NATO会場に向けて従軍メダルを投げ返すイラク帰還兵たち「メダル返還の理由」

2012/5/21 Democracy Now!
2012年5月20、21日、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議が米国シカゴで開催されました。
会場となったマコ―ミック・コンベンションセンターの外には、
NATO、戦争に反対する数千人が集まり、抗議デモが行われました。
NATO会場に向けて、従軍メダルを投げつけるセレモニーを主催したのは
「反戦イラク帰還兵の会」と「平和を願うアフガニスタン人」(Afghan for Peace)のメンバーです。
それぞれの短いメッセージに共通しているのは
軍隊への不信・だまされたという憤り・イラク、アフガニスタンの人々への謝罪の気持です。
アフガニスタンの人々に連帯し、本当の悪者は誰なのかを訴えます。




北大西洋条約機構(NATO)の首脳会議がシカゴで開催中です。
6カ国の代表が集う会場は厳重警備体制です。
数千人が街頭で抗議しています。

公園から会場に向かう初日のデモ行進は
ここ1週間の抗議行動で最大の規模でした。

先導したのは米軍の帰還兵とアフガン人の平和団体です。
「反イラク帰還兵の会」は行進の終了後従軍メダルをNATO会場に向け投げつける儀式を行いました。

1971年ベトナム帰還兵が連邦議会の外で行ったのと同じです。

201303311221.jpg

元陸軍軍曹 アレハンドロ・ビジャトロ氏は
2003年イラク、2011年アフガニスタンに従軍。

201303311222.jpg

NATOにNO! 戦争にNO!
もう戦争には行かない!
NーAーTーO!
二度と殺さない!

201303311223.jpg

NATOに反対する退役兵が一人ずつステージに上がって、
従軍メダルを返上する理由を話します。
彼らの思いを聞いて下さい。
なぜ戦う事を止めて平和を求めたのか
これほど多くの声はここでしか聞けません。
無実の人々を殺したものも、国内で戦争継続を助けたものも
戦友の死を見守ったものもいる。
ここにいない仲間もいる。
自殺したからです。
政府が約束したケアは反故にされ、破綻した政策が多数の死者を招くのを見た。
考えて下さい。
そんな価値があったのか?

ー;NO!

メダルが慰めになるのか?

ー:NO!

それとも政府の嘘と腐敗を隠し、祖国のために戦った若者への虐待を隠すためか
メダルの嘘を暴きます。



元海兵隊員、アイリス・フェリシアノです。
2002年、アフガニスタンの作戦に従軍。
壁の向こうにいる人達に言いたい。
ウソと恐怖に満ちた作戦をいくら練ってももう騙されない。
不当な戦争は拒否する。
兵士を撤退させ戦争を終わらせよう。

メダルを返上します。



イラク歩兵部隊にいたグレッグ・ミラーです。
こんな安っぽいメダルをよこして、僕らに捨てさせた良心の穴を埋めろと言うのか?
もう騙されない
。こんなメダルはいらない。
こんなものはウソだ。


スコット・キンボル
イラク帰還兵です。
メダルを返上します。
アフガニスタン、イラク、パレスチナ
世界中の占領の犠牲者へ。
戦争に反対する兵士のみなさん、君はひとりじゃない!


良心的兵役拒否者のクリストファー・メイです。
ぼくらは教わった。
メダルが表すのは「民主主義と正義」「希望と世界の変革」
でもメダルが表すのは国民の意思を正しく代表出来ない
NATOのダメ指導者たちの失敗だ。
権利を奪われた人々のために正しい事が出来ない指導者だ。
それどころか人々を利用し、ひどい世界にした。
私はもう手を貸さない。

こんなメダルは意味がない。返上する。


アッシュ・ウールソンです。
イラクに行って打ちのめされた。
誰も同じ目にあって欲しくはない。
こんなもの返してやる!


マギー・マーティン
イラクに二度行きました。
どれだけメダルをもらおうと、戦争の苦しみを消すことはできない。
こんなのはゴミだ。
必要なのは治癒する権利です。


ジェイコブ・クロフォード
イラクとアフガンに行きました。
メダルは無意味だ。
もっと早くから戦争に反対するべきだった。
メダルを返します。
ブラットリー・マニングを開放しろ!


ジャイソン・ハード
10年間衛生兵を務めました。
2004年イラクに行きました。
イラクとアフガニスタンに連帯し従軍メダルを返上する。
私たちは世界中を破壊した。
心から謝罪したい。

アフガニスタンの女性達とここに立つことを誇りに思う。
こんなメダルはウソだ。返します。


スティーブン
イラクに二度派遣されました。
両親を失ったイラクの子どもたちにメダルを捧げます。


生物・化学兵器の技術兵でした。
イラクに大量破壊兵器はなかった。
私は陸軍をやめた。
他にも4万人が除隊した。
ウソはもうたくさんだ!


