fc2ブログ
05.10
Tue
今日は警戒区域の福島・川内村に一時帰宅 があった
何も持たずに避難して
たった二時間だけ家に帰る事が出来る

無題1

私だったら何を持って帰ろうとするのだろうか・・・
朝から考えていた

答を出す事がとても難しい

買う事が出来ないもの
母の位牌と写真
貯金通帳
他には何かな・・・

パソコンかな・・・
この中には沢山の写真や色々なメモが入っているから

このような選択を余儀なくされている人があまりにも多い

考える
考える
考えても考えても

答えは見つからない



関連記事

comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://kiikochan.blog136.fc2.com/tb.php/292-ac21efab
トラックバック
コメント
震災後、こちらのサイトを見つけ、毎日拝読しております。
有益な情報をいつも、本当にありがとうございます。

小学2年生のこどもがおり、このまま過ごすべきか疎開すべきか
夫とも毎日喧々諤々しながら考えております。
考えても考えても、答えが出ない。
今日の更新のワードを見て胸がつまりました。

原発に無知だった自分を恥じ
声を出していかなくては、と大人の責任として今思っています。
sala | 2011.05.10 20:41 | 編集
被災地のお近くにお住まいでいらっしゃるのですか?

原発に無知だったのは私も同じです
漠然と危険かも・・とは思いながらも
今まで、日々の平穏な生活に浸って生きてきました

私は今学童保育で仕事をしています
salaさんのお子様と同じ年頃の子ども達と遊んでいます
子どもたちの笑顔、体中から発する怒りや泣き顔
一途に想いを伝えようとするその強さと弾ける明るさ
子どもたちと一緒に居る事でいつも元気をもらっています
みんなの一生懸命の姿にいつも勇気をもらっています

東京でも沢山の放射能が降り注いだ3月15日と16日
私は子どもと外で遊んでいました
今はその事が悔やまれています

避難するという事は簡単にはできない
今の生活のすべてを捨てて知らない土地に行く事は
あまりにも過酷です
でも、これからの子どもの事を考えると何が最善であるのか・・・
答の出ないそのお心、本当にお察しします

ただ、15日16日の爆発の時に沢山の放射能が出た後は
今は小康状態のようです
すでに浴びてしまった放射能はもうどうする事も出来ないけれど
武田先生がおっしゃっていらっしゃるように
食べ物飲み物マスク外遊びなど
内部被曝を少しでも抑えることで今後が変わってくるのだと私も思っています
放射能汚染の少ない地域への旅行などでも人間の体は復活すると武田先生もおっしゃっています
免疫が強ければ負けないそうですよ。

まだまだ福島原発は進行状態なので安心はできませんが
将来のために放射能物質の事を理解して行動する事は大切だと思います
きっと、これから明るい未来があるのだという事を信じて
心を強く持って生きていきたいと私も思っています
負けないで明るく生きていきましょうね
コメントありがとうございます
わたしはsalaさんに励まされました。
ki-ko | 2011.05.10 21:13 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top