スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「出来るだけ早い段階で、柏崎刈羽原子力発電所の安全審査の申請をさせていただければ」東京電力相澤副社長生出演9/4みのもんたの朝ズバッ!(文字起こし)

2013年9月4日放送 TBS
みのもんたの朝ズバッ!


2013090911.jpg




みの:
相澤さんね、この放射能の汚染というのは
日本は唯一世界で長崎・広島を経験している被爆国でしてね、
放射能汚染の怖さというのは、もう1億数1千万人みんな分かっている訳ですよ。
マンガの世界にまで描かれているようないまですからね。
これで、そういう中で、
相澤さんならお分かりになると思うけど、
2年半経って、まだ、福島の原発には放射能の問題がある。
ビスが緩むの緩まないの、
いや、漏れてた漏れてない、
10人を90人に、100人に、
検査の記録をチェックをやろうって、
ちょっとお粗末じゃないですか?


相澤:
はい、申し訳ございません。
いま我々はここで、本当に、あのー、危機的な問題であって、
あの~、社長以下経営が前面に立って、
またその、汚染水対策本部というのも作りまして、社長を本部長としまして。
もう、ま、一言で言いますと、これまで、
これはあえて申し上げますが、
我々としても“火事場”のずっと連続だった。
で、だから“火事場”だから、とにかく急ぐしかないんだという面がありました。

これからは、やはり30年40年と廃炉の問題に取り組んでいきます。
“火事場”で、あの、「エイヤー!」じゃなくて、
本当に30年40年使えるような設備あるいは運用というものに切り替えていく、う、
これはもう最大の課題だと思っていまして、
そう言った意味で我々も経営を挙げて、えー、最大限のリソースをつぎ込んで
えー、もう、30年40年に対応する恒久的な対策を講じて、


みの:30年、40年後にどうなるんですか?

相澤:いや、もちろんその、廃炉が

みの:廃炉が

相澤:そ、そうですね、それから、それ以前にですね、もっと早い段階だと思いますが、
えー、ま、これも軽々には申し上げると、ま、あの、お叱りを受けますが、
あのー、ともかく、う、地元の方が、帰還していただけるように、我々としても最大限やるし、
もちろん、漁業関係のみなさんにも、
本当に、せっかく一歩踏み出そうとしているところにこういった問題があって、
その一歩を鈍らせるという事が今後ないように、徹底的な対策をしていきたいというように思っております。



みの:じゃあ、この後再稼働も含めてお話をしてみたいと思います


どうなる再稼働申請

みの:
まァ、今日は東京電力の相澤善吾副社長においでいただいているんですが、
確かに今の事態は何とか収束を測らないといけないし、
安全も確保しなければいけないというのはだれもが分かっている事なんですが、
実際問題として、東京電力の最高経営者の一人として、
今後、原発に関してはどういうお考えなんですか?


相澤:
これ、ま、原発、原子力発電所、原子力発電をどう使うかというのは、
エネルギー政策の重要なポイントでありまして、
ま、我々事業者、だけの、お――、意向というよりは、
国を挙げた、その・・、議論というのが必要だと思います。
そう言った意味で、今後は国のエネルギー政策がどんなふうになっていくのかという、
この一つの課題だと思います。

それからあとは、やはり原子力発電所っていうのは、
地元の方と一緒に、えー、その、リスク等も分かった上で、
えー、初めて、え、成り立っていくものだと思いますので、
地元のみなさん方のご意向というのが非常に重要な要素の一つだと思っております。


みの:
もちろん国の政策と連携するのは当たり前だと思うんですけれども、
東京電力さんの場合には、柏崎刈羽原発、
再稼働するのかしないのかという大きな問題を抱えておりますけど、
その方向性はどうなんですか?


相澤:
はい。
これにつきましては、まァあのー、
先程言いましたような地元のみなさんとの御了解というようなものも大前提になります。
そう言った意味で、えーーーー、皆様方のご理解を頂くとともに、
我々のその、たとえば柏崎刈羽でいいますと、安全性というのを、どこまで対策されているのか、
安全性は向上しているのか。
あるいは、あの、その、いざという時の、その、ま、対策というのも、
どう講じられているのか、こういったものをよくよく皆さんにご理解いただく、
あるいは、その、その前として、国の、おー、ま、審査を、おー、受けて、
国から、あの、その、安全性が、あ、十分であると、評価を頂く。
これが、大前提だ、という、ふうに、考えてございます。


みの:
あのー、こういう言い方は大変失礼な言い方になるのかもしれませんが、
やっぱり、経営という問題を抱えていますよね。
利益をあげなければいけないわけでしょ。
東京電力は企業として存続をどうやって図っていくんですか?


