憲法が変わっちゃったら、どうなるの? ~ 自民党案シミュレーション ~ (内容書き出し)

憲法が変わっちゃったら、どうなるの?
~ 自民党案シミュレーション ~



明日の自由を守る若手弁護士の会


皆さん知っていますか?
憲法が変わるかもしれない事。

政権を取り戻した自民党は
「こういう憲法に変えましょう」と、憲法の改正案を発表しています。

本当にこの案のとおりに憲法が変わると、
私たちの生活は、かなりがらりと変わりそうです。

あなたがあなたらしく生きるために、憲法はとっても重要なものです。

何も知らない間に変わっちゃった、
ではなく、
憲法について、一緒に考えてみませんか?

自民党の改正案の中身を
ちょっとのぞいてみましょう!



国家と国民の関係(立憲主義)
2013062111.jpg
いまの憲法は、国民が自分たちの自由や権利を宣言し、
政府が独裁的な政治をしないようにしばるという、民主主義の国では当たり前の形を取っています。

ところが自民党案では、国家が国民に対して
「この範囲の自由なら認める」と上から目線でさずける法律へと、
根本的なスタイルが変わってしまいます。


表現の自由
2013062112.jpg

自分の考えた事、思った事、感じたことを自由な形で表現することは、
人が生まれながらにして持っている権利です。
しかし自民党案では、こういった表現活動が
「交益」や「公の秩序」といったわかりにくい理由によって制限され理由によって制限されたり、
処罰されかねないことになってしまいます。



戦争する国へ
2013062113.jpg

武力を持たず、あくまでも話し合いで国と国との衝突を解決する
『平和主義(戦争の放棄)』をやめ、国防軍を創設します。

国防軍は、国外では日本と同盟をむすんでいる国が戦争を起こした時には、それに参戦し、
また国内では「治安維持活動」として国民の行動を制限することもできる強大な権限を持ちます。



社会保障
2013062114.jpg

貧富の格差をなくして人々の生活水準を安定させるのは国の責務です。

ところが自民党案では、
「家族の扶養義務」が強調されて、
国の責務であるはずの生活の扶助の多くが家庭の負担となりかねません。

また、医療・福祉・教育など住民に身近な行政は地方に任せきりになり、
自治体ごとにサービスの質のばらつきが激しくなります。



「緊急事態宣言」!?
2013062115.jpg

戦争や大規模な災害などの際、内閣総理大臣が『緊急事態宣言』をすると、
内閣は国会で話合うことなく法律と同じ力を持つルールを定めることができ、
国民はこれに従わなければなりません。



改正手続きの緩和
2013062116.jpg

さまざまな人権や戦争放棄を宣言した憲法は、
時の政治権力が自分に都合よく簡単に変えてしまわないように、
改正の手続きを厳しくさらめています

自民党案では、その改正手続きをとても緩やかなものにし、
簡単に憲法を変えられるようにします。
自民党は、7月の参議院選で勝てば、早速ここから改正を進めると話しています。


2013062117.jpg

いかがでしたか?
景気、雇用、復興 ・・・
現在この国には解決しなければならない問題は山ほどあります。

でも、「憲法が変わってしまうかもしれない」事は、
私たちの生活やそれぞれの生き方に関わる大問題です。

どんな改正案なのか、そんな内容に改正されていいのか、
ぜひ、家族や友人に伝え、話合ってみて下さい。





-----


憲法改憲についてはこのブログでも下記の関連記事「憲法」カテゴリでも、
私自身知るために書き出ししたりして記事にしています。
読んでいただければいろんな事が分かると思います。

「憲法」って、アメリカ人が作って敗戦国日本に押し付けたものだと思っていませんか?
私はそう思っていました。

報道するラジオの中で平野さんは、日本の憲法について
「"世界からの贈り物"と言われた位の素晴らしいものです」とおっしゃっています。
※(5完―96条/憲法改正の手続きの条文 5/3報道するラジオ 伊藤真弁護士(文字起こし)より)

私も今回初めて憲法についていろんな事を知りました。
憲法は全ての要であって、何よりも大切なものであるということを知りました。
まだまだ、これからももっと「憲法」を知るために勉強して記事にしていきたいと思っています。

きっと日本には、私のように憲法について甘く見ている人が多くいると思います。
(実際私は「憲法」が何?ぐらいの気持ちでいました。)
そんな私も、もしも自民党案に改憲などとなったら、大変なことになると知って慌てています。

この動画と一緒にパンフレットで、自民党案に改憲した場合、私たち国民はどうなるのか?
私みたいに「憲法」の重要性を知らない大勢の人達に知って頂きませんか?
みんなでこれからの日本について考えるための入りやすい入口、
キッカケになれるのではと思います。


「明日の自由を守る若手弁護士の会」では、
この動画のパンフレットを一部15円で10部から販売しています。
「これをみんなに配ってみようかな」と思ったら、

  ↓こちらへアクセスしてみてくださいd(◕‿-。) ネ❤

リーフレット注文→http://www.asuno-jiyuu.com/p/blog-page_2559.html

※注意 
 参議院選挙が7月4日告示といわれており
 6月26日までの注文は選挙前に発送。
 6月27日以降の注文は選挙後の発送となります。
 



関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

「日本国憲法」は憲法ではありません。
今も日本の正統憲法は「大日本帝国憲法」で、「日本国憲法」は日本が講和のために呑んだ条件に過ぎないのです。
つまり「日本国憲法」と言う名の「講和条約」です。

「真正護憲論」です。日本をアメリカの奴隷から解放するのはこの論理しかないと私は思っています。