<1号機建屋カバー撤去作業開始>「10月22日に、屋根パネルに穴を開け、飛散防止剤を散布する」

お盆明け予定だった1号機の建屋カバーがとうとう外されることになった。

福島では避難していた人たちの帰還がどんどん進められている中、
10月22日から、住民の理解は得たとして、建屋カバーが撤去作業に入る。
屋根が吹き飛んだ1号機から放出される放射性物質がべっとりと張り付いた白い屋根と壁。
どのくらいの放射性物質がくっついているのか?
取り外した板はどのように保管されるのか?

東京電力は「モニタリングを強化」と言っているが、
私たちに知らされるのは、「実はあの時飛んでいました」と、
すでに住民が被曝してしまった後になるのは、わざわざ言うまでもないことだと思う。



建屋カバー撤去準備作業 東電「一定程度、地元の理解得られた」

(福島14/10/15)

FNNLocal  2014/10/15

福島第1原発1号機の建屋カバーについて、 東京電力は、10月22日から、撤去に向けた作業を始めることになった。
1015
東京電力の担当者は「10月22日に、屋根パネルに穴を開け、飛散防止剤を散布する作­業に着手します」と述べた。
10月22日から始まるのは、1号機建屋カバーの撤去に向けた準備作業で、穴を開けた­天井から、放射性物質の飛散を防止する薬剤を散布する。

1016

1号機は、東日本大震災発生翌日の水素爆発で、原子炉建屋の上の部分が吹き飛んだ。
このため、事故発生から、放射性物質の飛散を防ぐ目的から、建屋カバーで覆われた。
県の監視組織や周辺の自治体からは、不安の声が上がっているが、東京電力は、カバーの­解体で、がれきの撤去や、将来の燃料取り出しに向けた準備を進めたい考え。

1017

本格的な建屋カバーの解体工事は、2015年3月から行う計画で、準備作業は「一定程­度、地元の市町村の理解を得られた」としている。





福島第1原発1号機 建屋カバー撤去に向けた作業、22日から開始
(福島14/10/15)

FNNLocal  2014/10/15

1

福島第1原発1号機は、放射性物質の飛散を防ぐため、今は、全体が建屋カバーに覆われ­ている。このカバーを撤去する作業が、22日から始まることになった。
2

15日午後6時ごろ前に始まった、東京電力の記者会見。
3

1号機原子炉建屋の建屋カバーの撤去に向けた作業を、10月22日から開始すると発表­した。
東京電力の担当者は「10月22日に、屋根パネルに穴を開け、飛散防止剤を散布する作­業に着手します」と述べた。
東日本大震災発生翌日の水素爆発で、原子炉建屋の上の部分が吹き飛んだ1号機。
事故発生から、およそ半年後には、放射性物質の飛散を防ぐ目的から、建屋カバーで覆わ­れた。
この建屋カバーについて、東京電力は、10月22日から解体に向けた作業を始めること­になった。

4
解体は、まず、屋根の6枚パネル、続いて、側面にある18枚のパネルを外す。
5
その後は、フレームを解体し、壁のあった部分に風が入り込まないよう、防風シートを取­りつけながら行われる。
しかし、建屋カバーの解体は、新たな放射性物質の飛散を招くおそれがあるとして、専門­家などから、厳しい意見も出ている。
監視組織の専門家は「カバーを外すのは、県民に非常に心配を与える。慎重に、いろいろ­工夫してやってほしい」と述べた。
建屋カバーを解体して、がれきの撤去や、将来の燃料取り出しに向けた準備を進めたい東­京電力。
飛散防止剤を散布する回数を増やしたり、モニタリングを強化するなどの対策を徹底する­ことにしている。




<放射性物質拡散注意>お盆明けから1号機建屋カバー解体!
「もし重機で行った場合は?」「飛びますね」 FNN8/15内容書き出し


<福島第1原発>がれき撤去作業で放射性物質を撒き散らす!


福島県
福島第一原子力発電所1号機建屋カバー解体作業と大気モニタリング結果について
http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16025d/taiki-monitoring.html
2014年10月22日

・本日10月22日午前7時08分から、1号機建屋カバー屋根パネルに孔をあけ、カバー内部への飛散防止剤を散布する作業を開始しました。なお風が強い時等は作業を中止することがあります。
・10月30日頃から、1枚目の屋根パネルの取り外しを行う予定です。
・さらに2枚目の屋根パネルを取り外し、内部のガレキ状況やダスト濃度の調査を行った後、12月上旬までに取り外した2枚の屋根パネルを元に戻す予定です。




関連記事

コメント

非公開コメント