スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<福島第一原発>ワイヤー下敷き労災事故で、工事の元請け会社と元現場責任者男性が­略式起訴

原発労災事故 建設会社と現場責任者だった男性を略式起訴
(福島14/10/29)


FNNLocal  2014/10/29

30

3年前に福島第1原発で起きた労災事故で、工事の元請け会社と現場責任者だった男性が­、略式起訴された。
この事故は、2011年10月に、福島第1原発で、重さおよそ300kgのワイヤロー­プの束が、高さ10メートルから落下し、下敷きになった男性作業員が、大けがをしたも­の。

301

福島地方検察庁は、28日までに、工事を請け負っていた大阪府の建設会社と解体作業の­責任者だった47歳の男性を、業務上過失傷害などの罪で略式起訴した。
起訴状によると、この会社と男性は、作業員の危険を防ぐための必要な措置を講じなかっ­たとされている。


福島第一原発・ワイヤーが落ちて2名の作業員が骨折負傷(東電会見・書き出し)10/29

10月29日東京電力記者会見午後の部(負傷者の方に関しての報告・書き出し)

東京電力記者会見10月30日。午前&午後「クレーン事故関係・他」(一部書き出し)

ワイヤーの下敷きで怪我した作業員は?フリー木野龍逸氏が聞いてくれました。
2011年11月2日東京電力記者会見

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。