スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<ヒドイ!放出後の排水宣言>東京電力 「汚染水貯留タンクの雨水溢水を避けるために当該堰内に溜まった雨水を緊急措置として堰ドレン弁より排水いたします!」追記あり

2013年9月16日14:00頃東京電力のホームページに新しい「報道関係各位一斉メール」がUPされた。
内容は東京電力の排水宣言!
「台風の接近に伴う降雨により、汚染水貯留タンクエリアに多量の雨水が溜まり溢水を避けるために
当該堰内に溜まった雨水を緊急措置として、堰ドレン弁より排水いたします!」

さらりとこんな内容の「報道関係各位一斉メール 2013年」を勝手に流して、
「いつでも放流しますよ。溢れそうになったら海へ排出しますよ」
っていう宣言をしたんだとだと思っていたら、

この時には、もうすでに海へ放流した後だった事が分かった。


東電 大雨でタンク周辺の雨水を放出
NHK 9月16日 14時52分

台風18号の接近に伴い、東京電力福島第一原子力発電所では、
大雨の影響で一部のタンク周辺の囲いにたまった雨水について、
放射性物質の濃度が海への排出基準を十分に下回っているとして、
排水溝を通して海に放出する措置をとりました。

台風18号の接近に伴って、福島第一原発では雨や風が強まり、
4号機の山側に設置された2か所のタンクの囲いでは、中の水の量が急速に増え、
周囲にあふれ出るおそれが出てきました。

東京電力が2か所の水について、ベータ線という種類の放射線を出す放射性物質の濃度を調べたところ、
1リットル当たり2ベクレルと8ベクレルで、このうちストロンチウムは半分程度とみられ、
海への排出基準の30ベクレルを十分下回っているとしています。

このため、東京電力はタンク自体からの汚染水漏れはなく、雨水だけがたまっていると判断し、
16日午後0時40分すぎに、囲いの中にたまった水を排水溝を通して海に放出する措置をとりました。

このほかのエリアのタンク周辺の水があふれるおそれが出た場合、
放射性物質の濃度が基準に比べて低く、雨水と判断できるものについては、海に排水するということです。

また、300トン余りの汚染水が漏れた4号機山側に設置された別のタンクの囲いの中にたまった水は、
ベータ線を出す放射性物質が、1リットル当たり17万ベクレルと極めて高い値で検出されたことから、
この水を近くのタンクに移すとともに、ほかのエリアのタンク周辺のたまり水についても、
濃度が高い場合はタンクに移すことにしています。

一方、台風の接近に伴い、東京電力は16日予定していた汚染水対策の工事など
屋外での作業の一部を中止しました。


ーーー

んー、
海へ流しちゃってから「報道関係各位一斉メール」をホームページにUPしていたのです。
溢れそうになったら、これから流すよ」っていう内容かと思ってましたが、
「当該堰内に溜まった雨水を堰ドレン弁にて、堰外に排水します」というのは、
すでに排水したという事だったのです。

それならば、「排水しました」というのが正しい日本語ではないでしょうか?

0時40分過ぎに放出した」とNHKは言っています。
NHKの言っている事が事実だとするならば、
ネット上に「東京電力の排水宣言」はこの時間にはまだUPされていなかったと思うので、

なぜそう言えるのかといえば、今日は東電の記事を書いていて
<9月15日の福島第一原発> 
3号機から湯気確認後、汚染水タンク周辺の囲いの中の水があふれ、土のうも流出…追記あり

↑この記事の追記が書き終わったのが0:42 (直後にツイートしたので)
その直前まで東電のサイトを見ていましたが、その時には追加記事はありませんでした。
台風が福島へ接近していくので、もう一度チェックしてみようと東電のサイトを見たのが午後2時前頃。
その時に見つけて、これは「排水宣言」だと思って、すぐにツイートした。
でも、すでにこの時にはもう、流してしまった後だったんですね。ヒドイ・・

すごく勝手だと思います。
台風のどさくさにまぎれて、本当に雨水だけならいいのですが、
こういうやり方をされると、信じていいものかどうか・・・疑問に思えます。




東京電力は勝手ににいろいろと資料などをホームページにUPしていますが、
その全てが日付だけで公開した時間が入っていません
これについてはずーっと前から「おかしいのではないか」思っていました。
情報を公開した時間もきちんと記入すべきだと私は思っています。


