スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹内択選手(スキージャンプ)とイリーナ・スルツカヤ選手(フィギアスケート)は同じ病気/チャーグ・ストラウス症候群(アレルギー性肉芽腫性血管炎)


竹内択選手涙の会見

2014年2月17日 ジャンプ団体銅メダル
清水礼留飛 伊東大貴 葛西紀明 竹内択

2014021813.jpg

病院で一応難病のチャーグ・ストラウス症候群っていう、病気の可能性が8割あるっていう事でいわれまして、
難病って聞いてあんまりいい気持はしませんし、
自分として、「もしかしたらこれは死んでしまうんではないか」とか、脳裏によぎるものとかもありましたし、
もちろんオリンピックは出れないんじゃないかっていう・・・、あの、気持ちもありました。
まぁ、そのなかで・・・、あの、家族の支え、病院の人とか、(涙)
本当にいろんな人に助けてもらって、(涙)…オリンピックにこれたなって、(涙)
自分なりに精いっぱい飛べて、

2014021814.jpg

本当に先輩たちに助けてもらって、メダル取れました。
(涙)
本当に感謝しかありません。



ジャンプ竹内 重い病気明かす
NHK 2月18日 8時36分

スキージャンプ男子団体で銅メダルを獲得した竹内択選手は、試合後の記者会見で、
重い病気を抱えながら大会に臨んでいた
ことを明らかにしました。

竹内選手は先月、ワールドカップ遠征中に高熱やせきが止まらなくなって緊急帰国し、
血管障害の難病の可能性が高い
と診断を受けたということです。
竹内選手によりますと、
この病気は「チャーグ・ストラウス症候群」という、120万人に1人がかかるといわれる難病で、
40度近い高熱やぜんそくの発作などの症状が出るということです。
竹内選手は帰国後、およそ2週間入院して症状は改善しましたが、今も薬を飲みながら治療を続けています。
会見で竹内選手は「メダルを獲得したら、病気を公表しようと思っていました。
家族の支えがあってオリンピックの舞台に立てた。
同じような病気と戦っている人に勇気を与えられたらうれしい」と涙を浮かべて話していました。


竹内 難病と闘っていた「元気を届けたいという思いで飛んだ」
スポニチ 2014年2月18日 07:16

ソチ五輪ノルディックスキー・ジャンプ男子団体ラージヒル (2月17日)
ジャンプ団体 抱き合う葛西と竹内
2014021811.jpg


1回目127メートル、2回目は130メートルを飛んで日本の銅メダル獲得に貢献した
竹内択(26=北野建設)は競技後、
難病「チャーグ・ストラウス症候群」(アレルギー性肉芽腫性血管炎)の診断を受けていたことを明かした。

「チャーグ・ストラウス症候群」とは全身の細い血管に炎症が生じる疾患で、原因は不明。
発熱や体重減少、手足のしびれ、消化管出血、関節痛などの症状が起きる。

竹内は今年1月に肺炎にかかったとして2週間の入院生活を送っていたが、実際は難病を患っており、
「結果を残してから公表しようと思っていた」という。
投薬治療で顔には吹き出物ができ、筋肉はそげ落ちた。
それでも病室で少しでも体力維持に努め、感覚を忘れないように助走姿勢を組んだ。

「入院したときは五輪に出られないと思ったこともあったけど、
 体を戻してメダルを取りたいという気持ちでやってきた」と明かした竹内。
同じ病気で苦しむ人に「あきらめないで頑張れば思いは叶うと伝えたかった」といい、
「元気を届けたいという思いを込めて飛びました」とジャンプに込めた思いを明かした。



ジャンプ竹内が病気公表 重いせきの症状
ソチ五輪[ 2014年2月18日10時55分 ]

竹内択(北野建設)は団体終了後、重いせきの症状や手足のしびれなどが出る
「アレルギー性肉芽腫性血管炎」の可能性が高いとの診断を受けていたことを明らかにした。

年末年始のジャンプ週間中に体調を崩して最終戦を欠場。
帰国後の検査で判明したという。
「結果を残してから公表したい」という思いがあったため、チーム関係者は約2週間の入院の理由を肺炎と説明した

今季は3月9日のオスロでのW杯まで出場を予定している。



肺炎の竹内択「何とか五輪に間に合う」
ソチ五輪[ 2014年2月2日15時28分 ]
搭乗手続きを終え成田空港を出発する竹内(撮影・渡辺佳彦)
2014021812.jpg

ノルディックスキーのジャンプ男子ソチ五輪代表の竹内択(26=北野建設)が2日、欧州に向け成田空港を出発した。

年末にひいた風邪をこじらせ、肺炎を併発。
W杯を転戦するため先月29日に離日した全日本チームとは離れ、地元の長野で治療と回復に専念。
練習をこなしながら、この日の出発となった。
ドイツ・ミュンヘン到着後、先発組と合流し3日夜(日本時間4日未明)にソチ入りする。

長野では入院する必要もなく順調に回復。
白馬ジャンプ台で2日間で16本、ノーマルヒルを飛んだ。
「何とか五輪に間に合うかな、という感じです。
トレーニングも、夏場以上に積めました」と急ピッチで仕上げた。
顔には薬の副作用でできた発疹が浮かぶが「ジャンプを飛べるのは健康の証し。
パワーアップもできました」と話し、搭乗機に乗り込んだ。






イリーナ・スルツカヤ選手(フィギアスケート)が何故か突然気になった
2012年10月のブログより一部抜粋
スルツカヤ)

2003年彼女自身も自己免疫疾患(アレルギー性肉芽腫性血管炎)にかかり、気管支炎を併発、
一時期は歩行も困難になった。トイレには這って行かねばならず、「ストレスで毎日泣いていた」という。
最初の症状が表れたのは、オリンピック金メダルを目指していた時だった。
咳と熱が続き、足はむくんであざができ、そして喘息。
血流障害は、足の動きに影響を及ぼした。「変だなとは感じていました」と彼女。

医者は結局、数十種類以上ある血管炎の一つ、
チャーグ・ストラウス症候群(アレルギー性肉芽腫性血管炎)と診断した。
発熱、けん怠感、筋肉や関節の痛みに加え、喘息、アレルギー、
特定のタイプの白血球の増加などの症状が生じる。

スルツカヤの主な治療方法は、
プレドニゾン薬(※プレドニン又はプレドニゾロンのことか?。副腎皮質ステロイド剤)と、
症状の進行を予防するために用いられるMedipredという薬の軽いバージョンのものだ。







関連記事

コメント

非公開コメント

No title

.「日本版エートス」本格始動へ〜帰還促進に向けリスコミ強化
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1729

No title

3年程前から車の事故が多い?のが変?と感じていましたが・・・

私は茨城県在住ですが、不正出血、血尿で被曝に気付き、突然の瞬間的記憶喪失で車の操作パニックをお越し、鬱かと思う程だるい毎日の中、呼吸も重い。周りは、心筋梗塞、骨折、関節異常の話しが耐えません。政府が隠すなら、自ら状況サンプルになって伝えたいです。
https://twitter.com/0815kiki/status/434738379033309184

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。