スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<国分寺まつり>九条の会の出店を拒否!補助金を出すな!8/29東京新聞記事と国分寺市議事録

今朝の東京新聞の1面を見て私はぞっとしました。
ヘイトスピーチと金曜デモが同じだとして「国会デモ規制検討」もあり得ないことですが、
ここでは9九条の会やバイバイ原発の出店を拒否した「国分寺まつり」について書きたいと思います。

BwKBTo0CQAA31CJ.jpg


9条の会の出店拒否 「国分寺まつり」毎年参加一転
東京新聞 2014年8月29日 朝刊

東京都国分寺市で11月に開かれる「国分寺まつり」で、毎年ブースを出している護憲団体
「国分寺9条の会」が今年の参加を拒否されたことが28日、分かった。
市などでつくる実行委員会は、内容が政治的であることを理由としている。
9条の会は「表現の自由のじゅうりんで、到底承服できない」と
同日、実行委と井沢邦夫市長に参加を認めるよう要請書を提出した。 (林朋実)
 
同会は立川市内で記者会見した。
まつりには2008年からブースを出し、憲法九条に関するパネル展やシール投票をしている。
 
まつりは今年から、ブース出店者の募集要項に
「政治・宗教的な意味合いのある出店」の場合は参加を不可とする文言が加わった。

 
実行委の島崎幸男会長
「市民が親睦する場で賛否両論あるものを取り上げ、いざこざが起きるのは好ましくない」と説明する。
 
これに対し、9条の会事務局の増島高敬(たかよし)代表(74)は
「政治的内容についても市民が意見交流してコミュニケーションを深めることは、まつりの趣旨にも沿うはず」
と話す。過去にトラブルはないという。
 
市議会の議事録によると、昨年11月の総務委員会で委員の一人が、
特定の政治思想を帯びた内容の出店が続くなら市は500万円の補助金支出をやめるべきだ、
との趣旨の発言
をし、
市側は「指摘の趣旨に沿う対応を検討する」と回答していた。
 
増島さんは「市が補助金をたてに出店拒否を主導したのでは」と疑念を募らせている。
 
今回のまつりでは9条の会の他にも、
「バイバイ原発/国分寺の会」も同じ理由で参加を拒否された。
同団体は29日に対応を協議するという。
 
国分寺まつりは11月2日、国指定史跡「武蔵国分寺跡」に近い都立武蔵国分寺公園で開催。
今年で31回目。歴史行列や多数の模擬店があり、例年三、四万人が訪れる。




ということで、記事に書いてある国分寺市総務委員会の議事録をチェックしましょう。
問題の委員会が開催されたのは2013年11月12日です。
(この件について話している部分は続きを読むに転記しました)
このような提案をするのはどのような人なのでしょうか?



最初に「ぜひ排除を」と言い出したのはやっぱり自民党だった!
楠井 まこと(くすい まこと)市議
2014082911.jpg

「市の予算500万円をおまつりに出すべきじゃない!」と強く主張↓
木村徳(きむら いさお)市議
2014082912.jpg

最後のほうで「配慮を」と、かなり控えめに発言↓
釜我健二(かまが けんじ)市議
2014082913.jpg

言われるがままという感じの、意見に存在感が感じられない副市長↓
樋口満雄副市長
2014082914.jpg
市報国分寺  No1103 平成21年(2009年)1月15日 1面より 


続きを読むに↓国分寺市議 総務委員会の議事録



国分寺市議会 会議録
2013年11月12日 総務委員会

http://asp.db-search.com/kokubunji-c/
(↑より「総務委員会」で検索)



