スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<憲法改悪>「この自民党日本国憲法改正草案は、 基本的人権を明確に破壊するものです」福島瑞穂氏(社会民主党党首)5/3“5・3憲法集会2013”(内容書き出し)

2013年5月3日 日比谷公会堂
生かそう憲法輝け9条
あらゆる憲法改悪を許さず、今こそ平和といのちを尊重する社会へ
5・3憲法集会2013アピール


動画Youtube→http://youtu.be/NigjAMONEGA?t=1h30m30s

1:30:30~
2013050415.jpg

福島瑞穂氏(社会民主党党首)
満席のみなさんどうもこんにちは。
そして外でオーロラビジョンを見ていて下さっている皆さん、ほんとうにありがとうございます。

みおなさん、今日は本当に大事な日です。
安倍総理が「憲法がライフワークだ」と言い、
維新の会の代表の石原さんと橋本さんが「徴兵制」にまで言及する。
そして、安倍総理は参議院選挙後維新の会などとともに96条の改正をすると公言をしています。
5月3日の、この憲法記念日。
今までとは全く違う日本国憲法が改悪されるかもしれない。
そんな危機感のもとで私たちは迎えています。

ここに集まられた全ての皆さん。
また、「日本国憲法が大事だ」と思っていらっしゃるすべての国民のみなさん、
今日を境にさらに日本国憲法を生、守っていく。
そんな草の根の燎原(りょうげん)の炎のような戦いを共にやっていこうではありませんか。


日本国憲法、本当に大事です。
被災地に行って被災地のみなさんに聞きました。
「福島さん、被災地にこそ日本国憲法を」
その通りです。
生存権、幸福追求権、侵害されたままになっています。

先ほど加藤弁護士から話がありました。
沖縄には日本国前文が規定する平和的生存権はまだ実現しておりません。

生活保護の需給の引き下げなどは、
憲法25条が規定する生存権を侵害するものではないでしょうか。

そして、行動との平等を定めた14条。
女性の権利、障害のある方達の権利、さまざまな権利がまだ侵害されたまま、
まだまだ法の下の平等を私たちは実現をしていかなければならないと思っています。

いまの日本の社会で本当に必要なことは
日本国憲法が規定する様々な価値を権利を活かし輝かせ、実現していくことにこそあるのではないでしょうか。

にもかかわらず、何故憲法改悪なんでしょうか?


自民党は去年の4月27日、日本国憲法改正草案を発表しました。
まず第一に国民に沢山の義務規定をおいています
国防の義務
そして日の丸・君が世・国旗・国家尊重義務
公益及び公の秩序に従う義務
緊急事態の時に、その命令に指示に従う義務、などです。
さらには、家族の助け合い義務まで規定をしております。

24条のトップに、家族は互いに助け合わなければならない。
こんな義務を設けるというのが自民党の案です。


憲法にこんなことを書くなんて、大きなお世話だと思いますが、みなさんどうですか?

家族の助け合い義務は、自己責任、自助の強調になってしまうんではないか?
介護や生活保護や子育て支援を「自己責任」として押し付けることになるのではないかと
大きな懸念を持っております。

そして、自民党の案の極めつけは、
「これらの憲法を尊重せよ」と国民に憲法尊重擁護義務を規定していることです。

日本国憲法は、
総理大臣、国務大臣、公務員、天皇、摂政などにこそ、憲法の尊重擁護義務を規定をしています。


憲法とは、国民が政府に対して「表現の自由を侵害するな」
日本国憲法は政府に対して「戦争をするな」
そう言って国を縛っているものです。
それを自民党の日本国憲法改正草案は、国民を明確に縛るものとなっています。


自民党がつくろうとしている憲法は為政者の為政者による為政者のための憲法です。
この自民党がつくろうとしている憲法は私は「憲法ですらない!」と思いますが、みなさんどうでしょうか?

どこの世界に国民を縛る憲法などあるでしょうか?

憲法もどきです。
憲法もどきの憲法をつくろうとしている自民党に、実は憲法を語る資格など無いと思いますが、
みなさんどうですか?

