漏れすぎてて何が何だかʅ( ‾⊖◝)ʃワカラナーイ

「汚染水」で検索すると、数多くのニュースが出てくる。
その内容が様々なようで、何がなんだかわからなくなってきた。
巨大な丸いタンクから直接漏れる汚染水。
地下水に混ざって海へ流れている汚染水。


福島第1原発:汚染水流出 トレンチから直接流出か 
海へ推計30兆ベクレル

毎日新聞 2013年08月22日 東京夕刊

東京電力福島第1原発で地下水を通じて放射性汚染水が海へ流出している問題で、
東電は21日、2、3号機のトレンチ(配管などが通る地下トンネル)に事故直後にたまった高濃度汚染水が、
海に直接漏れている可能性が高いと発表した
これまで海に漏れた放射性物質の総量は、
ストロンチウム90で最大10兆ベクレル、セシウム137で同20兆ベクレルと推計した。

合計すると最大30兆ベクレルとなり、
通常運転時の年間海洋放出基準(年間2200億ベクレル)100倍を超える
東電が、事故直後の2011年5月から漏れ続けていると仮定し、
原発の港湾内の放射性物質の濃度から試算した。

東電はこれまで、汚染された地下水が流出していると説明してきた。
しかし、汚染地下水だけではこれほど大量の放射性物質は説明が付かず、
2、3号機のトレンチにたまった高濃度汚染水が、底部の砕石層などを通じて直接、
海に漏れ出ている
と推定している。

東電は、流出源となっているトレンチ内の高濃度汚染水をポンプで吸い上げ、
水処理施設を経由させてセシウムなどの放射性物質を除去することを計画している。
処理した後は陸上でタンクで保管するという。

東電は今月2日、
トリチウム(三重水素)が地下水に混じって最大40兆ベクレル海へ流出したとの試算を公表している。
【岡田英】




2タンク 過去に水漏れおそれ
NHK 8月22日 18時55分

福島第一原子力発電所で山側にあるタンクから汚染水が漏れ出した問題で、
東京電力が同じ構造のほかのタンクを点検したところ、
2つのタンクの表面の一部で、高い放射線量が観測され、
過去に水漏れがあったおそれがあるとして調べています。


福島第一原発では今月19日、
4号機の山側にあるタンクから、
高濃度の放射性物質を含む汚染水300トン余りが漏れていたのが分かり、
海につながる側溝を通じて、原発の専用港の外の海に流出したおそれも出ています。

東京電力は同じように鋼鉄製の板をボルトでつなぎ合わせたタンクのうち、
高濃度の汚染水を入れたおよそ300基について、異常がないか目視の点検や放射線量の測定を行っています。

その結果、3号機の山側にある2つのタンクの表面で、
それぞれ、1時間あたり、100ミリシーベルトと70ミリシーベルト
放射線量が高い部分が見つかったということです。

いずれも鋼鉄製の板の継ぎ目の部分で表面は乾いていて、水漏れは確認されず、
タンク内の水位にも異常はないということですが、
過去に水漏れがあったおそれがあるとして、東京電力は周辺の放射線量や原因を調べています。

一方、300トン余りの水漏れが見つかったタンクについては、
21日までに、残るおよそ700トンの汚染水を別のタンクに移し終え、
東京電力は、除染をしたうえで、鋼鉄製の板の継ぎ目やタンクの底の状態などを詳しく調べ
原因の特定を急ぐことにしています。 


福島第1原発汚染水漏えい問題 汚染水が海へ流出した可能性
FNN 08/22 06:22

福島第1原発のタンクから、およそ300トンの汚染水が漏えいした問題で、
漏えいした汚染水が海へ流出した可能性が出てきた。
この問題は、福島第1原発のタンクから、汚染水がおよそ300トン漏えいし、
そのほとんどが周辺の土壌にしみこんだもの。

これを受けて、東京電力は、漏えいしたタンクの周辺を調べたところ、
側溝の中に水が流れたようなあとがあり、測定したところ、最大毎時6ミリシーベルト(mSv)と、
周辺よりも高い線量だったことを明らかにした。

