fc2ブログ
09.03
Wed
とてもとても驚いています。
岩路真樹さん 「報道ステーション」ディレクターが突然亡くなりました。
url.jpg

警察は「自殺」としているそうです。


ジャーナリストの今西憲之さんのブログに岩路ディレクターのことが書かれていました。

http://www.imanishinoriyuki.jp/archives/40635070.html(一部転載)
ー略ー
今年3月の福島の甲状腺ガン問題を報道ステーションでやったのも岩路記者。
ー略ー
ワシと原子力ムラの陰謀もやった。
福島のデタラメ除染も、いっしょに報じた。
こないだも、広島の被災現場のことや、次にいっしょに
やろうってしていた、新しいネタの話をしたばっかり。

いまも、信じられんです。
なんでやのん?
しかも、自殺とは。
ー略ー



報道ステーションで、甲状腺がんの特集を放送し、それを丸ごと文字起こししたとき、
今までになかったような現象がこのブログでも起きました。
初めて、記事の中の写真を削除するようにという依頼があったのです。
そんな事もあったので、この放送内容はテレビ朝日にもいろいろな圧力がかかったのではないかと、
私は個人的に思っていました。

そして私は岩路ディレクターの声を聞いていました。
ご本人が甲状腺に関して医師に質問しているところの文字起こしをしていた事を思い出しました。


9.質疑応答「井戸川元双葉町長&報道ステーション現場」
牛山元美医師3/18臨床医が見たチェルノブイリ、福島の現状 (文字起こし)


岩路ディレクターの部分のYoutube→http://youtu.be/k1Pv7KyuK9c?t=1h54m24s

岩路(報道ステーション )
冒頭にみなさんが見て下さった報道ステーションをやっています岩路と申します。
よろしくお願いいたします。
今回は評価が高かったのでちょっと嬉しかったんですけど、ー拍手ー
ありがとうございます。
ちょと先生にお伺いしたいのが、
番組の中でも取材したんですが、共同診療所の松江先生が
「850人ぐらい診断をしていて、その4割ぐらいの人に甲状腺に蜂の巣状ののう胞が沢山出来ている
という話があった
んですけど、
これが僕らは放射能の影響かどうかというのは全く確信が持てなくて、
番組でも使ってなかったんですけれども、
松江先生が言うには「甲状腺の機能障害というのが子どもたちに起きつつあるのではないか」
という事を言われていたんですが、
このへんの甲状腺の機能障害というのは、放射能との関係。
それからいま3年位ですよね、2年、3年といった時期に現れるのかどうか?
この辺ってどういう指針になるのか、ちょっと教えていただければと。

牛山:
私が聞いた、ベラルーシでは、最初の時は腫瘍ができてきただけなんですね。
で、甲状腺の検査とかもあんまり出来ていなかったんですね、当時は。
だけど今の時代、20何年経って今のベラルーシでは、いろんな甲状腺の自己免疫疾患。
さっきバセドウ氏病とか橋本病とか言いましたが、
いろんな機能不全。
機能が行進したり、機能が低下したりという、甲状腺のホルモンの異常がいっぱい出ています。
そのための内分泌腫瘍センター、内分泌センター、内分泌の教授とかが山ほどいて、
そういう方達の病院もある位です。
とても、その、甲状腺の機能障害の様な病気は確かに増えています。
ただ、それは今のベラルーシであって、じゃあ日本ではどうなのか?と言うと、
日本で、私とかいろんな先生方が甲状腺のホルモンのチェックを一緒にしているんですけど、
今のところ子どもの甲状腺のホルモンに異常が出たというのはほとんどないです。
甲状腺にたいする自己免疫疾患は日本でずっともう親子で続いていく、
いわゆる帰属性のものだったり遺伝的なものが多かったので、
お母さんとかお父さんに少しそういう気があるとお子さんにも、抗体と言いますけど、
自己免疫疾患があったりとかしています。
それは今でも同じなんですけれども、特に増えているような感じはないと思います。
本当に小さなお子さんから、血を採るだけでもすごく泣いちゃってかわいそうだし、
やりたくないんですけど、
でも、なにかそれこそ「異常が出てくるのかしら」という思いで採血をしていますけれども、
今のところはないですね。

で、その「蜂の巣状の」というのはもしかして、
私もそんなに専門家じゃないんですけど、
胸腺みたいなものなのかしら?
それとも「多発性のう胞」って確かにあることはあります。
んー、ただ、甲状腺には「コロイドのう胞」というものに見えるのう胞があるんですね。
ちょっとこまかい話になりますけれども、
黒い液体の中に白い塊みたいなものが見える、そういうのう胞があって、
それが沢山あることって結構あるんですよ。
でもそれが何なのか?
それこそ解剖して採ってみればわかるかもしれないけれど、
そこまでやらないうちにだんだん消えてきたりとか小さくなってくると、
小さくなってきちゃえば「あ、胸腺だったね」と言うし、
でも胸腺じゃなくて、分からないままみんな無くなっちゃうこともあって。
わかりません。
小さなお子さんの甲状腺に針を刺すのもみんな抵抗もありますし、
あの、そんな感じですね、今のところは。


