「安倍政権のやっている事は、立憲主義の完全な破壊です」4/8東京デモクラシーネットワーク 高橋さん

解釈で憲法9条を壊すな!4・8大集会&デモ~
『集団的自衛権の行使』は海外で戦争すること


2014年4月8日 


文字起こし部分→http://youtu.be/E5fxuGDQXN0?t=8m18s

東京デモクラシーネットワーク 高橋さん
2014040911.jpg

東京デモクラシーネットワーク、聞いたことない人が多いと思いますけれども、
先程東京都知事選挙で宇都宮けんじ候補のキャンペーンに参加して、
様々なアイディアを出した若い世代のネットワークです。

当然我々は集団的自衛権、
特に解釈改憲による集団的自衛権の確立というものに非常に強い危機感を持って情報を発信しています。
また、インターネットと街頭を繋ぐ様々なアクションを新しくデザインしています。

しかし今日、こうした集会に参加させていただいて、気付かざるを得ないことがあります。
それは、若い世代がやはり参加者の中に、顔がなかなか見えにくいという事です。
もちろん先輩方の姿を心強く思っています、だから来ている訳ですけれども、
若い世代がなぜ来にくいかという事は、実は非常に簡単な理由があります。

それは私たちの世代の多くの若者は、
今この時間はおそらく非常に不安定な雇用の中で、そして消費税が増税される中で、
安倍政権の新自由的な政策にあえぎながら日々を送っており、
こうした事に関して考えるための知的な気力、
あるいはそれを支えるだけの希望というものが奪われつつある。
そういう状況が現実です。

私たち東京デモクラシーネットワークは、従って、
集団的自衛権、これを確立しようとする安倍政権に対して、
広い若い世代を含む反対を作っていくためには、安倍政権全体。
集団的自衛権だけではなく、安倍政権全体でやっている事に反対する必要があると強く思っています。

安倍政権のやっている事は、立憲主義の完全な破壊です。

エネルギー政策についてもそうです。
武器輸出についてもそうです。
きちんとしたプロセスを経ずに閣議決定でやっている。

こうした事に強い反対を私たちは示していこうと思っています。
一緒に頑張りましょう。









関連記事

コメント

非公開コメント

積極的平和ぶち壊し主義

憲法「解釈」ではありません。
憲法「歪曲」です。

安倍晋三がやろうとしている「集団的戦争権」は、
どう考えても憲法解釈だけで出来るようにするのは、
無理があります。

もう一度、憲法の原文を読んでみて、
これを歪曲でなく、解釈と呼ぶのであれば、
国語の勉強を幼稚園からやり直さなくては、
いけませんね。