ウィスコンシン州のスティーブ・アッシュソンです。
5年前、前線の偵察兵でした。
2005年サドルシティです。
イラクとアフガニスタンの子どもたち、
願わくば彼らが我々の行いを許し、私たちの傷がいやされ平和が訪れますように


マイケル・リーマン
良心的兵役拒否者です。
プラッドリー・マニングのためにメダルとコインを返上します。
マニングは全てを犠牲にして戦争の真実を暴いた


マット・ハリードです。
海兵隊でイラクに2度行った。
メダルを3つ返上します。
脳損傷や軍隊内の性的暴行PTSDに苦しむ仲間のために。


イラクに行ったザック・ラボルト
ウィスコンシン出身です。
違法な戦争に参加した騙されたと思った。
イラク人の解放のためだと言われたが、
油田を開放させる戦争だった。



スコット・オルセンです。
4つの従軍メダルを全て返します。
かつてこのメダルを見ては自分の行いを誇りに思い、正しい事をしたと得意だった。
でも間違っていた。
こんなメダルはもういらない。



元海軍兵のトッド・デニスPTSD患者です。
メダルをもらったとき言われた。
「勤勉で献身的で模範的な行いをした者に与える」と。
私はPTSDを隠して自分を酷使し過ぎた。
メダルを返し、治癒する権利を求めます。


マイケル・アプレゲイト
海軍に8年勤めました。
自分の良心に従うためにメダルを返します。


アフガニスタンとイラク侵攻に海軍兵として参加しました。
軍に志願したのは間違いだった。
イラクとアフガンの人々に破壊行為を謝罪します。



ブラック・マッキントッシュ
州兵でした。
2年間アフガニスタンに従軍しました。
2か月前、アフガニスタンの友人とグラウンド・ゼロを訪ねた。
悲劇の記念碑です。
でもアフガニスタンの死者3万人には記念碑なんてない。
彼らのためにメダルを返します。
「アフガニスタンの平和ボランティア」に捧げます

201303311115.jpg

元海兵隊ビンス・エッマニュエルです。
まず、アフガニスタンとイラクの人々に捧げます。
次は私たちの真の建国の父だ。
学生非暴力調整委員会(SNCC)ブラックパンサー党
公民権運動や労働組合、社会主義者たち
共産主義者やアナキスト、環境運動家、
彼らこそ真の建国の父だ。
最後に最も大切なのは、
敵は7千マイル先ではなく役員室にいる企業重役たち、銀行やヘッジファンド経営者だ
戦地ではなくこの米国で毎日顔を見る連中だ。
そこにいる警官たちではなく、世界を支配する億万長者たちだ

もううんざりだ。
こんなメダルはいらない。



来る事が出来なかった6人の代わりに来ました。
国境に近付けば逮捕されてしまうからです。
イラク・アフガニスタン戦争に加担することを拒否した罪です。
国外にいる両親のある兵士に恩赦を与えるべきだ。
海兵隊員のクリスチャン・カー
陸軍のキム・リベラ イラクへの再派遣を拒否
海兵隊ジュレミー・グロックウェイ イラクへの再派遣を拒否
ゲレス・ティンガンダン アフガニスタンへの再派遣を拒否
陸軍コーリー・グラス イラクへの再派遣を拒否
クリス・バッシー アフガニスタンへの再派遣を拒否
彼らの怒りに変わってメダルを投げます。


アーロン・ヒュース
2006年までイリノイ州兵でした。
このメダルを昨年亡くなったアンソニー・ワグナーに捧げる。
女性兵士の3割にのぼる性的暴行の被害者へ。
アフガニスタンの女性のために立ち上がると言ったが、
米国の女性を助けることすらできていない。
謝罪を込めてこのメダルを全員に捧げます。
本当に悪かった。



「反戦イラク帰還兵の会」のメンバーでした。
NATO会議の会場に向けて従軍メダルを投げ返しました。



ーーー


4.8/5橋爪文氏(文字起こし)より一部抜粋

橋爪:「アメリカ人を憎んでいますか?憎くないですか?」ということがほとんどのところで出ますね。
聞手:それに対してどう答えられるんですか?
橋爪:私は、「人間はね、憎みません」って。
   たとえばアメリカ人でも、あなた達スウェーデン人、フランス人、日本人でも、
   みんな人間は同じだから人間を憎む事はないんですけれども、
   「アメリカが原爆を人間の上に落としたっていう事に対しては、私は許せません」って言いました。
   そしたら、その同じ子がね、
   私が「憎しみは人間に対してもたない」って言った時に、
   「報復を考えた事がありますか?」って言いました。
   だから、「憎しみとか報復があるところに平和は来ないでしょ」と答えました。




