「公務員が国民に対して情報を隠したら罰する」という法律をまずつくらなきゃ 11/20高野孟さん(文字起こし)

2013年11月20日 
秘密保護法案反対 メディア関係者らによる総決起集会





文字起こし部分のYoutube→http://youtu.be/ZEaNSrn8A-s?t=36m06s
2013112131.jpg

高野孟さん 『インサイダー』編集長

本当にこれはジャーナリストのみならずですね、
安倍政権のもとでますます国権主義の方向に転がり込んで行く今の状況に対して、
民権というものを掲げる守り抜く戦いだと。
最近「民権」という事をはっきりと口にされたのは皇后陛下だと思うんですけれど、
民権を守り抜くための戦いだという意味で全国民的な問題だというふうに思います。

政府と国民という関係でいうと、情報公開という事がまぎれもなく本来の世の中の流れであって
またそれに付随するものとして、公文書管理の部分であるとか、
そういう事を今、全く日本は不備になっているのがどうやってつくって行くのか、
という事が中心課題にあるので、
むしろ、菅さんが、
菅直人さんが厚生大臣になって「無い」と言われていたエイズの資料が出てきたという事が象徴するように、
ま、こういう事例はいくらでもありますけれども、

「公務員が国民に対して情報を隠したら罰する」という法律をまずつくらなきゃいけないんじゃないか
という事がまずひとつ。

それからもうひとつは、安倍の、これの推進するのがアメリカの指図だという事ですね。
これに二重のゆがみがあると思います。

すでに07年に包括的軍事情報保護協定というものを政府は結んでいて、
その中に今回の秘密保護法案に出てくる要件が全部書きこまれています。
「アメリカのために国民に対して情報を隠す」という法律がこれだと思います。

これ、やはり思いだすのは「イラクに大量兵器がある」というアメリカの情報を
全世界でコロリと信じたのは小泉純一郎とイギリスのブレアだったという、
恥ずべき歴史だと思いますね。
そしてその当時のマスコミもきちんと批判が出来なかった。

そういう事が日常化するっていう事が、
この同盟国と情報を共有するために国民に対して情報を隠すというのがこの法案の本質だというふうに思います。

なんとかしてこれを食い止めていきたいというふうに思います。
ありがとうございました。

皇后陛下お誕生日に際し(平成25年)
宮内記者会の質問に対する文書ご回答より一部抜粋

5月の憲法記念日をはさみ,今年は憲法をめぐり,
例年に増して盛んな論議が取り交わされていたように感じます。
主に新聞紙上でこうした論議に触れながら,
かつて,あきる野市の五日市を訪れた時,郷土館で見せて頂いた
「五日市憲法草案」のことをしきりに思い出しておりました。

明治憲法の公布(明治22年)に先立ち,
地域の小学校の教員,地主や農民が,寄り合い,討議を重ねて書き上げた民間の憲法草案で,
基本的人権の尊重や教育の自由の保障及び教育を受ける義務,
法の下の平等,更に言論の自由,信教の自由など,
204条が書かれており,
地方自治権等についても記されています。

当時これに類する民間の憲法草案が,日本各地の少なくとも40数か所で作られていたと聞きましたが,
近代日本の黎明期に生きた人々の,政治参加への強い意欲や,
自国の未来にかけた熱い願いに触れ,深い感銘を覚えたことでした。
長い鎖国を経た19世紀末の日本で,市井の人々の間に既に育っていた民権意識を記録するものとして,
世界でも珍しい文化遺産ではないかと思います。









関連記事

コメント

非公開コメント

マスコミの「エゴ」

マスコミは、自分たちの仕事に影響するから必死ですが、
こんなデタラメな政府にしたのは、マスメディアの監視する役割を放棄した
自分達「マスゴミ」のせいでしょう。

マスゴミは、自分達の利益優先で、スポンサーや政府のための報道を行ない、
「強きを助け弱きをくじく」姿勢が招いた結果で、何を今更という感じです。

この法案成立により、マスゴミの存在価値がいよいよ無くなる。
そして我々庶民は、最貧国アメリカの奴隷と化す。

満天の星空プロジェクト(特定秘密保護法案に反対する草の根運動)

福島県のフクシマン・マサと申します。
http://ameblo.jp/masa219koro/(ブログ:フクシマンの福島リポート)

庶民の草の根の運動として、こんな声の上げ方はどうかなと思いました。

「イイネ!」と思ってくださる方がいらっしゃれば、以下の部分を、拡散お願いします。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


満天の星空プロジェクト(特定秘密保護法案に反対する草の根運動)



夢のような話ですが、特定秘密保護法案に反対の方。12月1日夜9時から、5分間だけ家の灯りを消してみませんか。

もし、人工衛星から見た日本が「5分間」だけ真っ暗になれば、「反対」の声を、国に、届けることができるかもしれません。

「5分間」だけ満天の星空を夜空に広げ、「NO!特定秘密保護法案」の庶民の声を、国に、世界に、届けましょう♪