fc2ブログ
05.12
Thu
5/11水曜日 福島原発事故の現状について
京都大学原子炉実験所小出裕章助教授に聞く
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]


【福島原発】5/11/水★被爆の恐さを知ってる者としては避難して欲しい



<参考>

「足柄茶」基準値超え 神奈川県農産物で初 出荷自粛と自主回収を呼び掛け
産経ニュース2011.5.11 16:38

神奈川県は11日、同県南足柄市で9日に採取した「足柄茶」の生葉から、
暫定基準値を超える放射性セシウムが検出されたと発表した。
同県産の農産物が暫定基準値を超えたのは初めて。

県は南足柄市などに対し、今年産の茶の出荷自粛と自主回収を呼び掛けた。
県によると、足柄茶の生葉は県内17市町村で生産しており、他市町村の生葉の検査も早急に進める。

県によると、南足柄市の生葉から
1キログラム当たり550~570ベクレル(基準値同500ベクレル)の放射性セシウムを検出。
放射性ヨウ素は検出されなかった。
今年収穫された足柄茶は、6日に出荷が始まったばかりだった。

茶葉の基準超えで14都県に検査強化を要請 厚労省
産経ニュース2011.5.12 00:05

厚生労働省は11日、
神奈川県で採取された茶葉から暫定基準値を超える放射性セシウムが検出されたことを受け、
神奈川と周辺などにある計14都県に対し、茶葉の放射性物質についての検査を強化するよう要請した。

14都県は神奈川のほか宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、新潟、山梨、長野、静岡。


セシウムの土壌汚染、800平方キロに


 
福島では依然として原発事故の影響が広がり続けています。
周辺地域の土壌汚染の広がりが深刻な状況になっています。
4月、文部科学省とアメリカのエネルギー省が合同で、80キロ圏内の地表のモニタリング調査を行いました。
半減期が30年の放射性物質・セシウム137。
チェルノブイリ事故では強制移住の対象となった濃度60万ベクレル以上の地域はおよそ800平方キロメートル。
東京都の4割程度の広さです。
周辺住民の帰宅や生活再建に備え、今後も一層の監視強化が求められています。(TBS 11日23:12)


文部科学省が米エネルギー省と共同の放射線汚染調査を発表、改めてチェルノブイリ並みの汚染が明らかに
-
11/05/07 | 00:56東洋経済

文部科学省は5月6日、米エネルギー省と共同で行った航空機による放射線モニタリング調査の結果を発表した。
 
空間線量率(放射線量)と、放射性セシウム(134、137)による土壌汚染の状況を開示している。
この結果は従来、米エネルギー省が発表してきたものとほぼ同じ傾向。
 
発表によると、福島第一原発から北西30キロメートルにかけて、
毎時19マイクロシーベルトを超える高い放射線量(空間線量率)による汚染地域が広がっている(図1)。
この地域では年間で約20ミリシーベルトを超える放射線を浴びることになる。
 
また、放射性セシウムによる土壌汚染地域は、
30キロメートルを超えて飯舘村にかけて、
1平方メートル当たり100万ベクレル以上の汚染地域が広がっている(図2、3)。
この1平方メートル当たり100万ベクレル以上の汚染地域は、
チェルノブイリ事故で立ち入り禁止とされた30キロメートル圏内の汚染に相当する(図4)。

図1■空間線量率図                      2■放射性セシウム(134,137)による土壌汚染地域
土壌1土壌2

図3■セシウム137による土壌汚染地域         図4■チェルノブイリ事故でのセシウム137による土壌汚染地域
土壌3土壌4


データはこちらにあります
文部科学省及び米国エネルギー省航空機による航空機モニタリングの測定結果について
平成23年5月6日
地図はセシウム134、137の地表面への蓄積量を合計したもの
赤色(1平方メートルあたり300万~3000万ベクレル)
黄色(100万~300万ベクレル)緑色(60万~100万ベクレル)

ラジオの内容は続きを読むに書きました


【福島原発】5/11/水★被爆の恐さを知ってる者としては避難して欲しい

農産物の話から
神奈川県南足柄市産のお茶の生の葉から暫定基準値を超えるセシウムが発見された
ただ、神奈川は東京より西で福島第一原発から290Kもあるんですが・・
チェルノブイリの時は日本は8000キロ以上離れていましたが日本中のお茶が汚染されました
それをどうしたらいいかと当時悩みました

距離はあまり意味がないというか・・やっぱり風向きですか?
風が吹けばどこでも汚れる
チェルノブイリも初めはヨーロッパに向いていたが東向きに風が変わって日本に飛んできた
8000キロでも汚染されたのだから290キロぐらい何でもない

黄砂も中国からここに飛んでくるんだからそれと一緒ですか?
そうです

距離で考えてもしかたないですね
わたしもチェルノブイリの放射性物質これはようするに物ですが
8000キロも飛んでくるとは思ってもいなかったし
太平洋を越えアメリカ大陸を横断し大西洋を越えヨーロッパを越えもう一度日本に戻ってきた

