スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<福島の子どもの甲状腺がん>100万人に310人の発症率!!&5/19報道ステーション(内容書き出し)

NHKの全国放送ニュース9では、「美味しんぼ」に関しては、批判的な雰囲気で報道していましたが、
今日の県民健康管理調査で福島の子どもの甲状腺がんが確定と疑い合わせて90人になったという事に関して、
一言も報じませんでした。

報道ステーションは確定の人数50名としてちゃんと報道しました。
(3月11日の特番でも疑い含めて74人のところ確定の33人で放送していた)
津田教授のコメントもあったので、内容を書き出しました。


被ばくの影響は・・・?
福島の子どもの「甲状腺がん」50人に



福島の子どもの甲状腺がんが50人に・・・被ばくの... 投稿者 kotetsu1111
2014年5月19日 報道ステーション

13:19~
2014052011.jpg

さて、もうひとつ次のニュースなんですが、
報道ステーションでも今年の3月11日に
福島の原発事故で18歳以下の子供たちの甲状腺癌について、特集として3月11日に放送いたしました。
賛否両論、様々なご意見を頂きました。
そういう中で調査委員会がまた新たな報告書を出しまして、
子どもの甲状腺がんの人数について発表がありました。

福島県が行っている子どもの甲状腺検査。
対象者のおよそ8割の結果が公表された。

鈴木眞一:え、50名が、甲状腺がんが確定しています。

甲状腺がんの診断が確定した子どもは、
今年2月に確定した数より17人増え、50人となった。

番組では福島県内で増加する甲状腺がん患者と原発事故の因果関係について取材を続けてきた。
今年3月11日の特集では甲状腺がんと診断され、手術を受けた子どもの母親から苦悩する胸の内を聞いた。

2014052012.jpg
100万人に一人と言われた子どもの甲状腺がんが、なぜこれほど次々に見つかるのか。
今回公表した癌が確定した子どもの人数を調査総数で割ると、
およそ6000人に一人



2014052013.jpg
鈴木眞一:
えっと、通常は症状があって受診する人ですけど、広く80%以上の人を全対象者の中から検診していますので、
こういう形で見つかっているということ。
要因が全て、えー、放射線の影響による、一番放射線の事象で起こったのではないかと考える、う、には
今の時点ではそういうものを、お、見て取れるものは見つかってないという事で、


調査規模を大規模にしたため、今まで隠れていた患者が判明しただけで、
原発事故での影響ではないとの考えだ。
いわゆるスクリーニング効果と呼ばれている。

国は福島と比較するため、
青森、山梨、長崎の3県で18歳以下を対象に甲状腺の検査を実施したが。
その結果、(国の調査・2012年度)
4365人のうち一人が甲状腺がんと診断されたことも今日報告された。
2014052014.jpg 2014052015.jpg

つまり他県でも福島県に近い割合で子どもの甲状腺がんが確認されているという事なのか?


2014052016.jpg
津田敏秀教授 岡山大学大学院(環境生命科学)
福島県では0歳から18歳まで全員を対象にやっている訳ですけれども、
3県の場合はですね、調査に協力した方々、しかも年齢が上のお子さんたちが多くて、
福島と調査対象が違いますので、このままでは全く比較できません


さらに検討委員会は
過去の国連の調査で、
被ばく線量が100ミリシーベルト以下では明らかな健康への影響は確認されていないことから、
推定で100ミリシーベルトを超える被ばく者がいない福島県でも放射線による健康影響は考えにくいとしている。
しかし、委員からも疑問の声があがった。

2014052017.jpg
清水修二委員 福島第一県民健康感ぢ調査検討会:
もしですね、「100ミリシーベルト以下なら影響がない」という前提で評価してしまいますと、
もうその時点で結論が出てしまっている事になるんじゃないかと思います。
極端な話、健康調査をしなくてもいいということに、論理的になってしまうんじゃないかというふうに思うんですね。
調査の結果を評価する際に、これは判断基準にするのは適切ではない



