スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今、食材でなにが汚染されているか?」武田邦彦氏(音声文字起こし)&「福島県民内部被ばく無し」の東大早野龍五教授

今(2013年4月)、食材でなにが汚染されているか?
(平成25年4月11日)   武田邦彦

音声↓
http://takedanet.com/files/genpatsu_shokuzai01tdyno.145-%2810%EF%BC%9A09%29.mp3

原発事故から2年経ちまして人の心も随分と変わってきているのですが、
セシウム137の半減期というのは変わらない訳ですね。
これは半減期が30年で、これは物理的なものなので。

で、土から取れる食材ですね、
農家の方が撮る食材は土壌が汚れていればどうしても汚染される訳です。
それから、まぁ「被ばくと戦う」という変なのもあったんですけれど、
人間の身体は毒物が入ればやっぱり打撃を受けるんですね。

そこで、2年がたちまして食材全体がどうなっているのか?ということを、
民間で食材の汚染を調べてずっといただいている複数の方からの情報の収集を行って整理をいたしまして、
国や農水省がずっと「大丈夫だ」って言いっ放しなので、分からない訳なんですね。


現在注意する食品

で、民間の人達が本当にお金のない中で、一生懸命測定をされて整理をされている訳です。
今回は直接的な測定をしている福島のデータですね。
市民放射能測定所(CRPS)情報を中心にお話をし、
次回はですね、少し厚生省とかいろんなところで発表されているデータ、
もしくは、いろんなところのデータを整理したものを示したいと思いますが。

ここに一枚のグラフを示しました。
食品注意情報。
これはこの福島の市民測定所で測定されたものを全体として整理したものですね。

実は「個別の食品にどれくらい何月何日に入っていた」というのは、もう膨大なので、
それを全部示しても我々の頭に入らないんですね。
この棒グラフは上の方に行けば危険、下の方に行けば安全ですね。
食品全体で見れば、きのこなんかは比較的危険な食材であるというのが分かりますね。
それに対して、ジャガイモとかかぼちゃとかなすとか、トマト、ニンジン、
ま、こういったものはですね、根菜類、それから果菜類は比較的安全な食べ物だという事が分かるんですね。

2013041631武田

それから棒グラフが長い奴。
たとえば、肉類はイノシシとか魚とかは危ないんだけど、
豚肉鶏肉は非常に安全だというふうに、「肉は安全です」というふうには言えないというものが、
この棒グラフの長いものですね。

そういったもので全体的に見ますと、
きのこ、それから肉の一部、木の実、山菜、ハーブ位が危ないと。
やや特殊ですね、肉以外はそんなに大量に食べるものではありません。

それに対してですね、
野菜が結構安全になってきたという事が我々にとっては非常にうれしい事だという事になりますね。


それでは、ちょっと個別のものを当たってみますと、
かなり危険で買わない方がいいかなと思うものが、
野生のものですね、
野生のキノコ、原木のしいたけ、
イノシシの肉、熊の肉、
海底にいる魚、ヒラメみたいなものですね。
それから川魚、アユ。
それから、栗ゆずコゴミ、タケノコ、干し柿、切干大根。
これはですね、かなり危険なものが多いという事なので、
買わなくて済めば買わない方がいいという事ですね。

やや危険
これは人によっては買っても大丈夫だと思いますが、
やや危険というものが、
キウイ、ブルーベリー、
ふきのとう、コシアブラ、タラの芽、セージ、
ローリエ、タイム、ミント、
大豆、小豆、
つるむらさき、ホウレンソウ、小松菜、菜の花、茎立ち菜、レンコン、芋がらですね。

えっと、このなかでね、「あれ?」と思うのが大豆なんですよ。
国産大豆が結構今汚れていてですね、
たとえば宮城県の大豆はですね、1kg90ベクレルというのがあるんですね。
これはちょっと食べない方がいいんですよね。
大豆は他の地方でも汚れておりまして、
これもちょっと、また何かの機会に整理をしようと思っていますが、一応そういう事です。
これは海外のものは大丈夫ですよ。

