スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「放射線管理区域にしなければならない場所から避難させず、住まわせ続けているというのは、そこに住む人々を小さな子どもも含めて棄てるに等しく、犯罪行為です」小出裕章氏 

「美味しんぼ」福島の真実変に寄せられたご批判とご意見
週刊BIG COMIC スピリッツ 2014年5月19日 

小出裕章氏 京都大学原子炉実験所助教(原子核工学)

今も帰れない地域が存在している、危険が存在するという事実を伝える必要はもちろんあります。
国や電力会社、大手マスコミがその責任を放棄する、むしろ意図的に伝えないようにしている現状では、
そすした活動は大切です。
「鼻血」が出ることについては、現在までの科学的な知見では立証できないと思います。
ただし、現在までの科学的な知見では立証できないと思います。
ただし、現在までの科学的な知見では立証できないことであっても、可能性がないとは言えません。
科学とは、事実の積み重ねによって進んでいくもので、従来は分からなかった事が少しずつ分かっていくものです。
もちろん、心因性の「鼻血」は十分にあり得ると思いますし、
従来は知られていない鼻粘膜の損傷の機序あるのかもしれません。
人間は個人差、個体差がありますので、鼻血を出す人も出さない人もいることは当然です。
でも、私は医者でも生物学者でもないので、地域差が生じるかどうかはわかりません。
「疲労感」については、不安を抱えている中では、心因性のものは当然あるでしょう。
あるいはマスクをするなどという行為に伴う疲労もあるでしょう。

行政は、事故を引き起こしたことについて何の責任も取らないままですし、
むしろ現在は福島原発事故を忘れさせようとしており、
マスコミもそれに追随しています。
このような状況で、行政の発表に対して不信感を持たないとすれば、そちらが不思議です。
何より放射線管理区域にしなければならない場所から避難させず、
住まわせ続けているというのは、そこに住む人々を小さな子どもも含めて棄てるに等しく、犯罪行為です。



関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。