スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<大飯原発>運転差し止めを命じた福井地裁の判決要旨・他いろいろ

2014052211.jpg


大飯原発差し止め訴訟の判決要旨 危険性が万が一でもあれば
福井新聞 2014年5月21日午後8時42分

関西電力大飯原発3、4号機の運転差し止めを命じた21日の福井地裁の判決要旨は次の通り。

 【主文】
大飯原発3、4号機を運転してはならない。

 【福島原発事故】
原子力委員会委員長は福島第1原発から250キロ圏内に居住する住民に避難を勧告する可能性を検討し、チェルノブイリ事故でも同様の規模に及んだ。250キロは緊急時に想定された数字だが過大と判断できない。

 【求められる安全性】
原発の稼働は法的には電気を生み出す一手段である経済活動の自由に属し、憲法上は人格権の中核部分よりも劣位に置かれるべきだ。自然災害や戦争以外で、この根源的な権利が極めて広範に奪われる事態を招く可能性があるのは原発事故以外に想定しにくい。具体的危険性が万が一でもあれば、差し止めが認められるのは当然だ。

 【原発の特性】
原子力発電技術で発生するエネルギーは極めて膨大で、運転停止後も電気と水で原子炉の冷却を継続しなければならない。その間、何時間か電源が失われるだけで事故につながり、事故は時の経過に従って拡大する。これは原子力発電に内在する本質的な危険である。

施設の損傷に結びつく地震が起きた場合、止める、冷やす、閉じ込めるという三つの要請がそろって初めて原発の安全性が保たれる。福島原発事故では冷やすことができず放射性物質が外部に放出された。

 【大飯原発の欠陥】
地震の際の冷やす機能と閉じ込める構造に欠陥がある。1260ガルを超える地震では冷却システムが崩壊し、メルトダウンに結びつくことは被告も認めている。わが国の地震学会は大規模な地震の発生を一度も予知できていない。頼るべき過去のデータは限られ、大飯原発に1260ガルを超える地震が来ないとの科学的な根拠に基づく想定は本来的に不可能だ。

被告は、700ガルを超えるが1260ガルに至らない地震への対応策があり、大事故に至らないと主張する。しかし事態が深刻であるほど、混乱と焦燥の中で従業員に適切、迅速な措置を取ることは求めることができない。地震は従業員が少なくなる夜も昼と同じ確率で起き、人員の数や指揮命令系統の中心の所長がいるかいないかが大きな意味を持つことは明白だ。

また対応策を取るには、どんな事態が起きているか把握することが前提だが、その把握は困難だ。福島原発事故でも地震がどんな損傷をもたらしたかの確定には至っていない。現場に立ち入ることができず、原因は確定できない可能性が高い。

仮にいかなる事態が起きているか把握できたとしても、全交流電源喪失から炉心損傷開始までは5時間余りで、そこからメルトダウン開始まで2時間もないなど残された時間は限られている。

地震で複数の設備が同時にあるいは相前後して使えなくなったり、故障したりすることも当然考えられ、防御設備が複数あることは安全性を大きく高めるものではない。

原発に通ずる道路は限られ、施設外部からの支援も期待できない。

 【冷却機能の維持】
被告は周辺の活断層の状況から、700ガルを超える地震が到来することは考えられないと主張するが、2005年以降、全国の四つの原発で5回にわたり想定の地震動を超える地震が到来している事実を重視すべきだ。

過去に原発が基準地震動を超える地震に耐えられたとの事実があっても、今後大飯原発の施設が損傷しないことを根拠づけるものではない。基準地震動の700ガルを下回る地震でも外部電源が断たれたり、ポンプ破損で主給水が断たれたりする恐れがある。その場合、実際には取るのが難しい手段が功を奏さない限り大事故になる。

地震大国日本で、基準地震動を超える地震が大飯原発に到来しないというのは根拠のない楽観的見通しだ。それに満たない地震でも冷却機能喪失による重大な事故が生じうるなら、危険性は現実的で切迫した危険と評価できる。このような施設の在り方は、原発が有する本質的な危険性についてあまりに楽観的だ。

