<福島第一原発>東京電力が「未処理の超高濃度汚染水が誤送された」と真夜中に報告

東電が雨水だと言って流している汚染水や
タンクから漏れているセシウムを除去した後のストロンチウムやトリチウムが沢山入っている汚染水でもなく、
今回誤送されたのはセシウムを処理をする前の汚染水。
なのでセシウムだけじゃなくもちろんその他核種全て丸ごと入っている水です。
夜中にメールとツイッターで東京電力が報告していました。
4月13日午後5時22分にはポンプ4台が動いていた事が原因だと判明した上でポンプを停止しているのに、
第一報が日付が変わった真夜中の1時37分という時間誤差。
ポンプの誤作動を知って停止してから8時間後でした。



高濃度汚染水240トン 移送先でない建物に誤送
NHK 4月14日 5時16分
2014041411.jpg

東京電力福島第一原子力発電所で、
使う予定がないはずのポンプ4台が動いて高濃度の汚染水およそ240トンが
本来の移送先ではない建物に流れ込んでいたことが分かり、
東京電力は建物の外への漏えいがないか監視するとともに、ポンプが動いた原因を調べています。

2014041412.jpg

福島第一原発では、1号機から3号機の溶け落ちた核燃料を冷やした水が高濃度の汚染水となって
原子炉建屋の地下に流出し続けているため、
ポンプでくみ上げ、近くの複数の建物にためたうえで処理設備に送っています。

2014041413.jpg

汚染水をためる建物では水位を監視していますが、東京電力によりますと、
今月10日から13日にかけて、水位が上がるはずの建物で反対に下がるなどの異常が見つかり、
調べたところ、使う予定がないはずの4台のポンプが動いていて、汚染水が逆の方向に送られたり、
本来の移送先ではない「焼却工作建屋」と呼ばれる建物の地下に送られたりしていた
ことが分かりました。

このうち焼却工作建屋に誤って送られたまっていた汚染水の量はおよそ240トンで、
今月8日の分析結果から
1リットル当たり数百万ベクレルの高濃度の放射性セシウムが含まれる
とみられます。
東京電力はこの建物の地下に外部とつながる貫通部がないため汚染水の漏えいはないとしていますが、
水位の変動や周辺の井戸の水質を監視しています。
東京電力は、法律に基づいて原子力規制委員会に報告するとともに、
使う予定がないはずのポンプがなぜ4台も動いていたのか原因を調べています。



ーーま夜中に公表ーー2014年4月14日 1時37分





福島第一原子力発電所 集中廃棄物処理施設焼却工作建屋への意図しない滞留水の移送について
平成26年4月14日 東京電力株式会社

各建屋の滞留水については、水位管理をしながら移送を実施しており、
サイトバンカ建屋の滞留水は適宜、プロセス主建屋へ移送しております。

4月10日頃から適宜、サイトバンカ建屋からプロセス主建屋への移送を行う中、
サイトバンカ建屋内の水位上昇およびプロセス主建屋の水位低下が確認されました。

本来とは逆の水位変動が確認されたことを受け、4月12日より現場調査を行っていたところ、
集中廃棄物処理施設4カ所(プロセス主建屋、高温焼却炉建屋、サイトバンカ建屋、焼却工作建屋)のうち、
3カ所間において、通常使用していない以下の滞留水移送ラインに設置してある仮設ポンプ(4台)が
運転中であることがわかりました。
  ・プロセス主建屋(1台)からサイトバンカ建屋
  ・プロセス主建屋(1台)から焼却工作建屋
  ・焼却工作建屋(2台)からプロセス主建屋
   ※通常は、プロセス主建屋、高温焼却炉建屋に移送を行い、
    原子炉注水のための水処理設備による処理を行っております。

このため、
4月13日午後5時2分から午後5時22分にかけて、仮設ポンプ4台を停止し、滞留水の移送を停止しました。
また、仮設ポンプ停止前後に各移送ラインを確認し、漏えい等の異常がないことを確認しております。

現場状況を確認したところ、焼却工作建屋地下1階の全域
(焼却建屋:約23m×約40m×深さ約20cm、工作建屋:約19m×約57m×深さ約5cm)に
滞留水が広がっていることを確認しました。

焼却工作建屋については、通常時において滞留水を貯留していないことから、
プロセス主建屋内の滞留水が焼却工作建屋内(管理区域内)に流入したことにより、
建屋床面に汚染した水が広がったものと判断しました。

プロセス主建屋内の滞留水については、4月8日の分析結果から以下の通りです。
 ・セシウム134:1.0×10^7 Bq/L  
 ・セシウム137:2.7×10^7 Bq/L  