岩路:
私は鈴木眞一さんの説明を2回聞いたんですけれども、
あの先生はお子さんに数珠状の数珠の様にできるものについては
「これは心配ありません」と特に強調して言っていました。
お母さんが一番心配するからね、余計に
「これはなんともないです」
「透明感のあるものだったら、もう全然、なんにも問題ありません」と強調していました。
たぶんそこのところがね、心配が解けないんじゃないかと思って、

牛山:
そのコロイドのう胞と言うのが多分甲状腺の本来の姿なんだと
本来の、沢山ホルモンを作った塊が見える状態じゃないかと言われているんです。
だから、「病気じゃなくて」という意味だと思うんですけれども、
ただ、わからないんです。
子どものエコーも昔はやっていなかったので。
分かりません。
鈴木先生がそうおっしゃるならそれで…。
分かりません。







岩路ディレクターが制作した番組
<甲状腺がん>母の告白・チェルノブイリの知見・初期被ばく調査に横やり
2014年3月11日 報道ステーション(内容書き出し)



関連ブログ
<福島の子どもの甲状腺がん>
100万人に310人の発症率!!&5/19報道ステーション(内容書き出し)
被ばくの影響は・・・?
福島の子どもの「甲状腺がん」50人に



この除染についての番組ももしかしたら岩路ディレクターが制作したのかも。
<除染の実態>「川に直接投棄・手抜き作業次々と」ーメディアが報じれば政府が動くー
1/7報道ステーション(内容書き出し)他
川に直接投棄 手抜き除染次々と・・・



ーーー

大手メディアで視聴率があって、国民への影響力がある番組の中で、
信頼できると思える内容を報じてきた報道ステーション。
真実を伝えてくれたディレクターが亡くなってしまったら、これから先、本当にどうなるのか…
とても恐ろしくなります。
日本という国はとてもとても怖い国になってしました。





「ご冥福をお祈りします」とは、簡単に言えない自分が今ここにいます。






岩路さんのブログより
つぶやきいわぢろう
http://blog.iwajilow.com/




徹夜明け
2014.03.11 Tuesday
JUGEMテーマ:日記・一般

今朝10時過ぎに家に戻ってきましたが
これからまた仕事です。

今年、ずっと取材を続けてきた特集が
今日、放送の予定です。

一つのミスが多くの人を傷つけてしまうので
今は、ただただミスがないように放送まで全力で確認作業です。

たくさんの人が見ていただけることを願いながら
職場に戻ります。。





テレビのニュースでは安倍政権の内閣改造についてばかり報じているけれど、
安倍がお友達で周りを固めたからって、ますますひどい日本になだけのことなんだから、
内閣改造で安倍の宣伝する必要なんて無いと思う。
そんな事、テレビで大々的に取り上げなくたっていいんじゃないかって。


日本、おかしいですよね。
テレビは本当に報じなければいけない事を報じないで、
どうでもいい事だけ繰り返している。


私は今日は、岩路さんの事が頭から離れなかった。

「自殺」だということが万が一真実だとしても、
それは、この腐った日本の政権が殺したんだという事には、何ら変わりはないと私は思う。


とても大切な正義の味方がまた一人いなくなってしまった・・・。











何か大変なネタをつかんだのかな…








「報道ステーション」岩路ディレクターが突然死亡
〜甲状腺と被爆の関係や手抜き除染などの番組制作〜


1.「福島県の被災者/除染」岩路ディレクターのブログより

2.「原発/健康被害/自主避難」岩路ディレクターのブログより

<メッセージテロップ>
「原発事故関連のニュースをきょうも放送できませんでした 時間がなくなったからです。」
8/5報道ステーション


<庭に埋められた除染ゴミ>
「放射線量がどうのこうのとか、土壌汚染がどうのこうのとか考えていませんよ」
8/13報道ステーション(内容書き出し)





報道ステーション 岩路ディレクター
「自分が死んで自殺という報道になっても、それは絶対に違うよ。自分は自殺なんかしないから」








関連記事

comment 11
コメント
≫報道ステーションで、甲状腺がんの特集を放送し、それを丸ごと文字起こししたとき、
今までになかったような現象がこのブログでも起きました。
初めて、記事の中の写真を削除するようにという依頼があったのです。

と書かれていますが、削除を依頼された写真とはどのシーンでしょうか?また、実際に削除したのでしょうか?
| 2014.09.03 13:33 | 編集
こんにちは。

そういえば、古舘伊知郎さんも報道ステーションを外れる(外される)よう
ですね。
マスコミの報道から事実を知る事は出来ないという事です。
タック | 2014.09.03 15:15 | 編集
大勢が怪しいと思っていますよ?自殺とかジャァなくって今の所
「不自然死」的なんだと思われます。ネットにもしっかりしたところを
精査して読んでいましたが、実に釈然としない。