 【使用済み核燃料】
使用済み核燃料は原子炉格納容器の外の建屋内にある使用済み核燃料プールと呼ばれる水槽内に置かれている。本数は千本を超えるが、プールから放射性物質が漏れた時、敷地外部に放出されることを防御する原子炉格納容器のような堅固な設備は存在しない。

福島原発事故で、4号機のプールに納められた使用済み核燃料が危機的状態に陥り、この危険性ゆえ避難計画が検討された。原子力委員会委員長の被害想定で、最も重大な被害を及ぼすと想定されたのはプールからの放射能汚染だ。使用済み核燃料は外部からの不測の事態に対し、堅固に防御を固めて初めて万全の措置といえる。

大飯原発では、全交流電源喪失から3日たたずしてプールの冠水状態を維持できなくなる危機的状況に陥る。国民の安全が優先されるべきであるとの見識に立たず、深刻な事故はめったに起きないだろうという見通しで対応が成り立っている。

人格権を放射性物質の危険から守るとの観点からみると、安全技術と設備は、確たる根拠のない楽観的な見通しの下に初めて成り立つ脆弱(ぜいじゃく)なものと認めざるを得ない。

 【国富の損失】
被告は原発稼働が電力供給の安定性、コストの低減につながると主張するが、多数の人の生存そのものに関わる権利と電気代の高い低いという問題を並べて論じるような議論に加わり、議論の当否を判断すること自体、法的には許されない。原発停止で多額の貿易赤字が出るとしても、豊かな国土に国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の損失だ

被告は、原発稼働がCO2(二酸化炭素)排出削減に資すると主張するが、福島原発事故はわが国始まって以来最大の環境汚染であり、原発の運転継続の根拠とすることは甚だしく筋違いだ



判決文全文原子力資料情報室より)←全文を読んでみましょう

関西電力大飯原発3,4号機運転差し止め訴訟 福井地裁判決謄本_前半部 pdf

関西電力大飯原発3,4号機運転差し止め訴訟 福井地裁判決謄本_後半部 pdf


大飯原発判決で国、関電反応は 「方針に変わりない」「速やかに控訴」
福井新聞 2014年5月21日午後4時39分

菅義偉官房長官は21日の記者会見で、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転差し止めを命じた福井地裁判決に関し、原子力規制委員会の規制基準に適合すると認められた場合には、再稼働を進める政府方針に変わりはないとの認識を示した。

また、関西電力は同日、「判決文の詳細を確認の上、速やかに控訴の手続きを行う」とするコメントを出した。

原子力規制委員会の田中俊一委員長は「司法判断について申し上げることはない。大飯についてはわれわれの考え方で審査をしていく」と述べた。

 ■大飯原発3、4号機■

関電が所有する加圧水型軽水炉(PWR)。福島事故の影響で2012年5月に国内の全原発が停止後、全国で初めて同年7月に再稼働。本県などの住民は同年11月、運転差し止めを求め福井地裁に提訴した。13年9月に定期検査に入り現在は停止している。同年7月に施行された新基準のもとで再稼働に向けた安全審査が行われているが、基準地震動はまだ確定していない。




この判決を認めたくない輩たち

大飯原発 運転再開認めない判決
NHK 5月21日 22時01分
(上記ニュース動画より一部文字起こし)

2014052213.jpg
原子力規制委員会田中俊一委員長
司法の判断について私の方から申し上げる、うー、ことはないと。
我々は、我々の考え方での適合審査をしていくと。


地震の揺れが想定を超えると直ちにメルトダウンに結びつくかのように書かれているなど、
科学的にはかならずしも納得できない面があると述べた一方でこう話しています。

2014052214.jpg
入倉幸次郎日本地震学会元会長
完全に安全だと言うには、あのー、大飯原発の実状は納得できるものではないと、
いわば警告を発していると。
あるレベルを超えたから、突然、あのー、崩壊が起こるという事ではなくて、
いろんな段階があるから「それに対して対応策もとっています」っていうことを説明しながら、
国民の理解を取っていくことが必要だと思います


2014052215.jpg
関西電力
これまでの主張が裁判所に理解してもらえなかったことについて、
誠に遺憾だと考えている。
判決文の詳細を確認したうえで速やかに控訴の手続きを行い、
控訴審に於いて引き続き安全性を主張していきたい。