側溝は、直接海に通じていて、東京電力は、漏えいした汚染水が側溝に流れ込んだとともに、
そのまま汚染水が海へ流出した可能性を否定できないと発表した。


一方、原子炉建屋の海側で、汚染された地下水が海に漏えいしている問題で、
東京電力は、事故直後からおよそ2年間で、
セシウム137が、最大で20兆ベクレル(Bq)、ストロンチウムが最大で10兆ベクレル、
海に流出したとする試算結果を公表した。
これは、保安規定で定められた年間の管理目標値の100倍以上にあたる。



タンクに残る汚染水 移送終了
NHK 8月22日 12時4分


福島第一原子力発電所で、山側にあるタンクから周辺の敷地に汚染水が漏れ出した問題で、
東京電力は、水漏れが起きたタンクに残っていた汚染水の移送を終え、
原因の特定を急ぐとともに、同じ構造のほかのタンクに水漏れがないか、22日午前から点検を始めました。

福島第一原発では、今月19日、4号機の山側にあるタンクから、
高濃度の放射性物質を含む汚染水300トン余りが漏れ出し、
海につながる側溝を通じて、原発の専用港の外の海に流出しているおそれがでています。

問題のタンクからは、その後も汚染水が漏れ続けていたことから、
東京電力は、残っていたおよそ700トンの汚染水を別のタンクに移す作業を進め、
21日夜9時すぎに終えました。

水漏れは長期間にわたり続いていた可能性がありますが、漏れた場所などは分かっておらず
東京電力は、鋼鉄製の板の継ぎ目やタンクの底の状態などを詳しく調べ、原因の特定を急ぐことにしています。

ただ、タンク内の放射線量が高いため、除染や調査の方法を検討する必要があり、
タンク内を本格的に調べるのは、来週になる見通しだということです。


同じように、鋼鉄製の板をボルトでつなぎ合わせるタイプのタンクは、敷地内におよそ350基あり、
東京電力はこれらにも異常がないか、22日午前から、
目視の点検や、タンクを囲むせきの周辺の放射線量の測定を始め、23日にもすべて終えたいとしています。



福島原発の汚染水、地下水に混入懸念 海洋放出計画に影
日本経済新聞 2013/8/21 23:02

東京電力福島第1原子力発電所の敷地内のタンクから漏れた汚染水地下水にも悪影響を及ぼす可能性が出てきた。
原子力規制委員会の有識者会合は21日、汚染水の一部が地下水と混じる恐れがあると指摘した。
地下水が汚染されれば、政府や東電が目指してきた地下水の海洋放出の計画は抜本的な見直しを迫られる。

東電は21日、タンクの水位が20日朝から夕までに5センチ下がり、約5トン分が流出したと発表した。
20日に漏洩が分かった約300トンに上る高濃度の汚染水は、タンクの底部などから徐々に漏れ出たとみられる。

規制委はタンクを設置したコンクリート基礎部にひび割れがあり、
漏れた汚染水の一部が地下に染み込んでいたと推定。
一方、タンクの周囲には地下水を海洋放出する「地下水バイパス計画」に基づく井戸がある。


21日の会合で産業技術総合研究所地質調査総合センターの安原正也主任研究員は、
汚染が地下に広がれば「バイパス計画が破綻しかねない」と主張した。
計画は原子炉の建屋に1日400トン流れ込む地下水をくみ上げ、管理する水の量を減らすのが目的だった。

規制委の更田豊志委員は「他のタンクにも疑いを持たざるを得ない」と指摘。
約300基ある同型タンクの汚染水を速やかに別の場所へ移すよう指示した。
田中俊一委員長は「お化け屋敷みたいに次から次へといろいろなことが起こる」と懸念を示した。

一方、規制委の事務局である原子力規制庁は21日、
汚染水漏れについて国際的な事故評価尺度の暫定評価を8段階の下から2番目のレベル1から、
4番目で「重大な異常事象」を示すレベル3に上げる案を示した。

田中委員長は決定を保留した。
問題が起きるたびに「(レベル)2だ3だとやっていくのは必ずしも適切ではない」と語り、
評価尺度を運用している国際原子力機関(IAEA)と慎重に協議する考えを示した。



福島第1原発 汚染水タンク350個が全滅危機
ゲンダイネット2013年8月21日 掲載

どうしたらこうなるのか。
東京電力は福島第1原発のタンクから漏れた放射能汚染水の量を当初
「少なくとも120リットル」と推定していたのに、20日になって「300トンに達する」と変更した。
一気に2500倍に増えたことに絶句だが、汚染水の漏出量はこんなものでは済まない。

