スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<福島第一死亡事故>作業員土砂の下敷きになり死亡3/28関連記事・東電会見文字起こし

【社会】
福島第一で作業員死亡 周辺病院は閉鎖中 搬送63キロ先
 

東京新聞 2014年3月29日 朝刊

2014032911.jpg
東京電力福島第一原発で28日、
掘削作業をしていた福島県広野町、下請け会社の安藤堅(かたし)さん(55)が
土砂の下敷きになり、病院に運ばれたが間もなく死亡した。
事故収束作業中の死亡事故は初めて。
放射能汚染のため近隣には消防署も病院もないのに、
東電が双葉消防本部に救急車を要請したのは事故発生から約50分後だった。

東電によると、事故は午後2時20分ごろ発生。
廃棄物を貯蔵する建屋で基礎部の補修工事をするため、現場には作業員15人がいた。
周囲に掘られた深さ2メートルほどの穴に入り、
建屋の地下に潜った作業員一人が落下した土砂やコンクリートの下敷きになった。

ほかの作業員に助け出され、医師が常駐する原発内の医務室に運ばれたが意識はなし。
設備の整った病院に運ぶため、救急車で常磐自動車道などを南へ約63キロ走り、
いわき市の病院に運ばれたが、死亡が確認された。

問題なのは東電の通報の遅さ
現地対策本部には、事故から約10分後の午後2時半に一報が入ったが、
同51分にまず各方面へファクスで事故発生の連絡を優先した。
救急車を要請したのはさらに18分後の午後3時9分だった。


たまたま救急車が近くを警戒活動中だったため7分で到着したが、通常なら30分かかる。
さらに、周辺の病院は閉鎖中で遠方まで搬送する必要があるため、救急車を多少待たせてもいち早く要請すべきだった。

東電の尾野昌之原子力・立地本部長代理はこの日の会見で
「事故が起きたらすぐに救急車を呼んでおく、ということもあるが、今回はそうしなかった」と説明している。
事故を受け、29日には全面的に作業を中止する。




東京電力
福島第一原子力発電所 掘削作業中における作業員の被災について

撮影日:平成26年3月28日 提供:東京電力株式会社
2014032912.jpg

空コンテナ倉庫付近の現場の状況(1)
2014032913.jpg
[概要]
○本日(3月28日)、固体廃棄物貯蔵庫にある空コンテナ倉庫付近(免震重要棟北側)で、
掘削作業中の作業員が土砂の下敷きになったとの情報が
午後2時30分頃に福島第一原子力発電所緊急対策本部に入った。
○土砂の下敷きになった作業員を救出し、入退域管理棟救急医療室に搬送。
○なお、本人については意識がなく、心静止の状態。
○午後3時26分、救急医療室を救急車により出発し、磐城共立病院に搬送。

2014032914.jpg


2014年3月28日東京電力記者会見


Video streaming by Ustream

2014032915.jpg
尾野
本日でございますけれども、作業の中で重大な作業災害人身災害が生じてございます。
そちらについてご説明申し上げたいと思います。

場所で申しますと重要免震棟がこちらになります。
この北側、ちょうどここに写っている建物、ここが固体廃棄物貯蔵庫の関連施設でございます。
2014032916.jpg
繋がっていますので、この壁のこちら側ですね。
こちら側で作業を行っていたという事であります。
こちらの方で掘削作業を行っていました作業員のほうが土砂の下敷きになったという情報が
本日午後2時30分ごろに入ってございます。
作業員につきましては直ちに救出を行いまして、入退域管理施設にあります医療事務室の方に送ってございます。
この際、身体のサーベイも行っておりますが、汚染はございませんでした。
なお、本人でございますけれども、意識がなく、また心静止の状態という事です。
心臓が静かに止まっているという感じでございます。
そうした状況にあるという事でER室で救急の対応をとりつつ、
3時26分に救急車により磐城共立病院の方に搬送したというような状況です。
作業を行っていた場所の様子が下の方にございます(上の写真)。
建物の外側に穴を掘りまして建物の基礎部分の点検を行っていたという事であります。
その際に写真の上の方でございますけど、
掘った穴の中に入りまして、点検を行うための準備作業という事で、
コンクリート、土砂等のハツリ作業を行ってたところ、
写真の真ん中に見えます比較的大きな塊がありますが、
これはコンクリートの塊でございます。
そしてコンクリートの塊が崩れてきて、土砂と一緒にその下に埋まったという事でございます。
直ちに救出を行いましたが、今現在病院の方で対応しているとい状況でございます。
また、現在ですね、警察の方が現場の状況を確認。
それから関係者などの状況の聞き取りなどを行っているところと聞いてございますので、
現時点の状況という事でご説明させていただきました。
なお、当該のエリアでございますけれども、
マスクをしないで作業ができるエリアという状況になってございますので、
本件に関しまして外部への放射性物質の影響という様な事があるような場所ではなかったという事でございます。
こちらにつきましては、まず以上でございます。

