スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「我々はそれを知らされない」広瀬隆氏6/3脱原発テント裁判を考える講演会(内容書き出し)

【経産省前テントひろば】
脱原発テント裁判を考える講演会2013年6月3日


41:50~
http://youtu.be/orIrC8eYdnw?t=41m50s

2013060311.jpg

広瀬隆さん:

始めまして…じゃないと思いますけれど、
今日はこのテント村の集まりだったんで、
私は何もしていないのになんでこんな所に来なければいけないのかと思って、考えながら来ましたが、
ちょっとだけ自分の考えを言わせていただきます。

昨日の集会とデモ、本当に皆さんご参加された方、ありがとうございました。
わたしは、「ふくしまと繋がろう」という言葉、ああいう言葉を見て、
その意味がですね、あんまりよく分からない人間だったんですが、
昨日は福島市で朝早くから講演会をやりましたので、
そこへ行って体験したことをちょっとお話します。

やはり言葉ヅラで字面で「ふくしまと繋がろう」と言っても多分みなさん、
具体的に東京なんかに住んでいればそういう事が分からないと思いますので、
私自身もそうでしたからちょっと、昨日福島で話した事と重複しますが、
そういう事を話させていただきます。

それは昨日朝4時に起きてそれで福島市へ着いたんですが、
福島市は、皆さんも新聞でちらっとご覧になっていると思いますが、
「東北六魂(ろっこん)祭」、6つの魂の祭り、
東北6県の祭りをですね、今年は福島市で開催するということで、
おととい、多分1日から初まっているんですが、
そのお祭りの最中でですね、
だからみなさんがデモをやっていらっしゃる時、東北ではこうやって踊っている訳です。

2013060312.jpg

わかるでしょ?
この大きな落差ですね。

で、私が福島駅に到着しましたら、木田節子さんという、皆さんご存じだと思いますが、
福島第二原発、第一原発のすぐ12kmぐらい南側にある富岡町に住んでおられたかたで、
全国を飛び回って下さっているかたがいらっしゃいます。

で、木田さんが今度の参議院選挙に緑の党から出馬されるという事もかねての講演会だったんですが、
ちょうど福島駅でお会いしまして、それから飯高線でひと駅乗って行ったんですが、
道々お話をして行きましたら木田さんがこういう事を言うんです。

ここでお祭りをやる、
お祭りをやる前に、つまり六魂祭をやる前に福島県が何をしたかというと、
「ここを除染をした」っていうんです。

わかります?
それで福島市の人達は本当に内心で怒った。
あたりまえですよ。
他から人が来るために除染をした。
そこに住んでいるんですよ!


2013060313.jpg

祭りが終わったらまた放っておくんですよ。
それが今の状態なんです。

それは被ばくをさせているということの証明でしょ!?

あまりにひどいじゃないですか。

2013060314.jpg

2013060315.jpg


それで、私が講演したのは、昨日のタイトルは、
「原発・福島人権そして憲法」という題で、
私はずーーーっとこの、特に今年に入ってから
もう本当に落合さんじゃないけれど、頭が怒り狂って、
ずっと毎日新聞を見てきましたが、
憲法の問題、それ以前にですね、

ともかく日本が侵略をどのようにして始めたかという歴史から話をさせていただいたんですが、
ともかく戊辰戦争(ぼしんせんそう)をみなさんご存知かな、
1868年(明治2年)に始まって、新政府対幕府軍の戦いを始めて、
その中で東北の人達はどれほどですね、蹂躙(じゅうりん)されたかということを、
何も我々は聞かないまま育ってきているという事をお話しました。

ひどいんです。
長州・薩摩の連中が何の関係もない東北へ乗り込んできて、人殺しをし、略奪をして、
その末裔が安倍晋三なんですね


だからそういう事で、長州の人間たちを全部名前を実名をあげて、
伊藤博文からずーーっと、田中義一から桂太郎から全部総理大臣の名前を挙げて
全部挙げて、こいつらなにをしたか?
明治8年からですよ。
朝鮮半島の侵略を始めたのは。
そんなことを日本人は知らないでしょ?

NHKのバカな大河ドラマばっかり見ているから、
それで坂本竜馬、あれもデタラメですよ。
坂本竜馬は何で英雄になったか知ってます?
あれはですね、長崎のある歴史家がある時に長崎の新聞でコラムにですね、
当時の事を、チラチラッと幕末の事を書いたんです。
そこに白袴組と、白い袴をはいた連中がやってきまして、
これは暴力団なんですね、当時幕末の。
その連中がやってきて乱暴狼藉(らんぼうろうぜき)を働いた。
その事をちらっと書いた。
そこへやってきた作家がいて、その名前が司馬遼太郎という男なんです。

それでこいつが出鱈目を書きなぐって、英雄に仕立て上げていった。
それでいまのような、こんなとんでもない世の中になってきたんです。
が、そのことはさておきまして、

私がですね、腹が立ってしょうがないのは、
その長州の連中がずーーーっとやってきて、
それがですね、1945年の15日の終戦の日を迎えた訳です。
そうでしょ、この流れなんです。