東電はダダ漏れになっていた地下貯水槽の汚染水を、6月上旬までに地上タンクに移し替えた。
タンクは直径12メートル、高さ11メートルの円柱状で、容量は約1000トン。
漏れた300トンは大体、25メートルプール1つ分だ。

実はこのタンクは当初から“ヤバイ”と指摘されていた。
部材を溶接ではなく、ボルトでつないで組み立てる構造のため、
ボルトが緩んだり、止水用パッキンが劣化すると、汚染水が漏洩するんじゃないかと懸念されていたのだ。

「過去に4回、タンクから汚染水漏れが起きていて、いずれもつなぎ目部分から見つかっています。
今回はまだどこから漏れたか分かりませんが、恐らく、つなぎ目に原因があるのでしょう」
(ジャーナリスト・横田一氏)

東電によると、パッキンの耐用年数は5年ほど。
交換するにはタンクそのものを解体しなければならないが、漏洩が見つかるたびに解体するのは非現実的だ。
外側から止水材を塗るなど、その場しのぎの対応に追われることになりそうだ。

問題はボルトとパッキンだけではない。
タンクが“鋼鉄製”なのも大きな懸念材料という。
日本環境学会顧問・元会長で元大阪市立大学大学院教授(環境政策論)の畑明郎氏が言う。

「汚染水は原子炉冷却に使われた水で、当初の海水冷却により塩分を含むものです。
鋼鉄製のタンクは錆びやすく、腐食して穴が開き、漏れた可能性があります。
安全性を考えるのであれば、東電は鋼鉄製ではなくステンレス製のタンクにすべきでした

<錆びて腐食、止水用パッキンの寿命はたった5年>

東電がそうしなかったのは、鋼鉄製の方がコストがかからないからだ。
さらに言うと、溶接型ではなくボルト型にしたのも、短時間で増設できるから。
いかにも東電らしいドロナワ対応といえるが、このボルト式の同型のタンクは敷地内に350個もある。
もし、今回と同じ300トンの汚染水がすべてのタンクから漏れ始めたら、
10万トンではきかない計算になるから、考えるだけでもゾッとする。

しかも、汚染水は1日400トンのペースで増え続けていて、
東電は現在貯蔵可能な約39万トン分のタンクの容量を2016年度までに80万トン分まで増やす計画だ。
 
一方で安普請のタンクからの汚染水漏れの手当ても同時にやらなければならない。

今回の汚染水からは、法令で放出が認められる基準(1リットルあたり30ベクレル)の
数百万倍に達する8000万ベクレルの放射性ストロンチウムが検出された。
300トン分で約24兆ベクレルである。

はっきり言って東電は終わっている。



ーーー
巨大な丸いタンクから漏れている汚染水
<レベル3>田中委員長
「お化け屋敷みたいに次から次といろんな事が起こりますよ。
全ての責任を持ってこられても、これは限界があるんですよ」8/21(会見一部書き出し)



地下水に混ざって流れ出ている汚染水
福一汚染水問題分かりやすく解説
「原発が地下水に浸かって浮力で浮くので、事故前から地下水を一日850トン汲みだしていた」
8/14FFTV阪上武さん(内容書き出し)


<海へ毎日汚染水300トン流出>
「本当に重大な発表であると同時に一刻を争う問題だという事を改めて胸に刻む必要があります」
8/8モーニングバード(内容書き出し)


遮水壁 両刃の剣 建屋から逆流の恐れ

<それは平常時放出量の半分以下>
2011年5月~2013年7月までに出たとされるトリチウムの量は最低で10兆ベクレル。
8/2(東京電力記者会見文字起こし)


「ガラスの壁の上段を超えて水が外側に出ている可能性については否定できない」
8/2東京電力記者会見(内容書き出し)


「この100mの範囲からおよそ400トン日量で出るであろう」
8/2(東京電力記者会見文字起こし)


「地下水は山から海へ流れると普通は考えるが、ずっと調べてきた人たちの意見はそうじゃない」
広瀬隆氏(文字起こし)


