スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島第一原子力発電所のタンクエリア堰内からの溢水。11箇所→12箇所~待ってました♡大雨~「排水しています♪」

せきの水11カ所あふれる
=つなぎ目で漏れも―過去に放射能基準超・福島第1

時事通信 10月20日(日)18時23分配信

東京電力は20日、福島第1原発で放射能汚染水を貯蔵する11のタンク群で、
せき内の水が降雨で増加し、あふれ出たと発表した。
せきの水が一度にあふれた箇所数としてはこれまでで最多
うち少なくとも8カ所では、
東電が定めたせきの水の暫定排出基準値を上回る放射性物質濃度が、過去に測定されたことがある。
 
別の一つのタンク群では、せきのコンクリートのつなぎ目から水が漏れていることも判明。
ここでも暫定基準を超える値が検出されたことがある。
 
東電は、あふれたタンク群のうちの四つを含む五つのタンク群で暫定基準値を下回ったとして、
せきの排水弁から排水を始めた
また、別の二つのタンク群で、地下貯水槽に水を移送した。
地下貯水槽は4月に一部で汚染水漏えいが判明し、使用を中止したが、
台風26号による大雨の際にも緊急に同様の措置を取った。
 
東電によると、流出した水の総量は不明
今回あふれた場所で、過去に測定した際に最も濃度が高かった所では、
ストロンチウムなどのベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり2万9000ベクレル検出されていた。
暫定基準値は、ベータ線を出す放射性物質の半分程度を占めるとみられるストロンチウム90が
1リットル当たり10ベクレル未満
 
タンク群を囲むせき内には、過去にタンクから漏れ出したとみられる汚染水や
同原発の空気中に含まれる放射性物質などが落下して付着しており、
たまった雨水に一定程度含まれることになる。
東電は、水があふれないようタンクなどに早めに移送することにしているが、間に合わなかったとみられる。 




福島第一原子力発電所タンクエリア堰内からの溢水について(続報3)
東京電力株式会社 平成25年10月20日

本日(平成25年10月20日)発生しました、
東北地方における大雨による、福島第一原子力発電所のタンクエリア堰内からの溢水についての続報です。

以下のタンクエリアにおいて、新たに溢水が確認されております。
これまでに確認された溢水箇所については計12箇所となっております。

 ・H3タンクエリア  (午後8時45分確認)

また、緊急時の措置として、以下のタンクエリアにおいて、
堰内の四隅の水を採取して分析した結果が排出基準を満たしていることを確認した後、
ドレン弁を開操作し、堰内の水を堰外へ排水しています。

 各タンクエリアの堰内の水の分析結果は以下のとおりです。
 ・H8北タンクエリア(午後8時50分ドレン弁開)
  セシウム134:検出限界値未満(検出限界値:12[Bq/L])
  セシウム137:検出限界値未満(検出限界値:17[Bq/L])
  ストロンチウム90 :0.35[Bq/L]
 ・H8南タンクエリア(午後8時58分ドレン弁開)
  セシウム134:検出限界値未満(検出限界値:8[Bq/L])
  セシウム137:検出限界値未満(検出限界値:12[Bq/L])
  ストロンチウム90 :2.3[Bq/L]

 ※排出基準:
 ・セシウム134:15 Bq/L未満
 ・セシウム137:25 Bq/L未満
 ・その他のガンマ核種が検出されていないこと(天然核種を除く)
 ・ストロンチウム90:10 Bq/L未満(簡易測定法により計測)
 ・タンク内の水質等を参考に、他の核種も含めて告示濃度基準を満たすこと
以 上





福島第一原子力発電所タンクエリア堰内からの溢水について(続報4)
東京電力株式会社 平成25年10月20日

本日(平成25年10月20日)発生しました、東北地方における大雨による、
福島第一原子力発電所のタンクエリア堰内からの溢水についての続報です。

緊急時の措置として、以下のタンクエリアにおいて、
堰内の四隅の水を採取して分析した結果が排出基準を満たしていることを確認した後、
ドレン弁を開操作し、堰内の水を堰外へ排水しています。

