時点で(有機リン系殺虫剤)メタミドホスはなかった」と述べた。
 
過去の使用実績については今後、調査を進める。
現地入りしたのは小林久男・品質保証室長と、双日中国有限公司の宮部敏明・食料部長。
小林室長によると、薬品保管倉庫を調査したが、工場内の消毒に使う薬剤しか置かれておらず、
殺虫剤や防腐剤はなかった。
メタミドホスの過去の使用状況について、
小林室長は「明日以降、確認したい。今の段階ではお答えできない」と語った。


ーーー

あの時は「中国が悪い」というような報道で最後は終わったように記憶していますが、
もしかしたら・・・って思ってしまいます。

どちらにしても双日食料という会社は、
過去も今もこういう会社だという事なんですね。
情報ありがとうございます。



新たな遺伝子組み換え?他の国を通してロンダリング?

特許切れをごまかす特許ロンダリングと裁判でヨーロッパでは負けているのも有り 大豆と契約したパラグアイの農家からは古い遺伝子組み換え大豆のロイヤルティ徴収を止めるという協定を結んだ。特許の訴訟を解決し、新しい取り引きを大豆技術の使用から新しい技術までパラグアイの栽培者に・・・プロセスについて同意しました」、と4つの他の業界団体によって署名されたファーマーズ労働組合からのステートメントが言いました。
http://www.reuters.com/article/2013/03/28/paraguay-monsanto-idUSL2N0CK00B20130328

フランスの法廷はフランス農民を除草剤による化学中毒にしたかどで有罪を宣告。モンサントの被害者であるはず・・・の・・・さんは、一転してモンサントに対する加害者になってしまうのです
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1125.html

輸入食品に未指定殺菌剤か

厚生労働省は3日、食品衛生法で使用が認められていない未指定殺菌剤の「過酢酸製剤」が、米国やカナダ、オーストラリアから輸入された野菜や果物、食肉など幅広い食品に使用されていた可能性があると発表した。
http://jp.reuters.com/article/kyodoMainNews/idJP2013040301002013
 厚労省は「既に国際的に安全性が確認され、海外では広く使用されており、健康に影響はない」と説明。使用された食品が国内で見つかれば形式的には違法になるため、同日の薬事・食品衛生審議会の部会で、今後、内閣府の食品安全委員会のリスク評価を受けた上で、食品添加物として指定する方針を決めた。

 過酢酸製剤は原液を水で薄めて、食品を漬けたり、表面に噴霧したりして使用される。
http://www.47news.jp/CN/201304/CN2013040301002012.html

知らず知らずのうちに食べさせられている。

Food Inc. HD (Multi-Subtitles) .フードインク
http://www.youtube.com/watch?v=3abDErX9Ko0
.The World According to Monsanto GMO Documentaryモンサントの不自然な食べ物
http://www.youtube.com/watch?v=6VEZYQF9WlE
『モンサントの不自然な食べもの』は、多国籍企業がもたらす食のあり方の根本を問
GMじゃがいもを与えられたネズミは、肝臓や心臓が小さく、免疫システムも弱くなっているばかりでなく、「際だって脳も小さくなっていた」という――しかし、この脳の萎縮については、テレビではパニックになるからと博士は話さなかったというのだ。
 さらに、ブレアが「ブースタイを黙らせろ!」と指令したのは、クリントン大統領からの電話をうけたからだとされる。
 こうしてGM作物の危険性はヤミからヤミへと葬られていった。
ドキュメント『フードインク』では、モンサントのケースを挙げ、わたしたちは、知らず知らずのうちにGM作物を食べさせられている。
遺伝子組換え食品
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/idenshi/index.html
個人的には放射性廃棄物の日本の食品安全基準値と同じ感覚?
安全性審査の手続を経た旨の公表がなされた遺伝子組換え食品及び添加物一覧厚生労働省医薬食品局食品安全部
PDF平成25年2月26日現在
http://www.mhlw.go.jp/topics/idenshi/dl/list.pdf

お忙しい方用に

ドキュメンタリー映画予告編『フード・インク』1.危ない秘密 2.食の社会見学 
http://www.cinemacafe.net/official/foodinc/

No title

すみません先ほどCM入りになっていましたので
こちらに変更   ↓
-----------------------------------------

.映画『フード・インク』『ありあまるごちそう』予告編 .
http://www.youtube.com/watch?v=qyBph6Qx8vU
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。