海のホットスポット”第一原発から20Km圏内で発見

海のホットスポット”第一原発から20Km圏内で発見
ANN(08/07 11:45)

(動画文字起こし)
2013080711.jpg

研究グループの会見:
これは福島第一原子力発電所から7km離れた場所で取った実際のデータです
(崖の底になると)320mほどの距離でセシウムの濃度が周辺と比べて数倍、
ま、ここでは10倍近くまでセシウムの濃度が高くなっている。

東京大学などの研究グループは海中に沈めた計測装置を船で引っ張る曳航(えいこう)形で、
宮城県から茨城県の沿岸の濃度を測りました。

2013080712.jpg

その結果、原発から半径20km以内の海底で、
放射性セシウム137の濃度が周囲よりも数倍高くなっている場所が20カ所以上
見つかりました。

2013080713.jpg

また、宮城県の阿武隈川の河口では約2kmに渡って濃度が高い場所があることもわかりました。

国の計測方法ではとらえられなかった放射性セシウムの細かい分布を把握したのは初めてで、
研究グループは今後の対策に役立つとしています。







関連記事

コメント

非公開コメント

海の汚染はひどいですね

海の汚染はひどいですね。
世界中が大迷惑してます。

告知です。
3号機爆発後画像を追加してます。
既に指摘されている配管の折れは爆発直後に見られます。
その上で排気塔からも排気しています。
この爆煙と放射性物質のブルームが4号機に逆流して水素爆発を起こすとは、水素の濃度からしてありえないのではないかと思います。

人権と原発
http://d.hatena.ne.jp/nemimini_mimimi/