竹田理事長「福島から250km離れているのでみなさんが心配するような危険性は東京には全くない」

許せない発言
「福島から250km離れているのでみなさんが心配するような危険性は東京には全くない」

えっ?じゃあ、今も多くの人が普通に暮らしている福島はどうなの?

この一連のオリンピックのニュースを見て、
何の危機感も感じていない人々が、東京も危険なんだという事実を知るきっかけになればいいと思った。

皮肉なことに
「安全だ」といえば言うだけ「危ない」という現実を知らせてくれている。


福島原発事故への質問相次ぐ…東京招致委が初会見

テレビ朝日系(ANN) 9月5日(木)5時50分配信

2013090621.jpg

2020年のオリンピックの開催地が決まるIOC=国際オリンピック委員会の総会を前に
東京の招致委員会がブエノスアイレスで会見を開きました。
外国人記者の最大の関心は、福島の原発に関わる問題でした。

(Q.本当に福島の問題はないのか?)
2013090622.jpg
竹田理事長:
(東京と福島は)ほぼ250キロ、非常に、そういった意味では離れたところにありまして、
皆さんが想像するような危険性は、東京には全くないということをはっきり申し上げたいと思います。

 
集まった外国人記者約50人との質疑応答では、原発や汚染水問題に関する質問が集中しました。
竹田理事長は「政府が責任を持って対応する」と回答しましたが、納得のいくものではなかったようです。
 
海外メディアの記者:
何度も問題ないと繰り返していたが、疑問は残る。
福島原発の問題は、この会見で終わりということにはならなかった

汚染水など福島の原発を巡る問題は、IOC委員の一部でも懸念する声が出ています。
東京にとっては、ロビー活動や総会当日のプレゼンテーションで
この問題を払拭することができるかが大きな課題となります。
テレ朝 news


朝日新聞の記事にはこのように書いてある。
http://www.asahi.com/national/update/0905/TKY201309050509.html
(一部抜粋)

東京と福島の距離を強調する姿勢に
東京だけ安全ならいいとも聞こえ、福島の人々への配慮が足りないのではないか」との声もあった。

質問の口火を切った、IOC委員の多くが読む五輪専門サイト
「インサイド・ザ・ゲームズ」の英国人記者ダンカン・マッケイ氏は
「東京の答えはいつも同じ。(福島との距離)250キロというのはないに等しい
IOC委員を説得できるとは思えない」と語った。





竹田理事長の〝放射能隠し〟に海外メディアから非難集中
「日刊ゲンダイ」チャンネル 2013-09-05 16:54

まさに集中砲火だった。
2020年の夏季五輪の開催地を決めるIOC総会が開催されるブエノスアイレスで
東京五輪招致委員会が現地4日、記者会見を開いた。
6つの質問のうち4つは福島原発の放射能汚染水漏れに関するもの。
事態の深刻さからすれば当然だが、竹田恒和理事長(写真)の答えは不安を増幅させるだけだった。

「東京の食品、水、空気は安全で全く問題ない。政府が責任を持って解決する」
「放射線量はパリ、ロンドンなどと同じレベルだ」

とひたすら用意してきた「安全」の答弁を繰り返すだけ。

これに対してメディアからは、
「答えになっていない。問題と正面から向き合っていない」
「一番大事なことを説明していない。国際的な認識として問題は東京ではなく福島だ」
などと厳しい評価。
しかも竹田理事長は、記者の質問が出るまで放射能問題に触れなかったことで
「隠している」との印象さえ持たれた。

タンクから漏れ出して現実となった汚染水の海洋汚染は連日、海外で報じられ、
政府、東電の対応は「もぐらたたき」(米CNN)と批判されている。
加えて東京招致委員会の不誠実な態度だ。IOC委員の投票にも影響するのは間違いない。



東京が安全ならいいのか 原発事故に苦しむ福島 
47News 2013/09/06 19:07

2020年夏季五輪開催を目指す東京招致委員会の竹田恒和理事長が、ブエノスアイレスで開いた記者会見で
「福島とは離れている。東京は安全だ」と発言したことに、
東京電力福島第1原発事故に苦しむ福島県民から
「東京が安全ならいいのか」「差別的だ」と反発の声が出ている。

竹田理事長は、4日の会見で原発事故について
「東京は水、食物、空気についても非常に安全なレベル。全く懸念はない」
「福島とは250キロ離れている」と述べた。

「『東京は安全』と強調するのは『福島の現状はひどい』と認めるということ」。
福島市から東京都練馬区に自主避難している主婦(37)は憤る。
【共同通信】




関係ブログ
内閣官房長官菅義偉の大嘘
「福島県の年間被ばく量は年間1ミリシーベルトの100分の1以下です」

これを聞く限りは、東京よりも福島の方が安全なようです。

「つまり、健康問題については、今までも、現在も、そして将来も! 全く問題はない!!」
9/8IOC総会・安倍総理大臣原発事故発言のすべて文字起こし


<汚染水とオリンピック>
「一体どっちが優先順位が高い事柄なんだろうか?」9/7TBS報道特集(内容書き出し)


「まず取り除かなければいけないのは”風評被害”なんです」
9/6五輪開催地決定直前!猪瀬都知事に聞く報道ステーション(文字起こし)






関連記事

コメント

非公開コメント

No title

250km離れているから安全、なんていう竹田理事長のような考え方が通用するのは日本だけ、ということを思い知ったらいいんですよね!

No title

いつもありがとうございます。
こちらで正確に内容を知る事ができて、とても助かっています。

オリンピックに関しては、ほんとみっともないの一言です。
嘘ばっかりついて恥ずかしくないんでしょうか。

昨日、こんなのもありました。

「現にですね、事故以降食品や水について世界で最高水準の厳しい基準を採用し厳格な検査流通管理を行っております。
福島県におきましても年間被爆量1ミリシーベルトの100分の1以下でありまして我が国の水や食料の安全は完全に確保されていると、このように考えております。」

首相官邸 内閣官房長官記者会見 9月5日(木)
http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201309/05_p.html

それが福島のどこなのかおしえてほしいですね。
10マイクロシーベルトなら、私引越したいです。

福島県民です。

はじめまして。


私はこのニュースをテレビで見て
とてつもない憤りと悲しみで涙が止まらなくなりました。
私は原発から60kmも離れていないところに住んでいます。
オリンピックは東京による東京のためのものなのだと
痛感しました。