ーーー

NATO
北大西洋条約機構(きたたいせいようじょうやくきこう)
北大西洋条約に基づき、
アメリカ合衆国を中心とした北アメリカ(=アメリカ合衆国とカナダ)
およびヨーロッパ諸国によって結成された軍事同盟
略称は頭字語が用いられ、
英語圏などでは NATO(米国式英語発音: /ˈneɪtoʊ/ ネイトウ、日本語発音: ナトー)、
ロマンス系諸言語圏(仏・伊・西・葡・ルーマニア等)では OTANと呼ばれる。



関連記事

コメント

非公開コメント

明日はポジティブに考えよう…

この軍人たちの行動って、世界のシンプルな現実を突き付けていて、これが全ての根っこなんだと思う。けれどそれを日本の問題に繋げるには、日本の一般庶民に情報と想像力が足りてないように思えて、歯がゆい。
アメリカ下層軍人(多分将校クラスは少ないのでは?)は身をもって地獄を体験させられて、真実が何かわかった。
今の日本人はまだ地獄を見てないからわからないんだろうか。これからまだまだ地獄が来るんだろうか。
大都市直下大地震、自然災害・人為災害で各地の原発崩壊、福島第一の再臨界は考えるだに恐ろしいが、富士山や箱根が噴火しただけでも多分経済はしばらくパンク。
一番恐ろしいのはこれらの対策が万全にされておらず、対策をしてほしいと声をあげると人心を悪戯に脅かすとか言ってなにもしないこと。

身をもって体験しないとわからないし体験してもわかってもすぐ忘れて生かさない。(過去の大震災、戦争)日本人には運命論のほうが受け入れやすいのかもしれない。今日はちょっとネガティブです。まあ仕方ない、運命だ、って庶民はあきらめても、セレブはしっかり大金持って逃げてるんですよね、そのときは。

虚偽がまかり通る時代に 真実を語ることは 革命的行為である

PTSDが存在しない日本

PTSDがすぐに「薬で治る(全然治らないけど)うつ病」に「変換」して消える日本。

兵器による様々な奇形や腫瘍発症のドキュメント

これはベトナムですが米軍兵器による様々な奇形や腫瘍発症のドキュメントです。90kgの腫瘍
http://www.youtube.com/watch?v=sr_1RfiFBl4&feature=youtube_gdata_player

顔がほぼ腫瘍の子供
http://www.youtube.com/watch?v=IslheSn2mBw&feature=youtube_gdata_player

アメリカは、何故戦争に介入したのか?

福島原発の問題で話題の広瀬隆氏が20年以上前に研究・調査.事実を忠実に編集再現されたものです。
1/2 「大統領は誰の手の上で踊っているのか」 広瀬隆 .
http://www.youtube.com/watch?v=BbYKZw52OsI
2/2 「大統領は誰の手の上で踊っているのか」 広瀬隆 .
http://www.youtube.com/watch?v=aLmZ5F5LSwI

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

レーニンやヒyトラーにも資金援助していた

10年後の日本は、今のアメリカ?・・・オバマの後は警察国家に?
.オバマの幻影
http://www.youtube.com/watch?v=RPPUIRkNnLk

プロパガンダ・システム選挙の裏 

7月の選挙、日本も類似? こんな感じになるのでしょうか?投票箱は?今後、電子システムで投票?すれば確認は不可能では
http://www.youtube.com/watch?v=QDAikJdHXVE

内部告発

知らなかったというだけで、大勢の人たちが殺されてゆく・・・ .
http://www.youtube.com/watch?v=IQNBGrF24LQ
内部告発!(元ア・・・・・安全保障局) 311の・・
http://www.youtube.com/watch?v=ZCEmFIMrRVE
こんな馬鹿げた世界支配の道具を推進しているのは誰だ! .
http://www.youtube.com/watch?v=oPo8SOD9ig8

高江で会った若き米兵

沖縄の高江で座り込みしている方たちの話を聴きに行ったのは日曜日。にもかかわらず、基地では銃撃訓練らしきものが行われているとのこと。間もなくゲートが開き、若き米兵を乗せたバスが出てきた。若くて、まだ華奢な印象を受ける。様々な事情を抱え、入隊したのだろう。戦争したい訳ではないはずだ。その葛藤が住民への暴力として出るのではないだろうか。この問題は、これからの日本の若者にもかってくるのさと、誰かが言った。仕事がない、生活費すらない、生きる気力を奪い取られ、お金のために入隊する。大人たちの尻拭いをさせられる若い人たち。