2014052216.jpg
福井県おおい町中塚寛町長
司法の判断は司法の判断として、粛々と受け止めざるを得ないと。
現在進められている、規制委員会の安全審査というものを
しっかりと注視をしていく
という立場でございます。




Q:規制委員会で安全性を確認して、安全性が確保されたら動かしていくという方針でしたけれども、
これに対して現時点では、

2014052217.jpg
菅義偉(すがよしひで)官房長官:
そこは全く変わりません。
世界で最も厳しいと岩荒れる安全基準。
そうしたものをですね、えー、えー、そのー、規制委員会で、しっかりとした審査をしていただく中でですね、
その結果を待つという事で、
あくまでも安全を客観的に判断してもらったうえで再稼働をするという、
その事がわたくしは正しいというふうに思っております。


NHK:今日の判決は原発の安全をどう考えるべきかの議論に一石を投じるものになりました。




2014052218.jpg
「素人の無見識な判決」 宮崎阪大名誉教授
産経ニュース2014.5.21 20:14

宮崎慶次大阪大名誉教授(原子力工学)の話
福井地裁判決のような理由を挙げれば、全ての原発は動かせなくなる。
基準地震動を下回る地震でも主給水と外部電源が断たれる恐れがあるとしているが、補助給水のシステムがあり冷却機能は維持できる。関西電力は東京電力福島第1原発事故後、外部から水や電源を送り込む装置を取り付け、原子炉を冷却する対策も十分施している。大飯原発は加圧水型で、福島第1原発とは仕組みが異なり、外部から冷却することは容易だ。判決は、原子力の素人が下した無見識で無謀なものだと言わざるを得ず、司法の威信を損ないかねない。





大飯原発の運転差し止め命じる 福井地裁が判決
福井新聞 2014年5月21日午後3時15分)

安全性が保証されないまま関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)を再稼働させたとして、福井県などの住民189人が関電に運転差し止めを求めた訴訟の判決言い渡しが21日、福井地裁であり、樋口英明裁判長は関電側に運転差し止めを命じた。

全国の原発訴訟で住民側が勝訴したのは、高速増殖炉原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の設置許可を無効とした2003年1月の名古屋高裁金沢支部判決と、北陸電力志賀原発2号機(石川県志賀町)の運転差し止めを命じた06年3月の金沢地裁判決(いずれも上級審で住民側の敗訴が確定)に続き3例目。

大飯3、4号機は昨年9月に定期検査のため運転を停止。関電は再稼働に向け原子力規制委員会に審査を申請し、新規制基準に基づく審査が続いている。

審理では、関電が想定した「基準地震動」(耐震設計の目安となる地震の揺れ)より大きい地震が発生する可能性や、外部電源が喪失するなど過酷事故に至ったときに放射能漏れが生じないかなどが争点となった。

大飯原発3、4号機をめぐっては、近畿の住民らが再稼働させないよう求めた仮処分の申し立てで、大阪高裁が9日、「原子力規制委員会の結論より前に、裁判所が稼働を差し止める判断を出すのは相当ではない」などとして却下していた。

脱原発弁護団全国連絡会(事務局・東京)などによると2011年3月の東京電力福島第1原発事故後、全国で住民側が提訴した原発の運転差し止め訴訟は少なくとも16件あり、福井訴訟が事故後初めての判決となった。




あの日の野田を忘れない
歴史に残る日本の総理大臣の会見「大飯原発再稼働」野田総理大臣6/8(会見内容書き出し・音声あり)




出世よりも倫理を選んだ裁判長

あまりにも素晴らしい判決文なので、
わたしは福井地裁の樋口英明裁判長の今後がとても心配になりました。

2014052212.jpg



「無主物」裁判、裁判の在り方を問う・神保&青木ニュースコメンタリー12/3(内容書き出し)

青木:
裁判所の保守化というかね
行政訴訟における所の現状追認というのはもちろん一つの零点としてあるけれども、
でもやっぱり、裁判官も人間ですからね、人間の組織ですからね。
って考えると、
原発以外にもいろんな問題がある訳ですよ。
公害訴訟だったりとか、憲法判断だったりとかね。
というようないろんな問題があるので、もちろん当面は原発のっていうのは大きいんだけども。
でも考えてみると、人間の社会なので、あそこも。
だからやっぱり、人事。
特に人事ですよね。組織の人で、
だから人事で、人事っていうのは裁判所の場合は転勤が伴うのでお金にもかかわるし、
それから、生活にもかかわる、家族にもかかわる、人間としての裁判官の全てにかかわるわけじゃないですか。
だって、出世欲っていうのもある。


だからそれを、最高裁事務総局がギュッっと握っちゃって、
もう、「こういう判決出したら干されるぞ」と
で、実際に干しちゃう訳でしょ?