それから、柑橘類は一時かなり汚れておりましたけれども、
最近安全になってきました。
それからタケノコもですね、まぁいいんですが、広い範囲で汚れているんですね。
たとえば神奈川県でも数ベクレルの汚れたタケノコがあるというような事ですね。

それから、かつて注意を要したのに最近は安全になったもので、「もうこれはいいな」というやつが、
豚肉、鶏肉、リンゴ、ナシ、シソ、玄米、白菜、
ジャガイモ、ヤーコン、大根、にんじん、玉ねぎ、
ナス、トマト、キュウリ、イチゴ
これはですね、かつて注意を要したんですけど、今は安心して買えるというものですね。

ま、そういうことで一応説明しました。
それからこのブログで何回も説明していますけれども、
実は「赤痢」とかそういうものは、体の中で増殖しますのでね、
たとえば赤痢菌が付いたものを食べたりするといけないんですけれども、
放射性物質は幸いなことに平均値なんですね。
平均値ですから、たとえば「一個だけ何か悪いものを食べちゃった」という位ではですね、
えーっと、大丈夫だという事ですね。
たとえば一個悪いものを食べても他の9個が良ければ10分の1になるということですね。
ですから、平均的には福島だとか東北関東の物を少し避けて、
そして西日本だとか北海道産のものを買うというのが正しいと思います。




東大の発表

それからこの前ニュースで、東大の先生がですね、
福島の子どもたちの内部被ばくは少ない」との報道があったわけですが、
実は体内の放射性物質はそれほど簡単に測定できるものではありませんので、
なんか、聞くところによると「一人2分で測った」と・・・w。

2分じゃ、ちょっとね、出てこないんじゃないかと思いますが。

これは私の感じでは、
国のお金をもらっている東大の先生が誠意のない測定をしたんだろうと思います。
この東大の発表した研究室は国からお金をもらって無いという事を、まず公にして欲しいと思いますね。

今回の場合、どのような裏取引があったかどうかわかりませんけれども、
私もそうやって長い間現場に研究としていましてね、
東大の先生と役所の連係プレーというのをこの目で見てきた一人なんですけれども、
大体こんなふうに行われるんですね。

先輩後輩関係が結構多いんですけれども、
同じ学科を出たとか、同窓会が一緒だとか、そういうところから電話が来るんですよ。
「ちょっと、反対派が福島の被ばくを騒いでいるし、農家の農作物が売れないから、
もう大丈夫だっていう測定値を出してくれないか?金は出すから」
というような事を友達に電話するんです。
たとえば先輩が後輩に電話するんですね。

そうすると東大の先生がそれを請け負って
「ああ、分かった分かった。じゃあ出しとくよ。
大体反対派の連中っていうのは無茶苦茶言っているからね。主婦はヒステリーだし」という話でですね、
それで税金がその先生に渡るんです。

その先生としてはですね、その税金を貰った機会に高い機械なんかを買えるんで、ま、買うんですね。
そうするとその後の研究が上手くいくんです。
だから、自分のやりたい研究をするためには
一度はこういったことにちょっと手を染めなきゃいけないという、悲しい事実もあるんですね。

ところがですね、この問題はどうしてこういう事を私が言うかっていうと、
学校の先生っていうのはですね、大学の先生っていうのはですね、
結果がこうなったというのだけじゃダメなんですよ。

この場合はですね、福島の子どもたちの被ばくが少ないというなら、
皆さんが注意して子どもに放射性物質で汚染されたものを食べさせないようにしたからという説明がありましたが、そういうのは全然ダメで、
学問的にはですね、土壌が汚染されているんです。
その土壌から食品をとっている訳ですから、
福島の移行係数というのは土壌から食物に移行する放射性物質が移行する係数というのは低かったのか?
体内の滞留はどの位だったのか?
というですね、全体の結果を説明をきちっとしなければいけないんですね。

