<いわき沖の海水にはストロンチウムやトリチウムも!>いわき沖の試験操業で水揚げされたカレイなど、原発事故後初めて築地市場に出荷~海の汚染と試験操業の検査結果~

いわき沖の試験操業で水揚げされた魚、都内スーパーで販売
(福島14/05/09)

FNNLocal 2014/05/09

2014051036.jpg

福島・いわき沖の試験操業で水揚げされた魚が、東日本大震災後初めて築地市場に出荷さ­れ、
都内のスーパーで販売された。漁業復活に向けた確かな1歩となった。

2014051037.jpg

日本中の魚が集まる東京・築地市場。
ここに、いわき沖の魚が、3年ぶりに戻ってきた。
震災後、初めて築地市場に出荷された、いわき沖の「カレイ」と「メヒカリ」。

2014051038.jpg

このうち、ヤナギカレイは、震災前より200円ほど安い、1kgおよそ1,000円で­取引された。

2014051039.jpg
購入した仲卸業者は
「福島のカレイが一番うまいんだよ、日本中で。
本当にすごい財産を­失ったんだけど、これをまた、日本人が回復しなきゃ駄目だよね」と話した。

2014051040.jpg
東都水産の鳥見春之さんは
「もうちょっとだめかなと思ったんですがね、まぁまぁ売れている方だと思いま­す。
『毎回検査してますんで』ということで、ま、売り込んでいきたいとは思いますけど」と話­した。

2014051041.jpg
古川記者
こちらが今朝取引されたいわき沖のカレイですけど震災以来久しぶりに首都圏のス­ーパーに並んでいます。


都内のスーパー「中村屋」では、福島県産の魚介類を多く販売していたが、
震災を境に扱­いがなくなり、これが、震災後初めての販売となる。

2014051042.jpg

店員:福島の水揚げの、いわき産。
男性客:へぇ~!じゃあぜひとも!

2014051043.jpg

9日は、「ニクモチカレイ」が、通常の500円より3割安い、350円で販売された。

2014051044.jpg
購入した男性は
「大変だろうけどさー、待ってたのよ。皆ががんばってるから。知り合い­もいっぱいいるから、あっちにさ」
と話した。

2014051045.jpg
中村屋の富樫 博さんは
「四面海に囲まれたこの日本ですから、それが本当の、なんというか、海を介した絆といいますか、
皆­さん本当に協力しあって、まぁ、いい商いをしていきたいし、」と話した。
復活に向けて大きな1歩を踏み出した、いわき市の漁業。
消費地でも、復活が待たれている。



ーーー

ここに出てくる人達って、みんな本当に「いい人」なんだと思います。
思いやりがあって、優しくって、・・・
とっても「いい人」なんだけど・・・・・・・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

優しくて温かくて本当にいい人が「良かれ」と思ってしている事が、
とても恐ろしくなる時が、原発が爆発してからたびたびあります。
あまりにも「いい人」なので、私はその人に
「あなたはもしかしたら他人の命を縮めているかもしれないのよ」と、直接忠告する事がどうしても出来ずにいます。

今はできるだけ産地を選んだ食材しか食べないようにしている私だけど、
近所の「いい人」が「畑で採れたの」とか「タケノコ狩りに行ったの」とか、わざわざ持ってきて下さって、
もちろん断れないから、感謝していただきます。
本当に、本当に、その気持ちは嬉しいんです。
でも、そのまま捨てちゃうときもあるし、
「エェイ!食べちゃえ!!」と思いきって食べる時もあります。
その2~3時間後に下痢をしたら「やっぱ入ってたんだ」と思うし、下痢もせず平気な時もあります。
話がそれちゃったけれど、思いやりのある頂き物が苦痛になるというのも
原子力という悪魔のなせる技だと思うのです。
そんな時私は「原子力と人との共存は絶対に無理なんだ」とあらためて実感したりしています。


漁師の方達だって、生活がかかっているし、漁業を生きがいにしていたのだろうし、
原発事故後は必至で復興を願いながら、試験操業をして・・・

そんな苦労とか、ものすごく分かっている。
だから、漁業に関しては、あんまりブログに書きたくなかったけれど、
このニュースは福島では放送されていても、東京で放送されたのを知りませんから、
なんにも知らない都民の人々も一応知っておくべきだと思って、書くことにしました。
(海を取り返しがつかないほど汚している原因をつくったのは政府の政策と東京電力にあると思っています)


とにかく、福島第一原子力発電所から毎日毎日、3年以上。
東京電力は、人為的ミスだったり、わざとだったり、見て見ぬふりだったり、本当に気がつかなかったり、
どうしようもなかったりして、
常にダラダラなのかジャブジャブなのか、海へ放射能で汚染された水が濃淡様々排出され続けています。
「汚染水は港湾内に閉じ込められているから大丈夫だ」
そう世界に言い放った日本の総理大臣、安倍という人もいますけど、
本当に福島第一原子力発電所の港湾内から外へは出ていないのだろうか?
海は広~~いから、いくら流したって、広がって薄まって、見つけられなくなってしまうのだろうか?

