<福島第1原発>「地下水バイパス計画」を県漁協が正式に容認&大雨で流れる汚染水


県漁協、福島第1原発「地下水バイパス計画」を正式に容認

FNNLocal·2014/04/04

2014040518.jpg

福島第1原発の汚染水対策が1歩前進する。
原子炉建屋などに流れ込む前の地下水を海に­放水する「地下水バイパス計画」について、
漁協は、正式に計画の実施を容認した。
2014040519.jpg

4日は、東京電力や経済産業省の担当者が、いわき市を訪れ、漁協側と協議した。
地下水バイパス計画の実施について、県内の漁協は、
数値目標を定めることや、第3者機­関が監視することを、国や東京電力に求めていた経緯がある。

地下水バイパス計画は、原子炉建屋などに流れ込む前の地下水をくみ上げて海に放水し、
­汚染水の発生を、1日あたり最大で100トン減らすもの。
2014040520.jpg

漁協側は、国と東京電力が要望したことを実施することを確認し、地下水バイパス計画を­正式に容認した。

2014040521.jpg
福島県漁業協同組合連合会の野崎 哲会長は
「運用内容を厳重に守っていただくということが、非常に重要になるかと思いま­す」と話した。

2014040522.jpg
東京電力の新妻常正常務は
「大変ありがたい、そういう意味でも、わたしどもとして、こ­の地下水バイパスの運用の責任を痛感しています」
と話した。

国や東京電力は今後、実際に地下水をくみ上げて水質などを詳細に分析し、
問題がなけれ­ば、5月初旬にも計画を実施することになった。


ーーー

内輪だけで決めちゃっている気がどうしてもするのだけど・・・
太平洋は地元の漁協だけのものなのか?
(原子力発電所も地元がOKと言えば稼働していいのか?と同じ構造)

本当に強烈に汚染される前の地下水で、
しかも、その場所から地下水を抜いても何の問題もないのなら
…高濃度の汚染水を流すよりはいいのかな?とも思うけれど…
どうなのかなぁ?

貯蔵タンクよりも下だから、濃い放射性物質がタンクから漏れて地下にしみ込んでいるように思えるのだけど。
潮の満ち引きとかで地下水が混ざっちゃったりしてないのかな?
いろいろ想像してみると、汚染されている事は確かなんだろうな・・・と思える。


そして、福島第一原子力発電所では台風や大雨が降るたびにジャブジャブ堂々と海へ出しています。
今回の春の嵐でも下記の通り↓


ーーー

福島第1原発 タンク外側に設けたせきから雨水あふれる

FNNLocal 2014/04/03

2014040523.jpg
この雨の影響で、福島第1原発では、汚染水をためたタンクの外側に設けたせきから、雨­水があふれた。
福島第1原発で雨水があふれたのは、「ALPS」の北側に設けられたタンクの周辺に設­置されたせき。
東京電力によると、4日午前5時半ごろ、大雨の影響で、せきにたまった雨水があふれて­いるのを発見したという。
2014040524.jpg

このタンクは、8,000トンの水がためられる巨大なもので、
2013年4月に、地下­貯水槽から漏れた高濃度の汚染水が移されていた
2014040525.jpg

タンクの水位に変化がなく、あふれたのは雨水とみられているが、
この水からは、東京電­力の排出基準を上回るセシウムが検出されている。
2014040526.jpg

このほかのせきでも、雨水が漏れていて、東京電力が対応を進めている。







関連記事

コメント

非公開コメント