スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3号機原子炉建屋屋上に設置された大型クレーンのアームが突然折れました。

福島第一原発のクレーン倒れる 建屋に損傷なし
ANN 09/05 18:45

2013090511.jpg

福島第一原発の原子炉建屋のがれきを撤去している大型クレーンの先端が倒れました。

2013090512.jpg

東京電力によりますと5日午前8時半すぎ、
大型クレーンの先端が徐々に倒れていくのを監視カメラで確認しました。
設備に損傷はなく、東京電力が原因を調べているということです。




クレーンが倒れる映像(1分35秒~)











2013/09/05 TBS
今日午前8時半すぎ、東京電力福島第一原発3号機の原子炉建屋で、
屋上に設置されている大型クレーンのアームが突然折れました。
東京電力によりますと、クレーンはがれきを撤去するため、2年前から設置されているもので、
中央付近から折れたおよそ100mアームからは亀裂が見つかったという事です。
この事故によるけが人や建屋の損傷はなかったという事です。
東京電力はアームの金属部分が劣化した可能性もあるとみて、原因を調べています。



関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。