スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セクハラ野次の犯人探し

「金目」もそうだけど、とにかく自民党議員の人間的なレベルの低さが際立つ

2014062036.jpg

都議会セクハラ野次 犯人疑われる自民議員の支離滅裂釈明
日刊ゲンダイ 2014年6月21日

誰がヤジを飛ばしたのか。犯人捜しが続いている。

都議会の本会議で18日、女性の妊娠・出産に関する都の支援体制について質問した女性議員に対して、自民党の議員席から「早く結婚しろ」「産めないのか」「子供もいないのに」といったヤジが相次いだことが大問題になっている。しかも、自民党議員たちはゲラゲラと笑っていた。

「質問していたのは、みんなの党の塩村文夏議員(35)です。彼女は、かつて日テレのバラエティー番組『恋のから騒ぎ』に出演していた1回生の美人都議。彼女が質問の途中に泣き出したこともあって、テレビも取り上げる騒ぎになっています」(都庁関係者)

自民党は「発生源が自民かどうか分からない」とトボけているが、塩村議員は発言議員を特定し処分するよう議長宛てに要求書を提出した。どうやら、犯人の目星はついているらしい。

■「ヤジは皆、言っているよ」

犯人と疑われているのは、中堅議員のSです。19日は一日中、ソワソワと落ち着きがなかった。メディアもS議員を犯人だとみています。委員会室から出てきたところをテレビカメラに囲まれたSさんは『私ではない』と否定しながら、<もし、私だったら謝罪しなければ>と支離滅裂な言葉を発し、ますます疑惑を深めている。しかも、現場にいたくせに<どんなヤジだったの?>としらじらしいことを口にするものだから呆れられています」(都庁職員)

ヤジを飛ばしたのは、S議員なのか。日刊ゲンダイ本紙が事務所に取材を申し入れると、1時間後、本人から電話があった。

いきなり大声で「誰が私だって言っているんだ!」「ヤジは皆、言っているよ」と大荒れ。「ヤジは飛ばしていない」という。いったい、S議員はどんな人物なのか。


「典型的な右翼政治家、声がデカイことで有名です。尖閣諸島問題で名を売った。ホームページでは<子育て支援>や<女性が働きやすい社会>をうたっています」(自民党関係者)

ヤジの声はマスコミ各社のICレコーダーに残っている。S議員の潔白を証明するためにも、ぜひ声紋鑑定をやって欲しい。



ヤジ都議認定へ声紋分析 辞職も要求へ
日刊スポーツ 2014年6月21日

地方議会のやじが国政を巻き込むこととなった。東京都議会の一般質問で、みんなの党の塩村文夏都議(35)が晩産化の支援策を求める質問中、「早く結婚すればいいんじゃないか」などのセクハラやじを受けた問題で20日、同党の浅尾慶一郎代表が党として発言者特定の声紋分析と、議員辞職を要求する方針を表明した。

同日午前、塩村都議は地方自治法133条に基づき、都議会議長宛てに処分要求書を提出。しかし、議長側は発言者が特定されていないとして受理せず、確認した上で同日中に再提出するよう求めた。都議会の会議規則で、懲罰事犯があった日から3日以内に提出しなければならない。このため、党として発言者を割り出す方針になった。

塩村都議は「議会に助けを求めたのに残念な気持ち」と不受理に肩を落とす一方で、自民党会派に発言者がいることを明言。「この人だというのは2、3人分かっている」と述べた。塩村都議がやじを聞いた周辺に座っていた自民党の鈴木章浩都議(51)は「私を含め両側ではない。寝耳に水」。「(発言者は)議員辞職に匹敵するか」との問いには「そうでしょうね」と話した。都議会自民党の吉原修幹事長は「昨日(19日)から個別に聞いている」と調査を始めている。

都議会には1000件以上の抗議が届き、電話も鳴りやまない状況。元AKB48秋元才加や都教育委員の作家乙武洋匡氏らもツイッターでコメントした。

また、都議会みんなの党の両角穣幹事長は「総務大臣への審査請求を検討している」と次なる一手を模索している。【三須一紀】

◆地方自治法133条 普通地方公共団体の議会の会議又は委員会において、侮辱を受けた議員は、これを議会に訴えて処分を求めることができる。

 [2014年6月21日9時28分 紙面から]





S議員

自民党のS
崎山知尚(自)
桜井浩之(自)
柴崎幹男(自)
島崎義司(自)
清水孝治(自)
神野次郎(自)
鈴木章浩(自)
鈴木あきまさ(自)
鈴木錦治(自)
鈴木隆道(自)

自民党で頭文字がSの議員にを付けました。(クリックすると大きく見る事が出来ます)
2014062038.jpg

目線の先のS
島崎義司(自)
清水孝治(自)
鈴木章浩(自)
鈴木あきまさ(自)
鈴木錦治(自)

日刊ゲンダイの記事による疑わしい議員の特徴は ・・・
■典型的な右翼政治家
■声がデカイ
■尖閣諸島問題で名を売る
尖閣上陸議員ビデオレター・鈴木章浩[桜H24/9/5]

ホームページで<子育て支援><女性が働きやすい社会>をうたっている

鈴木章浩(自)のホームページ
2014062111.jpg
という事で、日刊ゲンダイの記事に出てくるS議員は鈴木章浩都議でほぼ間違いがないだろう。
しかし、鈴木章浩都議は日刊スポーツの記事で「私を含め両側ではない」と否定している。

では、誰なのか?

目線の先のS以外の自民党(男性)
松田やすまさ(自)
小松大祐(自)
舟坂ちかお(自)
三宅正彦(自)
大場やすのぶ(自)
堀宏道(自)
秋田一郎(自)→鈴木章浩都議の隣
高橋信博(自)→鈴木章浩都議の隣
宇田川聡史(自)
吉原修(自)
高島なおき(自)
古賀俊昭(自)
立石晴康(自)



「早く結婚したほうがいいんじゃないか!」と叫んだのは
やっぱり鈴木章浩都議だった!
<セクハラヤジ議員記者会見のセリフ>
鈴木章浩「本当にしたくても、結婚がなかなか出来ない方に配慮が足りなかった」





関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。