12月6日開通 常磐自動車道の浪江 - 南相馬の18.4km

常磐自動車道の浪江 - 南相馬の18.4km、報道陣に公開
(福島14/11/25)

FNNLocal

1_20141126075639075.png

常磐自動車道は、開通に向けて、最終調整が行われている。
浜通りを南北に結ぶ大動脈は、3つの区間が未開通となっている。
こうした中、相馬 - 山元、南相馬 - 浪江の2つの区間の工事がほぼ完成し、予定通り12月6日に開通する予定。
そして、浪江 - 富岡間は、2015年のゴールデンウイーク前に開通し、
ゴールデンウイークには全線開­通、首都圏までつながる。

2_20141126075641668.png

開通した場合、出発点の埼玉から宮城・仙台まで、1時間短縮できるという常磐道。
25日は、その南相馬 - 浪江間が公開された。

3_20141126075642513.png

報道陣に25日、公開されたのは、常磐自動車道の浪江 - 南相馬の18.4kmで、作業は大詰めを迎えていた。
12月6日の開通を前に、最終調整が行われていて、
トンネルの中では、ライトがつくか­どうかの確認が行われていた。

4_20141126075643f60.png

開通すると、浪江から仙台までは、国道6号線を利用するより、21分間短縮され、
渋滞­の緩和や物流の活発化も期待できるという。

5_20141126075645619.png

NEXCO東日本・相馬工事事務所の宮入徹往所長は
「浪江インターチェンジから考えま­すと、(仙台まで)およそ20分の時間短縮が期待されていますので、
これまで以上に、­人流・物流の活性化などが期待されるものと思っております」と話した。

6_20141126075905ad1.png

さらに、職員の被ばく対策として、
避難区域にある浪江インターチェンジなどの料金所に­は、初めて自動精算機が設置される。

また、この区間を通過する車が、くわしい放射線量を把握できるように、
それぞれ避難区­域ごとに測定した放射線量を看板で表示する。

7_20141126075906bd9.png

宮入所長は
「それぞれの箇所での放射線量の状態を、リアルタイムで提供することで、
お­客様の不安を、少しでも払拭(ふっしょく)できればという工夫をしているところでござ­います」と話した。

常磐道は、2015年のゴールデンウイーク前の全線開通に向けて、新たな1歩を踏み出­す。


ーーー

2014年2月
地元の小学生が広野インターチェンジに桜を植樹


2013年4月
5.「農地・道路・森林・水・そして海の浄化、放射性物質の保管と管理」
児玉龍彦氏4/18大地を守る会(内容書き出し

それから除染の中でもうひとつ大きいのは道路の除染でして、
これも、常磐自動車道を通そうという事で、
私も明日も常磐自動車道のところへ行って除染作業を見てまいりますが、
実際に今残念ながら、普通の国道の常磐道も常磐線も原発から割と近いところを通っています。
それで余震の状況とか4号炉の状況とかを色々考えますと、
やっぱり異常事態を考えますと、
第一原発のすぐ傍を通る道路というのを公共道路にするのは難しいと。
それで一番可能性がありますのが、常磐自動車道が9割方工事が出来あがって、
原発から6kmのところにあります
ので、ここを除染していくという作業を今大成建設がやっています


国道6号の場合 
国道6号 規制解除で3年半ぶり全線開通
河北新報 2014年09月15日月曜日

20140915013jc.jpg
福島第1原発事故後、通行規制が続いていた福島県富岡町-双葉町間の国道6号(14.1キロ)が、15日午前0時に自由通行に移行した。帰還困難区域を走る区間の規制解除で、3年半ぶりに全線通行が可能になった。
 
解除に合わせ、南北にあった検問所を撤廃し、脇道の進入を防ぐバリケードを沿線に設置。通行できるのは自動車のみで、バイクや自転車、歩行者は通れない。6号に接続する富岡町内の県道小野富岡線(1.7キロ)も同時に規制解除した。
 
富岡町の検問所では14日午後11時54分、いったんゲートを閉じて道路を封鎖。検問の設備を撤去した後、15日午前0時にゲートを開けた。
 
区間内の平均空間放射線量は毎時3.8マイクロシーベルト。最大値は大熊町内の毎時17.3マイクロシーベルトと線量が高い場所が残る。内閣府原子力災害現地対策本部の有倉陽司参事官は「不要不急の通行は避け、通行時は車を閉め切ってほしい」と呼び掛けた。
 