こんな憲法改悪を許さず、共に闘っていきましょう。


第二に自民党日本国憲法改正草案は基本的人権を認めない憲法です。
自民党のこのQ&Aはこう書いています。
「現行憲法の規定の中には
西洋の天賦人権説に基づいて規定されていると思われるものが散見されていることから、
こうした規定は改める必要があると考えました」としています。

天賦人権説を否定しているのです。
この草案がアメリカの独立宣言やフランスの人権宣言などに示されている
「全ての人間は生まれながらにして自由、平等で、幸福を請求する権利を持つ」という、
天賦人権説を否定しております。
自民党は基本的人権が嫌いなんでしょうか?

自民党日本国憲法改正草案は表現の自由も、結社の自由も、
「公益及び公の秩序によって制限できる」としています。

でもみなさん、
「公益」とは何でしょうか?
国策の事でしょうか?
政府の政策に限りなく近づいてしまうのではないでしょうか。
この事を安倍総理に予算委員会で質問をしました。

 「上関原発の新設の設置許可が仮に行われた場合、
 山口県の上関原発に反対する人たちの表現の自由は公益に反するんですか?
 沖縄辺野古に海上基地をつくるのは自民党の既定路線です。
 これに反対するNGOの活動は公益に反するんでしょうか?」

総理はこれに対して、

 「上関の反対運動を展開している人達は法令に反している。
 表現の自由で暴れて人を殴ったり怪我をする、もうこれはダメですよ」などと答えました。

全く答えになっておりません。

多数決によって選ばれた正当な国会、政府の基本的人権、
少数者の人権を制約してはならないという考え方が、人権主義の考え方です。

また
「公の秩序」とは何でしょうか?
明治憲法が規定していた判例秩序でしょうか?治安維持法や国家保安法をつくるのでしょうか?

今まで基本的人権は日本国憲法下で、公共の福祉という概念を使いながら、
人権の衝突概念、利益の効用で補償をしてきました。
表現の自由はもちろん大事。でもプライバシー権との関係でどうか?
こういう考え方をしてきたわけです。

明確に、ある人権とある人権、なにを理由に制限するか?
そのことを極めてち密に考えてきました。
しかし自民党の日本国憲法改正草案はそれをやめる。
それをまたQ&Aではこのように規定しています。

「公共の福祉という文言を公益及び公の秩序と改正することにより、
 憲法によって保障される基本的人権の制約が
 人権相互の衝突の場合に限られるものではない事をあきらかにした」

つまり人権の衝突によって人権を考えないと明確に述べています
つまり人権の衝突ではなく、公益及び公の秩序という大きな概念を上からかぶせることによって、
基本的人権を制限できるとしているんです。
「基本的人権の上に公益及び公の秩序がある」というふうになれば、
基本的人権はいくらでも制限が可能です。


多数決によって法案をつくり、過半数によって国会の法律をつくり、
いくらでも表現の自由、結社の自由を、宗教の自由を、思想良心の自由を制限する事が可能です。


大日本帝国憲法は法律の反以外で宗教の自由を設けるなど、法律の留保をつけていました。
ですから、大日本帝国憲法下で権利は規定をされていたけれども、
沢山の治安維持法と国家総動員法、国家徴用令、さまざまな治安維持的な法律が200近くできて、
最後は権利は紙屑のようになってしまいました。

今度の自民党改正草案も一緒です。
「公益及び公の秩序で」という概念で法律をつくりさえすれば、
多数者の横暴で法律をつくりさえすれば、
いくらでも基本的人権が、制限が可能なんです。

基本的人権は正当に選挙された正当な国会も政府もこれを侵害してはならない。
そして戦争はいくら法律をつくっても出来ない。
その事を変えようとしている、この自民党日本国憲法改正草案は、
基本的人権を明確に破壊するものです。


みなさん、ですから私はこの自民党の日本国憲法改正草案が
基本的人権の上に公益及び公の秩序を置く。
基本的人権の上に国家を置くものだと思っています。
国家のための憲法なんです。

主権者である国民の皆さん。
こんな憲法のもとで暮らしたいと思われますか?
こんな憲法のもとで、表現の自由も、結社の自由も、思想良心の自由もいずれ破壊される。
こんな憲法をどんな立場であれ許すことは出来ないと思いますが、
みなさん、どうでしょうか?