いまの歴史家の人達は必ず満州事変からしか話をしません。
ウソなんです。
日清戦争、日露戦争から始めた事なんですよ。

2013060316.jpg

それをあのバカどもがですね、
司馬遼太郎が「坂の上の雲」」などのデタラメを書いて、
軍事戦略を中心に書いて、
そうしてあの当時の事を、
「あの戦争までは日本は良かった」なんていうとんでもないことを言ってきた。
それをずーーーっと日本人が信じて今日まできてきているからおかしくなっているんで、
国民が悪いというよりは、何にも、全てがですね、
物書きとそれからテレビ新聞が悪いんです。

そして、いいですか。
だから私はそういう事をずっとお話しして、
ま、日本国の憲法の大事なを1945年に日本が、
敗戦をしたのは8月15日じゃないんです。
9月2日。
文章に調印した時です。
だから、私たちは8月15日を終戦記念日と言って
9月2日を敗戦記念日と呼ばなければいけない
んですという話をしたんですが、

そうしてですね、その後日本の国民の中に
「これではいけない」という事で運動が起こったんですね。
そのリーダーになってくれたのが、福島県相馬郡生まれの鈴木安蔵(すずきやすぞう)さんでした。

この人が戦争前から投獄されて、そして苦難の道を歩んで、
そして戦後「憲法をつくろう」という事で研究会を立ち上げて、
7人の男たちが憲法の土台をつくって、
そして相手側が、このいろんなバカ総理達がまた出てきて、なんとかそこを踏みとどまらせようとして、
その連中がなんて言ったかというと、
GHQに「日本は民主化しなければいけない」と言われた時に、
「民主化って何ですか?」と
そういった人間たちが戦後を引っ張ろうとして、
それを鈴木安蔵さんたちが、変えてきたんです。

それで憲法の土台をつくって、GHQはやる気が無いから、それを全部ほとんど引き写す形で、
そこに国連憲章や各国の素晴らしい文言を取り入れて、急いでつくって、
そこへですね、また白洲次郎(しらすじろう)達が出てきて、それをぶっ壊そうとして、

そこからの話なんですよ、良くテレビに出てくるのは。
その前に鈴木安蔵さんたちがやった事はテレビ新聞何にも書いてないでしょ!いま。
なぜ書きませんか!?
歴史を書きなさいよ!っていうんですよ。

その後がもっと大事で、
この後、このまま憲法をつくってはいけないという事で、
各国の、極東委員会がそこに口をはさんで、
「日本の国民にそれを参加させなさい」。
日本の憲法を定める作業を。
そして国民がドドッと委員会の方へ行って、
そして議会で議論が出て、
さらに極東委員会がポツダム宣言の文言など沢山の事、要素を入れて、
第9条を活かしたんでしょ。

そうじゃないですか。
そこは一番大事な歴史です。
国民が作ったんですよ。


この大事な歴史を、今この憲法を議論している国の中で、
新聞のどこにも書いていないじゃないですか。
鈴木安蔵さんの名前を私は見た事がありません。最近。

何をやっているんですか!

それがいまの、福島のいまの現実なんです。
人権の問題なんです。
だから私はもう本当に、テレビ新聞が嫌いです、いまね。
だから怒ります。
だから排除されます。
それは結構ですよ。
そんな奴らに使われたくないと思いますけれど、

ただですね、言っておきたいのは
木田さんと最後帰る時にですね、列車に乗る時、新幹線で東京のデモに向かおうという時に
木田さんが東電が「私は10万円でどうして生きていけるんですか、生活できるんですか」
だって、木田さんは で被ばくした家が、全体が被ばくしちゃいました。
第二原発がすざまじい放射能を浴びて、今も立ち入り禁止なんです。
いまの東京の数100倍なんです。
たった今ですよ。
だから、実を言うとそこにですね、記録を取ってくれた人がいて、
JRの東海労働組合の方が先月そのビデオを送ってくれて、私はショックを受けて、
本当に涙を流しながらそのビデオを見ました。
それは、日々雑感というサイトで沢山だしてあるので是非見て下さい。

本当にひどいです。

なぜなら、今も双葉町・富岡町全部家が崩れたままなんですよ。
私はそのビデオをずーっと見てて、最初、震災の直後の記録かと思ってみていたら、
今年の3月20日の記録じゃないですか!
もう本当に恥ずかしくなったんです。
自分が恥ずかしくなりました。
こんな状態。

つまり放っておいているという事は、
そこに放射能があるから入れないからです。

それから私は木田さんに聞いたんです。
「こんな状態で10万円貰って水戸に避難して
あなたどうして生活していらっしゃるんですか?」

そしたらですね、金額は、今から言う金額は木田さんからのお話しなんで、
ちょっとうろ覚えで間違えていたらごめんなさい。

木田さんはこうおっしゃいました。
その富岡町の自宅は3700万円で建てて、それはもちろんローンです。
それで3700万円を返さなければいけない。
そのうち大体3000万円を返して、まだ700万円借金が残っている。