最近気がつくのは公務員国家行政のアナーキーさですね。

テレビ番組への攻撃。大阪府警つい最近犯罪数を誤魔化していま
した。宮崎県警は都城市梟の殺人事件のもみ消し、不審処理で
埋もれていく殺人・犯罪は数限りではありませんか。この間ママ
ポリにおいっ尻撫でやられたら直ぐ訴えろよと激励したら「はーぃ」
って大きく応えたのには笑っちゃいました。

警察も検察も公務員組織ですから、手間だけかかって処理能率が
悪いのは嫌うんですよ。日本には強力な検視・検死官制度が無く、
おそらくこの件も見識も経験も低級でヒラメ的に成績を気にする当番
警察官の簡易的死体チェックだけ。だから逆に事件性がないことを
証明する仕事も情報開示もしない、ぶり返されて身内的に傷がつくの
も嫌いなんです。

少しまともな前代のしっかりした人民たちが隠退生活を楽しめば
良いのにやむなくプレッシャーに残らざるを得ない状況でしたが、
本来的にはしっかりするべき責任世代以降がへたれ土民化したのを
見届けるようにこういう行政公務員たちの崩壊が始まりだしたんです。
| 2014.09.03 22:04 | 編集
なんとも残念な事件です。

今西さんといっしょにやろうとしていたネタがあったそうですね。
ぜひ今西さんには故人の意思をついで岩路さんの取材ノートを引き継ぎそのネタを追いかけて欲しいものです。

それから今西さんは「自殺はあかん」ということも訴えてほしいです。
その他すべてのジャーナリストも。
そうして自殺のない幸せな世の中になって欲しいです。
「自殺はあかん」言う人が自殺するわけ無いですしね。

きーこさんも「自殺はあかん」言わないと自殺念慮に取り憑かれれてしまうかもしれませんよ。
さざれいし | 2014.09.03 23:55 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.09.04 01:41 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.09.06 01:21 | 編集
世界を股にかけて活動するジャーナリストなどは、「自殺しない」宣言をしているそうです。

理由は、自殺に見せかけて暗殺される人がいるから。(文芸ジャンキーパラダイス より)

日本でも身に危険を感じている報道関係者は宣言するべき時期に来ているのかもしれません。







Roas | 2014.09.09 17:26 | 編集
きーこさん、はじめてコメントします。

原発関係、いつもたくさんの書き起こし、本当にありがとうございます。記録って、本当に大切だと思います。(TV番組の動画は著作権をたてに、すぐ削除されてしまいますからね。。。)

岩路ディレクターの突然の死、私もまったく同じです。。。

ここ数日、頭から離れません。

今年の3.11の報ステの特番、リアルタイムで見ていました。
TV画面のこちら側で「いいぞ〜!やれやれ〜!テレ朝よくやったーーー!!」と喝采を叫んでいたのです。

そして「こういう報道ができるうちは、こういう報道を作る人がいるうちは、日本にもまだまだ希望があるなぁ、と心が暖かくなりました。


今は、、、、何を頼りに この国の何を信じて暮らしていったらいいのか、わかりません。

とても心もとないのです。私(たち)母親の心をわかってくれる、数少ない強力な味方を失ってしまい、心細さに 胸が痛くなります。

簡単に、「ご冥福を祈ります」と言えない。私も まったく同じです。。。

テロップを流した方は、彼の部下なのか同僚なのか、岩路氏の奮闘ぶりをよくご存知の方だと思います。だから、舞台裏から なんとか私たち視聴者に伝えたくて、ああいう 一見稚拙にもみえ、人目につく文章を、ワザと流されたのだと思います。圧力をかけてくる上司に邪魔されないように、とっさに。

彼の死が何故なのか? このまま曖昧にしていてはいけない気がします。(日本の警察の死因判定制度は、先進国にあるまじきお粗末さなのです。法医学関係者の常識です。)

また、「放送されなかった特集」を放送させるように働きかけなくてはなりません。

そして、
岩路さんが道半ばで倒れた今、これまで彼の報道から受けた恩に答えるためにも、その意志を継いで 私も少しでも何かしなくては、、、と思っています。
が、、、、氏を喪って空いた穴の渕で、まだ立ちすくんでしまっている自分がいます。。。
sephirot | 2014.09.09 19:29 | 編集
sephirotさん
コメントありがとうございます。
同じ思いの方がいて下さって、本当に心強いです。
きーこ
きーこ | 2014.09.09 21:41 | 編集
さざれいしって奴のコメント。
 
『きーこさんも「自殺はあかん」言わないと自殺念慮に取り憑かれれてしまうかもしれませんよ。』
 
これ、完全に脅しだな。
こういうコメントみると、ディレクターが自殺するように酷い追い込みかけられた、或いは、殺されて自殺に見せかけられたんだろう、って普通に思えてくる罠。
クズだな。

私は一応安倍政権を支持してるので、このクズが安倍政権の関係者では無い事を祈るばかりだわ。
Metto-X | 2014.12.03 00:52 | 編集
9.11テロの時、ツインタワーにユダヤ人が出勤していなかったという情報をつかんだNHKの長谷川浩解説員が、やはり謎の死を遂げていますね。同じ匂いがします。
| 2016.03.14 00:20 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top