スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<福島県>人口減少を食い止める対策〜デメリットは口が裂けても言いません〜


子供たちを避難させるのではなく、
こっちへ来て結婚して子供を産めという…


人口減少対策 県の会議で、県内外のさまざまな対策紹介
(福島15/01/20)

FNNLocal


1

25年後の福島は、どんな姿になっているのか。
25年後の2040年、県の人口は149万人、今から45万人の減少が予想されていま­す。
何が有効なのか、福島県が対策に乗り出しました。

20日の福島県の会議では、県の内外のさまざまな対策が紹介された。
モデルケースとして、導入が進んでいくことも想定される。

2
その1つに挙げられたのが、福島・昭和村の「からむし織り」の体験制度。

3
体験終了後の3年間、生活支援を受けることができ、
これまでに93人の体験生のうち、­27人が村内に定住、結婚して出産した人たちも少なくない。

4
さらに、茨城県で取り組む「婚活サポート」
市町村や企業ボランティアなどと連携し、結婚相談や婚活パーティーを開催。
8年間で開催したパーティーは1,392回で、5,851組のカップルが誕生するなど­、大きな成果を挙げている。

福島県の人口減少対策に必要な視点について、有識者の法政大学・岡崎昌之教授は
5
福島­のメリットは、首都圏に近いこと。福島は、素材豊かなだけに、可能性は本来ある」と話­した。

二本松市にある、ななくさ農園・関元 弘代表は
6
この地域で、自分がしたいこと、夢がかなうという機運づくりができれば、人­が来る。
それをできる環境整備と、応援する仕組み(が必要)
」と話した。

福島県は、2カ月に1回程度、会議を開催し、対策を協議していくことにしている。




臭いものに蓋をして、全く現実を見ていない。
確かに2011年3月までは、自然が豊かで素晴らしい土地。
海の幸も山の幸も豊富でとても美しい所。
だった…

忘れちゃったんですか?
東京電力福島第一原子力発電所の事故を。
目には見えないけれど、汚れているんです。
若い人や妊婦や子供は避難しなければいけないんです。
どんどん福島第一原発から遠いところへ移住しなければいけないのだから、
福島県の人口は減少するのは当然のこと。

zu_25_002.gif


セシウム137の半減期は30年。
ストロンチウム90の半減期は29年。
プルトニウムはなんと2.4万年!
4年や5年で帰れる筈がない!

いろいろな放射性物質の半減期
原子力発電環境整備機構より
81

30年後(2041年)で、セシウム137とストロンチウム90はやっと半分です。
けれど、今回の福島第一原子力発電所から放出された放射性物質は、
一体どれだけの種類の核種がばら撒かれているのか、それすらきちんと調べられていません。
しかも、今現在も福島第一原子力発電所からは放射性物質が放出され続けているのです。

82



守ろう!福島県!!命は二の次


関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。