それを返さなければいけないんです。
ところがその家を、そんなの東電に買い取らせなければいけないじゃないですか。
そうです、木田さんはこう言いました。
「東電はそれを900万円で買い取る」
900万円で買い取って700万円の借金を返したら200万円しか残らないでしょ。

これが今の状態なんです。
福島の人達の、被災地の、放射能被災地の難民の状態なんですよ。
我々はそれを知らされないんです。
かなしいかな。

新聞に断片的に出てきます。
必死で賠償訴訟の事をわたしも調べていますけれど、
そんなにひどい事ということは、
生身の木田さんとお話をしているうちに悔しくなって、自分が恥ずかしくなってきました。

私たちはこの経産省テント村前で、いろいろなことをみなさんにお願いしてくる。
その中で、私はどうしてもお願いしたい事は、
やはり、原発難民をまず救っていく運動を加えていただきたいという事です。

なんとしても。
その人たちを放っておいたらいけないんですよ。
今生きていかなければいけないんですから、毎日が。
鎌田さんが冒頭言いましたね。
「諸悪の根源だ」
私はそれに付け加えて言いますけれど、
こいつは「バカの根源」ですよ。
バカの集団なんです。

アメリカの悪い奴は沢山います。
あいつらはね、悪くて頭がいいんです。
日本はね、「悪くて頭が悪いんです」
この違い。
だからアメリカは怖いんです。
また日本も怖いんですけれど、

だから先ほどもね、落合さんがおっしゃったように、
ほんとうにね、故郷を守っていこうというその の人は、
その言葉をですね守れない。
これはですね、官僚として最低ですよ。
そう思いませんか?

今朝でしたか、昨日でしたか、朝日新聞の1面トップにまたね、
震災復興予算の火事場泥棒の記事が大きく書かれていました。
あれを見てね、私は朝日新聞に言いたいんです。
これをやっているのは官僚だ」と、官僚なんです。
政治かなんか何もできない。
官僚が全部やっている
あの予算の分配も。
「こいつらが悪だ」という事を
大きく官僚批判を書いて欲しいんですよ。


あの泥棒だけの金額だけじゃ分からないんです。
誰がやっているのか、その親分の名前を書いて欲しいんですよ。

それをですね、みんなで本当に批判していきましょう。
まだまだ言いたい事があります。
一言だけいいかな?

経産省だって、全員がバカだとは私は思っていない。
なぜなら、古賀茂明さんというね、物をハッキリ言う方が追放されました。
ああいう人達はもともと居たんです。
10数年前に我々が経産省といろいろやった時に
木村さん達と一緒にやった時にですね、
彼らの、今の、通産省は二つに分かれまして、
良い方と半々ぐらいになっていたんです。
「これでいけるかな」と我々も希望を持った時代があった。
その連中がまだ中にいるはずなんですよ。

ところがですね、今の電力も原発も再稼動を阻止するために一番大事なのは、
経産省を動かしているのは電力問題ですから、
こいつらが本当に頭さえ使ってくれれば、経済と産業を維持するのはあいつらなんだから、
あいつらが頭を使えば日本は健全にできる。
私が総理大臣になったら一夜で出来ることをあいつらがやらないだけなんですね。
その事で私が去年からエンジンの発電機、簡単なものを使っていけば簡単にできる。
みんなが自動的に、企業がそれをどんどん持っていけば簡単に出来ること。
「原発なんかいらないんだ」
「国の経済は回せるんだ」という事を、本に書いたらですね、
こいつらなにをしたと思います?

そこの資料のデータのサイトを全部ひっくり返しちゃった。


もう探しても分からないような所へ、ごみのような所へですね、隠すんです。
「なんという姑息な奴らだろう」
あいつらは我々の言葉を聞いていますよ。

2013060317.jpg

この中にだって、どこかにいるかもしれない。
必ずそういう事をやっているんです。

そういう本当に小学生以下のような悪知恵だけは持っているんですね。

だから、私はこのテント村の人々にも一度呼び掛けました。
「どうかあいつらの良心の目をさまさせてくれ」って。
しかしもう、私は昨日福島へ行って帰ってきて、そういう気持ちを無くしました。

おわります。




2013年6月2日福島市での広瀬隆氏の講演内容書き出し

講演会全編の動画はここにあります↓
<日本の歴史1.侵略>
「戊辰戦争~日清戦争~日露戦争」竹島と尖閣諸島は何処の領土か?広瀬隆氏6/2福島(内容書き出し)


<日本の歴史2.強制連行>
慰安婦問題・敗戦~広瀬隆氏6/2福島(内容書き出し)


<日本の歴史3.憲法>日本国憲法の土台が築かれるまで~広瀬隆氏6/2福島(内容書き出し)

<日本の歴史4.憲法>
どこがGHQが作ったんですか?違うでしょ! 日本の国民が作ったんでしょ!!~広瀬隆氏6/2福島
(内容書き出し)




関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。