◯高橋委員長  
よろしいですか。それでは、報告事項その他も終わりました。議員のほうから報告事項はありますか。

◯楠井委員  
時間も時間なので端的に。
この前、私は、国分寺まつり実行委員で参加させてもらって、
たしか去年の国分寺まつりの後にも同様の指摘があったと思うのですけれども、
非常に、政治的主張の団体が何点か散見された
と。
去年の議会でもなぜ議論したかちょっと覚えていないのですけれども、
結構、議論になった記憶はあるのですね。
やはりああいうことを許してしまうと、
反対側というか、何かまた別の政治的な思惑を持った団体の出店を断る理由もなくなると思うので、
それは市民まつりとしての性格とは甚だしくかけ離れるものになると思うので、
ぜひともお断りするというか、
御遠慮いただくような方策というものを考えていただきたい
のですけれども、
実行委員会に対する提言なりということをちょっと御検討いただきたいのですが、いかがでしょうか。

◯増田文化のまちづくり課長  
委員が御指摘のように、昨年のこの閉会中の委員会で、
国分寺まつりで事故があったことで報告したときに、そういう御意見いただきました。
事務局としてパンフレットの表示を検討すること、
あわせて参加団体等について実行委員会の中で
また検討して御協議いただくことについて、お話もいたしました。
パンフレットにつきましては、実行委員会で御協議いただき、表示の内容について変更を行いましたが、
出店する団体、参加する団体については、今まで実行委員会では協議に至りませんでした。
ですので、御存じのように、実行委員会は毎年度ごとに変わっていきますので、
反省会のときに提言をしまして、次年度の申し送り事項としたいと思います。

◯楠井委員  
中には禁止事項である署名活動をされていた団体もありましたので、
ぜひとも、国分寺まつりは国分寺まつりらしくあっていただきたいと思いますし、
そこはやはり政治的な主張する場では絶対ないので、ぜひともそちらはよろしくお願いします。

◯木村委員  
パンフレットのことをおっしゃっていましたけれども、事はそんな簡単な話ではないでしょう。
それはそれで去年問題になりました。
殊さら強調されて載せていたということで、
それを小さくしたらブースを設けるのは構わないという話ではないと思いますよ。
私の知人で憲法第96条を考える会としてブースを設けたいと、
ああいうブースなのだからいいよねと、そういう問い合わせを受けました。オーケーですね。


◯増田文化のまちづくり課長  
現在は参加する団体等については、実行委員会が認めるものとなっております。
ただし、認めるものの判断基準というのが明確なものがございませんので、
先ほども申し上げましたように今年度の第3回目の実行委員会でこういう御意見が議会からあったと、
それを事務局から実行委員会へ懸案課題と考えてお伝えして、
次年度の実行委員会ができたときにそれを申し送り事項としまして、
次年度の実行委員会の中でお祭りに参加する団体についての御協議をいただきたいと考えます。

◯木村委員  
そうですか。では、それは結論ですか。
そういう御希望の声をいただいたので今、申し上げただけの話ですから、いずれ結論はお聞きしましょう。
でも、普通に考えたらこれだけ政治的な主義主張を述べる方々がブースを設けているのだから、
間違いなく今の基準でいえばノーとはならないはずだ。


もとより、市の立場としての問題は、これは市の主催行事ではないということなのです。
多分、文化のまちづくり課長の立場でいえば今の答弁が限界なのだよ。
ただ、そうであれば市の立場で主体的に何がどう判断できるかといったら、補助金なのですよ。
こういった特定の政治思想に基づくブースを出店することを認めている実行委員会形式の行事に対して、
今でいうと年間500万円からの市民の税金を補助金という名目で、
こういう特定の政治思想を帯びたブースを設けているイベントに対して投入している実態があるわけです。
 
私は、こういう実態が継続をするのではあるならば、
補助金の支出はやめるべきだ、ゼロにするべきだと思う。

そうでなければこれはおかしいよ。
実行委員会を称している一民間団体が、
東京都と折衝をして都立公園たる武蔵国分寺公園をかりて、
勝手に自分たちの財源によって勝手にお祭りを開くのは、
それは国分寺市とすればあずかり知らぬ話ですよ。

お金も自分たち、場所も東京都と折衝して自分たちで了解を得て勝手に開いたと、
だったらそれは構わない話ではないですか。
そういうお祭りの場において、どんな政治パフォーマンスやろうがそれは勝手ですよ。
 
