千葉県柏市人口戻る「除染の取り組みが理解され、汚染に対する正しい知識も浸透してきた」


東日本大震災:柏市人口、ピーク時に戻る 
原発事故の影響で一時減、市「除染理解された」 /千葉

毎日新聞 2013年05月08日 地方版

柏市の5月1日現在の人口が、過去のピーク時のレベルに戻ったことが分かった。
東京電力福島第1原発事故に伴う放射性物質の汚染濃度が比較的高い「ホットスポット」地域とされたため、
事故後に他県に移り住む人たちが出て、一時は1500人以上も減っていた。
大きな課題だった人口減にブレーキがかかったことに、市関係者は安堵(あんど)している。

市が公表した1日現在の人口は40万5708人で、
過去最も多かった11年8月の40万5786人に匹敵する数字となった。
昨年2月以降40万4000人台で低迷していたが、今年2月以降4カ月連続で増加
特に5月は前月から759人と大幅に増えた。
死亡が出生を上回る自然減が17人だったのに対し、転入が転出を上回る社会増が776人だった。

市情報政策課によると、国の研究施設や大学がある地域など
市内3カ所で単身世帯が約60〜約90人ずつ増え、
それ以外の3カ所でも、家族世帯が約50人〜約110人増えたという。
市は4月の異動時期に、転勤や入学で多くの人が引っ越ししてきたとみている。

担当者は「人口減少は全国的な傾向なので、このまま単純に増加していくことはないかもしれない」と分析。
だが、別の担当者は
「市の除染の取り組みが理解され、汚染に対する正しい知識も浸透してきたのではないか」と
「朗報」を喜んでいる。
【橋本利昭】



首都圏の放射能汚染の今・特命Dが行く! 実態は?首都圏の「除染」5/9テレビ東京(内容書き出し)

<前半・小出&小林編>
「もしもあなたの町が放射能汚染されたなら 千葉県柏市の場合」報道するラジオ2/1(内容書き出し)


<後半・柳沢さん>
「本当に見えないのが罪です」千葉県柏市の場合~報道するラジオ2/1(内容書き出し)


<対談>小林 泰彦VS小出裕章1/19千葉県柏市「東葛から問う」・千葉の汚染(内容書き出し)




関連記事

コメント

非公開コメント

あま~い!!

市民が理解したのではなく、事故の意識が薄れてきている証拠だと思います。健康被害が出始めるのはむしろこれからです。

人口が回復傾向だからといって、安心するのはまだ早い。

これから何十年先まで被害が出続けるのか心配です。

東葛地区はこのままでは終わらない気がします。