スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<終わりなき除染利権>「膨大な量の水で希釈されるからいいけれど、溜まっちゃってそこが汚れるんだから、次はそこを除染すればいい」日本原子力研究開発機構・中山真一副センター長(文字起こし)

除染が生んだ汚染水を川に流す~命より金が大事
の続報です。


http://www.47news.jp/movie/general_national/post_9307/より音声部分


日本原子力研究開発機構 福島環境安全センター
中山真一副センター長
の話

濃度に関わらず、排水される側が「いいですよ」って言っちゃったらもうそれで流してもいい訳ですよね。
下水処理場の人が「うちの泥に溜まるから止めてくれ」と言われたら流さないし、
「どうぞ」と言われれば流す
しという、そういう形なんですね。

そういう事を考えれると、
濃度だとか、それから本当いうと農作業期間というかあるいは農間期間に関わらず、
その流される側の人がOKって言えば流す事が出来るんだけれども、
「いや、やっぱり農作業をやっている所に流したくはないよね」という、そういう思いです。

膨大な量の水で希釈されるからいいけれど、
溜まっちゃう可能性だって無きにしも非ずじゃないですか。
その時にはそこが汚れるんだから、次はそこを除染すればいい訳ですよ。
これからやるんだったらば、それこそ「底の方に溜まってるね」と分かれば除染すればいいんじゃないか。


福島県南相馬市 2012年1月
2013071232.jpg

↑↓ 側溝に向けて汚染された水を放水する作業員 

2013071233.jpg




【農業用水に汚染水340トン】
下請けの忠告に耳貸さず 現場映像の削除強要も 

47News 2013/07/12 18:56

「汚染水を側溝に流したら、農業用水に全部入ってしまう」。
福島県南相馬市での除染事業の下請けに入っていた水処理業者は
2012年1月16日、慎重な排水を要請したが、
日本国土開発は耳を貸さず、逆に処理業者が撮影した現場映像の削除を強要した。

この処理業者はNPO法人「再生舎」(さいたま市)のグループ会社。
同月12日に、担当区域だった福島県南相馬市の立ち入り禁止区域にある金房小学校に入った。
住民不在の現場で目の当たりにしたのは、
汚染水が処理プラントに運ばれず、側溝に次々と流されていく光景だった。


小学校近くの宅地では、住宅塀の洗浄作業で出た汚染水が、通学路の砂利道に垂れ流しになっていた。
作業員の一人が証拠を残そうと急いでカメラを回した。

国土開発の現場監督が、撮影に気付いたのは15日。
「国の実証事業だ。写真は全て消去しろ。できないなら帰ってよい」と迫り、データの一部を削除させた。


国土開発と処理業者は翌16日、現場事務所で農業用水の問題などをめぐって協議。
録音記録によると、現場監督は
「これから(除染を)やろうというときに、ちくろうとする(密告しようとする)とは」と激怒。

処理業者が、汚染水の排水をとがめると
「次の本格(除染)で全部やる」と強調、再除染を理由に排水は続行された。

(共同通信)





農業用水に汚染水340トン 原子力機構が計画了承
47News 2013/07/12 02:00

 除染モデル実証事業で生じた汚染水が流された飯崎川の取水ぜき=4月、福島県南相馬市
2013071235.jpg


農業用水に汚染水340トン

日本原子力研究開発機構が発注した除染モデル実証事業(2011~12年)で、
中堅ゼネコンの日本国土開発(東京)が福島県南相馬市で生じた汚染水340トン(同社推計)を、
農業用水に使う川に流していたことが11日、共同通信の調べで分かった。原子力機構は、川に流すことを知りながら、排水経路に触れていない国土開発の計画書を了承、地元に提出していた。

南相馬市は「排水の説明はなかった。排水されたことも知らなかった」と反発。
福島県も説明は受けていないとしている。
放射性物質汚染対処特措法(特措法)は正確な情報伝達を求めており、環境省は調査に乗り出した。
2013/07/12 02:00 【共同通信】







関連記事

コメント

非公開コメント

除染

除染と言えば、ミスター除染の児玉さんの事が、
南相馬市の大山こういちさんのブログのコメントにありました。

ここから

http://pfx225.blog46.fc2.com/blog-entry-1889.html
これは、今年の4月18日の講演会ですが、ここまであからさまな、
ヤラ*には呆れます。
この次期に児玉さんの講演会に集る観衆は、「し*み」しか考えられないでしょう。

問題点です。
・0:10:00~「被爆影響は、統計疫学よりも(不確実な)予測の方が大事」
・・・予測するにも統計データは必要で、予測が外れれば、取り返しのつかない事になります。

・0:12:00~規制行政の中に利害関係者しかいない、利益相反のない人を集めなければいけない。
・・・除染事業はどうなのでしょうか?