ただ、国分寺市が一応名目は後援になっていますよね
後援は市、その後援名義だけではなく実態を伴うものとして
500万円からの非常に巨額の補助金を出しているというイベントにかかわって、
特定の思想に基づくような主義主張を述べるブース、
ましてや今、楠井委員のお話ですと署名活動までしていたという話ではないですか。
署名活動なんていうのは政治行為の何ものでもありませんよ。
もしこういう現状が続くのであるならば、来年は補助金ゼロという確認でよろしいですか。

今、私の手元には国分寺まつりのパンフレットがありますけれども、
さよなら原発、バイバイ原発、ちょっと待って原発の会。
明らかに特定の方向に向いていますよ。
原発がいい悪いというのは、それぞれ市民、国民の中で判断はあるでしょう。
でも、ブースを設けているのは間違いなく特定の思想に偏った、
原子力発電というのは政治的判断、政治的な問題というのが非常に色濃く帯びているテーマですよ。
それを国分寺まつりのという場において、
原発反対という考え方に偏ってこれだけのブースが名を連ねているということは、
明らかに補助金支出の対象としてはふさわしくありませんよ。
だから、先ほどから言っているように、勝手にやるのは、それはどうぞ御自由にということですよ。
自治体として500万円からの市民の税金を投入するやり方ではない。いかがですか。


◯増田文化のまちづくり課長  
今、ここで即答というのは非常に難しいのは事実です。
国分寺まつり実行委員会もございますので、そことの協議で検討していきたいと。

◯木村委員  
実行委員会との協議云々なんてそんな話聞いていませんよ。
市の意思を聞いているのですよ。

開くのは実行委員会の判断なのだから、実行委員会の判断でどうぞおやりくださいと。
ただ、その判断によってやる内容が、国分寺市として、
公として補助金を支給する支出するにふさわしくない内容であれば、当然それは補助金ゼロでしょうと。
こういった特定の政治的な考えに基づいたブースが名を連ねるようなお祭りというのは
補助金支出の対象としてふさわしくないのではないのかと。
そういうことに基づけば来年は補助金なしということでよろしいですねという質問を私はしました。

◯樋口副市長  
御指摘の補助金については、地方自治法の大前提があります。
公益上必要がある場合という前提があります。
したがって、補助金の規則では、補助金の交付に当たっての条件をつけることができます。
そのことを具体的に私どもで補助金を決定するときに検討します。
したがって、御指摘の趣旨に沿うような対応を
市としてはその方向性で検討する
ということで御理解いただきたいと思います。

◯木村委員  
そうすると、今はもう11月で、時期的には平成26年度予算の予算編成の真っただ中でしょう。
そしたら、それは早々に結論が出るということかな。
3月ということですか。

◯樋口副市長  
当然、26年度予算の補助金については、あらかじめ申請をもらうということですから、
それをもって予算に計上します。
実際の交付決定は当然、新年度予算が認められてからでありますので、
条件をつけるとすればそういう中でつけていくと。
ただ、予算を計上するに当たって議決をいただきますから、予算を提案するまでには、
この方向性については市の考え方をきちんとまとめるということはお約束したいとこのように思います。

◯木村委員  
この話は原発だけではないよね。
例えば、憲法第9条にかかわってのブースもあります。

私も見ましたけれども、ここにも記載がある。
そういったいわゆる一連の政治色を帯びているものですよ。
では、結果としては、今の副市長の御答弁の中身をお待ちしたいと思いますけれども、
ただ、結論で申し上げれば、原発にしても憲法第9条にしても、
それぞれさまざまな政治的テーマにおける政治的な主義主張というのはいろいろそれぞれあると思います。
 