帰還困難区域内の通行はこれまで、復興事業や避難区域を抱える自治体の住民の車両に限られていた。全面開通で「経済活動の活発化や復興加速につながる」(遠藤智広野町長)と期待が集まる一方、犯罪の増加などを懸念する声も出ている。


2014年9月
<九電・賠償・除染・他>
金子勝「だから世の中を妨害しているのは電力会社だよ、もうはっきりしてるよ」
9/26大竹まことのゴールデンラジオ(文字起こし)


国道6号線についての話

大竹:あのところ今道路が通って、「歩行とバイクが禁止で車で通り抜けるのは大丈夫」みたいなことを言ってるじゃない。あれ、本当に大丈夫なの?

金子:いや、だからあれは除染して、ちゃんと車が入ったらそういう除染の装置をくっつければ、とりあえず物流が無いと、あそこ、どうもなんないじゃない。だから「とりあえず通す」っていうのは僕は

大竹:オレが言ってるのは、あそこでパンクしたりだとか、あそこで事故ったらとか、それでバイクも人も通っちゃいけないんでしょ。

金子:そうそうそう。

大竹:そう考えるとさ、パンクとか事故とか想定に入っているよね、当然。それは大丈夫なの?



ーーー

追記

山元町で常磐道が浪江町まで通行可能となるのを前に記念イベント
(宮城14/11/30)

FNNLocal

宮城・山元町では、常磐自動車道が、山元インターチェンジから福島・浪江町まで通行可­能となるのを記念し、町がイベントを開いた。

5_20141201113415ce5.png

イベントには、アイドルグループ「AKB48」のメンバーも駆けつけ、地元の住民など­、およそ1,000人が、開通前の高速道路で、ジョギングやウオーキングをして楽しん­だ。

1_20141201113409603.png

参加者は、「最高です。山元町へおいでください」、「(常磐道の開通で)もっともっと­、すばらしい山元町に戻ってくれれば、最高だと思います」などと話した。

2_201412011134116e9.png

3_20141201113412f36.png

常磐自動車道は、12月6日に、山元 - 相馬インターチェンジ間と、浪江 - 南相馬インターチェンジ間が開通し、仙台から浪江町までがつながる予定。
4_20141201113412b12.png




雨が降っています。
福島第一原発からは今も外気の放射性物質が放出されています。
風向きが心配になりました。

そして自転車

開通前の常磐道 自転車駆ける 
KFB福島放送 2014年12月01日

常磐自動車道の浪江−南相馬インターチェンジ(IC)間、相馬−山元(宮城県山元町)IC間が6日に開通するのを祝う記念サイクリングは30日、新地町の新地ICをスタート・ゴールに行われた。

浪江、南相馬、相馬、新地、山元の沿線5市町と地元の自転車愛好団体が実行委員会(会長・立谷秀清相馬市長)を組織、東日本高速道路東北支社と連携して企画した。

新地ICと山元町内を往復するショートコース(約30キロ)
新地ICから山元町内まで走り、南相馬市内まで南下して新地ICに戻るロングコース(約90キロ)の2部門に、県内外から約600人が参加した。

あいにくの雨の中、参加者は真新しい路面の感触を確かめながらペダルをこいだ。
2014年12月01日 10時58分 配信




自転車で常磐道を快走 相馬地方、一足早く開通記念
2014年12月1日 福島民友ニュース

8

常磐道の浪江―南相馬インターチェンジ(IC)間と相馬―山元IC間が6日に開通するのを記念したサイクリングが30日、南相馬ICと新地IC付近を発着点に行われ、参加者が開通前の高速道路を走り抜け、浪江以北の仙台直結を祝った。
 
南相馬市の原町サイクリング協会は第41回市民サイクリング大会として、南相馬ICから浪江IC方向に向かい、原町トンネルをくぐって折り返す約18キロのコースで行い、県内外から約160人が参加して真新しい道路を快走した。参加者は復興に向けて着実に進む地域の様子をしっかりと目に焼き付けていた。
 
また、開通区間の沿線市町村などでつくる実行委は新地IC付近からの90キロと30キロの2コースで行い、約600人が参加した。同IC付近では、新地町主催のウオーキングも開かれた。



関連記事

コメント

非公開コメント