・0:16:30~(大学4年生)汚染水は薄めて放出するべきだと思う。
(私)まず原稿を読んでんじゃねえ!(児玉)やはり希釈して流すしかない場合もある。
(私)水銀でも薄めれば流していいのか?何か案を考えろ!

・0:23:55~ヨウ素剤を飮むのは小出さんかなんかに判断してもらった方がよい。
・・・小出さんは、医学に関してあなたより専門家ではないでしょう!

・0:31:00~今回の放射能汚染の規模が無茶苦茶ですので、
お金を除染に掛けるかどうかは、住民が考えるべき・・・えー!いまさら?

・1:00:00~(児玉)ストロンチウムは食品からあまりみつかっていない。
・1:02:40~(アシスタント)ストロンチウムについては、3月末に厚労省と話した時に
「測っている」と宣言していました。
いつ発表するんだと聞いたら「近々」と言っていました。
「いつとは言えないがずっとモニタリングしている」とも
・・・だったらまだ「小魚などもそんなに心配しなくていい」と言ってはだめでしょう。
それにストロンチウムは検出が難しいともあなた言っているではないですか。

・1:09:45~なぜ除染をやらないといけないかというと、
日本の場合には、チェルノブイリの様に新しい町をつくる事ができません。
・・・あなたが判断する事ではないでしょう。(除染に自信があるのならその間だけ避難させればよい。)

・01:11:30~避難にあたって双葉群の病院で数十人単位での死亡者が出ていますし、
399号の道路で正面衝突死亡事故も起こっている。(だから避難は問題。)
・・・それは緊急避難だったためであり、計画的避難であれば問題はない。

・01:11:50~地元住民が希望する除染に国民は積極的に協力していくべき
・・・「地元住民が希望する除染」ってどういう除染?

大方、自分が疑われているのを払拭し、さらなる除染に突き進むぞ!という事でしょう。

前からデタラメでしたが、それにひどい雑さが加わりましたね。

ここまで。

動画を見ましたが、確かにとんでもない事を言っていますね。
とにかく、除染を行うためには、住民を避難させないで、
この様にデタラメな論理をならべたてるしかないのでしょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

チェルノブイリ事故の時に、旧ソ連は除染をした。
除染して出たものを、北極海の無人島にバンバン捨てたが、結局除染をあきらめるに至った。
そんな話を聞いていた。
日本で除染をと言う話になった時、土とかどこに捨てるんだ?捨てる場所のあるソ連でも諦めたのに・・・、と思った。
でも、住民が諦めを付けるまでの儀式として、除染をすることが必要なのかと、そう思っていた。
でも、違うんですね。
ただ、儲けるためだけが目的。毒を拡散し、農業用水を汚染し、また水に乗って集まった放射能を拡散させる。
きーこ様、私の甘い考えに、パンチをくれる情報をありがとうございます。
私の想像以上に、他人の命より自分の金が大事と言う人が、跋扈していることを知りました。
ショックではありましたが、知ることで対策は取れます。
貴重な情報をありがとうございます。

「FAXとチラシ大作戦」

総務省テレビも新聞も週刊誌も、「小学生にもわかる憲法と不正選挙」の要点が簡潔に網羅された【凡例その一】や【幸せの和】を是非掲載すべきですね、公器であるならばw
掲載しやすいように著作権無しのPDFにしてありますよw

【凡例その一】http://image52.bannch.com/bs/M302/bbs/787532/img/0262597418.pdf
【幸せの和】http://image52.bannch.com/bs/M302/bbs/787532/img/0262596974.pdf

大事なことに気づきましたので

前回、紹介した動画の冒頭で、児玉さんが食品について
発言されていますが、こちらもトンデモ発言です。
http://pfx225.blog46.fc2.com/blog-entry-1889.html
00:03:48~

「食品からの内部被曝では、日本とチェルノブイリの違いが際立ったと。
日本は、米の全袋検査の様に、検査機器をきちっと作って測ったもので、
安心するというルールができました。」

この部分は非常に重要ですが、これもデタラメですね。
日本では、食品の測定はほんの一部でしか行われておらず、
市民測定所などの情報で、はじめて問題になるケースばかりです。
食品の基準も ソ連やヨーロッパに比べれば、高過ぎです。

ウクライナやベラルーシやヨーロッパでは、食品全てに測定値を表示し、
消費者が選択できる様にしている点も、庶民を人間として扱っていると言えますが日本はどうでしょうか?

今ごろこんな話をしても信じる人はいないでしょうに。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。