ただ、これは私の感想です。
あの国分寺まつりという場は市民や恐らく中には市外からもお見えになって、
文字通り、行事の名前のとおりお祭りですよ、楽しむために来ている。
政治的主義主張を御披露するのは別なところでやっていただきたい。
やはり文化的な要素で完結をしていただいて楽しむための、
それは政治色が出て、その政治的な主張が出れば、
当然そこに相反する考え方を持っている方というのは世の中には絶対いるわけですから、
そこで対立行動というのを生むわけですよ。
そこはお祭りである以上は、文化的要素に全てをとどめ、楽しむ場として完結をすると。
それがお祭りの大原則だと私は思いますよ。
いろいろ政治的な意味合いで御主張はあると思いますけれども、それはまた別な場を設けてくださいと。
 
それを踏まえて、500万円からの補助金をゼロにしたら、現実に開催自体厳しいと私は思いますよ。
ゼロにしたら開催できないと思いますよ。
結論的にはそうはしたくない。
そのためにも、やはりそういったところは無色透明な形で運営していただけるように、
ただ、補助金支出というのは実行委員会にはない市が一手に持っている権限ですから、
そこはそこでしっかりその権限を活用していただいた上で、
そういう形ではないと補助金支出はできませんよと、
適切に文化的要素オンリーでぜひやっていただきたいという意思表示を重ねて
実行委員会では主張していただいて、そういう形でぜひやっていただきたいと思います。
結論についてはまた後日の結論をまちたいと思います。

◯高橋委員長  ほかに質疑ございますか。

◯釜我委員  
副市長から一定の整理をする答弁がありましたが、
木村委員の言われている、お祭りだからお互いにいろいろな意見があろうけれども、
そんなものをどんぱちとお祭りの場でもやってしようがないだろうという意味合いについては
私もそのことは同感です。

 
ただ、少し行政としてその樋口副市長が言われた取り組みをされるに当たって
気をつけてもらいたいことがあるのです。
それは、今こういう時代ですから、いろいろな市民の皆さん方がアピールされることが
政治と無関係ということは非常に少ないのですよね。
したがって、政治にいささかでもかかわっているからだめだよというようなことには
ぜひならないようにしてもらいたい。
 
例えば、障害者の皆さん方がブースを出している、
今、法改正が障害者にとってこれは苦しむような法改正なのですよと、
そういう側面があるのですよということを訴えるビラが置いてあった。
あなたたちは出店したらだめだよと言い切れるのかということもあるわけです。
それも見ようによっては法律ですから政治なのですよ。
だから、私は、総論としては木村委員の言われることはよくわかるし、そうだと思いますが、
行政としてそれをルール化するときには
相当な配慮をしないと、大きな差別を生んだりすることもありますから、
その点についてはやはり行政としてよってたつ憲法、法律に基づいて適正な判断をされるように
お願いをしておきます。よろしいですね。

◯樋口副市長  
私が先ほど答弁したのは、地方自治法の解釈上で公益上必要がある場合は補助ができるという
法解釈の前提がありますので、これに沿った判断をしていきたい。
このためには行政内部だけの判断ではなくて、
しかるべきところには見解を求めたりということも一定の手続はあるというふうに判断をしております。
そのように慎重に進めたいと思います。

◯高橋委員長  ほかにございますか。
                (「なし」と発言する者あり)


関連記事

コメント

非公開コメント

九条カルト

市民の祭りに特殊な政治イデオロギーを持ち込むのはどうかと思います。

Re: やま様

コメントありがとうございます。

> 市民の祭りに特殊な政治イデオロギーを持ち込むのはどうかと思います。

との事ですが、私は、九条の会を排除する事の方が政治的な匂いをプンプン感じます。
安倍政権になる前までは、「九条の会だから排除する」という動きは無かった事ですから。
今の政治のやりたい方向に反する団体を排除するという、
「排除する行為」は現政権としての最も政治的な行動で、
市民の自由を縛る最低・最悪な、見逃してはならない事だと思いブログの記事にしました。

また、「やま」さんは「なか」さんというお名前で、別のブログの方にもほぼ同時にコメントを下さっていますが、
ご自身のコメントに責任を持たれるのであれば、同じお名前で書かれた方がいいと思います。
こちらのコメントのみ承認させていただく事にしました。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まつりに政治を持ち込むあたり思考がズレてる気がします。

やま様に対しての返信内容を拝見させていただきました。
ここぞとばかりに自分の考えと違う内容のコメントを叩くポイントを見つけ、ドヤ顔でそのコメントだけを公開するあたり、笑えてしまいました。
反対意見も素直に聞き入れてコメントも一般公開しましょうね?