自民党改正草案に断固反対をしていきましょう。

そして自民党の憲法改正草案の
3つ目の問題点は、憲法9条を変えて国防軍とし、
そして交戦権を認め武力行使を認め集団的自衛権を認める
というものです。


アメリカの世界戦略に基づいて、アメリカと共に世界で戦争が出来る
それをするために9条の改悪をしようとしようとしています。
もし憲法9条が今まで変えられていたらどうでしょうか?
朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争、イラク戦争にも
日本の国防軍はアメリカとともに参戦し、人々を殺していたかもしれない。
あのファルージャで米軍とともにイラクで人々を殺していたかもしれない。
そう思います。

日本の政府は絶対に今までは武力行使はできなかった。
それを変えるというのが、まさに自民党がやりたい事です。


この国防軍は、自民党の案によれば「治安出動にも出てくる」と書いてあります。
つまり今はデモの警備は警察がやっておりますが、
国防軍がデモの警備にやってくる日も日本で訪れるかもしれません。


そして軍法会議を設け、裁判官、弁護人、警察官、全員軍人。
果たして公開の法廷が常に保証されるでしょうか?
特別裁判所を実際は設け、そしてここで軍人たちを裁いていく。
日本で軍隊があることを前提に全てのシステムが変わっていく。
その事を大変危惧を持っております。


日本国憲法18条は「なん人も奴隷的拘束を受けない」というふうに書いております。
徴兵制を違憲だとするための根拠規定だと言われておりました。
自民党はこれを削除をしております。


徴兵制も合憲とするために削除をしたのではないか」と、私は考えています。

第二次世界大戦中2000万人以上と言われるアジアの人々が亡くなり、
空襲を含め兵隊さんも含め、300万人以上の日本の人達が亡くなりました。
多くの人達の犠牲の上に戦後私たちは日本国憲法を手にしました。

戦後の決意は、
戦争をしない。
うちの子もよその子も戦争には出さない。
これが日本の戦後の決意であり、日本の戦後の政治の重要な部分だと思いますが、
みなさんどうでしょうか?

自民党の改正草案はここを変える。
「戦後の日本の決意を変えさせてはならない」そう思っております。

自民党はさらに、
武器輸出監視の緩和、国連での核兵器廃絶の共同声明の署名拒否など、
戦後の取り組みを転換しつつあります。
村山談話や河野談話の見直しさえ言及をしております。

戦後の人々が勝ちとってきたこの成果を変えさせてはなりません。

ところで安倍総理は憲法改正手続きを定めた憲法96条の改正から行うとし、
参議院選挙後維新の会などと合わせて衆参で3分の2を確保しようとしています。
これを絶対に阻止しなければなりません。
3分の2の発議の要件を過半数にすれば、
時の政府が何時だって、何時だって、
自分たちの都合のいい時に憲法改正の発議をする事が出来るようになります。

過半数と硫黄のは法律の成立要件と一緒です。

時の政府が何時だって憲法改正の発議が出来る。
自分たちの都合がいい時に憲法改正の発議が出来る。
これを多数決の横暴と言わずしてなんと言う事が出来るでしょうか。

自民党は日本の憲法の事を「世界的に見ても改正しにくい内容となっています」と言っていますが、
全くそうではありません。
最高法規である憲法。
「これを簡単に変えさせてはならない」
「多数決の横暴によってもこれは変えてはいけない」というのが立憲主義の考え方です。

憲法学者の小林節さんは、
 「『ピストルを何のために使うか?』ということを言わないで、
 『ピストルを貸してくれ』というものだ。
と批判をしています。

小林教授は改憲論者ですが、
96条先行改憲への批判は全くその通りだと思います。


自分たちは自民党日本国憲法改正草案を発表をしておりながら、
96条からやろうとするなんて姑息な手段だと私は思いますが、
どうでしょうか?