ーー
事故現場について
24:02
テレビ朝日 ムラタ:
この写真の場所が事故のあった現場そのものなのか、
それとも同じようにこうした穴を掘った場所を撮影したものなのか?
さらにその深さはどのくらいなのか?

尾野:
これは当該の現場の写真でございます。
救出が終わった後の写真という事です。
この穴の深さにつきましては、大体約2mということであります。

事故の会見は?
テレビ朝日:
こうした企業で死亡事故が生じた場合というのは御社に限らず時々起きている事ですけれども
その際は社長と言わずとも役員の方等が出てこられて、その事に限っての会見が開かれる事が多いと思います。
今回はこの原子力の会見と時間が接近していたので、今こういう形で紹介していただいていますけれども、
詳細な情報が入った時にあらためて会見を開かれるご予定はあるのかどうか?

2014032917.jpg
広報:
えーっとあの、今後の会見の予定という事だとございますけど、
まずもってですね、本日の会見でご説明させていただいたというところでございますので、
まずは今日のところ「この会見をもってご説明」というところでご理解いただければと思います。
よろしくお願いいたします。

亡くなった方の所属企業名は?
28:11
木野:この亡くなった作業員の方なんですけれども、何次受けの協力企業の方だったんでしょうか?

尾野:
はい、今現在ちょっとこまかいところまで整理できてございませんので、
えー、どういう状況であるのかという事は確認が採れたところであらためてご説明できるかと思います。

木野:元請けかどうか?というのはわかりますか?

尾野:
あの、現在状況を、あの、まだ整理しきれてございませんので、
あらためてご回答させていただきたいと思います。

木野:会社の名前は確認できていらっしゃいます?

尾野:えっと元請け、

木野:いえ、この作業員の方が所属していた会社の名前です。

尾野:え・・ま、そうしたことも含めて、今ほどお答えしたところですけど。

木野:
従来御社はこれまで作業員の方が亡くなった場合には、
「作業員のご家族とかと確認が取れないと発表できない」というご説明をされていたわけですけれども、
今回、はやめの発表になったのは非常に良いことだと思うんですが、
これは発表が出来たというのはある程度身元の確認がきちんと、
その所属企業を含めてできているという事だと思うんですけれども、
その辺はご説明いただけないんでしょうか?

尾野:
あの、当該の作業でございますけれども、
元請け企業は東双(とうそう)不動産管理株式会社ということでございます。
ただ、当該の方がどの企業の方かという事については回答を差し控えたいと思います。

木野:東双不動産は東京電力の関連会社という事ですか?

広報:そうです。

木野:
何次受けかという事は、東双不動産管理株式会社からまた下に出ていた訳ですけれども、
これは、会社の名前というのはお知らせいただけないんでしょうか?

尾野:通常お知らせしてないかと思います。


貯蔵庫の建設時期は?
42:45
朝日新聞:貯蔵庫の建てられた時期というのはわかりますか?

尾野:当該の建物ですか?これはちょっと今わかりませんので?後で確認をしてご連絡したいと思います。

朝日新聞:
この貯蔵庫が先程「地震の傷み」という言葉がありましたけれども、
どういう経緯で、なにか傷みがある状況でこういう作業をしていたのか?

尾野:
その辺の細かいところは今私は抑えてございませんけど、
当該の建物について別目的背使用するという事でございますから、
そうした中で必要な確認や修理をしていくという作業の一環だったと理解してございます。


事故が起きたのは何時?
45:30
木野:現場から連絡が行ったのは現場の責任者の方からという事ですか?

尾野:「どなたから」という事ですね、それは確認させて下さい。

木野:現場の連絡が入ったのが2時半なんですけれども、事故が起きたのは何時ぐらいだったんでしょう?

