<3号機燃料プールに機器落下>近寄れないので遠隔操作のクレーンゲーム><; コワイ・・・

放射能があって近寄れない。
だから、こんな危険なことが普通に起きてしまう。
3号機の燃料プールって、なにかあったら、4号機のプールよりも怖いんじゃないかな…



福島第一原発3号機で燃料プールに機器落下
NHK 8月29日 18時20分

2014083011.jpg

東京電力は、福島第一原子力発電所3号機で、爆発で損傷した機器をクレーンで撤去しようとしたところ、
誤って使用済み燃料プールに落下させたと発表しました。
周辺の放射線量に変化はないとしていますが、プールの中には現在も500体余りの核燃料が入っていて、
東京電力で損傷がないか調べています。

2014083012.jpg

東京電力によりますと、29日午後1時前、
福島第一原発3号機の使用済み燃料プールで、爆発で損傷した機器を遠隔操作のクレーンで撤去しようとしたところ、
誤ってプール内に落下させたということです。落下したのは使用済み燃料プールに核燃料を出し入れするための「操作卓」と呼ばれる機器で、大きさはおよそ1メートル四方、重さは400キロあるということです。

2014083013.jpg

3号機の使用済み燃料プールには、現在もがれきと共に核燃料566体が残されていますが、
東京電力は、プール周辺の放射線量に変化はないほか、モニタリングポストの数値にも異常はないとしています。
また、作業は遠隔操作で行われていたため、近くに作業員はおらず、けが人もいないということです。
3号機では早ければ来年の前半にも使用済み燃料プールから核燃料の取り出しを始める計画で、
東京電力は今回のトラブルによって核燃料が損傷していないか詳しく調べるとともに、
計画への影響についても検討することにしています。





東京電力
報道関係各位一斉メール 2014年
より

福島第一原子力発電所3号機使用済燃料プール内瓦礫撤去作業中の燃料交換機操作卓の落下について
平成26年8月29日 東京電力株式会社

本日(8月29日)午後0時45分頃、3号機使用済燃料プール内瓦礫撤去作業において、
燃料交換機の操作卓をクレーンにてつり上げるため専用治具で操作卓をつかもうとしたところ、
操作卓が当該プール東側中央付近に落下しました。


3号機使用済燃料プール付近の線量は3.2mSv/hで通常値と変化はありません。

 プラントパラメータ等については、異常は確認されておりません。
 ・使用済燃料プール水位    :有意な変化なし
 ・3号機当該エリアダストモニタ:検出限界値未満(1.0×10^-5 Bq/m3)
 ・モニタリングポスト       :有意な変化なし

3号機使用済燃料プール内瓦礫撤去作業は遠隔作業により無人で行われており、作業員の負傷はありません。

現在、プール内の状況について確認中です。
以 上



福島第一原子力発電所3号機使用済燃料プール内瓦礫撤去作業中の燃料交換機操作卓の落下について(続報)
平成26年8月29日 東京電力株式会社

本日(8月29日)お知らせしております、
3号機使用済燃料プール内瓦礫撤去作業中の燃料交換機操作卓の落下についての続報です。

プール内に落下した燃料交換機の操作卓は、
燃料交換機撤去にあたり燃料ラック上部に設置した燃料防護用の養生材(鉄板高さ30㎝程度)と、
瓦礫の間に落下していることを確認しました

 
なお、瓦礫の下部に燃料が2体あることから、
明日、水中カメラにて燃料ラックおよび燃料に損傷等がないことを確認する予定です。

3号機使用済燃料プール代替冷却系については、8月25日より停止しておりましたが、
プール水の放射能分析のため、本日(8月29日)午後2時37分に起動しました。
なお、プール水温度は冷却停止時の28.4℃から35.5℃まで上昇しましたが、
運転上の制限値65℃に対して余裕があり、使用済燃料プール水温度の管理上問題ありませんでした。

使用済燃料プール水の放射能分析の結果、
  ・セシウム134:2.6×10^2 Bq/㎝3
  ・セシウム137:7.6×10^2 Bq/㎝3
  ・コバルト 60 :1.1×10^0 Bq/㎝3
定期的に実施する使用済燃料プール水の放射能分析結果と比較し、有意な変動はありませんでした。

プラントパラメータ等については、異常は確認されておりません。
【関連パラメータ(17時30分現在)】
  ・モニタリングポスト          :有意な変化なし
  ・原子炉建屋オペフロ雰囲気線量 :有意な変化なし
  ・使用済燃料プール水位       :有意な変化なし
  ・スキマーサージタンク水位     :有意な変化なし
  ・当該エリアダストモニタ値      :有意な変化なし
なお、上記の関連パラメータについては継続監視を実施いたします。今後、有意な変動が確認された場合には、別途お知らせいたします。
以 上



福島第一原子力発電所3号機使用済燃料プール内瓦礫撤去作業中の燃料交換機操作卓の落下について(続報2)
平成26年8月30日 東京電力株式会社

8月29日お知らせしております、
3号機使用済燃料プール内瓦礫撤去作業中の燃料交換機操作卓の落下についての続報です。

使用済燃料プール水の放射能分析の結果(採取日:8月30日)
  ・セシウム134:2.4×10^2 Bq/㎝3
  ・セシウム137:7.3×10^2 Bq/㎝3
  ・コバルト 60:検出限界値未満(検出限界値:1.0×10^0 Bq/㎝3)

プラントパラメータ(8月30日午後5時現在)
  ・モニタリングポスト       :有意な変化なし
  ・原子炉建屋オペフロ雰囲気線量  :有意な変化なし
  ・使用済燃料プール水位      :有意な変化なし
  ・スキマーサージタンク水位    :有意な変化なし

分析結果については、前回と比較して有意な変動がないこと、
また、プラントパラメータに有意な変動がないことから、燃料破損等の兆候は確認されておりません。

水中カメラによる確認結果
  ・使用済燃料プール内に散乱している瓦礫の堆積により、燃料ラックおよび燃料の目視確認はできませんでした。
  ・使用済燃料プール内に落下した操作卓と共に、操作卓が据えつけられていた架台の一部(約170kg)が落下していたことがわかりました。
  ・落下物の位置、使用済燃料プール内の機器材の配置により、落下物は燃料ラック上部に設置している養生材に落下した後、燃料ラック上部
   の瓦礫の上に着床したと推定されました。
  ・落下物の下部に燃料が2体あることをお知らせしましたが、水中カメラの確認による落下物の位置から、落下物の下部に燃料が10体程度あることが確認されました。

引き続き、使用済燃料プール水の分析およびプラントパラメータの監視を継続すると共に、今後、落下した原因を調査し対策を検討してまいります。

なお、水中カメラによる調査画像については、当社ホームページに掲載しておりますので、ご参照願います。
 URL:http://photo.tepco.co.jp/index-j.html


ーーー


遠隔クレーン操作する人に、ある意味わたしたちの命を預けていることにもなります。






関連記事

コメント

非公開コメント

3号機の燃料は問題ない。
即発臨界で大部分吹っ飛んでるから(笑)