スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<福島県内の推計人口>出生率と死亡率を日本全体と比べてみた

<福島県内の推計人口>いろいろグラフにしてみた

福島県の資料からグラフをつくっていて
出生率と死亡率は全国と比べてどうなのか?という事が知りたくなりました。
月別に出ている資料を探すのに少し苦労しましたが、
総務省統計局に日本の出生率と死亡率がありました。

政府統計の総合窓口 2011年12月
人口動態総覧,年次・月別 Excelファイル 22年1月~23年12月

政府統計の総合窓口 2013年12月
人口動態総覧,月別 Excelファイル 24年1月~25年11月

福島県の数字はこちらから↓
福島県の推計人口 福島県現住人口調査月報

福島県の数値から出した出生率と死亡率を使って、それぞれ日本の国全体の数値と比べてみました。


出生率 (クリックすると大きく見る事が出来ます)
福島県と日本比較出生率


死亡率 (クリックすると大きく見る事が出来ます)
福島県と日本比較死亡率





関連記事

コメント

非公開コメント

乳幼児連れの母親

連チャンありがとう。なんか福島、深刻そうなグラフですね。

野生の動物には危険が迫ったりするとせっかく生まれた我が子を
殺す母親の行動があるんだそうです。

後続する社会主義国が少なかったために包囲されていたソ連の
乳幼児死亡率の高さを研究してその崩壊を予想した統計学もあり
ます。

マンマミーヤの国々・・例えばイタリアでは電車やバスなどの公共交
通機関に乳幼児を連れた母親が乗り込んでくると我先にと年齢を問わず争って男性が席を譲り合います。

フランスでは婚姻は市役所に張り紙して誰か文句があるか公開の
問い合わせをして結婚成立です。人口増加は移民政策だけではない
ようです。

最近でしょうか?日本では電車バスに乳母車の母子が乗り会うことを
拒否する傾向が話題になります。駄目すぎて唖然・・残念です。男は
絶対に母親の代わりなど出来ないのだからせめて表題の「乳幼児連
れの母親」は最優先で大事にするのが当たり前だのクラッカーです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。