尾野:
現在我々は連絡が入った時間という事でお示ししてございますが、
事故そのものが、その、えー、何分前であったのかというところまではまだ押さえられていません。
おそらくあの、まずは現場の方は仲間の救出という事に全神経が行くかと思いますので、
その中の事かと思います。
えー、状況としてはそういう事かと思っていますが。

木野:下敷きになった状態から救出が出来た時間というのは、そうすると何時ぐらいだったんでしょうか?

尾野:はい、えー。救急医療室、ERに搬入された時間が、14時59分ごろというふうな事でございます。

木野:この場所からERまでの時間はどのくらいかかるんですか?

尾野:
そうですねERは、こちら正門の方にございます。
当該の場所は重要免震棟の傍ですから、ま、車で移動すれば5分とかかからない距離かと思います。

木野:
あと、作業員の方の3年の経験というのは、どういう経験なんでしょうか?
建設業の経験ということですか?

尾野:ちょっと今そこの細かいところは押さえてございません。

木野:福島第一に入ったのはいつでしょう?

尾野:あの、そうしたことも含めて確認をさせていただきたいと思います

木野:
そうすると福島第一の事故後は今回初めてだったのか、
以前にも福島第一で作業した事があるのか、というのも分からないんですかね?

尾野:はい、わかりません。

木野:
そうすると、原発の作業経験がどの位あったのか?というのが分からないわけですね。
3年というのは何の3年なんでしょう?そうすると。

尾野:そうですね、まぁ、ちょっと確認させていただきたいとおもいますが。

木野:いや、先ほど作業期間3年というお話があったんですけど、何の3年ですか?

尾野:
あの、発電所等におけるこうした作業の経験という事で申し上げましたが、
えー、中身の、個別具体的なもう少し細かい質問でございましたので、
えー、確認の上答えたいと思います。

木野:発電所等というのは、原発なんでしょうか?それとも火力なんでしょうか?

尾野:
えーっと、私が聞いている範囲では「3年程度の経験がある方」という事で聞いてございますが、
その内訳までは確認する時間がございませんでしたし、
現地の方でもどこまで確認できているかどうか、えー、
即答しかねますので確認の上回答させていただきたいという事であります。

木野:
それから現場はマスクの着用を省略できるという事ですが、
これは作業状況によってはみなさん全面マスクで作業されているという事だと思うんですね。
どの位のどういった着用状況になっているかという事は、確認というのはされた事があるんでしょうか?

尾野:
「全面マスクをしないでいいですよ」というふうな、
着用除外エリアにした場合はしないということも当然いいんですが、
着用除外していないところではしなければならないという事になります。
着用除外エリアに於いて、ご本人の考えや希望によって全面マスクするという事を止めるものではありません。
それからもうひとつでございますが、着用除外エリアを設定する際にご説明しているかと思いますけれども、
粉塵等があがる様な作業をする際はその場に応じたマスク等をするという事でございますので、
ま、今回の場合はマスクをされておられたんではないかと思います。

木野:
お伺いしたいのは、作業環境を改善するという事で除外エリアを増やして、
実際に除外エリアが増えているので、環境が改善されているという説明をされていると思うんですけれども、
実際に作業するときにですね作業の内容によって
している作業で全面マスクをしているのであれば環境の改善にならないと思うんですね。
そういった状況というのをどこまで把握されているのかという質問なんですが。

尾野:
ちょっとお答えしにくいご質問かと思いますが、
マスクをされる方というのは「しないでもいいですよ」と言ってもされる方というのもいらっしゃいますし、
そうしたところまでは把握してございません。

木野:
この「するしない」というのは会社によってある程度状況を確認したりしていないんですか?
全く個人でやるというのはこれは入退管理の問題を含めてちょっと良く分からないんですけれども。

尾野:
マスクをしないでいいエリアでマスクをするのは個人の問題かと思っております。
ですから把握はされないんではないかと思います。
ただ何度も申し上げておりますが、粉塵等があがる作業をする場合には
その状況に応じたマスクをしていただいているという事でございます。これは個別に決めがございます。


53:39
尾野:事故の発生時刻でございますけれども14時20分ごろだそうでございます。




ーー東京電力の会見などで表に出てきている情報のうち  
                             このブログに書いたものーー

(※下記は私が把握している分だけですので、実際はもっと多いかもしれません)

