スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<放射性物質拡散注意>お盆明けから1号機建屋カバー解体!「もし重機で行った場合は?」「飛びますね」 FNN8/15内容書き出し

第1原発事故から3年5カ月 今後何が心配なのか取材しました。
(福島14/08/15)

FNNLocal 2014/08/15


2014081612.jpg

二枚の写真をご覧いただきます。
まずこちらは事故直後の福島第一原発です。
2014081611.jpg

建屋が大きく損傷し、大量の放射性物質が拡散しました。
そしてこちらは、事故から3年5ヶ月です。
2014081613.jpg

がれきの撤去作業が進められています。
しかし、新たにこうした作業によって放射性物質が飛散している事実が明らかになりました。

これから何が心配なのか、取材しました。


2014081615.jpg
福島第一原発から北へおよそ60kmの宮城県丸森町。

丸森保健センター(宮城県)
2014081616.jpg

えーっと、昨日の13時15分からの吸い込み量が631立方メートルになります。

2014081617.jpg

東京大学が設置した装置で24時間大気の状態が監視されています。


2014081618.jpg

大気中の埃を集める集塵機、ダストサンプラ―がこの場所に設置されたのは2011年の12月。
去年の8月19日に採取された埃に含まれる放射性セシウムが設置以降、最も高い値を示しました。

2014081619.jpg

去年8月19日、
この日は福島第一原発3号機でがれきの撤去が行われていました。

東京大学から受けた報告に、担当者は耳を疑ったと話します。

2014081620.jpg
丸森町役場 泉 広隆さん:
今、こういうあれ(状況)になって、本当に飛んでくるのかなっていう、ま、それだ­けですね。
本当に飛んできたのかなという。

3号機のがれきの放射線量は 毎時数十ミリシーベルト(mSv)から最大で数百ミリシーベルト。
人が近づけないため、クレーンを遠隔操作し作業が行われています。

放射性物質が飛散したと考えられるのは、2013年8月19日の午前9時30分から午­後1時30分までの4時間。
実際に、放射性物質の拡散を予測するSPEEDIでも、原発から北西方向に飛散したこ­とを示しています。

2014081621.jpg

事故後の大気中の放射性物質を調べ続ける福島大学には、これを裏づけるデータが残され­ていました。
2014081622.jpg

福島大学 気象学が専門 渡辺 明教授:
大気の輸送状態を計測してみると、こんなふうな形で、丸森の方向に主体的に飛んでいく。
そういう飛んでいる様子がF1(福島第一原発)から出ているわけですね。
ですからそういう意味では、(福島第1)原発由来のものが飛んでい­って、
このような数値になった可能性が非常に高いというふにわたしは思っています。

2014081623.jpg
気象学が専門の渡辺 明教授。
グラフは、上が福島大学、下が宮城・丸森町役場のデータを示しています。
がれきの撤去が行われた日と、それ以前を比較すると、放射性セシウムの値は、
福島第1­原発から北西におよそ60km離れた福島大学で、およそ7倍。
2014081624.jpg

北に60km離れた丸森町役場では、130倍に達していました。
2014081625.jpg



2014081626.jpg
渡辺教授:
(2013年)8月19日は、福島県がすでに「線量計が上がった」と「異常に上がった」という報告をし­ていますので、
かなりのものが出たという事は確かなんだろうと思っていますけど。


2014年8月9日、福島大学では、日本原子力研究開発機構との共同実験が始まっていまし­た。
放射性物質の計測装置を取りつけた気球の打ち上げです。

30kmの高さまで、毎秒5メートルずつ上昇しながら、大気のデータを垂直方向に採取­し、
放射性物質の分布を調査します。


2014081627.jpg
気球が上昇し始めると、すぐにパソコンにデータが送られてきました。
定期的に、放射性物質も計測されています。
この日の実験でも、大気中の放射性物質は計測されました。
2014081628.jpg

しかし、高濃度の分布は確認されませんでした。


2014081629.jpg
渡辺教授:
下層のところ、2kmか3kmにこう大きなピークが見えてですね、
そういうのをちゃんと輸送モデルを計算すると「濃度が高くなっている」という状況がありますので、
その当時からこういうものを比べてみると、今は、そういう現象は­ほとんど観測されません。
ですから、そういう意味では、ま、「平常時に戻っているのかな」とい­う感じもしますけども。




第1原発1号機の建屋カバー、解体へ 放射性物質の拡散を懸念
(福島14/08/15)

