スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<速報・第一声>細川護熙 「原発が大きな事故を起こしたら日本は壊滅的な打撃を受け、世界中にその影響が及ぶことは必至であります」 街頭演説 1/23(文字起こし)

細川護熙 街頭演説第一声 都庁前1/23



2014012311.jpg


いよいよ今日から、これからの国の行方、あるいは東京の行方、
あるいは私たちの生き方にもかかわる大事な選択の機会がやってまいりました。
わたくしは沢山の事を訴えたいんですが、絞って言いますと、
ひとつはちょっと抽象的になりますが、「価値観の問題」とでも言ってもいいのかもと思っています。
ふたつめは「平和にかかわる問題」。
これもちょっと抽象的な言い方かもしれません。オリンピックとかいろいろな事があると思いますが。
それからみっつめは「原発の問題」。
主にこの3点について私はこの都知事選で都民の皆さんに訴えをしていきたいと思っています。

「価値観の問題」
最初の「価値観の問題」というのは、
私は政治の世界を引いてから15年余り、
田舎に引っ込んで、焼き物したり絵を描いたり、庭いじりをしたりして過ごしてまいりました。
しかし何か、国が進めている様々な政策というものを、時々新聞を見て、テレビを見たりして感じておりましたのは、
「どうも少し、私の考え方とずれているのではないか」
たとえば、日本の人口は今1億3000万人ですが、あと50年すると9000万人になる。
100年経ったら4000万人になる。
4000万人と言えば、江戸時代の人口です。
江戸時代の人口とほぼ近い、そういうことになると、
これは今までのような大量生産・大量消費、そういう経済成長至上主義というもので
果たして日本という国はやっていけるのかどうか?と。
私は難しいと思います。

これからは原発をあちこちの国に売り込んだりするような、そういう欲張りな資本主義ではなくて、
もう少し、自然エネルギーとか、脱成長とか、
そうした心豊かな生き方というもので満足できるような、
そうした国作りというものを進めていかなければならないのではないかと。
それが「価値観の転換」と申し上げた一つの大きなテーマです。


心豊かな幸せの成熟社会へのパラダイムの転換をしていかなければならないんじゃないか。
私はそう思っております。

2014012312.jpg

特に私が心配しているのは、今度の知事選挙の立候補のきっかけにもなったんですが、
「成長のためには原発が不可欠だ」と言って、原発を再稼働させようとしている国の姿勢。
この事に私は強い危機感を持って、
その事が今日ここにも来てもらっている小泉さんにも強く背中を押されて、立候補するきっかけとなりました。
それが一つ私が申し上げる「価値観の問題」です。

「平和にかかわる問題」
もうひとつは、これも多少抽象的な話ですが、
大くくりに申し上げて「平和」といってもいいと思うんですが、
今度の選挙のテーマはもちろん原発だけではありません。
都政に関わる様々な問題。
いつ来るか分からない直下型地震に備えての基盤の整備とか、
あるいは高齢者や待機児童の問題。
さまざまな問題に、できる限り急いで、メリハリをつけて対応していかなければならない。
それも当然のことであります。

外国との様々な問題、オリンピックはまさに平和の祭典でありますから、
都としても善隣的な近隣諸国との付き合いについては、
何時も知事は念頭に置いておかなければならない事だと思います。

オリンピックは、しかしかつての五輪のように東京五輪のように、
大きな投資をして、大きな建物をつくってという訳にはいきませんから、
出来るだけコンパクトな、しかしソフトな面で
おもてなしの心というものを十分に感じていただけるような、そういうオリンピックにしていかなければならないし、
また、東京だけが良い思いをするのではなくて、
東北の人達にも是非一緒になってオリンピックの嘉日というものを分かち合えるような、
そういうオリンピックにしていかなければならないと思います。


「原発の問題」
もうひとつ最後の問題は「原発の問題」です。
私は「国の存亡にかかわる大きな事故が何時起きるか」と、本当にこれは不安で仕方がない。
福島の事故がありましたけれども、
東京の周辺100km、200km位のところには、
浜岡とか、あるいは東海第二とか、いくつかの大きな原発が立地しております。
もしそういう原発が大きな事故を起こしたら、これは、日本は壊滅的な打撃を受ける。
日本だけではない、世界中にその影響が及ぶことは必至であります。


