三春町の小中学生調査 内部被ばくレベル「極めて低い」〜早野龍吾教授とひらた中央病院〜


三春町の小中学生調査 内部被ばくレベル「極めて低い」
(福島14/06/18)

FNNLocal 2014年6月18日

2014061913.jpg

福島・三春町の小中学生を対象に行った検査で、
地元の農産物を食べたことによる内部被ばくのレベルは、極めて低いことがわかった。
これは、東大大学院の早野龍吾教授などが、ひらた中央病院の協力を得て実施した調査でわかった。

2014061914.jpg

早野教授によると、ひらた中央病院は、三春町の小中学生およそ1,500人を対象に、
ホールボディカウンターを使った内部被ばく検査を行ってきた。

2014061915.jpg


その結果、2013年までの2年間で、
検出限界値の300ベクレル(Bq)を超える射性セシウムが検出された子どもは、1人もいなかった。
子どもの多くは、地元産の米や野菜などを食べていると答えていて、
早野教授は「コメを中心に、県産の食品の汚染レベルが極めて低いことが、
内部被ばくの低さにつながっている」としている。

このニュースのキーワードは
東大大学院早野龍吾教授とひらた中央病院

早野龍吾教授

「今、食材でなにが汚染されているか?」武田邦彦氏(音声文字起こし)
&「福島県民内部被ばく無し」の東大早野龍五教授

原発事故の後、福島県の住民について内部被ばくの調査をしたところ、
99%の住民からは放射性セシウムが検出されなかったことが分かりました。

東京大学の研究チームは、
去年の3月から11月にかけて、福島県の住民など2万人余りを対象に内部被ばくの状況を調査しました。
その結果、年間0.01ミリシーベルトを超えるセシウムが体内から検出されたのは212人で、全体の1%でした。
15歳以下の子どもは去年5月以降、1人も検出されませんでした。

研究チーム(東京大の早野龍五教授らのチーム)は
「食品の出荷規制が守られ、市場に流通した商品のセシウム濃度が極めて低かったことが理由とみられる」
と分析しています。
また、
「1986年のチェルノブイリ原発事故と比べて、内部被ばくが非常に低いことが示された」としています。




「身体の中に3万ベクレル入っている時にやっと1ミリ(ホールボディカウンター)になる」
竹野内真理さんインタビュー2/18(一部文字起こし)

先程も言ったように内部被ばくに関しては1ミリでもダメなんですね。
いま、ホールボディカウンターで
東大の早野龍五(はやのりゅうご)先生と坪倉正治(つぼくらまさはる)先生が
ホールボディカウンター研究をなさっていて、
「1ミリに達した人はほとんどいない」
「だから、大丈夫だ」という事をやっているんですけど、
これ論文の実物をちゃんと読むと、
1ミリというのは、身体の中に3万ベクレル入っている時にやっと1ミリになるんだそうです。
で、3万というのはどういう事か?っていうと、
60kgの体重のある大人で500ベクレル/kgですよ。
低レベル放射性廃棄物が100ベクレル/kgでしょ。
60kgの大人でも、5倍の濃度です。

これが30kgの子どもだと、500ベクレル/kgで、
それで「1ミリの人がいないから大丈夫だ」なんてそんなのあり得ない。




ひらた中央病院

復刻版<甲状腺がん>母の告白・チェルノブイリの知見・初期被ばく調査に横やり
島県平田村
そこに福島県立医大と距離を置き、子どもたちの甲状腺検査などを無償で行っている病院がある。(ひらた中央病院)
エコー検査にかける時間は県の検査よりもはるかに長い。
内部被ばくを測るホールボディカウンターも子ども用の物を導入。
2014031171.jpg

2014031172.jpg
3歳と5歳の子どもを持つ母親:
チェルノブイリでも後から甲状腺の癌が出たとかあったので、
小さいうちから検査を受けておいて、早めに分かれば治療なりなんなり出来るのかなと思って、


2014031173.jpg
ひらた中央病院を運営する 佐川文彦理事長:
今原発事故が起きて、あれからまだ3年しか経っていないんですよ。
まだ集結していないんですよ。
「放射能は心配ありません」「これは問題ありませんから」と言い切れる問題ではないと思う。



関連記事

コメント

非公開コメント