FNNLocal 2014/08/15 に公開

2014081631.jpg

いまこちら、映し出されていますのは、1号機を覆っています建屋カバーになります。
2014081630.jpg

屋根が崩れ落ちた1号機から外に放射性物質を出さないために設置されました。

2014081632.jpg
建屋が崩壊した福島第1原発1号機の空間の放射線量は、最大で4,700ミリシーベル­ト(mSv)。
こうした放射性物質が拡散するおそれがあることから、2011年10月­、建屋カバーが設置。
これが今月(8月)、がれきを撤去するため、解体が始まるのです。

解体は、まず屋根の6枚パネル、続いて、側面にある18枚のパネルを外します。
2014081633.jpg

その後は、フレームを解体し、壁のあった部分に風が入り込まないよう、防風シートを取­りつけながら行われます。
2014081634.jpg

しかし、がれきが散乱した建屋があらわになることで懸念されるのが、放射性物質の拡散­。
東京電力は、建屋カバーを外すことで、周辺の放射線量は2倍になると試算しています。

2014081635.jpg
東京電力 石崎副社長は:
1号機の場合はですね、飛散防止剤を上からまくだけじゃなく­て、下にもまく。
それから、水を噴霧する。さらには、ダストが飛びそうなところはですね、集­じん機で吸い出して、
そして、ま、飛散防止をはかるというような、そういう複合的な対策を打ちながら、飛散をさ­せないと。


では、どんな対策がとられるのか?
取材班は、須賀川市にある住宅の解体工事現場で検証しました。

2014081636.jpg

現場で行われていたのが、解体工事で発生する粉じんの飛散対策です。

2014081637.jpg
こちらは住宅の解体工事現場です。
いまは屋根を崩しています。
その屋根の上から水をかけていまして、ちりやほこりが飛散しないように対策を打っています。

重機での解体は、全て水をかけながら行われます。
また、周りには養生シートを張り、粉じんが風で飛ばされないよう、ブロックしています。
2014081638.jpg

解体されたあとのがれきは、水がかけられているため、落としてみても、ほとんど埃は舞­いません。
そして作業員は、このがれきを、手作業で1つひとつ分別していきます。

2014081639.jpg
作業員:
やっぱり人間の手で、飛散しないように、断熱材もガラス繊維ですから飛ぶんですよ­ね、ええ。
だから、手で取らないと。

記者:それをもし重機で行った場合は、だめですか?

作業員:
飛びますね。
ガラス­の粉でできてるから、飛ぶ可能性は十分あります。

細心の注意が払われている住宅の解体工事現場。
住宅よりもはるかに大きい原発での工事は、どんなリスクが考えられるのか?

2014081640.jpg
解体工事の匠(たくみ) 堀口晃司さん
(粒子の)比重が軽ければ、当然、何かのリ­スクによって、遠くに飛んでしまったりというのが考えられますので、
そういった場合には、厳­重な注意が必要かと思いますね。

8月中にも始まる1号機建屋カバーの解体工事。
目に見えない放射性物質を、完全に抑制することができるのかどうか?
東京電力に突き­つけられた最大の課題です。

2014081641.jpg

1号機建屋カバーの解体工事は、政府が、飛散防止策の不十分さを指摘して、
すでに開始­の時期が1カ月程度遅れています。
また、県の廃炉安全監視協議会でも、万全の対策と十分な情報提供を求めています。






2014年8月4日 東京電力記者会見
IWJ http://iwj.co.jp/wj/open/archives/159968
2014081642.jpg
東京電力 小林

福島第一、1号機建屋カバーの解体工事再開は、お盆明けの見込み
IWJ 2014/08/04 より抜粋

2014年8月4日17時30分から、東京電力で定例記者会見が開かれた。福島第一原発1号機建屋カバーの撤去作業は、クレーンの修理が終わり点検作業中だが、地元に説明、了承を受けた後、お盆以降に着手する見込みであることが報告された。

1号機建屋カバーの解体工事再開、お盆明けの見込み
1号機オペフロアのガレキ撤去のため、建屋カバーの撤去が計画されている。7月の台風対策としてクレーンのブームをたたんだ際、故障していることが分かり、クレーンの修理を行っていた。修理が終わり、明日8月5日にブームを立ち上げ、点検を行う予定だという。

建屋カバーの撤去作業は、地元に説明、了承後に開始する。そのため、お盆以降に着手する見込みとなっている。






関連記事

コメント

非公開コメント

ああ!だからか!
なんか体が泥みたいに重いと思ったんだ(ToT)。食べ物全部チェックして、なんでじゃあって…。
50キロ以上離れてるのに、山々が隔ててるのに、去年よりひどいから何かと思ったんだ。
もう、体が持たないから無理やりどっか厄介になるしかない(>_<)。
ねえ、どんなに抗議しても、デモや訴訟しても、福島県民は棄民で終わるの?(ToT)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。