ですから一刻も早く原発再稼働というものを止めて、
世界の先進国がやっているように、自然エネルギー、あるいは再生エネルギーなどを活用した、
分散型のエネルギー社会というものをつくっていかなければ日本は成り立っていけない。
そういう方向に早く踏み出していくべきだと思います。


オリンピックや消費税やいろいろな問題があるんですけれども、
もちろんそういう問題も、原発の事故が起きたとしたら、起きたら、
そんな問題はもういっぺんに吹き飛んでしまう。

知事の最大の任務は、第一の任務は都民の生命と財産を守る事です。

「原発は都政のテーマではない」と言う人たちもいますけれども、
都民の生命と財産を守るという事は、これはもっとも重要なテーマでありますから、
それが今度の選挙のテーマではないという事は、私は全くおかしな話だと思います。

この間の福島の事故の後も、水道が止まったり停電になったり、都内の一部では大きな問題が起こりました。
迷惑をされた方が沢山ありました。
その原発依存型のエネルギー多消費型社会というものを
先程も申しあげたように180度方向転換して、新しい時代に対応していくものにしなければならないと思います。

3・11が起こるまで、私も「原発は安全でクリーンだ」という事を信じてまいりましたが、
しかし、この事故によってそれが如何に欺瞞であるという事が明らかになりました。

「原発がなければ日本の経済は成り立たない」と言う人がおりますが、
2年間原発が止まっていても日本の経済は順調にまわっております。

勿論石炭火力などの燃料台というものが沢山かかる事はわかりますが、
しかし、原発には実は天文学的なコストがかかっている。
事故があった時のコスト、あるいは廃炉にする時のコスト。
いろいろな点で天文学的なコストがかかっている。
それが見えない形で国民の負担にされて、「原発のコストは安い」という誤魔化しがまかり通ってきました。

原発の安全性の問題や核のゴミの問題を考えたら、原発とは早くここで区切りをつけて
欧米の先進国がやっているように自然エネルギーなどに変えていく方が、よほど生産的だし、
新しい雇用や技術を生み出していくきっかけになると思います。

今ここで原発ゼロという方向を明確に打ち出して再稼働(阻止)に向けてスタートを切っていく
自然エネルギー大国日本というものを打ち出してくことが何よりも大事なテーマだと思っている訳です。

もちろん東京都は東電の大株主でもありますから、
東電に対していろいろ注文を付けていかなければならない。
その東京で原発ゼロを目指す事は、先ほども申しあげたように今度の選挙で都民の皆さんに問うべき、
それこそ重要なテーマだという事を重ねて申し上げたいと思います。

これが、小泉さんからも話がありましたが、
原発を無くして再生エネルギーで活力のある日本をつくっていくか?
それとも今までの、コストの高いリスクのある原発というものにしがみついて、日本という国の衰退にかけるか?
「そのどちらを選ぶか?」という、今回は大事な選挙であります。


私は原発を止めて、自然エネルギー・再生エネルギーなどで日本の未来に賭けていく、
そういう方々の先頭に立って、日本の新しい国作りに邁進していきたい。
そういうふうに思っておりますので、
どうぞ都民の皆さんの少しでも多いお力添えをいただけたらありがたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします、ありがとうございます。

それでは、小泉(元)総理にバトンタッチいたします。
ありがとうございます。

2014012313.jpg



ーー小泉純一郎さん、応援演説に続く


1月28日 日本外国特派員協会
細川もりひろ
「金町の浄水場あたりもセシウムがいまだに残っていてその汚泥を取り除く必要が早急に迫られている」
1/28(会見文字起こし)





2014年1月22日 決意表明
細川護煕元首相決意表明「私はこの歴史的戦いに全てを賭けて闘おうと腹を決めました」 
東京都知事選1/22(文字起こし)


2014年1月23日
<速報・第一声>細川護熙
「原発が大きな事故を起こしたら日本は壊滅的な打撃を受け、世界中にその影響が及ぶことは必至であります」
街頭演説 1/23(文字起こし)


<速報・第一声>小泉純一郎
「都知事が誰になるかによって国政を動かせる事が出来る選挙は滅多にない」 
応援演説1/23(文字起こし)


2014年1月20日 参議院議員会館 文字起こし↓
<細川さんを支持します!>
ただしですね、細川さんが「変な脱原発政策」を掲げるのであれば、支持はできませんので
ちゃんと条件を付けてあります。1/20広瀬隆さんや鎌田慧さん、河合弁護士、等々(文字起こし)