本件については、汚染水の分析結果と広がり範囲から、
4月13日午後10時15分に核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律第62条の3に基づき制定された、
東京電力株式会社福島第一原子力発電所原子炉施設の保安及び特定核燃料物質の防護に関する規則第18条第12号
「発電用原子炉施設の故障その他の不測の事態が生じたことにより、核燃料物質等(気体状のものを除く)が
管理区域内で漏えいしたとき。」に該当すると判断いたしました。

焼却工作建屋地下1階については、
建屋図面を確認したところ建屋外へ貫通している箇所はないこと、
及び焼却工作建屋周辺にあるサブドレン水の分析結果に有意な変化は見られていないことから、
現時点で焼却工作建屋から外への漏えいはないものと判断しております。

なお、焼却工作建屋地下1階に溜まった滞留水については、広がり範囲(深さ)に変化がないことを継続監視し、
建屋外への漏えいがないことを確認してまいります。
以 上



2014年4月14日 3時49分



福島第一原子力発電所 集中廃棄物処理施設焼却工作建屋への意図しない滞留水の移送について(続報)
平成26年4月14日 東京電力株式会社

焼却工作建屋への意図しない滞留水の移送についての続報です。
焼却工作建屋地下1階の漏えい範囲(深さ)が、以下のとおり前回確認時より変化がないことを確認しました。

・焼却建屋:深さ約20cm(変化なし)
 確認時間4月14日 午前2時35分(前回確認時間4月13日 午後8時30分)
・工作建屋:深さ約 5cm(変化なし)
 確認時間4月14日 午前2時50分(前回確認時間4月13日 午後9時20分)

焼却工作建屋地下1階に流入した滞留水については、
準備が整い次第、プロセス主建屋へ移送する予定でおりますが、
移送前の準備として、4月14日午前3時、移送ラインに漏えい等の異常がないことを再度確認しました。

なお、焼却工作建屋からプロセス主建屋への移送については、移送を開始した段階でお知らせ致します。
以 上


ーーーー


セシウム濃度は
 ・セシウム134:1.0×10^7 Bq/L  =10、000、000(1000万ベクレル/リットル)
 ・セシウム137:2.7×10^7 Bq/L  =27,000、000(2700万ベクレル/リットル)

※(。◔‸◔。)??計算合っていますか?10の7乗
NHKでは「1リットル当たり数百万ベクレルの高濃度の放射性セシウム」と言っていますが、
10の7乗で、1にゼロを7個つけると、1000万になって、桁が一つ違ってしまうので…悩みました。
で、検索してみたら10,000,000で合っているようで・・
2014041416.jpg
だから「1リットル当たり数千万ベクレルの高濃度の放射性セシウム」の方が正しいかも?




誤送された汚染水の量はどれだけ?(焼却工作建屋の場合)
焼却建屋:約23m×約40m×深さ約20cm=184㎥
工作建屋:約19m×約57m×深さ約5cm=54.15㎥
合計=238.15㎥=238.15トン(NHKが言っている240トンは正しい)

水の場合
1立方センチメートルが1g
10立方メートル(=10000000立方センチメートル)=10000000g
10立方メートル=10トン



セシウム合計3700万ベクレル/リットルが240トンという事は、全部でどれだけだろう?
動かないポンプが動いていた事によって、しなくても良かったはずの被ばく作業が増えてしまった。
大丈夫なんだろうか??



ー焼却工作建屋ってどこにあるの?ー
焼却工作建屋は2月にケーブルを切断した事故現場のすぐ近くだった!

<福島第一原発4号機>4号機の使用済み燃料プールの電源盤­で警報!燃料取り出し作業一時中断



建屋止水対策工事中の電源ケーブル切断について
平成26年2月25日(火)
1~4号機高温焼却炉建屋他止水対策工事において、
地盤改良に伴うボーリング掘削中に、現地盤から約-1m地点のエフレックス管内のケーブルを切断させ、
4号機使用済燃料プールの二次系冷却が停止した。
(ケーブル切断の事故現場の図面↓)
2014041414.jpg

(上記の図面から、建屋の名前の文字が見えにくかったので汚染水が誤送された建屋を赤四角で囲んでみました)
2014041415.jpg


今日の東京電力記者会見で詳しい説明がある事と思います。



2014年4月13日はこの他にもいろいろありました。

<福島第1原発>最大1トン汚染水漏れ 小型のプラスチック製タンク4/13

<福島第一原発>震度4





ーー追記ーー
2014年4月14日 東京電力記者会見資料
福島第一原子力発電所集中廃棄物処理施設 焼却工作建屋への滞留水の誤った移送について

2014041517.jpg
2014041518.jpg
2014041519.jpg





2014年4月14日 東京電力記者会見


Video streaming by Ustream



2014年4月14日 報道ステーション

福島第一原発、原因不明「ミスか故意か・・・」汚... 投稿者 kotetsu1111



関連記事

コメント

非公開コメント