死亡確認
2011年3月
4号機タービン建屋地下で遺体で見つかった東電社員2名をなぜ津波警報で避難させなかったのか?
東電記者会見6/20(動画・内容書き出し)

2011/04/03
東京電力福島第1原発の4号機タービン建屋地下で先月30日、
震災直後から行方不明になっていた社員2人が遺体で見つかったことが分かった。
東電が3日、発表した。福島第1原発で東電社員の死亡が確認されたのは初めて。

2011年5月14日
5/16東電。知り得た情報&知り得ない情報「たねまきJ」小出裕章(内容書き出し、参考)
東京電力福島第一原子力発電所で作業中に意識不明となり、
搬送先の病院で死亡した60歳代の男性作業員について、東電は15日、死因は心筋梗塞だったと発表した。
男性は、福島第一原発では13日から作業を行っており、
同日は3時間で被曝(ひばく)線量は0・51ミリ・シーベルトだった。
翌14日は作業を始めて約50分後に突然、体調不良を訴えて意識を失った。
5月に心筋梗塞で亡くなった福島第一発電所の作業員(週刊現代より)
5月に福島第一原発で死んだ作業員に「たったの50万円」
福島第一原子力発電所作業員死亡で初めての労災認定(東電会見動画あり)

2011年8月16日
8月30日東京電力記者会見・作業員、急性白血病で死亡(東京電力記者会見ノーカット版添付)
東京電力は30日、福島第1原発で作業に携わっていた40代の男性作業員が急性白血病で死亡したと発表した。
東電によると、男性は関連会社の作業員で
8月上旬に約1週間、休憩所でドアの開閉や放射線管理に携わった。
体調を崩して医師の診察を受け急性白血病と診断され、入院先で亡くなったという。
白血病に関する質疑~作業員2名が汚染水をかぶる。東電記者会見8/31(会見内容書き出し・会見ノーカット画像あり)

2011年10月6日
福島第1原発で作業の50代男性死亡(東電記者会見質疑応答一部書き出し10/6)
東京電力は2011年10月6日午前11時からの記者会見で、
福島第1原発で作業に従事する協力会社の50代男性作業員が、
本日午前5時ごろに亡くなったとの連絡があったと発表した。
東京電力によると、男性はことし8月8日から、福島第1原発の施設内でタンク設置工事に従事しており、
昨日10月5日午前7時ごろ、朝礼の前に体調不良を訴え、Jビレッジに搬送。
政府・東京電力合同記者会見10月13日 「作業員の死因に関して」(内容書き出し)
ようやく公表。10月6日に亡くなった福島第一原子力発電所作業員の方の「死因」10/21東京電力記者会見(内容書き出し)

2012年1月9日
60代作業員心肺停止で搬送 東電会見1/9(会見動画・内容書き出し)
本日午後2時22分ごろ福島原子力発電の所廃スラッジ貯蔵施設において、
コンクリート打設作業を行っていた協力企業作業員1名が体調不良を訴え、
福島第一原子力発電所5・6号機緊急医療室に運ばれ、治療を受けましたが、
心肺停止状態であることから、午後3時25分に福島第一原子力発電所から総合磐城共立病院へ搬送いたしました。
60代心肺停止作業員の外部被ばくの累積線量は6.082ミリシーベルト(東電1/10午前記者会見・書き出し)
心肺停止作業員に関して続報・病院からの報告をただ待つ東電に木野さんが私の思いを代弁してくれました(東電会見1/10午後 動画&内容書き出し)
平気な顔で嘘をつく東京電力の会見1/12午後(一部書き出し)

2012年8月22日
心肺停止で作業員死亡「放射線被ばくの影響ではない」と、東電。
東京電力は22日、
福島第1原発で作業していた男性が心肺停止となり、福島県いわき市の病院に救急搬送されたと発表した。
県警によると、男性は57歳で同日午後に死亡した。
休憩室で休んでいたが、まもなく体調不良を訴えた。
午前10時35分ごろ、別の作業員が意識不明の状態で倒れているのを発見した。