相澤:
はい、もともとあの、今年、いー、は、ま、
もともとは、何とか起動。再稼働させていただくという仮の姿で、
あの、経理、予算を組んでおります。
それがなかなか難しくなってきますと、
えー、非常に厳しい経営状態になるというのは間違いありません。
ただ、起動できないという事になれば、
我々もそれなりに、なんとか、え、ま、かなり、いー、合理化とか効率化とか図ってまいりましたが、
さらにもう一枚、えーー、一層の、おー、ま、
使用の合理化ですとか、競争発注ですとか、
あるいはさらに、修繕工事の繰り延べというものもやって、
何とか、耐え忍んでいくべきだというふうに考えております。


みの:もうひとつ、発電と送電の切り離しはどうお考えですか?


相澤:
これはま、あのーー、それぞれメリットデメリットがあります。
ま、今後の、この、皆さんの議論を踏まえて、我々としても最大限のメリットが出るような方向に向けて、
えー、いきたいというふうに考えております。


みの:
東京電力さんの、今までのね、果たしてきた事、社会的な役割というのは大変大きなものがあると思うんです。
貢献度も大変だったと思うんですが、
これから、
じゃあもう一回お伺いしますが、
たとえば東京電力株式会社とします。
毎日株価というのが付いていますね。
ああいう株価が付いている以上、利益追求というのはどうなさるんですか?


相澤:
はい、当然利益追求もしなくてはいけない、これは企業ですから。
でも、その・・・その目の前の利益というのもなんですが、
全体の大きな、その、大きな流れの利益という意味では、
原子力発電所の安全性の追求。
それからこの、福島第一原子力発電所の廃炉の、その、遂行というものも、
非常に重要な問題になってくると。
で、そういう事をやって、東京電力の原子力対策というものをご理解いただいたうえで、
あの、出来るだけ早い段階で、
柏崎刈羽原子力発電所の安全申請、安全審査の申請をさせていただければという事で、



みの:それは再稼働にむけてのですね。

相澤:ええ、もちろん。再稼働に向けてということでですね、
再稼働するしないに関わらず、そこに発電所がある限り安全の確認をさせていただきたいというふうにと。


CM



みの:
今日は東京電力の相澤善吾副社長においでいただいているわけですが、
最後に一言副社長の方からどうぞ全国になにか。

相澤:本当にあの、事故から

みの:20秒で。

相澤:はい。
2年半本当にみなさんにはご心配ご苦労をおかけして申し訳ございません。
重ねてお詫び申し上げます。
これから、今回の汚染水問題も含めまして漁業関係者の方にも一層またご心配をおかけして、
皆様の復興にかけての一歩が鈍らないように、最大限努力してまいりたいと思います。
よろしくお願いいたします。




ーーー


そうか・・・
最後まで書きだしてこの番組の目的が分かりました。
「柏崎刈羽の安全審査を東京電力は受けたい」んだと、
その一言を言わせるための番組だったんだと、そう思いました。

その事を言わせてあげるために30分以上も使って放送したんだ。
ま、そうでもなきゃ、相澤副社長がテレビの生放送に出るはずもないですよね。

「安全審査を受けたい」と相澤副社長が言っている時、
みのもんたはじめ出演者はみんな「うんうん」と頷き、
そしてあの、野村さんまでもが頷いていたのには愕然としました。

文字起こししながらも、番組内でたびたび違和感を感じていたのですが、
最後にその理由が分かりました。


あやうく騙されるところでした。



あー、疲れた




2013年9月4日放送 TBSみのもんたの朝ズバッ! 文字起こしブログ

どうする?汚染水漏れ「いま漏れているものはありません」
東京電力相澤副社長生出演9/4みのもんたの朝ズバッ!(文字起こし)


470億円国費投入。でも最終的にはやっぱり海へ流すんですよね?
「タンクの汚染水はえー、セシウムしか取り除いてございません。ストロンチウム等多核種62種類」
東京電力相澤副社長生出演9/4みのもんたの朝ズバッ!(文字起こし)


「出来るだけ早い段階で、柏崎刈羽原子力発電所の安全審査の申請をさせていただければ」
東京電力相澤副社長生出演9/4みのもんたの朝ズバッ!(文字起こし)






4時間浴び続けると確実に死亡する180万マイクロシーベルト・追記「2200ミリシーベルト」

韓国の水産物店
「最近、放射能のせいで売り上げが悪いわ。見向きもしない。日本産だと思っているから」
・追記「韓国8県の水産物 全面禁輸」


<疑問!次男の逮捕>
「 見え見えじゃない安倍さんも。オリンピックがなかったら、470億出さないのかい?」
みのもんた9/7ラジオ文字起こし

次男逮捕直前9月7日TBSラジオみのもんた発言文字起こし
日刊ゲンダイ深まる謎…みのもんた次男は本当に盗みをはたらいたのか 2013年9月14日 掲載 





関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。