スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<福島第一原発>海へ流す井戸からトリチウムが基準超”1600ベクレル”検出4/17(東電地下水バイパスの説明動画文字起こし)ー<いろいろ追記>誤魔化しているから騙されないでねー

トリチウム
放出基準が1,500ベクレル/リットル
4月15日採取した井戸水から1,600ベクレル/リットルのトリチウム

高めに設定していた放出基準を簡単に超えてしまいました!



2014年4月17日
福島第一 地下水バイパス揚水井 分析結果

2014041711.jpg





井戸の位置など詳しくはこちらのブログに書いてあります↓
<福島第一原発>海へ流す井戸からトリチウムが基準ギリギリ1300ベクレル検出4/10
~東京電力記者会見4/9文字起こし他資料


2014041018.jpg


2014041019.jpg

過去3月25日以前3週間の井戸水が1200ベクレル/リットル
前回は4月8日採取分の井戸水1300ベクレル/リットル
1週間後の15日採取分が1600ベクレル/リットル
確実にトリチウムの濃度が高くなってきています。



汲みだした井戸水をこのままタンクにためておくこともできないからと、薄めて海へ出すのでしょうか?
漁連はそれでもいいのでしょうか?





東京電力の動画
汚染水への取り組み~地下水バイパス~



福島第一原子力発電所に於いて、東京電力と協力企業で実施している汚染水へのいくつかの取り組みのうち、
地下水バイパスについて紹介します。
放射性物質を含んだ汚染水をめぐる問題には3つの側面があります。

一つ目、地下水との闘いです。
これは自然との闘いの側面が大きいといえます。

二つ目、汚染水が発電所港湾内へ流出している事です。
影響は港湾内にとどまっており、港湾外での濃度は影響のないレベルで安定を保っています。

三つ目、タンクに溜めている水が漏えいした事です。
これらは当社の体制や個々の手法に問題点があったことから、解決に向け改善策を実施中です。

この写真からもわかるように、福島第一原子力発電所は海に近い丘のふもとに位置しています。
降った雨は地中に浸透して地下水となります。
「発電所の建屋の地下を流れる地下水も元々は雨である」という見解が、
国が設置した専門家委員会からも出されています。
通常の発電所であれば、地下水自体が問題になる事はありませんが、
福島第一原子力発電所では平成23年3月11日の事故により、建屋が損傷し、
内部の核燃料と接触したり発電所内の他の汚染源と接触したりすることで、
地下水が汚染されている可能性があります。

現在のところ、毎日400トンほどの地下水などが発電所建屋内に流れ込み汚染されています。
汚染水は発電所内に溜めなければならないことから
汚染水の浄化と管理の対策はますます重要になっています。
ですのですくなくてもそうした水の一部が建屋に流れ込む事を防げれば、
現場の負担も減り大きな助けになります。

国との検討により、汚染水への対応として汚染源を取り除く、汚染源に近づけない、汚染水を漏らさない。
という、三つの大きな方針に基づくいくつかの対策を実施中、または、準備中です。

具体的には、汚染水を閉じ込め海へ漏らさない対策である海側遮水壁の設置。
また、汚染源に近づけず汚染水を閉じ込め漏らさない対策である、凍土方式による陸側遮水壁の設置などがあります。

今回紹介する地下水バイパスとは、地下水が発電所内で汚染源に触れる前にくみ上げる仕組みの事で、
汚染源に近づけない対策となります。

このアニメーションのように、発電所建屋の山側から流れてくる地下水を、建屋に入る手前でくみ上げて、
汚染されていない状態のまま海へ流します。

この地下水バイパスの稼働により、効果として、
建屋に流れ込む地下水の量が減少することを期待しています。

くみ上げた地下水は排水する前に汚染されていないかを確認します。
この時の基準値は法令上の濃度限度やWHO世界保健機関の飲料水の水質基準よりも低い値です。
放射性物質の濃度が運用目標未満であることを確認できた場合は、
海へ排出する運用となっています。







地下水バイパスから放射性物質検出
NHK 4月17日 19時38分

東京電力福島第一原子力発電所で、地下水を山側でくみ上げて海に放出する「地下水バイパス」の井戸の1つから、放出する際の目標の値を超える放射性物質が検出され、東京電力はこの井戸の水を18日、再び分析することにしています。

福島第一原発では、山側から建屋に流れ込む地下水の影響で、汚染水が1日400トンのペースで増えていて、国や東京電力は汚染水の増加を抑える対策として建屋に流れ込む前の地下水をくみ上げて海に放出する「地下水バイパス」を実施することにしています。
今月9日からは建屋の山側にある12の井戸で水のくみ上げが始まりました。
東京電力によりますと、このうち最も南側にある井戸で15日に採取した水から1リットル当たり1600ベクレルと、これまでで最も高い濃度のトリチウムが検出されました。
地下水バイパスでは放出用の水は複数の井戸でくみ上げた水を専用のタンクに集めた段階で、放射性物質の濃度を測定し、海に放出するかどうか判断することにしています。
その際、東京電力は国の海への放出基準より低く定めた目標の値を下回っていた場合に海に放出することにしていて、トリチウムの目標の値は国の基準の40分の1に当たる1リットル当たり1500ベクレルとされています。
東京電力は、今回、最大値が検出された井戸の水を18日に再び分析し、ほかの11の井戸の水と共にタンクに集めた場合、目標の値を上回るかどうか調べることにしています




12の井戸全部混ぜて分析し直します!