自民党の臭いがプンプンしてます

学校教育の場でも昔から自民党の臭いがプンプンしてます。私は41年前に静岡県の教職員採用試験ですでにそれを強く感じました。「政治的中立」という名を借りて自民党政策に合う教育者を選ぼうというような意図を感じました。教師は成人ですから、自分の政治的な意見をちゃんと持っていなくてはならないのですが、あたかもそれを持っている者は教育の場に適さないと言うかのようでした。また、教師になってからも、学校は自民党に人質に取られているようだと、なにかにつけて感じました。


市民の祭りですから、こんなときこそ、いろんな市民運動や政治団体がそれぞれ競い合って興味あるブースを出すべきです。それぞれの活動を知ってもらうのにもってこいの機会ではないですか。

私の祖父が生きていればこんなとき
「そんなケツの穴の狭いこと言うもんじゃない!」と叱ったと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

国分寺まつりを始めた目的

戦前から続く地方自治体の”祭り”を、
政教分離せよと廃したのはGHQです。
これにより、地域伝統の祭りを’町内祭り’”市民祭り”に変化させ
何とか伝統を守ろうと復興させたのが先人の知恵でした。
「国分寺まつり」の発案も、
代々国分寺市に住む農業会や商工会の皆さんです。
その目的は、地域住民の為の「郷土愛」の復興。
第1回から行われている「歴史行列」も、地元の歴史を
知らない人が増えつつある風潮を懸念して
地元の歴史を見つめ直し地域に愛着と誇りを持つようにと
「国分寺まつり」発案者たちが工夫したイベントです。
この”まつり”の本来の趣旨が、地域の農業・商工業の発展と
「地域愛」の復興であることから、9条の会のプロパカンダは
趣旨に合わない不釣り合いの行動だと思います。
2012年に開催した「東京9条まつり」のように、自ら主宰して
おやりになれば宜しいと思います。

No title

市民のお祭りですから、
政治的主張は、別の場所でされる方が
よろしいでしょう。
相反する主張をもった人たちが独占しているのであれば
当然、それもやめてもらうのが筋ですが、
自分たちの主張が通らないから、反対。
結果としてお祭りの開催運営が怪しくなるのであれば、
誰の為にもならないでしょう。

No title

ひゃ~~~~。
日本人が、日本の法律を守りましょうとか、日本の憲法を守りましょうとか思ったり、言ったり、表現しようとすると、政治的と非難されるんですか?!?
いやぁ~~~。驚きました。

論理飛躍

家の中で独り言として喋ってりゃ何も言われませんよ。
憲法や法律について団体が大衆の前で喧伝するならそりゃ政治的活動です。街宣デモが政治的でないとでも?

No title

人間に生まれてきて、平和な中で幸せに生きたいと思ったら、政治活動をしないといけないと言うことですね。
外国のタレントは、政治的発言をすると聞いたことが有ります。
人間として生まれて、人権を持つこと、平和な中で生活すること、飢えや病気などから救われることなど、良く考えたら、みんな政治ですよね。
政治的と言われるのは、非難でなく、人格を持った一人前の大人の素養と言う事なんだと、今頃気が付きました。
マッカーサーが日本人を12歳と評したと言うのは、そんなことも有ったからかしらね~~~~。
今からでも遅くないですよね。自分の幸せな生活と人生を守るために、政治的になります!!!

No title

>自分の幸せな生活と人生を守るために、政治的になります!!!

