「地震の後には戦争がやってくる」日本国憲法9条に関して人々はもっと興味を持つべきだ 忌野清志郎

「地震の後には戦争がやってくる」
まさに、いま
私はその恐怖を感じています。
戦争がしたくてたまらない様子の安倍政権。
10年以上前に書かれたのに、ちっとも古くない。

ちゃんと読みたくて本を買いました。
忌野清志郎さんが生きている間に、もっといろんな事を聞きたかったと、
今更ながらですが、とても強くそう思います。

まさに、今の事を語ってくれていると思います。
憲法を変えられてしまったら大変なので、
9条の部分書き出しました。



ーーー




忌野清志郎「瀕死の双六問屋」

2013042111.jpg

没原稿その2
日本国憲法9条に関して 人々はもっと興味を持つべきだ

……

時々ムカつくけど、ガキみたいにキレるわけにもいかない。
そうさ、俺はもうオヤジだからな。
ガキの頃はよくキレていたよ。
今の画一化されたキレ方じゃないけどね。
みんなキレまくってムカついていた。

地震の後には戦争がやってくる。
軍隊を持ちたい政治家がTVででかい事を言い始めてる。
国民をバカにして戦争にかり立てる。
自分は安全なところで偉そうにしているだけ。

阪神大震災から5年。

俺は大阪の水浸しになった部屋で目が覚めた。
テレビをつけると5ヶ所ほどから火の手がのぼっていた。
「これはすぐに消えるだろう」と思ってまた眠った。
6時間後に目が覚めると神戸の街は火の海と化していた。

この国は何をやっているんだ。

復興資金は大手ゼネコンに流れ、神戸の土建屋は自己破産を申請する。
これが日本だ。
私の国だ。

とっくの昔に死んだ有名だった映画スターの兄ですと言って返り咲いた政治家。
弟はドラムをたたくシーンで俺はロックン・ロールじゃありませんと自白している。
政治家は反米主義に拍車がかかり、もう後もどりできやしない。
そのうちリズム&ブルースもロックも禁止されるだろう。

政治家はみんな防衛庁が大好きらしい。
人を助けるとか、世界を平和にするとか言って実は軍隊を動かして世界を征服したい。
俺はまるで共産党員みたいだな。
普通にロックをやってきただけなんだけど。
そうだよ、売れない音楽をずっとやってきたんだ。
何を学ぼうと思ったわけじゃない。
好きな音楽をやっているだけだ。
それをなにかに利用しようなんて思わない。
せこい奴らとは違う。

民衆をだまして、民衆を利用して一体何になりたいんだ。
予算はどーなっているんだ。
予算をどう使うかっていうのはいったい誰が決めているんだ。
10万円のために人を殺すやつもいれば、10兆円とか100兆円とかを動かしている奴もいるんだ。

いったいこの国は何なんだ。
俺が生まれて育ったこの国のことだ。
君が生まれて育ったこの国の事だよ。

どーだろう、……この国の憲法第9条はまるでジョン・レノンの考え方みたいじゃないか?
戦争を放棄して世界の平和のためにがんばるっていってるんだぜ。
俺たちはジョン・レノンみたいじゃないか。
戦争はやめよう。
平和に生きよう。
そしてみんな平等に暮らそう。
きっと幸せになれるよ。




ーー2回目のあとがきーー

・・・
しかしガンが全身に転移してガリガリに痩せて痛みの中で死んでいくと医者に言われた俺が、
こうして鼻歌まじりで「瀕死の助六問屋」の文庫本化に向けて2回目のあとがきを書いているという事実。
友人のライブに何度も飛び入りし、何曲も歌っているという事実。
自転車で走り回っているという事実。
死んでいないという事実。

「瀕死の助六問屋」の物語は俺が唯一(絵本以外で)というくらい、
まじめに(ゴーストライターやインタビューおこしではなく)自分で書いたものだ。
たいして話題にならなかったが、とても気に入っている1冊である。
文庫として復活するとはゴキゲンなことだ。
俺の再生、完全復活の先駆けのようで、幸先の良い出来事だと思う。
沢山の勇気を与えてくれた皆さんに感謝します。
忌野清志郎/2007年7月



