<今更公表・損傷核燃料3体>25年前使用済み燃料棒が「く」の字になって4号機燃料プール内にー東京電力はやっぱり信じられないー

震災前に取り扱いミス 4号機プールに損傷核燃料3体

東京電力は12日、福島第1原発4号機の使用済み核燃料プールから
燃料集合体1533体の取り出しを近く始めるのを前に、
震災前に折れ曲がるなどした損傷燃料が3体あることを明らかにした。

県と原発周辺市町村、有識者でつくる県廃炉安全監視協議会の現地視察で示した。
損傷燃料の取り出しは最後に回し、取り出し方法を今後検討する。
 
東電によると、損傷した燃料の1体は「く」の字に折れ曲がっている状態。
25年ほど前に燃料を取り扱う際に失敗し曲がった。
ほかの2体は
10年ほど前に破損が分かり、異物などの混入で外側に小さな穴が開いた状態という。
 
燃料損傷について当時公表したかどうかは東電が調査中。
ただ、震災前にも燃料の取り扱いで作業ミスがあったことが分かったことで、
作業ミスの防止、監視強化があらためて課題として浮上した形だ。
 
燃料は燃料輸送容器に入れて約100メートル離れた共用プールに移すが、
損傷燃料は燃料輸送容器に入れられず、移送法を検討する。
(2013年11月13日 福島民友ニュース)





大丈夫?4号機からの使用済み燃料取り出し間近!


関連記事

コメント

非公開コメント