津田教授はこれまでの検査結果から「甲状腺がんと原発事故に因果関係が無い」と断定できないと主張している。

津田敏秀教授
これまでの福島の甲状腺がんの調査では、
発見されている甲状腺がんの割合がですね、福島県内で地域的にばらつきが見られています。
こういうのはスクリーニング効果だけでは全く説明できません。

検討委員会では、甲状腺がんと診断された子どもの居住地域などについても解析を進める方針だ。

2014052018.jpg

古舘:
スタジオの恵村さん、いろいろと断定的な意見もずっと続いてはいるんですけれども、
やはり低線量被ばくというのは、
子どもの甲状腺がんとの因果関係というものはまだはっきり分からないという
謙虚な前提に立たなきゃいけないんじゃないかというふうに思うんですけどね。

恵村順一郎 朝日新聞解説委員:
「低線量被ばくがお子さんの甲状腺にどういう影響を及ぼすのか」という事について、
今の科学が知り得ているという事はあまりにも少ないと思うんですね。
「影響がない」のではなくて、「影響があるのかどうか分からない」という事だと思います。
その事をまずしっかり踏まえる必要があると思います。
まず大事なことはですね、県民の視点に立って、検査が受けやすい体制をつくって頂くことだと思うんですね。
その上で、出来るだけ多くのデータを継続的、それから定期的に蓄積していくということだと思います。
それからもうひとつなんですが、検査データを素早く本人に通知するのはもちろんなんですけれども、
このデータから何が分かるのか、あるいは何が分からないのか、をですね、
丁寧にできるだけ説明をして頂くと。
そして、相談にも応じる体制をつくって頂くことだと思います。
県民の不安というのはこれからも長く続く訳ですから、
行政や医療機関には、子どもたちや親のためにその不安に誠実に答える、
そういう息の長い取り組みをお願いしたいと思います。


古舘:どうかそこに是非もっともっと寄り添っていただきたいと強く思います


ーーー


悪性、悪性疑い90人

県民健康管理調査の資料を見てみました。

2014年5月19日
第15回福島県民健康調査検討委員会資料
2014052021.jpg

手術をしていない人を入れると90人もの人数になっています。
一番大きい腫瘍が40.5mm

90名の被災時の年齢・男女別の人数グラフ(見やすくするため数字を入れました)

2014052023.jpg

番組内では甲状腺がん確定の50名を調査人数で割っておよそ6000人に一人としている。
疑いを含めれば実際は90名となるので、もっと多くなるだろう。

検査の進捗状況によれば

2014052024.jpg

受診者数 が平成26年3月31日現在(2月21日検査分まで結果確定)で295,511人。
そのうち、結果が分かっている結果判定数が287,056人。

つまり、287,056人中50名が癌が確定していて、40名が穿刺吸引細胞診等をした結果、悪性の疑いがある。
40名のうち一人は手術で切り取ってしまった後に良性結節であったことが判明しているけれど、
「がんの疑い」という場合、手術待ちの人がほとんどだと言う事なので、90名近くなることは現実だろうと思う。

では、287,056人で89名の甲状腺がんの発生というのは
100万人に直したら何名になるのか、計算してみました。

310人!(計算間違っていないですよね?)
89×100万÷28万7056=310.044033219
あまりにビックリしちゃって、何度も計算し直しました。

なんと、100万人に一人か二人と言われた子どもの甲状腺がんが
100万人に310人!!!


現時点での確定している50人で計算してみても、
福島の子どもは、100万人に対して174人の甲状腺がんが発症している事になります。
1~2人と言われていた甲状腺がんが手術をした人だけの50人で計算しても174人になるんです。


この、…これが…「被ばくの影響じゃない」と?