直近の資料を原子力規制委員会が公表しています。
海底の砂や土じゃなくて、海の上の方の水だから、
「きっとNDばかり並んでいるんだろうな」と思いながら見てみました。


宮城県・福島県・茨城県・千葉県沖における海域モニタリング結果(Cs,Sr,H-3)(海水)
(試料採取日:平成26年1月11日~28日)


平成26年3月31日 原子力規制委員会
(クリックすると大きく見る事が出来ます)
2014051031.jpg

2014051032.jpg

セシウムだけじゃなく、ストロンチウム、そしてどうしても取り除く事が出来ないトリチウム
測れる位の量になって海水に混ざっていた(◞‸◟ㆀ)

今回は、いわき沖で水揚げされた魚ということなので、
いわき沖のあたりを大きくして見てみよう。

まずは「いわき」の位置がどこなのか?
上の原子力規制委員会の図に地図を重ねてみました。
(このほうが地域が見やすいでしょ?クリックすると大きく見る事が出来ます)
2014051034.jpg

で、「いわき沖」って、この辺?
(ごちゃごちゃになっちゃったけど黄色いところ。↓クリックすると大きく見る事が出来ます)
2014051035.jpg


海水だけの測定ですが、ストロンチウムもトリチウムも入っています。
きっとその他の放射性物質も。
水深1mで全ベータ、ストロンチウム、トリチウムが検出されているのだから、
海水の中にまんべんなく混ざっているんだろうと思えるし、
セシウムもストロンチウムも下の方に落ちていって、どんどん砂に付着しているんじゃないでしょうか?

市場に出回っているのはカレイなど海の底に住んでいる魚なので
想像してみればわかるけど、きっともっと濃い海で生きているんだと思います。
あんまり移動もしないしね・・・

食物の基準の100ベクレル/kg以下だから文句を言うな!という事でしょうけれど、
基準が100ベクレル/kgという事自体が異常に高すぎるし、
検出限界値が20ベクレル/kgなんていう高い数値で調べていたって、
そんなもん怖すぎて食べる事が出来ません。
そして一番の問題は、魚のストロンチウムが調べられていないことです。


試験操業の検査結果はどのようなものなのか?

福島県における試験操業の取り組み


総括表 平成24年4月4日以降公表分(魚種別の最大値、最小値、平均、検査回数等)
(2014年5月9更新)
の表では、
「相双海域:新地町~広野町沖」と「いわき海域:いわき市沖」での検査結果が出ているので、
今回は都内で販売されることとなった「いわき海域」の部分のみ、抜粋します。

※ND:検出限界未満 → 検出限界値がいくつかなのか?記載されていません。
(「カレイ」と「メヒカリ」ビンクの四角で囲みました↓クリックすると大きく見る事が出来ます)
2014051046.jpg


海域別・年別の魚介類の放射性セシウム濃度(2014年5月9日更新)
(クリックすると大きく見る事が出来ます)
2014051048.jpg
いわき沖というのは⑦⑧⑨あたりでしょうか?(赤枠で囲みました)

⑨では
2014年1月1日~4月30日現在基準値(100Bq/kg)超過率(%)が0.00%となっていますが、
最大値で95Bq/kg検出されています。

平均値は、不検出の検体を0として計算」ということも書いてあります。
不検出=0という事はあり得ないのであって、
検出限界値がいくつだったのかその数値も記載するべきだと思います。

⑨でいうならば、2014年
447件の検査をして、100Bq/kgを超えたものはなかったけれど、
最大で95Bq/kgの検体があり、
447検体の平均をすると4Bq/kgになる。
しかし、447検体での検出限界未満はゼロとして計算。


検出限界以下をゼロにするという恐ろしい計算方法に唖然。




と・・・調べていたら、いわき海域がどこからなのかが示されている地図を見つけました。
(↓クリックするとpdfが別窓で開きます)
2014051049.jpg
これを見ると、⑥もいわき海域に入ります。
いわき海域を抜き出しました↓
2014051047.jpg

一つの表を見るだけでも、
いろんなところに注意してみなければ、事実がなかなか見えてこないという事が良く分かります。
そして、この表に於いての平均値というのは全く意味がないという事もよくわかると思います。
(理由はちょっと上に書いてあります)


⑨の海域では447尾の中に95ベクレルが入っている可能性があるし、
⑥の海域では188尾の中に300ベクレルを超えるものが入っている可能性が高くあるし・・・
そんな事を考えながら見ていると、
ここのスーパーで売られている魚の中にも100ベクレルを超えているものも混ざっている可能性はゼロではない。

この事を知ったうえで消費者は購入していきましょう。



で…ちょっと疑問

今回初めて都内で販売ということだけど、
いままで試験操業で水揚げされた魚はどうなっているんだろう(。◔‸◔。)??







関連記事

コメント

非公開コメント

ヒットラーが号令

読まして貰いました。
未だ勘違いしたフリしているのがいるのでしょうが、
他人様に毒を飲ませようとしたらそいつは悪党です。

楽しく食べるのは単に悪党に欺されたアホです。
難しく考える必要なんてあるレベルの話しでは
有るわけがないし理解してあげましょうなんて
ことをする必要なんて全くありませんよ。

また原発推進の知事・議員を選んでおいて被害県・
被害者面、前払いされている補償金を2度取りする
手口、漁連や農協はとくにそうで悪党共犯団体です。
元々乱獲でまともな仕事がない高齢化で跡継ぎもない
衰退産業に不釣り合いな新しい漁港や新式の漁船、
改善もするつもりが無くそのままアウトのつもりで
やっている連中です。

天国からヒットラーが日本を観ていて、悪党とアホと
へたれが世代急上昇だから「今だぞ!」と号令かけてます。