事実だけ書けばいいだろうという事は無いんですよ。
実は事実というのはそれほどハッキリしないんですね。
事実というか、実験データそのものというのはですね、
もちろん実験データそのものは事実なんですけれども、
それをある条件、たとえば測定方法なり、サンプルの抽出方法なり、
いろんな条件があるから、結構任意のデータが出てくるんですね。

ですからそれを防ぐためには、それにきちんとした理屈をつけて、
それで私がその場にいて、発表現場にいたら、
「先生、ところでの土壌が汚れていて、
福島でとれたものを食べている児童が何故内部被ばくしないんでしょうか?
そこのところをちょっとご説明していただけませんか?」って質問をするんですね。
そこできちっとした説明をしなければ、
「こういうデータが出ました」だけでは、これはまぁ、小学生みたいなもの…、
小学生という事はないけど、大学生みたいなものでですね、
ま、まだ学問的には全然だけという感じがしますね。

ま、これには意図がありますからね、
福島の野菜を売ろうという、食材を売ろうというウラがありますから、

データとしては全く信用が出来ない。

今のところ東大の先生が測定して発表したものは信用できませんよ。
だって、「原発から遠くに逃げたら安全だ」なんていう全くウソな事を言った訳ですからね。

だからまず東大は
「そういう嘘を何故言ったのか」
「嘘を言った先生は今どこでどうしておられるのか?」
そういうことをはっきりさせて説明してからこういった実験をしないとですね、
いくら実験をしたってみんな信用しませんよ、もちろん。

だからそこのところもよく反省してもらいたいと思いますね。

それから民間の測定は千葉県の柏市で最初に測定を始めた方も、本当に立派な方ですけれども、
文鳥姉さんとか、マダムトモコの厚生労働省日報ダイジェスト、浅田さんのところのプロジェクトなんかもありますから、
順次よくまとめまして発表していきたい、示していきたいと思います。
ただ、福島のこれは福島県のものですけれども、福島県が一番汚れていますからね。
だからこれをだいたい見てお買い物をされればですね、かなりの程度守れるという事ですね。

このグラフの下の方に書いてある、ま、たとえば
豚肉とかナスとかニンジンって書いてあ利ますが、こういうところはもう安全ですからね。
ですから、安心してお買いになったらいいんじゃないかというふうに思います。

この食品の汚染もだんだんと変わっていきますから、
また、3か月か半年ごとにですね、その時の状態を書いていきたいと思っています。



ーーー

福島県住民99%に内部被ばくなし 東大研究チーム
テレビ朝日 (04/11 05:58)
2013041631.jpg

原発事故の後、福島県の住民について内部被ばくの調査をしたところ、
99%の住民からは放射性セシウムが検出されなかったことが分かりました。

2013041632.jpg

東京大学の研究チームは、
去年の3月から11月にかけて、福島県の住民など2万人余りを対象に内部被ばくの状況を調査しました。
その結果、

2013041633.jpg

年間0.01ミリシーベルトを超えるセシウムが体内から検出されたのは212人で、全体の1%でした。
15歳以下の子どもは去年5月以降、1人も検出されませんでした。

2013041634.jpg


研究チーム(東京大の早野龍五教授らのチーム)は
2013041635.jpg

「食品の出荷規制が守られ、市場に流通した商品のセシウム濃度が極めて低かったことが理由とみられる」
と分析しています。
また、
「1986年のチェルノブイリ原発事故と比べて、内部被ばくが非常に低いことが示された」としています。

ーーー

福島の内部被ばく 食品からはほぼなし
NHK4月11日 0時22分
(一部抜粋)
調査をまとめたグループでは、食品の検査の適切な実施で、
体内への放射性物質の取り込みはほぼ防ぐことができていると考えられる、としています。
東京大学の早野龍五教授は、
「こうしたデータを積み上げ、福島で安心して暮らしてもらうことにつなげたい」
と話しています。