ーーー



「きっと幸せになれるよ」
最後の一言で、なんか…、うるっときた。
。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。 ウワァーン!!と…、泣きたくなった。



ーーー




・発売日: 2007年09月11日
・著者/編集:忌野清志郎
・出版社:小学館
・サイズ:文庫
・ページ数: 278p


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本の「キング・オブ・ロック」清志郎の衝撃の問題作がついに文庫化された。
理想郷らしき「双六問屋」に住む男が縦横無尽に音楽への愛、社会への怒りを語り尽くす。
憲法、君が代、自殺問題からレコード発禁事件まで、エピソードは多岐にわたり、
七年前に発売された本とはとても思えないその文章は最高にクールでホット!
それは、まるで、彼のロックを聴くようだ。
また、各話の後ろに付いているオーティスやジミヘン、
清志郎自身の作品について語り下ろしたレコード評も読みどころのひとつである。

【目次】(「BOOK」データベースより)
問屋からきた男/小部屋へ向かう道/孤独の叫び/防波堤は風の中/悪い星の下に/新しい旅立ち/
リスト・バンドを残していった男/恋のダイヤモンド・リング/双六問屋へ帰りたい/
エレファントラブがやってくるヤァー・ヤァー・ヤァー〔ほか〕






瀕死の双六問屋完全版

・発売日: 2012年02月
・著者/編集:忌野清志郎
・出版社:新人物往来社
・サイズ:単行本
・ページ数:255p
・注記:付属資料:CD1

1998年11月~2001年4月にかけて『TV Bros.』(東京ニュース通信社)で連載され、
キヨシローが、
「俺が唯一(絵本以外で)というくらい、
まじめに(ゴーストライターやインタビューおこしではなく)自分で書いた」(「あとがき」より)と語る、
「瀕死の双六問屋」を加筆修正した本書は、
「理想郷」である「瀕死の双六問屋」で暮らす男が縦横無尽に音楽への愛、
社会への怒りを語り尽くすというサイケな作品。
君が代、憲法、自殺問題、さらには反核・反原発曲の収録問題を理由とした
レコード発禁事件等々エピソードは多岐に亘り、
10年以上の時を経ても、その文章はサイコーにクールでホット!

本書は、2000年9月に発売され、その後絶版となった、
伝説のサイケデリック・ノベル&エッセイ『瀕死の双六問屋』に、
当時未収録だった「最終回を含む18話分」(全話収録)+「未収録イラスト&写真」を収録し、
さらに同書のために制作された極上のロックン・ロール4曲を
「リマスター・バージョン」で復活収録(音楽CD付き)。
さらに、さらに! 装画を浦沢直樹氏が、解説を町田康氏が担当した、まさに「完全版」と言える一冊です!!

※ CD収録の4曲は、この本の付録でしか聴くことができません。

著者について:
'70年3月5日、RCサクセションとして「宝くじは買わない」でデビュー。
'91年のバンド活動休止後も、ソロ活動のほか、映画・ドラマ出演、絵本の執筆、
サイクリストなど活動は多岐に渡る。
2011年11月、清志郎本人のセレクションによる珠玉のスウィート・ソウル・バラード・アルバム
『sings soul ballads』発売。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
音楽への愛と社会への怒りに満ちたサイケデリック・ノベル&エッセイ、ついに完結。
最終話を含む幻の原稿18話分を収録。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
忌野清志郎(イマワノキヨシロウ)
1951.4.2~2009.5.2。
’70年3月5日、RCサクセションとして「宝くじは買わない」でデビュー。
’91年のバンド活動休止後も、ソロ活動のほか、映画・ドラマ出演、絵本の執筆、
サイクリストなど活動は多岐にわたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



忌野清志郎はもういないけど・・・
Love Me Tender -The Timers-

この歌が現実になりました
RCサクセション サマータイムブルース~LOVE ME TENDER

メルトダウン・タイマーズ(歌詞付き)

Long time ago ・タイマーズ (歌詞あり)


空がまた暗くなる・忌野清志郎と斉藤和義(歌詞書き出し)



関連記事

コメント

非公開コメント

現実的じゃありませんし、外国人からしたらアベさんが戦争をしたがってるなんて愚者の戯言にしか聞こえません。

震災が起きたとき国が何でもかんでも出来るなんて国民の妄想です。