はあ、そうですか。お好きにどうぞ。
誰もあなたの生活と人生を否定しませんよ。

今回の件で問題になってるのは
市民の憩いの場であるお祭りに不釣り合いなものを持ち込むな。というただ一点です。
高級レストランに短パン・サンダルで行ったら追い出されます。
葬式の最中にピコピコゲームやってたら叩き出されます。

「政治的でない場」に「政治的」なものを持ち込むな

これを理解できない可哀想な方々が喚いてるだけです。
あやさんが仰るように、自分たちで「東京9条まつり」のように
ふさわしい場をつくって堂々とおやりになってください。

それ自体が洗脳かも

日本くらいじゃないですか?自分たちの暮らしや健康を脅かされていると感じたときに、それを守りたいと声をあげることをわざわざ「政治的」シールをペタンと貼り、まるで悪いことのように特別視するのは。

為政者に逆らわないようにするための長年にわたる一種の洗脳ですよね。
声をあげているほうも意外に気付いてないかもしれませんが。

「場をわきまえて。」以上。

「<国分寺憲法改正の会>がスルーで<国分寺9条の会>が追い出された。」
とかなら言論弾圧・思想の制限とか言ってもいいかもしれませんが、

単に地域の農業・商工業の発展を目的とした市民の憩いの場に
ズカズカと入り込んだアホがつまみ出されたってだけの話です。

誰も声を上げることや政治的なことが悪いなんて一言も言ってないのに…
洗脳だとか排除だとか被害者妄想全開で、拡大解釈の好きな方々がいるようです。

>>日本くらいじゃないですか?
お隣の国だと声を上げると特別視どころか消されますよ。
日本に住んでてよかったですね。

No title

うふふ。見えちゃった。
個人がぶつぶつ言っているだけなら、政治的には何の影響もない。
つまり、政治はある程度人が集まらないと、力を発揮しないということ。
だから、ばらばらな個人が低い敷居で集まるようなきっかけは、潰す。
あと、政治関係には、黄金の山が隠されている。(大金持ちの知人は、政治家とも官僚とも仲良しだった。お葬式で初めて知ったが・・・・。)
だから人々が黄金の山が隠されている政治に近寄らないように、「政治的って、怖いんだよ~~~~~。」と、脅しをかけている。
そういう事なんだって、見えちゃった。
見~~~えちゃった。見えちゃった。

No title

サヨクに人権なし!!
反原発に人権なし!!
日本から出ていけ!!!!

Re: No title

> サヨクに人権なし!!
> 反原発に人権なし!!
> 日本から出ていけ!!!!

こういうコメントを書いていかれる方って、とても不思議です。
あなたが日本から出て行ってください。

No title

サヨク反原発は日本から出ていけ!! 様、お幸せですか?
人を助ける人は、抑うつになりにくく幸福である比率も高いそうです。
無意味な、でも感じの悪い言葉を吐き散らして、そんな生き方をしていて大丈夫ですか?
棺桶のふたを閉めるときに、「ああ、色々あったけれど、自分の人生は良い人生だったなぁ。」と、思えるか、思わず老婆心が・・・・。
3万人の調査によれば、時間かお金を寄付した人は、しなかった人より42%も幸福度が高かったそうです。
マスコミの世論調査では、対象が2千人で回答率が50%強くらいのことが多いですから、この3万人調査はそうとう凄い。
サヨク反原発は日本から出ていけ!! 様、お幸せですか?と、思わず聞きたくなりました。

ごくろうさん

お花畑ですな
へいわな国でよかったね
すきなだけ能天気を書き散らせ

No title

本当に、平和な国、お花畑で居られる日本に生まれて、幸せでした。
イラクや北朝鮮、パレスチナなんて所に生まれたら、どれだけ苦労が有るか分かりません。
アメリカ合衆国に生まれて、だって、護身用に銃を持つ必要性が有ると言うのですから、お花畑ではいられません。2001年9.11のテロも凄かったですよね。
平和でお花畑で居られるのも、憲法9条が有るからこそ。
外国と比べると明らかに幸せだった日本を、安倍さんたちグループから取戻し、次の世代に渡したいです。
それには、9条と脱原発は、大事なことですよね。
きーこ様のこのブログ、本当に素敵なことをなさっていると、感謝の気持ちでいっぱいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。