<福島第一原発汚染水>2年以上ずーと毎日地下水400トン海へ

井戸と海水の放射性物質―"事故後最高"記録更新中!!ー東京電力福島第一原子力発電所

<高濃度汚染水海へ流出>
「『四方を囲うと地下水がコントロールできないから』とおっしゃっている東京電力は、
いま全くコントロール出来てないじゃないですか」8/1そもそも総研(内容書き出し)


<海洋汚染>
「一応気になるので確認しますが、 選挙が終わった翌日に出てきたのはどういうことでしょうか?」
テレビ朝日松井記者7/22東京電力記者会見(動画&文字起こし)


<福一・海洋汚染>
選挙終了待ち~東電半年分のデータを一気に公開7/23モーニングバード(内容書き出し)


井戸と海水の放射性物質―"事故後最高"記録更新中!!ー東京電力福島第一原子力発電所

普通に漏れて当たり前のタンクに見えるけど・・・、

海へ流したい東電
東京電力「汚染される前に」 福島第一原発・・・地下水を海へ 報道ステーション5/8(内容書き出し)

<福島第一原発>
地下水5月にも海へ計画放出・汚染水移送で放射線量8倍!7・8ミリ・シーベルト/年に!
・シラス漁を再開茨城北部3漁協


太平洋は誰のもの?地元の漁民のものなの??東電汚染水放出「地元の了承」

東京電力 汚染水濃度下げ海に放出 !!!


穴を掘ったプールから漏れた汚染水
「作業員『汚染水は浴びたくない』・
モニタリングポスト数値半分」武藤類子さん4/21郡山(内容書き出し)

この間水漏れ事件というのが起きましたよね。
私たちも本当にビックリしましたけれども、
あの穴を掘ったところに3層のシートを敷いて、そこに汚染水を入れていた。
しかも本当はストロンチウムを除去するべきそうだったんですけれども、
それが除去されないままにそこに入っていたという事があったんだそうなんですね。
で、その汚染水の事が出てきてからですね、
ここで働いている人達は、みんなその汚染水を浴びるという事にとても危機感を感じて、
辞めている人が沢山いるという事なんですね。

<汚染水漏れ>東電の「1枚増やせばいいんじゃね?」的思考回路

報道するラジオ 「小出裕章さんに聞く汚染水漏れ」 4/12(文字起こし)

漏れないプールはあるのか?
入れれば漏れる汚染水&読売新聞エライ!7100億ベクレル→35兆ベクレル


新たに別の池も!収束後最悪の漏れ「漏れて当たり前の構造に見える汚染水の池」

福島第一原発汚染水漏れを読み解く4/6デモクラTV(文字起こし)


その他の漏れ
<福島第一原子力発電所>
漏えい・落下・火災&作業員身体汚染・怪我・入院・死亡・など東京電力(2013年1月~まとめ)



2012年
福島第一原発4号機・白煙と汚染水漏出8/14

たねまきJ「藤村官房長官発言・福島第一高濃度ストロンチウム汚染水漏れ・リスナーの質問」
小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)4/5

福島第一で汚染水12トン漏れ…海に大半流出か
読売新聞 2012年4月5日

2011年
海水の濃度基準の1,000,000倍の汚染水が漏れた12/4福島第一原発

たねまきJ「ホットスポット・内部被ばく・ストレステスト・原子力発電コスト・建屋に地下水」
小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)10/25