地球を一周してまた戻ってきた?
そうです
一度出してしまったら間に合わないという事です

葉物野菜が比較的早く測定に出てきてるが
空気に混じって飛んでくるので刃を広げていればそこに付くから葉物野菜から汚染されます
いずれは土地震が汚れているので根菜類もいずれ汚染されます

土の話ですが原発に近い土壌の放射性物質の蓄積を文部科学省が調べました
アメリカのエネルギー省と共同でヘリコプターを使って調べたそうですが
セシウム137の蓄積されている量が原発の北西方向で高い
1平方メートルあたり300万から1470万ベクレルと幅のある数字ですが
この数字は?
とてつもない汚染です
たとえばチェルノブイリ原発事故の場合は1平方メートルあたり55万ベクレル以上の汚染を受けていた地域は強制移住させられました

55万ベクレル?で・・強制移住ですか?
そうです

今、私が言った数字は300万から1470万ベクレル
とてつもない汚染です

しかし、この蓄積量が、チェルノブイリの強制移住の汚染量より高い地域でも
現在避難対象となっていない地域があるんです
そうです
なんども答えていると思うけれども
避難を考えるとあまりの悲惨さに立ちすくんでしまう
被ばくはもちろんさせたくないけど避難させると
生活が崩壊してしまうという事になってしまうので
けれど避難させたいとおもいます

科学者としては避難するべきであるという考えですか
放射能の被ばくというものの恐ろしさを知っている人間としては避難をして欲しいと思います

文部科学省が、「土壌の放射性物質がすぐ体内に入るわけでない」と言っているが・・
なんとも言葉がありませんけど
体内に入らなくても外部から被ばくする事は全く避けられないので
そういう場所は居住するのに不適当です
それは日本の法律に照らし合わせて不適当だし
そのような事を言う文部科学省の人に是非そこで住んで欲しいと思います

測定場所によって濃度が異なるとも文科省が言っている
もちろんです
それはもうすでに文科省自身が地図を書いてどの場所でどれだけの被ばくになると示しているので、いい訳になりません

もっと細やかな地域設定で非難に向ける方がいいのか
細やかな配慮は必要だが
大まかな意味で先程水野さんがおっしゃったように とてつもない汚染が生じているのです
その地域の中で細やかな差はあるが
いずれにしてもその汚染に対してどうやって立ち向かうのか
どの様に私達は判断するのかという事を考えなければいけません

3号機について
昨日に続いてですが使用済み核燃料の水の分析ですが
今朝の新聞で数字を見ました
確かにヨウ素131の量がセシウム137に対して多いように思いますが
原子炉の運転履歴によってかなり幅のあるものですので
現在の値だけで何か異常だとか新しく核分裂反応が起こったと断定する事は
今の段階では控えたいと思います
もうすこしデータの蓄積を待ってお答えさせてください

こうしたデータのもっと詳しいものは先生のところには届かないんですか?
もちろん全く届きません
わたしは水野さんが教えてくれる数字や新聞の報道あるいはネット上で東電や保安員が発表する数字以外は全く私のところには入りません

はぁ~。いまもって、そうなんですね・・・
もともと私は政府とは全く無関係な人間ですし
公開データ以外は私のところには一切入らないという状況は昔からです

土の汚染の話しにまた戻りますが
高濃度に汚染された土壌、チェルノブイリの強制移住の対象のレベルになっているところの面積が800平方キロ
それは、琵琶湖の1,2倍の面積だと聞いたのですが・・・
そんなに広いんですか・・・
もちろんです
もちろんというのか・・・その程度で収まっている事を喜ばないといけないと思います
チェルノブイリは1万平方キロメートルに及びました

えーーはーー
チェルノブイリの1割程度。じゃぁ、まぁ・・チェルノブイリの10分の1じゃないかと楽観したくなる
800平方キロのところに何万人、何10万人の方が住んでいたのかと思うと
その方々がこれからどのような選択を迫られるのかと
その重さを考えると言葉を失います

東京都の面積の4割だそうです
広い範囲で恐ろしいほど広がっていると思った方がいいのかも
その地域に住んでいない方々は人ごとのように思われているかもしれないけれど
そういうところに住んでいる方々の重さというか
これからどうやって生きていくのかという事を考えると
とてつもない事が起きて今現在進行していると思っていただきたい

汚染水が海に流出している問題も
フェンスを建てて、カーテンで仕切りをする事をしたが、もうすでに手遅れで
汚染水のほぼすべてが海洋に拡散している
経済産業省の原子力の安全保安院の関係者が明らかにしたという情報ですが
小出先生が当初からおっしゃっていた通りでした




関連記事
comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://kiikochan.blog136.fc2.com/tb.php/305-8d1271a7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top