スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2<汚染水漏れ~遮水壁>「凍土壁をつくるって言っていますが、もう絶対に失敗します」広瀬隆講演会.9/16福井市(内容書き出し)

広瀬隆講演会「福島汚染地帯を踏破して」(2013.9.16/福井市)

40:45 http://youtu.be/kMzBBttE0hc?t=40m45s
福島第一というのは1,2,3,4号機全部違うんですけれど、大雑把に言いますと配管は折れています。
みんなあちこちの配管が。

広瀬福井11

それから、原子炉はもちろん圧力容器の底が抜けてメルトダウンして、
この格納容器の底も突き破って、コンクリートの中にめり込んでいます、一番恐ろしい燃料がね。
「そこに水が回っている、回っている」って言っていますが、そんな状態じゃないんで、
実際には、こういうふうにジャージャージャージャー底が抜けて、それで地下に入っています。
地震がありましたから、この建物自体が全部亀裂だらけなんです。
地盤も亀裂だらけです。

広瀬福井12

私は福島第一原発の中に入った人の見てはいけない映像を全部持っています、ビデオを。
だから分かっています。
中はもう亀裂だらけです。

そういう状態ですから、放射能は新聞に出ているように海にだけ流れているんじゃない。
もちろん海側に、ジャージャージャージャー毎日2年半流れています。
5月からこれは騒ぎだしただけで、それは何で騒ぎだしたかというと、
海側にちょっと井戸を掘って初めて測ってみただけなんです。

もうずーーっと2年半流れっぱなしです。
これからも、ずーーーっと流れます。


これは打つ手がないです。
それからこの地下水はですね、東京まで向かっています。
この地下水は、いわきの方に向かうでしょ、
福島の第一原発の地下水というのはいわきの方に南下していますから、
これは事故が起こる前から測定していた地下水の専門家がちゃんと地図を出しています。


これが事故が起こってから出たデータなら我々は信用しないんですが、
事故が起こる前からの測定データがありますから、

それから上はもちろん爆発して抜けていますから、
モウモウと空へ放射能が出ている、こういう状態です。

遮水壁
で、新聞読んでいると、壁で覆えっていう事をみんな言っていますね。
これをちょっと検証してみますが、そんなことはできません。
私が福島第一原発の所長でもできません。

この、むこう側のね、陸側のところに壁を建てたら、
無駄な地下水が入ってくるのを防ぐ事ができる可能性は多少あります。
だけどそういう問題じゃない。
この中の水が漏れているわけですから、
じゃあ、こっち側(海側)に作ればいいじゃないかっていう人がいますけれども、
そんなのはもう子供だましの話で、
「海側を止めればいい」そんなことできると思います?

考えたってわかるでしょ?
ここに、岩盤があるところにまで壁を建てればいいじゃんって、バカなこと言っている人がいっぱいいます。
反対側でも行っています。
そんなことしたって駄目です。

じゃあ、底までやってきちっと壁をつくればいいじゃないか。
こうしたら漏れないでしょ?
風呂おけみたいになるでしょ?

風呂おけみたいになったらどうなるかわかるでしょ?
水は溜まっていく訳ですよ。

広瀬福井13

これは大変なことになる、建物全部ひっくり返っちゃいますよ。
浮力を受けて。
だからそんなことはできないんです。


凍土壁

今、凍土壁をつくるって言っていますが、
凍土壁っていうのはドイツでかつて高レベルの廃棄物を埋める時に
ゴアレベルでやった事があって失敗しています。
もう絶対に失敗します。
土を凍らせてやればいいって、
それは短期間でそういう事をやろうとした事があるんです、世界で一回だけ、ドイツで。
それも失敗しました。
バーンッ!といきます、ある時。
だから、それもできません。

実際に私が必死で考えましても、私も一応技術者でしたから考えましたけれど、
結局今、方法は無いです。
悲しいかなですね。


この燃料を鉛で固めるという事は、立命館大学の先生が一人提案しています。
その方法なら可能性は無きにしも非ずで、それをやってみるべきだとおもいますが、
できるかどうかは本当はわかりません。

第2部「水冷やめて空冷に」9/11そもそも総研(内容書き出し)
立命館大学の山田廣成特任教授




さて、この図はなにか?と言うと、福島第一原発の敷地を上からみた地図で、
1,2,3,4号機と書いてありますね。
で、上が太平洋です。
向こう側が太平洋で、だから汚染水が今ここからどんどんどんどん流れているわけ。
どう流れているかは分からないけれど、太平洋にどんどんどんどん流れている。
ここに数値が出ています。これは東京電力が発表しているマップなんです。

広瀬福井14 広瀬福井28

                                  ( ↑クリックすると東電の表が開きます)


これは先月8月2日一カ月前の、だから今の数値なんです。
私たちが入った時とほぼ同じ時です。
これを見ると地表面8.5と書いてあります
この単位は我々が測った単位の1000倍でミリシーベルトで測っていますから、
8.5ミリシーベルトという事は8500マイクロシーベルトです。
我々が320で飛び上がったのに、ここは8500です。
ここに作業者が毎日3000人入っているんです。
作業者の人達が、ま、ここに1ヶ月いればもちろん死んでしまいます。
1ヶ月いるだけで死んじゃいます。そういうのが今福島第一原発の現状で、



つづくーー



関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。