2011年11月~2013年7月9日
吉田所長の病名は?治療期間は?被ばくとの関係は?東京電力記者会見書き出し&関係資料
吉田氏は2011年11月24日から入院しているが、
東電は個人情報保護や本人の意向を理由に、病名や被ばく線量を公表していない。
このことから、吉田氏の被ばくと病気の関連を疑う声は絶えない。
福島第一発電所吉田前所長の病名公表(東電記者会見 動画&内容書き出し)12/9
東京電力福島第一原子力発電所 吉田所長の訃報
東京電力福島第一原子力発電所の事故で現場で指揮を執った吉田昌郎元所長が、
9日午前、東京都内の病院で食道がんのため亡くなりました。
58歳でした。

2014年3月28日
<福島第一>作業員土砂の下敷きになり死亡3/28関連記事・東電会見文字起こし
東京電力福島第一原発で28日、
掘削作業をしていた福島県広野町、下請け会社の安藤堅(かたし)さん(55)が
土砂の下敷きになり、病院に運ばれたが間もなく死亡した。

事故・怪我
2011年8月31日
白血病に関する質疑~作業員2名が汚染水をかぶる。東電記者会見8/31(会見内容書き出し・会見ノーカット画像あり)
東京電力によると、31日午前9時35分ごろ、
福島第1原発でセシウム吸着装置の使用済み吸着塔から水抜き作業をしていた協力会社の作業員2人が、
誤って水をかぶった。

2011年10月29日
福島第一原発・ワイヤーが落ちて2名の作業員が骨折負傷(東電会見・書き出し)10/29
東京電力は29日、福島第1原発1号機タービン建屋付近で、
大型クレーンの解体作業をしていた協力企業の男性作業員2人が、落ちてきたワイヤに当たり負傷したと発表した。
40代の男性作業員はあごや腕、肋骨(ろっこつ)、両足の骨を折る重傷。
20代の男性作業員も肩や首、腹部などに痛みを訴えており、骨折の疑いもある
10月29日東京電力記者会見午後の部(負傷者の方に関しての報告・書き出し)
11月1日のふくいち現場の声(ワイヤー落下の40代作業員足切断・全面マスク着用変更)ー東京電力記者会見関係個所書き出し11/1午後の部ー
ワイヤーの下敷きで怪我した作業員は?フリー木野龍逸氏が聞いてくれました。

2012年10月5日
福島第二原発・作業員4m下に落下事故10/5東京電力記者会見(内容書き出し)
福島第二原子力発電所の4号機の屋外施設で塗装作業を行っていた当社社員が転落をして負傷。
開口部を通じて下に落ちまして、最終的に一番下まで落ちていますので、4m落ちたという事になります。

2013年10月9日
淡水化装置から汚染水が漏れ作業員6人が被ばく10/9
東京電力福島第一原発で、放射性セシウムを除去した処理水から塩分を除去する装置で水が漏れた問題で、
東電は九日、現場にいた下請け企業の作業員11人のうち6人が処理水をかぶっていたと発表した。

2014年2月25日
<福島第一>
今度は作業員にガソリンの火が引火~2月25日別件で2回も消防署に通報する東京電力のずさんな作業~

2月25日午後3時30分頃、福島第一原子力発電所構内の中央部交差点近傍の給油所において、作業員がドラム缶から給油器へガソリンを移送した後に、移送ポンプに付着したガソリンの拭き取りをしていたところ発火し、作業員が着用していたカバーオール前面の一部に引火しました。




その他
201年12月12日
除染作業で作業員死亡(伊達市)統合会見動画&内容書き出し12/12
内閣府の原子力災害対策本部は12日、
福島県伊達市の下小国地区で除染作業中の男性(60)が急病で病院に運ばれ、死亡したと発表した。
男性は同日午後1時ごろ、車の中で倒れていたのを、同僚が発見した。
心肺停止状態で搬送されたが、午後2時ごろ、搬送先の医療機関で死亡が確認されたという。
死因は非公表。

2011年12月17日
福島第一発電所三菱重工業関係ノロウイルス52名(東電会見・書き出し)
東京電力は17日、
福島第1原発で働く三菱重工業と下請け会社の作業員52人が15日から16日にかけて、
ノロウイルスが原因とみられる食中毒症状を訴えたと発表した。

東京電力は18日、
福島第2原発内にある福島第1安定化センターに勤務する30代の男性社員がノロウイルスに感染したと発表した。
第1原発では16日までに三菱重工関係の作業員52人が集団感染しており、
感染経路は不明だが、第2原発にも拡大した。











関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。