堂々と言えばいいじゃないですか。
堂々と言うべきですよ。
自民党の幹事長が「96条は9条を改憲するためだ」と言っております。
ここにいらっしゃるすべてのみなさん、
日本国憲法に本当に励まされてきたと思ってらっしゃる主権者のみなさん、
96条の改正を何のためにするのか?
こんなふざけた、…こんな問題のある自民党日本国憲法改正草案は、
憲法でもないものをするために、
憲法9条改憲阻止のために全ての人達と手をつないでいこうではありませんか。

私たちは3月11日の原発事故を経験し、脱原発を実現しなければなりません。
沖縄などへの重い基地負担を押し付け、辺野古沖に海上基地をつくる事を断念させなければなりません。
オスプレイや米軍機が日本全国で訓練することも変えていきましょう。

今年、憲法記念日。
私もみなさん達と同じように特別な感慨をもってこの日を迎えています。
憲法改悪が具体的な俎上にのぼり、
国会で多くの人達が憲法改正しようと、力を合わせようとしている。

ならば、主権者である国民のもなさん、
国会の内外で手をつなぎこういう憲法改悪の策動を共に阻止していこうではありませんか。

私たちは国会の中で立憲フォーラム、議員連盟、あるいは憲法13条を考える議員連盟などを立ち上げ、
さらに96条改憲阻止を目指して、しっかり、いろんな政党と手を結び、
なんとしても憲法改悪をさせず、日本国憲法がこれからも、これからも輝き続け
私たちを励まし、日本は絶対に戦争をしない国であり続けるために、共にがんばっていきましょう。

強という日を境に日本全国でさらにさらに
草の根の大きな護憲の憲法を活かすうねりを共につくっていきましょう。
私たちも頑張ります。
ありがとうございます。

1:50:23


「老後の事を考えたり将来の事を考えるなら、 今現在の社会の事を考える方がもっと大切なんだなって」
おしどりマコ・ケン5/3日比谷公会堂“5・3憲法集会2013”(内容書き出し)

(↑この日のYoutubeはこちらの記事に貼り付けてあります)


<改憲派の3つの矛盾>
「国民を縛るのが憲法じゃありません。権力を縛るのが憲法なのであります」
志位和夫氏(日本共産党委員長)5/3日比谷公会堂“5・3憲法集会2013”
(内容書き出し)・村山談話



福島党首 改憲反対で野党で連携を
NHK 5月3日 16時41分

2013050511.jpg

社民党の福島党首は、都内で開かれた集会であいさつし、
安倍総理大臣が、国会が憲法改正を発議しやすくするための憲法96条の改正に意欲を示していることを批判し、
ほかの野党と連携して憲法改正に反対していく考えを示しました。

この中で、福島党首は
「安倍総理大臣は、参議院選挙後に日本維新の会などと共に衆参両院で3分の2以上の勢力を確保して、
憲法96条を改正しようとしているが、
憲法改正を発議する要件を過半数に緩和したら時の政府がいつだって都合よく発議できることになる。
これを多数決の横暴と言わずしてなんと言うか」と述べました。

そのうえで、福島氏は
「主権者の国民と共に『憲法改悪』を共に阻止し、国会の中でも、いろいろな政党としっかり手を結び、
なんとしても憲法を改悪させず、戦争しない国にするために頑張っていく」と述べ、
ほかの野党と連携して憲法改正に反対していく考えを示しました。





関連記事

コメント

非公開コメント

リベラル政権の復活へ!

福島さん たまに良い事言うな~!
自民党政権による 生活保護費削減反対!
憲法25条を守ろう

また憲法改正反対
公的秩序の反対 集会や言論の自由弾圧 ストの禁止など 基本的人権を搾取している 非常に危険な自民党創案
格差是正で 皆中流へ!! TPP参加 消費税増税反対
リベラル政権の復活へ!

あと 憲法改憲反対者≠日本を軍を持つ事を反対の人 確かに自民党の改憲案は危険。
基本的人権の尊重、国民主権、奴隷的拘束を受けない ←これ全部削除したからね。
どうみても自分らの政権に反抗出来ないようにしてるとしか思えない。
9条改正は賛成だが、変な理屈でその他の箇所を変えるのはやめて欲しい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。