 各タンクエリアの堰内の水の分析結果は以下のとおりです。
 ・Eタンクエリア(午後9時14分ドレン弁開)
  セシウム134:検出限界値未満(検出限界値:8[Bq/L])
  セシウム137:検出限界値未満(検出限界値:10[Bq/L])
  ストロンチウム90 :2.7[Bq/L]

 ※排出基準:
 ・セシウム134:15 Bq/L未満
 ・セシウム137:25 Bq/L未満
 ・その他のガンマ核種が検出されていないこと(天然核種を除く)
 ・ストロンチウム90:10 Bq/L未満(簡易測定法により計測)
 ・タンク内の水質等を参考に、他の核種も含めて告示濃度基準を満たすこと

以 上




福島第一原子力発電所タンクエリア堰内からの溢水について(続報)
東京電力株式会社 平成25年10月20日

本日(平成25年10月20日)発生しました、
東北地方における大雨による、福島第一原子力発電所のタンクエリア堰内からの溢水についての続報です。

先日の台風26号の影響により各堰内に水が溜まったため、
台風明け以降、水の移送作業を開始し、明日から台風27号に備えポンプの大幅増強等を予定しておりました。

台風26号前は堰内に水が少ない状態でしたが、
今回は、堰内の水位が30cmの堰の高さに対して、20cmを超えているエリアがあったため、
本日(10月20日)も作業を継続しておりましたが、
本日午後2時頃から当初の予想(30mm~40mm/日)を上回る降雨(最大約30mm/時)により、
現状の移送能力(1日数cmの堰内水位の低下)を上回り堰からの溢水となりました。
 溢水は、作業中や水位を確認に行った当社社員が確認しております。
 ※10月20日午後5時時点の積算降雨量:約90mm
      午後6時時点の積算降雨量:約102mm

なお、エリア内のタンク天板への降雨は堰内で受けることから、
溜まり水の水位は、実際の降雨量に比し約2.5倍に増加すると推定しています。
現在、堰内の水については、堰の4箇所から水を採取し分析をしております。
各タンクエリアにおいては、4000tノッチタンク群への移送、堰間移送、
自タンクへの汲み上げ等の対応をしております。
また、H5、H6タンクエリアについては、地下貯水槽No.7への移送を実施しております。

また、以下のタンクエリアにおいて、新たに溢水が確認されております。
現在、ノッチタンク群への移送を実施中です。
 <新たに溢水を確認したタンクエリア>
 ・H4タンクエリア (午後5時32分確認)→4000tノッチタンク群へ移送
 ・H4東タンクエリア(午後5時38分確認)→4000tノッチタンク群へ移送

あわせて、以下の箇所において、堰の繋ぎ目から堰内に溜まった雨水が漏えいしていることを確認しています。
(溢水と同等)
 ・H1東タンクエリア(午後5時50分確認)
以 上





福島第一原子力発電所タンクエリア堰内からの溢水について
東京電力株式会社 平成25年10月20日

本日(平成25年10月20日)、東北地方における大雨により、
福島第一原子力発電所の汚染水貯留タンクの堰内に雨水が溜まったため、
5箇所のタンクエリアの堰から雨水が溢水していたことを確認しました。

 <溢水を確認したタンクエリア>
 ・H2南タンクエリア(午後4時20分確認)
 ・H2北タンクエリア(午後4時20分確認)
 ・G3東タンクエリア(午後4時30分確認)
 ・G6南タンクエリア(午後4時35分確認)
 ・G6北タンクエリア(午後4時35分確認)

 ※福島第一原子力発電所構内タンクエリア図につきましては、平成25年10月18日
  に公表した資料の2ページをご確認ください。
  http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2013/images/handouts_131018_09-j.pdf

2013102031.jpg






今日は日曜日だし、テレビでも騒がれないしってなこと?
いい気になって、どんどん勝手に流します、排出します!
いい加減にしろ!(╬◣д◢)




関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。