ーーー



東電の報道関係各位一斉メール 2013年↓
福島第一原子力発電所における台風接近に伴う降雨の影響について(続報2)

平成25年9月16日
東京電力株式会社

福島第一原子力発電所における台風接近に伴う降雨の影響の続報についてお知らせいたします。

台風の接近に伴う降雨により、汚染水貯留タンクCエリア(東)およびCエリア(西)堰内には
多量の雨水が溜まり、急激に水位が上昇してきていることから、このままでは溢水する可能性があります。

当該エリアの堰内溜まり水の放射能濃度(全ベータ)が以下の通り、
ストロンチウム90の告示濃度限度(30Bq/L)より低い値となっており、
堰内の溜まり水は雨水であることから、準備が整い次第、緊急措置として、
当該堰内に溜まった雨水を堰ドレン弁にて、堰外に排水します。
 ・Cエリア(東):2 Bq/L
 ・Cエリア(西):8 Bq/L
 
なお、台風の接近に伴う降雨により、他の汚染水貯留タンクエリア堰内に多量の雨水が溜まった際に、
堰内溜まり水の放射能濃度(全ベータ)がストロンチウム90の告示濃度限度(30Bq/L)より低い値であり、
雨水と判断できるエリアについては、溢水を避けるために当該堰内に溜まった雨水を緊急措置として、
堰ドレン弁より同様に排水いたします。

以 上



全体の地図じゃないので度の変化あんまりよく分かんないですが、場所はこの部分。
2013091611.jpg



測定せずに排水

セシウム濃度測らず排水=タンクエリアの滞留水―福島第1「緊急措置」・東電
時事通信 9月16日(月)15時39分配信

東京電力福島第1原発で高濃度の放射能汚染水が保管されている一部のタンクエリア内で、
放射性物質を外部に出さないために設置したせきの水位が大雨によって上昇し、あふれる恐れがあるとして、
東電は16日、排水を行ったと発表した。
東電はセシウム濃度を測らず排水しており、汚染水への懸念が高まる中、批判を招く可能性もある。
 
東電は今回の対応について、急激な水位上昇を受けた「緊急措置」と説明しているが、
台風18号による大雨は事前に予想されていた。
 
東電によると、今回排水したのは300トンの汚染水が漏れたエリアの南側で、
これまで高い線量は確認されていない。
エリア内にたまっていた水を調べたところ、
ストロンチウムなどのベータ線を出す放射性物質濃度は1リットル当たり8ベクレルだったという。
 
東電はこの結果を基に、エリア内での汚染水漏れはないと判断。
ガンマ線を出すセシウムの濃度も十分低いと予想できるとして、測定せずに排水した。 




ー追記ー海へ放出1130トン!!


福島原発、排出水量1130トン
台風18号でタンクせきから

福島民報 2013/09/17 11:35
 
東京電力は17日、台風18号による大雨の影響で、
福島第1原発の地上タンク群に設けた漏水防止用のせきから
16日に排出した水の総量は約1130トンだったと発表した。

東電は16日、雨水がせきからあふれる恐れがあるとして、
たまった水の放射性物質濃度が法定基準を下回る7カ所で、せきの弁を開けるなどして排水した。

排出した水の放射性物質濃度は、ストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質で
1リットル当たり最大24ベクレルだった。ストロンチウム90の法定基準は30ベクレル。





ーーー


この時とばかりに、随分大量に海へ流しちゃったこと><;
東電が言っている量はかなり控えめで、実際はこの何倍か流しているんだろうな・・・と想像する。

放射性物質の濃度だって、どこまでちゃんと測っているのか疑問。
ストロンチウムって、そんなに簡単に答えが出るんだっけ?





関連記事

コメント

非公開コメント

世界のお荷物?盗電は無計画でツギハギだらけ?

Masa Okumura ‏@mokumura
2009年まで米国原子力規制局の議長を務めた Dale Klein氏は今、東電のアドバイザーと日本の原子力改革モニターの議長を務め、頻繁に東電を厳しく批判している彼は、今週日本を訪れて、東電には福一事故の処理はこれ以上任すことは出来ないと、東電から福一を切り離して、
世界の原子力の専門家からなる別会社を福一の事故処理と廃炉を行うのを提案する。東電は反対するだろうが、これしか方法はないと彼は言う。

http://abcnews.go.com/International/japans-nuclear-migraine-ending-disaster-fukushima/story?id=20226885

ハイエナにも狙われているかも?・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。