スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「なにが大変ですか?」と聞かれ続けて、大変さが改善された事はありません。6/21避難の実情(文字起こし)

子ども・被災者支援法成立から1年
~支援実施を求める原発事故被災者の声

2013年6月21日
避難の実情

1:27:30~
http://youtu.be/cu6CocaL_ZM?t=1h27m30s

それぞれの当事者として今の避難の実情や抱えている問題についてお話しいただきたいと思います。
まずは福島市から東京へ避難中の二瓶和子さんの方からお願いいたします。

1:28:09~
http://youtu.be/cu6CocaL_ZM?t=1h28m9s
2013062223.jpg

福島市から2011年3月18日に東京練馬区の方へ自主避難をしてまいりました二瓶和子と申します。
当時娘は、長女3歳、次女1歳でございました。
いま現時点で長女は6歳、次女4歳になり、元気に過ごさせていただいています。

自主避難者の生活状況という事ですけれども、
「自主避難母子世帯は貧困の象徴なんですか?」ということをやはりお伺いしたいというか、
そういうことですよね?
本当に苦しくて辛い状況を話して下さいと言われていることが、
この場に居ることが、
本当にどれだけ辛いことか、
それも努力して、努力してそういう貧困とかそういうこと事態を改善していない訳じゃないんです。

これ、手書きで申し訳ないんですけれども、ちょっと自宅から保育園に送迎している様子です。
娘二人は別々の保育園に通っております。

2013062225.jpg

2012年4月1日から、区立保育園に長女が入園できました。
1万2800円です。
それと同時に次女は保育園に入れませんでしたので、
3カ月後、7月まで友人宅に2カ所、今日はこっち、明日はあっちという形で預かって頂きました。
7月から認証保育園に入って1年になるんですけれども、5万5000円払っています。
家賃並みです、福島では。それもちょっと安い部屋になるのでしょうけれども。

5万5000円、1万2800円を払っている世帯が貧困世帯と言われているんです。
なおかつそのファミリーサポートで朝送ってもらえば良いじゃないかと。
一般家庭で「お母さん、送迎が大変でしたらファミリ―サポートさんっていうのがありますよ」と。
1時間900えんになります。
20日で1万8000円かかります。
保育園は分かりづらくて本当に申し訳ないんですけれども、

長女の保育園に朝7時半に送ります。
その後7時50分に次女の保育園に着くように出ています。
朝家をいったん7時に出ています。
子どもたちを起こすのは6時です。
私自身目覚まし時計をかけるのは4時50分ぐらいにかけないと、
なかなか、本当に体力的に辛くて起きられない。
それでもやっぱりそういう状況でやっています。

7時半というのは長女が保育園開始しても良いよと言われている時間です。

今度、帰りなんですけれども、
長女を先に6時半までに迎えに行かなくてはなりません。
延長保育はないので6時半で終わりですよと。

先日、電車の事故で遅れて、
遅くなって6時40分ぐらいになったんですけれども、
娘はひとりでした。
保育園で先生と一緒に先生のお部屋で待っているような状況で、
延長保育がないような所で過ごしています。

次女は8時30分まで延長保育が可能という所である認証保育園ですので、
時間をちょっとずらして7時のお迎えをしています。
そうしないと、二人一緒に保育園のお着替えのお荷物を持ち、
なおかつ一人は歩きたくないってぐずるような疲れて帰ってくる娘を、
とてもとても一緒に帰ってくることはできません。

なのでこういった生活をしている事。
これを一人でやらなければならない事。

そして私はここに来て、2月からここのこういう場で発言させていただいていますが、
「なにが大変ですか?」と聞かれ続けて、大変さが改善された事はありません。

ですから、だんだんと話をしたくなくなってくるお母さん方が多いんです。
言ったって変わらないじゃないですか!

なおかつ練馬区の孤立防止事業で800万円出ていたという事を聞くんです。
でも私はこの場に立てる位になるまでに孤立していましたし、
いま現時点でも練馬区行政からは何の支援もありません。

ですから、本当に自分自身が立ち上がらなければ何も変わらないんです。
それが支援法ならば、本当にやるしかないという事を関東全域で考えていただきたいですし、
関東だけじゃなくて日本がこれをやらなければならない事だと思ってもらいたいと思っています。

1:33;37

はい、どうもありがとうございました。
日本がこれをやらなければならないというメッセージ、本当に聞いていて辛くなるような話でした。
続きまして郡山市から北海道へ避難中の宍戸ちかさんからお願いいたします。

1:33:54




伊達市の特定避難勧奨地点 避難区域解除問題について6/21伊達市住民の声(文字起こし)





関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。