<脱原発都知事候補・細川さんを支持します!>
湯川れい子「宇都宮さんがお勝ちになっても私の動物的な感覚では変わりません」。
宮台真司「安倍晋三に塩を贈る位なら都民があえて泥をかぶれ」1/20(文字起こし)


<脱原発都知事候補・細川さんを支持します!>
柳田眞「安倍内閣を負かしたい。 勝てる可能性が大きい人に託したい」。
吉岡達也「細川さんから直接電話で『再稼働はさせない。原発はゼロにする』という事を明確にいただきました」
1/20(文字起こし)


<脱原発都知事候補・細川さんを支持します!>
質疑応答・細川と安倍の違い・原発問題は都知事選挙の争点にふさわしい理由・
都知事が持つ脱原発の権限・他1/20(内容書き出し)


<脱原発都知事候補・細川さんを支持します!>
広瀬隆「細川さんが東京都知事なら明るい東京、舛添要一知事だったら暗黒街の東京になる」
1/20(内容書き出し)



関連記事

コメント

非公開コメント

★「原発は援助しない!」【世銀】と【国連】が表明

原発が国際問題であるよい証拠
これは相当重大ニュース
★「原発は援助しない!」【世銀】と【国連】が表明(11月28日AFP通信)
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7517488.html
もうIAEA(国際原子力ムラ機関)は廃止してはどうか?

No title

 都知事選で細川、小泉がでてきたことは意義深い。
 小泉は新自由主義で日本を弱肉強食社会に引っ張ってきた張本人、米国の国益を日本のそれより重く見る。米国は日本に原発を作ってきたがもう限界とみたのだろう。何しろ狭い国土に50以上ある。福島の事故もありいずれは政策転換を迫られる。しかし今の安倍政権は総理の脳味噌と同じく硬直している。小泉のミッションは安倍政権を終わらせ新たな枠組みを作れということだろう。
 それが細川を担いでの「脱原発」となった。しかし彼らにはやる気はない。本気なら新党結成、新潟泉田知事徹底支援、地方選挙への連帯表明などあるはずだ。何もない。
 仮に細川が選挙で勝ったとしても、その先には何もない。原子力村の再編があるだけだと思う。力は温存される。

No title

噂の追及!一部抜粋リンク先より

細川氏佐川問題追及の張本人 あれは「デッチ上げ、無茶苦茶」
実際には細川さんは借入金を佐川にしっかり返済していたんだよね。聞いた話では、検察が押収していた佐川の貸し付け記録には、借りっぱなしになっている自民党の大物たちの名前が連なっていて、だからこそ、検察も資料が出せなかったんだ。

 しかし当時、細川政権は内部でも対立が生じていて、みんなで細川さんを庇おうという動きがなくなった。そうなると政権弱体化はあっとい

う間。本当は辞めるような話じゃなかったんだ。自民党が倒閣のために首相のスキャンダルを利用して、政権から引きずり下ろした成功例かな。  http://www.news-postseven.com/archives/20140127_238429.html


自民党情報調査局 細川元首相の佐川献金疑惑報道の司令塔か
 その報じ方は、小沢一郎・生活の党代表を追い込んだ陸山会事件報道とそっくりである。小沢氏の政治資金事件の公判は、いわゆる「期ずれ

」と呼ばれる資金管理団体の土地取引をめぐる政治資金収支報告書への記入方法が適正だったかどうか争われた(無罪確定)。

 ところが、大メディアは土地購入資金が「闇献金」だったのではないかという疑惑を書き立て、争われているのが「期ずれ」だと報じることなく、「疑惑に説明責任を果たせ」と書き続けることで、事務手続き上の問題を、さも汚職事件であるかのように印象付けた。

 そうした細川疑惑報道の“司令塔”のひとつが自民党の情報調査局だ。大手紙記者が明かす。「情調のスタッフから、『細川の佐川疑惑についてレクチャーしたい』『とにかく疑惑を蒸し返してほしい』と連絡が入る。新聞記者だけでなく、雑誌メディアの情報源にもなっている」 一連の細川氏叩きが、官邸と大メディアの合作であることを物語る証言である。
http://www.news-postseven.com/archives/20140127_238416.html

No title

遂に細川氏が暴露!細川氏「福島原発事故直後に逃げた外国人は多数。東京の水にもセシウムが含まれている。
取り除かなければ」 new!!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1677.html

No title

.細川護熙氏の話が超・・・?  スペシャルインタビュー
http://www.youtube.com/watch?v=WEniKXmR8s4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。