FC2ブログ

寿司が好きです。ワカメも好きです。カキも大好きです。(グリンピース記者会見資料)

<参考>

グリンピース記者会見5/26
海洋調査結果資料クリック


2011年5月21日 10時10分 更新
オランダのグリーンピース、「福島沿岸の海藻や魚介類、高度な放射能汚染」

福島沿岸の海藻は重度放射能に汚染されている。
オランダの環境保護団体であるグリーンピースが「レインボー・ウォリア」という船舶にて
福島沿岸の海藻、貝類、魚の汚染度を計測した結果である。

オランダから派遣されたグリーンピースのチームは22種類の海藻を検査。
このうち半分から10000ベクレル/kg以上の濃度の放射能が検出された。

これらの海藻からは非常に放射能が強いセシアム137も検出されている。
放射性セシウム137は500ベクレル/kgが健康に被害をもたらさない最大の許容量である。

海底は300年以上消滅しない放射性物質であるセシウム137で汚染されている。
この海底汚染は今後100年間、海の生態系に影響を与えるものである

日本政府と東京電力はいまだに汚染状況を公開していない、とグリーンピース。

グリーンピースによれば、
この数週間日本政府はレインボーウォリアに対し日本の海域内での調査を禁止していた
しかし、地元の漁師たちが、魚、貝類、海藻をグリーンピースに直接渡し検査を求めた。
結果はオランダのテレビでも放映された。


sitestat


昆布・カキ…基準超す放射性物質 福島沿岸をNGO調査

朝日新聞2011年5月26日8時22分

国際環境NGO「グリーンピース」は、
福島県沿岸で採れたタラの仲間の魚や二枚貝のカキ、昆布、ナマコなど幅広い種類の海産物から、
国の基準を超す放射性物質が検出されたとする調査結果をまとめた。

26日に東京都内で会見して発表する。

調査した魚介類は5月3~9日、宮城県から茨城県の海域で地元の漁業者らの協力で集めた。
分析は、フランスとベルギーの検査機関に依頼した。

この結果、福島県の沿岸や沖合で採取された
11種類、計14サンプルの海洋生物から国の基準を超す放射性物質が検出された。

マナマコからは放射性セシウムが基準の2.6倍の1キロあたり1285ベクレル
カキは基準の1.5倍の同740ベクレルが検出された。
タラの仲間はエゾイソアイナメで、基準の1.7倍の同857ベクレルのセシウムが出た

北日本では「ドンコ」と呼ばれ、鍋物などに使われる。

この魚は海底付近にすんでおり、グリーンピースは、汚染が海の底にも広がっている可能性を示すデータと分析している


関連記事

コメント

非公開コメント

はじめまして!

震災後からこちらのブログを拝見してます^^

毎日とても勉強になっています。

いろんな情報などありがたいです!

私は震災後に原発についてのブログを書きはじめました。

それで、ブログでこちらのブログを紹介したいな~と

思いまして・・・!大丈夫でしょうか?!

Re: はじめまして!

ありがとうございます。
私は、何も分からないところから原発について調べてきました。
現在日本で起きていて、メディアに流れない真実と
原子力の本当の恐ろしさは
広く皆さんに知っていただきたいと思います
ですので、どうぞご自由にお使いください。