今までの県民健康管理調査

2014年
<甲状腺がん50人に!>東京新聞5/18
安倍総理大臣「放射性物質に起因する直接的な健康被害は確認されていない」


<甲状腺がん悪性・悪性疑い74人>
「想定される範囲だろう」と言えると思います。〜福島健康調査記者会見全て文字起こし2/7


2013年
県民健康管理調査「子どもの甲状腺検査 がんまたは疑い59人」11/12

<甲状腺検査>福島県立医大ごっそり訂正

甲状腺がんまたは疑い43人「甲状腺がんという病気は調べればそれほど出てくるものなのか?」
8/20第12回県民健康調査検討委員会(文字起こし)


<FFTV速報 前半>
委員会新メンバーと甲状腺検査6/5
第11回福島県「県民健康管理調査」検討委員会を傍聴して(内容書き出し)


<FFTV速報 後半>生活習慣病予防の検査項目は思いっきり、放射線の影響を調べている
6/5 第11回福島県「県民健康管理調査」検討委員会を傍聴して(内容書き出し)


<県民健康管理調査>甲状腺がん確定12人・疑い15人6/5東京新聞

<OurPlanetTV独自調査>
「今後必ず誤診がでる」賠償1事故10億円の保険に加入:県民健康管理調査福島医大


福島県が開示した甲状腺検査の自治体別判定結果(2011年度)

<甲状腺がん>
「今回の調査結果で過去に書かれた論文・発表が、かなり覆される可能性がありますが…?」
山下俊一氏質疑応答2/13(文字起こし)


<甲状腺がんの頻度>
「超音波検診」と「潜在癌」鈴木眞一氏質疑応答2/13(文字起こし)


新たに2人甲状腺がん7人に疑い「放射能の影響は否定」
福島県立医大鈴木眞一教授2/13


第10回「県民健康管理調査」検討委員会2013.2.13 <質疑応答文字起こし・ほとんど全部>

2012年
またひとり「甲状腺検査の1次検査で、がんの疑い」  2012/11/17

「日本の子どもはチェルノブイリとは違ってヨウドが過剰だから大丈夫!」
県民健康管理調査『甲状腺検査』説明会 11/10鈴木眞一氏質疑応答(内容書き出し)


県が主導「原発事故とがん発生の因果関係を否定する秘密会議」毎日新聞スクープ記事

モーニングバード&ワイドスクランブル10/4
福島県民健康調査「秘密会議」時間の経過で新しく出てきた情報(番組内容書き出し)


甲状腺検査めぐる不満も… 福島健康調査で「秘密の会合」10/3報道ステーション(内容書き出し)




環境省の調査
<甲状腺検査>環境省福島県外3県甲状腺検査結果「各年代とも福島県外の方が大きい」&
茨城県東海村検査結果(410名中2人再検査、98人A2判定)
「住民が不安に思うデータは何もない」


子どもの甲状腺検査 福島県以外と同じ 環境省速報 2013年3月8日


津田教授
<甲状腺がん>原発の事故の話しが無ければ、「原因不明の多発」です
3/6津田敏秀教授OurPlanetTV (文字起こし)



茨城県
<甲状腺検査・茨城13歳女子>
"甲状腺に何らかの異常がある52%"と"異常なし48%"を逆転!専門家「心配するようなことは全くない」


宮城県
宮城県丸森町子どもの甲状腺結果公表~しこり・のう胞無し86.7%





2014年3月11日 報道ステーション 内容書き出しブログ

1.子どもが甲状腺がんに・・・ 母が苦悩の告白3/11報道ステーション(内容書き出し)

2.「甲状腺がん増加は4~5年後」チェルノブイリの“知見”検証3/11報道ステーション
  (内容書き出し)


3.「不安あおる」と県に止められた甲状腺初期被ばく調査3/11報道ステーション(内容書き出し)

<甲状腺がん>母の告白・チェルノブイリの知見・初期被ばく調査に横やり





100万人に1~2人 →100万人に310人

300倍も多発しているというのに、「被ばくの影響じゃない」というのなら、
本当の影響がどこにあるのか、大きな問題にして調べなきゃいけないんじゃないの?
風疹が流行っているとか、はしかが流行っているとか、そんな時は大騒ぎするのに、
なんか、みょ~に静か。

風疹と麻疹は多発するとメチャクチャ慌てて「予防注射しろ」と「奇形児が生まれる」とか
煩い位、とくにNHKは叫んでいるのに、
なんで普段の300倍も子どものがんが増えているのに、黙っているんだろう?
「美味しんぼ」のニュースと一緒に、甲状腺がんの結果もちゃんと報じるべきだと私は思う。

県民健康管理調査で、必死になって、「被ばくとの関連性はない」って否定ばっかりしてないで、
そんなら、本当の原因は何なのか?
鳥インフルエンザより多発してるんだから、
もっと真っ青になって、慌てて調査しているはずなんだけどな。

そんな様子もなく「スクリーニングのせいだ」とかなんとか言っちゃって、のんびりしている姿が
なお一層怪しくなる。

そして、鈴木眞一氏の話し方は、ますます必死にごまかそう感パワー全開だ!