福島第1原発 県、個別の井戸運用の明確な基準示すよう要請

(14/04/18)FNNLocal

福島第1原発の地下水バイパス計画について、
福島県は個別の井戸の運用についても、明­確な基準を示すよう、あらためて求めた。
福島第1原発で始まった地下水バイパス計画で、
1つの井戸の水から海への放水基準を超­える、1リットルあたり、1,600ベクレル(Bq)のトリチウムが検出された。
東京電力は、全ての井戸の水を混ぜてから分析を行い、基準を上回らなければ放水すると­していて、
個別の井戸の水が基準を超えても、問題はない
としている。
しかし、基準を超えた井戸については、18日からのくみ上げを休止していて、
福島県は­、個別の井戸の水が基準を超えた場合の対応について、明確な基準を示すよう、
17日、­東京電力にあらためて求めた。




★誤魔化しているから騙されないで!
全部混ぜたら基準以下になりました!
混ぜちゃえば1600ベクレル/Lも250ベクレル/Lでーす!!

2014年4月18日
福島第一原子力発電所 地下水バイパスの現状について


2014041811.jpg

Gr1-1タンクへの貯留

4月9~14日にかけて、くみ上げ貯留した水(Gr1-1)について、
現在、当社および第三者機関による詳細分析を実施中。

また、一時貯留タンクGr1-1内の水について、
「運用目標を満たしているか」の分析(運用目標分析)を行った結果、本日(4月18日)、
当社および第三者機関の分析ともに運用目標未満であることを確認。

2014041812.jpg

週1回の定例モニタリング(4月15日採取)において、
地下水バイパス揚水井No.12のトリチウム値が「1,600 Bq/L」検出。


本日(4月18日)再度、揚水井No.12の地下水を採取。
一時貯留タンクの水質にどの程度影響を与えるかを評価し、
「運用目標値を超えるような影響がない」との評価が得られれば、当該揚水井からのくみ上げを再開する予定。


揚水井No.1~11について、本日(4月18日)11時59分~12時23分にかけて順次くみ上げを再開し、
一時貯留タンク(Gr2-1~2)に貯留中。

2014年4月18日
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果


2014041813.jpg

*第三者機関:日本分析センター
*NDは検出限界値未満を表し、( )内に検出限界値を示す。
※1 東京電力株式会社福島第一原子力発電所原子炉施設の保安及び特定核燃料物質の防護に関する規則に定める告示濃度限度
 (別表第2第六欄:周辺監視区域外の水中の濃度限度[本表では、Bq/cm3の表記をBq/Lに換算した値を記載])
※2 セシウム134,セシウム
137の検出限界値「1Bq/L未満」を確認する測定にて検出されないこと(天然核種を除く)。


ーーー


一応No12の井戸から1600ベクレル出た時事は書き込みながら、
No1~No11の井戸の水と一緒にG1というタンクに入れかき混ぜ、
日本分析センターという第三者機関にも分析してもらった結果、
東電は250ベクレルだったが、第三者機関は240ベクレル。
排出基準の1500ベクレルよりも下回ったから海へ流します。
No12の井戸からの汲み上げは今日は行わなかったけれど、
今後もNo1~11までの水と混ぜて1500ベクレルを超えなければ、また汲み上げを開始して海へ出します。

という事を東京電力は堂々と言っているんだと、私は思います。



<福一地下水バイパス>
揚水井No12のトリチウム放出限度超の汚染1600ベクレル/Lが他の地下水とごちゃまぜに!
これ、インチキだから。(4/18東京電力記者会見文字こし)




関連記事

コメント

非公開コメント

千葉県松戸市で孤独死急激増!なんと20~40代が激増!「異常事態」と

<ホットスポットで異常事態!>
★ 千葉県松戸市の孤独死急激増!しかもなんと!!20~40代が20人も!(過去最多)(千葉日報)http://bran7.net/archives/45519より全転載http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/578.html ■昨年の孤独死189人 20~40代も20人 松戸市、過去最多「異常事態」の声も(ちばとぴ 千葉日報ウェブ 2014/4/17)http://www.chibanippo.co.jp/news/local/189046 孤独死問題に取り組んでいる松戸市の常盤平団地自治会は16日、記者会見を開き、昨年1年間に市内で189人が孤独死したと発表した。データがある2003年以降で過去最多。20~40代も20人いた。50代の男性が発見されるまで210日かかった事例もあり、依然として深刻な事態であることが明らかになった。市が調査したデータを同会が公表した。・・・同自治会の中沢卓実会長は「年間189人も孤独死しているのは異常事態。しかも年々増えており、働き盛りの20~40代の人が20人もいる。痛ましい限り」とコメント。市の取り組みの現状について「『見守りが大事』という理念だけでなく、もっと具体的な対策を打たないといけない」と指摘した。
■原発問題2014 年 4 月 22 日http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/cf4bd5b074c13499b887bb435b2500d0 (1)【訃報】(松戸市在住)大坂一義・読売新聞社友が「急性白血病」で病死(2)千葉市在住、松戸市の大学に通う友人の娘が赤血球増加症、これは白血病の前駆症状でもある。血液疾患にかかる人が激増し、これが心不全や脳梗塞を発症させる(3)心筋梗塞、くも膜下出血等で身の回りで6人突然死【千葉県内3名】(4)首都圏各地、千葉県松戸市で火葬場が大混雑、お葬式10日待ち。(5)千葉県松戸市、高汚染区域。チェルノブイリだと移住の権利が認められる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。