事故直後から海へ
福島第一原子力発電所2011年3月11日~6月6日の事故の経過、時系列、履歴より
<汚染水漏れに関する部分抜粋>

3月26日
14:30  1号機南放水口付近から炉規制告示濃度限度の1850倍のヨウ素131検出
3月27日
2号機TB地下溜まり水から1000ミリシーベルト/h超の放射線検知
15:30  1~3号機TB(タービン)のトレンチ立て坑に水溜まり確認
3月28日
敷地内5地点で21日と22日に採取した土壌分析の結果
プルトニウム238,239、240を検出
5地点のうち2か所は事故由来の可能性と発表
11:15  2号機のTB地下1階で 通常の原子炉水の十万倍の放射能濃度の水が存在して
       格納容器の水が何らかの経路で流出と推定
3月29日
南放水口で29日1355採取の海水から 基準の3355倍の放射性ヨウ素(I-131)検出
ー格納容器の下に穴があいているようなイメージ(東京電力)ー
3月31日
1号機地下水から通常の約一万倍のヨウ素131検出
4月2日
09:30  2号機、取水口付近の電源ケーブルピット内に1000ミリシーベルト/hの溜まり水確認。
ピット脇の亀裂から海に流出。
ピット内の放射性核種は測定・分析中
4月3日
13:47~ 2号機取水口ピットからの流出
高分子吸収材、おがくず、新聞紙で止水作業(~14:30)
4月4日
19:03  集中廃棄物処理施設内の低レベル溶留水の放水口南側海域への放出(総放出量約9.0701)
21:00  5,6号機サブドレンピットにある低レベル地下水を放水口経由で海へ放出開始
4月5日
15:07  2号機取水口付近のピット側面のコンクリート部分からの漏水。ピット周辺に穴を開け凝固剤を注入




関連記事

コメント

非公開コメント

東電の悲鳴

日本の持つ技術力の結集と海外技術を借りて死に物狂いで当たらない限り、
福島第一原発は低空飛行の維持すらままならないのは目に見えているのに、国は東電一人にお任せ。
東電のもと役員たちは顔を思い出すだに憎らしいけども、一番被曝する仕事に正社員がどのくらい当たっているのかはわからないけども、
最近のいきなり厳しい報告をするようになった背景には、東電の限界の悲鳴を聞くようです。
恐らく、ニュースでは伝えきらないほど現場ではのっぴきならない状況なのではないかと震えています。
国はなぜ他のことより福島第一を優先しないのか。
答え:安倍政権とエリート官僚+大企業が、庶民の命と健康、中小零細企業の存続と長期的な日本の展望は全く気にしていないから。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ケッシュ財団についてブログで取り上げて欲しい

汚染水を除去する技術は、実は既にあるんです!!政府は既に放射能除去装置などの技術をケッシュ財団から受け取っています。この技術を使うことによって、汚染水を除去したり、太平洋の生態系を元通りにすることすらできます。汚染された国土や、核廃棄物なども浄化できますし、甲状腺の治療なども無料で実現できます。これらは今すぐにでも取りかかれるのです。では、なぜ実現されていないのか。どうもこれらの技術を知っている国民が一定数まで増加し、一定数がこれらの技術を使って問題を解決しないのか、ということを国に抗議していくことがこれらの技術が公開される前提条件みたいです。ケッシュ氏も日本にやる気があるのかどうかだ、とビデオでも述べています。つまり、私たちが行動していかないといけないわけです。

まず、管理人さんにお願いですが、「ケッシュ財団」についてネットで検索し、ブログにまとめてTwitterなどでも取り上げていただけないでしょうか。このように全ての問題を解決する技術はあるのに、これらの情報を知っている人が少なすぎます。原発やエネルギーの問題なども、全て解決する革命的技術です。前にも言った通り、まず、みんなが知るということが大切です。そのための情報源としては、まず

http://sunshine849.blog.fc2.com/

http://www.onpa.tv/

といったブログの過去ログを読んでみていただければ概要はわかるかと思われます。ポイントはとにかく、放射能除去装置などの技術をケッシュ財団という団体から政府が受け取って、隠し持っているというのが問題です。これを公開させて汚染水などの様々な問題を解決するためには一定数の人々が知るということが重要です。政府や政治家に問い合わせるのも重要ですが、これらの情報を広めていくことも大切です。ケッシュ財団の技術を使って、汚染水問題を解決しましょう。

No title


汚染水も含めて、海外から4号機の危機への警告です。


フクシマ黙示録

この終末論的なシナリオは4号機の状態を考えると、まだ起こっていないことが非常に幸運です。しかし多くの人にとっては、既に手遅れです。最初の爆発や使用済燃料プールの火災は既に何百万人もの人々の運命を定めてしまった可能性があります。


http://d.hatena.ne.jp/nemimini_mimimi/
集団ストーカー掲示板のまとめ
※ブログ冒頭の原発まとめ欄に若干の訳があります


http://rt.com/news/fukushima-apocalypse-fuel-removal-598/
Fukushima apocalypse: Years of ‘duct tape fixes’ could result in ‘millions of deaths’


http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/15841.jpg