ーーー


早野龍五(はやの りゅうご、1952年1月3日 - )
日本の原子物理学者である。専門はエキゾチック原子研究。岐阜県大垣市生まれ。

経歴
長野県松本深志高等学校、東京大学理学部物理学科、
東京大学大学院理学系研究科を経て1979年より東京大学理学部付属中間子科学実験施設助手。
1982年に高エネルギー物理学研究所助教授、
1985年東京大学理学部客員助教授、
1986年に東京大学理学部物理助教授、
1997年より東京大学大学院理学系研究科教授。
2000年肺がんが見つかり右肺上葉の摘出手術を受ける。

2011年3月、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所事故に際し、
自身のTwitterから現状分析と情報発信をおこなう。
早野による情報発信は早野を中心とした東京大学の学生・大学院生による情報収集と分析チームの成立、
一般社団法人サイエンス・メディア・センターによる情報収集ウェブサイトの開設、
東京大学医学部附属病院放射線科放射線治療部門の
中川恵一准教授を中心とした「チーム・ナカガワ」による情報発信などに発展した。


放射線漏れにどう対処すれば? 東大・早野教授がコメント
2011年03月14日 13時07分
東北地方太平洋沖地震で緊急停止した東京電力福島第1原発の今後が懸念され、デマ情報も飛び交っている。
そんな中、東京大学理学系研究科の早野龍五教授(@hayano)が、Twitter上で寄せられた質問に回答。
その内容をサイエンス・メディア・センターがまとめて公開している。

東京電力の福島第一原発から仙台までの距離は90キロ、
東京までの距離は220キロ、大阪までの距離は580キロほど。
「東京在住の人は、肌を露出しての外出は控えるべきでしょうか?」との質問には、
その必要はありません。20キロという政府の避難指示は妥当です
被ばくは風で運ばれる放射性物質によって引き起こされ、遠くなればなるほど放射能は薄まるので、
東京にいる方が心配することはありません
と回答している。

ーーー


福島 給食で地元米の使用再開
2013年4月10日

「原発事故から2年経っても敬遠する傾向」200年の間違いでは?
福島産農産物の取り引き拡大を JAが催し 4月15日 18時11分

“風評被害”と言うならちゃんと検査しろ!
「検査対象外へ→静岡のお茶、牛乳、川魚・会津の野菜果物・厚労省はホウレンソウ、モモ、サバ等など」



関連記事

コメント

非公開コメント

食品の基準値が厳しい???世界に発信すべきです。これが今の日本!!!

2013/04/11 衆議院 消費者問題特別委員会 自民党 鬼木誠の質疑(風評被害、放射
http://www.youtube.com/watch?v=o8WbhfFBx7M&feature=player_embedded
公開日: 2013/04/11

平成25年4月11日(木)、衆議院 消費者問題特別委員会 自由民主党 鬼木誠の質疑になります
風評被害、放射能汚染に関する質疑があります

◆鬼木誠
http://www.onikidon.com/
鬼鬼鬼!!!

タダチニ影響が・・・

飯舘村 ゴールデンウィークは村に宿泊できます
http://www.vill.iitate.fukushima.jp/saigai/?p=9246

「いのちの授業」???樹海列車が見える?

日本人はモルモット?

厚生労働省が2011年12月に定めた「生薬等の放射性物質測定ガイドライン」
http://merx.me/archives/category/food%E9%A3%9F%E5%93%81
同協会がまとめた、2011年3月以降に採取された国産生薬の検査結果によると、35種類109検体についての検査したうち、
9種類23検体で放射性セシウムが検出され、1000ベクレル/Kg以上検出された検体もあったようだ。


 【非表示文】↓↓
TTPは現代版GHQと言われていますが、食品絶滅の脅威
★★町山智浩さんの映画評論パート 1 .『フード・インク』 コレラが???摘発されない現状・・・
http://www.youtube.com/watch?v=miubLitAoOY&feature=youtube_gdata
パート 2 .
http://www.youtube.com/watch?v=vtFdOeNv-Ro
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。