スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

470億円国費投入。でも最終的にはやっぱり海へ流すんですよね? 「タンクの汚染水はえー、セシウムしか取り除いてございません。ストロンチウム等々多核種62種類」 東京電力相澤副社長生出演9/4みのもんたの朝ズバッ!(文字起こし)

2013年9月4日放送 TBS
みのもんたの朝ズバッ!



汚染水に470億円国費投入も効果不透明
2013090617.jpg

みの:
そういう仕組みっていうのは非常にわかるんですが、
これから東京電力さんは、沢山の人数で監視をする。
漏れないようにする。
そこまでは当たり前ですよね?

しかし、お国の方は400億打500億だのお金を出して、
「国でやろうじゃないか」って、なんか安倍さんがおっしゃっているんですけれども、
その辺は、東京電力との話し合いはどうなっているんですか?


相澤:あの、それはあの・・、

みの:どうぞおかけ下さい。

相澤:
えっと、我々といたしましても、
お国の支援を頂きながら進めるという事は本当にありがたいことだと思いますし、
またそれは税金ですから、本当に身の引き締まる思いでございます。

2013090616.jpg

みの:急にこの話は出たんですか?それとも相当前から

相澤:いや、あの、相当前からという事は御座いません。




野村修也弁護士:
ちょっとお尋ねしたいんですけど、今回470億円の税金が投入されますけれども、
どうも計画を聞いていますと、凍土壁の話とかですね、あるいは、アルプスの改良の話が出ています。
タンクそのものを改良するとか、タンクそのものが、
今起こっている、目の前に起こっている危険に対して、税金が使われるっていう話は出ていないんですが、
そこはどういうふうに整理されているんですか?

相澤:
それは、我々の、出来る範囲の事でですね、
えー、最大限のリソースを投入して、
タンクにつきましても今、少しお話し、みのもんたさんがお話をしかけたんだと思いますが、
フランジ型タンクというのはいずれは取り換えなきゃいけない。
あるいは


野村:そういう意味では税金が今回はすぐには、直ちには使いとは言っていないわけですよ。

相澤:はい。
それは我々の、とにかく少しでもコストダウンをしてというふうに考えています。
溶接型に取り換えていくと。

野村:
やはりあの、国民目線で見ますと、
このタンクにたとえば今竜巻の話とかもありますし、あるいは大きな地震が来たらと。
そういう時に耐えられるようになっているのか?というのが相当不安だと思うんですが、
ここは今どういうふうにちゃんと確認されておられるんですか?

2013090619.jpg

相澤:
あのー、地震に対してはですね、基本的には350ガルに耐える設計になっている。
ただ、それに対して今度、前回福島にきました地震の時は550ガルぐらいです。
で、600ガルでどうか?ということも試算しておりまして、
600ガルでも、潰れたり壊れたり倒れたりという事が、無い」ということも確認済みでございます。

2013090620.jpg

野村:
もう1点だけなんですが、先程ご説明があった時に、
震災直後は東京電力さんは政府と一緒に人為的に一回海水に汚染水を流していますよね。
で、これはあの、事実として、これは度の事故調査報告書にも書いてありますから、
そこは事実ですよね?

相澤:はい

野村:
あの日は汚染したまま海水に、汚染水を流していますよね。
しかしその事に関して国際的な批判が来たので、
セシウムを抜いてタンクにためるというやり方に今変えているわけですよね。

相澤:はい

野村:
このためたタンクの汚染水。
このままいけば溜まりっぱなしになりますけれども、
最終的にはやっぱり海へ流すんですよね?

相澤:
いや、タンクにたまった汚染水は、あの~、
関係省庁、あるいは特に漁業関係の皆様方のご理解無しには、決して外へ出すようなことはいたしません。
ただ、溜まってくる汚染水をどんどんためるだけでは増えるばかりですから、
それにリスクもどんどん大きくなってきます。
ですから、この汚染水を。
まだ、ストロンチウム等もまだ入っている状態なので、
えー、セシウムしか取り除いてございません。

ストロンチウム等々多核種、ま、62種類ぐらいになります。
それを全部取り除く装置、これがアルプスである。
で、それを通しまして、えー、あのー、少しでもリスクを少なくすると、そういう状態で、
残りはトリチウムだけになるので、そういう状態にして溜めましょうと。

で、さらに、それでもまだ増えていく一方だという事で、
「汚染水が増えない対策」もしましょうと。
それには、「建物の中に地下水が入って来ないようにしましょう」
で、そのために地下水バイパス。

これは本当にあの、あの~漁業関係者の皆様にはご心配をおかけしているんですが、
それをやって


野村:
ただですね、タンクは5年ですよ、寿命が。
そしたらですね、今溜まっているものをいくらアルプスに通したとしてもですね、
通した後、これだけの汚染水が、将来どうなるのか?という事について、
何の説明もいま無いわけですよね。

やっぱり海へ流すんですよね?

相澤:いや、それはありません。


2013年9月4日放送 TBSみのもんたの朝ズバッ! 文字起こしブログ

どうする?汚染水漏れ「いま漏れているものはありません」
東京電力相澤副社長生出演9/4みのもんたの朝ズバッ!(文字起こし)


470億円国費投入。でも最終的にはやっぱり海へ流すんですよね?
「タンクの汚染水はえー、セシウムしか取り除いてございません。ストロンチウム等多核種62種類」
東京電力相澤副社長生出演9/4みのもんたの朝ズバッ!(文字起こし)


「出来るだけ早い段階で、柏崎刈羽原子力発電所の安全審査の申請をさせていただければ」
東京電力相澤副社長生出演9/4みのもんたの朝ズバッ!(文字起こし)






4時間浴び続けると確実に死亡する180万マイクロシーベルト・追記「2200ミリシーベルト」

韓国の水産物店
「最近、放射能のせいで売り上げが悪いわ。見向きもしない。日本産だと思っているから」
・追記「韓国8県の水産物 全面禁輸」



<疑問!次男の逮捕>
「 見え見えじゃない安倍さんも。オリンピックがなかったら、470億出さないのかい?」
みのもんた9/7ラジオ文字起こし

次男逮捕直前9月7日TBSラジオみのもんた発言文字起こし
日刊ゲンダイ深まる謎…みのもんた次男は本当に盗みをはたらいたのか 2013年9月14日 掲載 






関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。