神保:干しちゃいますね。

青木:
そういう事実があって、で突然定年が間近になると、やたら、まともな判決をバンバン出す様になったりとか、
っていう事を考えるとね、
やっぱり、その、最高裁事務総局を頂点とする裁判官の今の人事システムというか

神保:
問題だよね



稼働している原発の裁判で運転差し止め判決を下したただ一人の裁判官井戸謙一さんのお話
原発と国「もと裁判官に聞く司法の限界」井戸謙一氏 
たねまきジャーナル1/25(内容書き出し・参考あり)


"菅原文太 日本人の底力"  其の一
「日本の裁判"制度"というか、裁判"官"のあり方というか、 もうひとつ言えば"裁判"のあり方」
6/30井戸謙一(文字起こし)





樋口秀明裁判長は民事のベテラン
産経ニュース 2014.5.22 00:08

大飯原発の運転差し止めを命じた福井地裁の樋口英明裁判長(61)は、民事訴訟のベテラン裁判官。三重県出身で昭和58年に任官し、福岡地裁を振り出しに、大阪地裁判事、名古屋地裁判事、名古屋地家裁半田支部長などを務めた。

平成16年6月、旧東海銀行(現三菱東京UFJ銀行)が連帯保証人に約2億2千万円の支払いを求めた訴訟の名古屋地裁判決では、「銀行側が債権回収を約10年間放置した」と認定、請求額を大幅に下回る3千万円にとどめた。

17年には愛知県瀬戸市の市街地開発事業に伴い、代替地に陶器片などの産業廃棄物が埋まっていたとして市内の男性が撤去費用の支払いを求めた訴訟では、市に約640万円の賠償を命じた。

24年9月に福井地裁で始まった「全国トンネルじん肺第4陣福井訴訟」も担当した。





30年以上のベテラン 大飯運転差し止めの樋口裁判長
中日新聞 2014年5月21日 17時14分

関西電力大飯原発3、4号機の運転差し止めを言い渡した福井地裁の樋口英明裁判長(61)は任官30年以上のベテラン。2012年4月、同地裁に着任後、さまざまな民事訴訟を担当してきた。

今回の差し止め訴訟では、13年2月の第1回口頭弁論から判決まで約1年3カ月のスピード審理を指揮。原告団は「関電の訴訟引き延ばしに厳しい姿勢を示してきた」と評価している。

三重県出身。1983年に判事補となり、福岡地裁を振り出しに静岡、宮崎、大阪、名古屋などの各地裁を経て2009年から12年まで名古屋地裁半田支部長を務めた。

昨年12月、勤務中の事故後に発症した精神障害が原因で夫が自殺したとして、福井県の女性が遺族補償などの不支給処分取り消しを求めた裁判では、障害に起因する自殺だったと認め、処分を取り消した。

(共同)





福井地裁の樋口英明裁判長の勇気に感謝いたします。




関連記事

コメント

非公開コメント

司法は生きていた

きーこちゃん、
久々に読んでいて嬉しくなる書き起こし
ありがとうございます

「大飯原発3、4号機を運転してはならない。」

住民の「命」を最優先に考えれば
当たり前の「主文」

それを口にするのに
これほど多くの勇気と覚悟を要する
今の日本の現状って...