それから私がとても心配なのは、
このような調査をしていない東京都や千葉や神奈川、埼玉、群馬・・・・等の関東に住む子どもたち。
親も全く気にしていない様子だし、
手で触って分かるくらい大きくなってから初めて甲状腺がんだと分かる子どもたちが増えるのではないか?と。
福島県だけじゃなく、その他地域も同じようにヨウ素被ばくをしているので、
(水道水からヨウ素が出ていた位だから)
とてもとても心配です。


関連記事

コメント

非公開コメント

ひらた中央病院

無料で甲状腺がん検査を行っている医療機関です。みんなで寄付しましょう。
http://www.cataloghouse.co.jp/yomimono/ochiai/hirata/

このデータを見ると、福島県の発表より、もっと癌が多発している可能性が高いと思う。福島県のデータとひらた病院のB判定の率は、ひらた病院のほうが統計的に高い。A2判定は統計が不要なほど、ひらた病院が高いですね。

被ばくに関連して発症の証明

「六号通り診療所所長のブログ」に下記のような内容があります。切除した組織は保存されているのか。保存されるべきと考えますが。
http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/archive/201311-1

ただ、今回の福島の事例について言えば、
被ばく後5年位で被ばく量が多いと想定される地域で、
特に10歳未満の若年層に癌の発症が増え、
その一連の事例においてのRET/PTC3再配列異常の比率が、
通常より明確に高頻度であれば、
その一連の癌は放射線の被ばくに関連して発症した可能性が高いと、
かなりの蓋然性を持って言うことが可能

No title

私も思いました。
栃木とかの子どもは、放置されているの?!?
ひらた中央病院では、福島県外の人の検査もしていると、紹介ページに有りました。
円安と消費税増税のせいで、もともと軽い財布が、ますます頼りなくなっていますが、頑張ってカンパしようと思います。
原子力マフィアは、兵糧攻めで攻めてきている感じがします。知恵と工夫で頑張って、応援です。負けてはいられません。

No title

福島県の子供は、「全員検査の結果突出している」。
福島県以外の子供は、「自覚症状がある子供のみ検査」
という事だそうですね。
福島県以外の子供も全員検査すれば良いのに。

No title

がんは三大療法で死ぬ(このワードで検索)

福島の子供たちは放射能より医療に殺される可能性が高い
がんが本当はどういう病気なのかを拡散していかないと
私たちがあれこれ福島の人に甲状腺がんがどうのと叫んでも
逆に福島の人々を地獄に送る手伝いをしてしまうだけになる

殆どの方はあえて口にしませんが、多くの人はそれを分かってるはずです
今こそ医療のタブーを打ち破り拡散していきましょう
福島の人々を本当の意味で救いましょう

子供の甲状腺ガンの転移スピードは極めて早い為、異常を感じ病院に行くでしょう。
潜伏期間が長くないので震災前後かかわらず罹患率は変わらないハズ。
それがこれ程違うのは影響が出ているとしか思えない

No title

>福島県以外の子供も全員検査すれば良いのに。

この調査に使う、超音波が、甲状腺がんを誘発させているという話があるので、安易に全員検査とかできない。

100万人に310人というのは、アメリカの罹患率。韓国では100万人に対して810人の罹患率。


100万人に1~2人 →100万人に310人!!300倍も増えてる!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

そりゃ、甲状腺癌と疑われた子と同じ放射線量を浴びてたら、310人になりますわな。
ただ、福島県内で線量にばらつきがあるから、310人になるとは言えない。
実際、私の学校と友人2人の学校の結果を聞いたけど、2000人中1人も疑いがある人はいなかった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。