例の「美味しんぼ」騒動も、そうです。

福島のみなさんには
子どもたちを安全な場所に避難させる
勇気を持ってもらいたい

私たちは
それを全力でサポートしなければならない

それが物語の終盤に語られたメッセージでした。

どうか、この日本が
貧富の差に関係なく
命を大切にする国でありつづけてくれますように。


No title

金沢地裁が志賀原発2号機の運転差し止めを命じて以来ですね
tp://blogs.yahoo.co.jp/electric_cat2003/29746956.html

判決の翌年(2007年)、能登半島地震と中越沖地震が発生しました

3月25日の能登半島地震の10日前、1号機の臨界事故(1999年6月18日発生)が発覚、経産省命令で運転を停止中でした

7月16日の中越沖地震
【安倍、事故隠しに荷担か?~柏崎刈羽原発を視察したのは何のため?】
tp://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/7630e388f3bb29d617eb74e6b0390bfd
tp://www.union-net.or.jp/cu-cap/genpatuinpei0722.htm

No title

感動して

涙が

★原発のコストが安いという嘘がある限りどうにもならない

マスコミが広めた嘘である「コスト安い原発稼動しないと電気代上がる」をどうにかし
ないと
このニュースも喜べないですね
大々的にこのニュースを流すことで電気料金値上げに理解をという展開でしょう

嘘を理解している我々からすれば
これは、原発稼動という脅迫と引き換えに電気料金を値上げするただのヤクザです
この状況は安心したり喜べるような状況じゃないと思います

もしもの話ですが
私たち国民が全員で「電気料金を上げるくらいなら原発稼動して下さい」と
仮に言ってみても、原発村は原発を稼動してくれないでしょう(笑)
彼らの真の目的は、電気料金値上げと増税だけが本当の目的ですから。


ですので、金が欲しいだけの議員・大企業・原発村の彼らは
原発のコストが安いという嘘を適用して予備電力として原発を維持しつつ
原発のコストが安いという嘘を利用して電気料金を上げることが出来ます
原発のコストが安いという嘘がここまで影響を及ぼしているのです

私たちには、国民に広めなければいけない嘘や真実がたくさんあります
原発のコストが高いという真実や
がんは治療すると死ぬという真実や
東電が事故を起こしたのは津波で仕方なくというわけでなく過失だったという真実など
言い出せばきりがないくらい嘘だらけです
これら、政府大企業原発村が二重にも三重にも重ねてきた嘘に洗脳された国民を
私たちは正気に戻さなければいけないのです

そうしなければ、原発を動かしたり止めたりするたびに
電気料金の値上げを迫られ、馬鹿馬鹿しい搾取を永遠に受け続けることになるのです

民主主義は数です、多くの国民の意見を覆さなければ私たちはこの国を動かすことはできません

国民の95%が脱原発で味方だ!ガンバレ司法!

★【なんと!国民の95%が反対する「日本国有史以来、最凶のアホウ政策=原発再稼働」を推進する、「日本歴史史上・永遠にその名が刻まれる、史上最悪の究極オバ~カ政権=安倍自民+石原維新(補完)」は、やはり原発・放射能問題で滅びる】→なぜなら、過去の公害と異なり、これだけは、絶対解決しないから、放射能症は遅発性のため3年目のこれから大々的に発症。★「脱原発」意見、9割超!エネ計画のパブリックコメント(朝日新聞)(朝日新聞2014/5/24)www.asahi.com/articles/ASG5L0FYJG5KULFA00K.html
http://www.asyura2.com/14/genpatu38/msg/380.html
安倍内閣が4月に閣議決定したエネルギー基本計画をつくる際、国民に意見を募った「パブリックコメント」で、脱原発を求める意見が9割を超えていた可能性があることがわかった。朝日新聞が経済産業省に情報公開を求め、開示された分について原発への賛否を集計した。経産省は、そうした意見をほとんど反映しないまま、基本計画で原発を「重要なベースロード電源」と位置づけた。・・・(以下ブログ氏のコメント)パブコメを募集した以上、その集計を発表する義務があると思いますが、あまりに原発反対が多く都合が悪いので、経産省は故意に集計結果を伏せていたのでしょう。非常に悪質です。【95.2%が反対】ということは、【わずかな原子力ムラ住民を除いて国民全員が反対】ということです。国民の意見を無視すれば、やがて支持を失い政界から去らなければならなくなる。政治家はよく考えるべきです。吉田調書もそうですが、最近の朝日新聞はややまともになりつつあります。阿修羅などにボコボコに叩かれ非難されて、少しは改心したのかと思いたいですが、実際は、原子力ムラのフトコロ事情が悪くなり、以前ほど金が来なくなって、ムラの言うことを聞かなくなり始めているのでしょう。
http://ameblo.jp/sunamerio/entry-11380553912.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。